吉田 正尚(青山学院大)|ドラフト・レポート

吉田 正尚(青山学院大)

ここでは、「吉田 正尚(青山学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm80kg 右左 外野手 遠投100m 50m6秒2 敦賀気比
鋭いスイングで強い打球を放つ左の強打者。通算111安打、17発。NPB選抜戦で本塁打を放った。
2015年オリックス1位(契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 12 .311  45 14 3 0 1 7 4 0 1  .311  .444(7位)
   12秋: 11 .244  45 11 1 0 0 2 8 1 2  .261  .267
   13春: 12 .222  45 10 1 1 4 12 11 7 3  .327  .556
   13秋: 12 .224  49 11 2 0 1 6 5 3 2  .269  .327
   14春: 11 .300  40 12 3 0 0 5 3 5 2  .378  .375
   14秋: 14 .352  54 19 0 0 3 6 2 10 2  .453  .519(5位)
   15春: 11 .389  36 14 2 0 3 10 3 10 2  .522  .694(3位)二部
   15秋: 14 .400  50 20 3 0 5 15 5 12 2  .516  .760(1位)二部
   一部: 72 .277 278 77 10 1 9 38 33 26 12  .339  .417
   二部: 25 .395  86 34 5 0 8 25 8 22 4  .519  .733

    ※ 12春秋:ベストナイン(DH) 13春14秋:ベストナイン(外野手) 15秋:2部首位打者

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13日米: 5 .071 14  1 0 0 0 2 3 1 0  .133  .071
   14ハーレム: 8 .300 30  9 3 0 0 1 3 1 0  .323  .400
   15ユニバ: 4 .250 12  3 1 0 0 5 2 3 0  .400  .333
   通 算: 17 .232 56 13 4 0 0 8 8 5 0  .295  .304

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09夏: 1 .250  4 1 0 0 0 1 0 0 0  .250  .250 
   10春: 3 .333 12 4 1 0 0 1 1 0 0  .333  .417
   通算: 4 .313 16 5 1 0 0 2 1 0 0  .313  .375

  最新記事

 ■ オリックスがドラ1吉田正と仮契約「3割30本を」(日刊スポーツ) 15/12/4

 オリックスからドラフト1位指名された青学大・吉田正尚外野手が4日、地元の福井市内で仮契約を結んだ。ともに上限額の契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円。背番号は、同じ右投げ左打ちの外野手で好きな選手というナショナルズのブライス・ハーパーと同じ34に決まった。「まずレギュラーをとり、オリックスで中心になって、いずれプロ野球全体でも代表する打者になりたい。3割、30本塁打を打てるように頑張りたい」。加藤編成部長も「もちろん1年目から期待している好不調があってもアベレージ以上の力が出せるクリーンアップを打ってくれたら最高」と話した。

    1号:井口 拓晧(駒沢大)  12/ 4/13  中堅右への特大2ラン
    2号:九里 亜蓮(亜 大)  13/ 4/ 8  右翼ポール際ソロ
    3号:上田 晃平(中央大)  13/ 4/17  先制の右越え2ラン
    4号:片山 雄貴(駒沢大)  13/ 5/ 2  右越えソロ
    5号:池田  駿(専修大)  13/ 5/22  右越えソロ
    6号:島袋 洋奨(中央大)  13/10/10  右越えソロ
    7号:今永 昇太(駒沢大)  14/ 9/ 3  右越え逆転ソロ
    8号:佃  勇典(拓殖大)  14/ 9/12  右中間3ラン
    9号:山田 義貴(亜 大)  14/ 9/24  中堅右への決勝ソロ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    10号:森田 真基(国士大)  15/ 4/12  先制の右越え2ラン
    11号:森田 真基(国士大)    〃    右越えソロ本塁打
    12号:木村 光彦(日本大)  15/ 5/17  右越えソロ本塁打
    13号:原  樹理(東洋大)  15/ 9/26  先制決勝右中間ソロ
    14号:池田 大将(拓殖大)  15/10/ 4  右越え2ラン本塁打
    15号:園田 大己(拓殖大)    〃    右越えソロ本塁打
    16号:椎野  新(国士大)  15/10/18  先制決勝左越えソロ
    17号:武内 頌太(国士大)  15/10/19  右越え2ラン本塁打
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1号:高橋 光成(西 武)  15/ 6/29  右中間ソロ本塁打
    2号:上野翔太郎(中 京)  15/ 8/26  右越えソロ本塁打
    3号:高橋 樹也(花巻東)  15/ 8/26  中越えライナー弾

 ■ オリックスのドラ1位青学大・吉田が指名あいさつ(日刊スポーツ) 15/10/23

 オリックスからドラフト1位指名された青学大・吉田正尚外野手が23日、神奈川・相模原市内の同校で指名あいさつを受けた。大学日本代表では4番として活躍した主砲候補。「期待しているという言葉をいただいた。一番いい順位で選ばれたので、期待以上の活躍ができるようにしたい」と意気込んだ。加藤編成部長は「チームの得点力を上げて欲しい。(投手の)右左関係なく仕留められる。まず開幕(1軍)枠に入ってもらって、失敗を恐れずにやってくれたらいい」と期待を寄せた。
 オリックスの福良淳一監督らが22日のドラフト会議後に、東京都渋谷区の青学大を訪れ、1位指名した吉田正尚外野手にあいさつした。同監督が「スイングスピードが速く、クリーンアップを打てる力がある」と高く評価していることを伝えると、吉田は「期待に応えてチームに貢献したい」と決意を新たにしていた。(時事ドットコム)
 福良新監督は、吉田選手と力強く握手を交わしたあと、帽子などをプレゼントし、「主軸を打つ力があると思うので、駿太選手やTー岡田選手と競争してもらいたい」と伝えました。(NHKNEWSweb)

 ■ オリックス1位候補の青学大・吉田2戦連発「3冠」(日刊スポーツ) 15/10/20

 オリックスが1位指名の方針を固めた青学大の吉田正尚外野手(4年=敦賀気比)が、「3冠」を獲得した。国士舘大との2回戦で2試合連発となるトップの5号2ラン打率4割、15打点で首位打者と打点王のタイトルも手にした。チームは勝ち点を2に伸ばし最下位を免れた。

過去記事

 ■ 青学大の飛ばし屋・吉田正尚がドラフトを熱くする(日刊スポーツ) 15/10/9

 東都大学野球リーグ2部の青学大・吉田正尚外野手は大学日本代表の4番を務めたドラフト1位候補で、各球団の評価が急上昇中だ。吉田が衝撃の2発を放ったのは、高校野球真っ盛りの真夏の甲子園だ。8月26日の大学日本代表対高校日本代表戦で、2打席連続本塁打をたたき込んだ。1発目(中京大中京・上野)は右翼席中段へ、2発目(花巻東・高橋)は低めのスライダーをバックスクリーンに運んだ。打球を追った中堅手の関東第一(東東京)オコエ瑠偉外野手が、想像以上の伸びに、思わず苦笑いを浮かべて見上げた特大弾。吉田は「2部だとなかなかアピールすることも難しいですから」と、大舞台を発奮材料にした。6月のNPB選抜戦では、西武高橋光の147キロ直球を右中間スタンドに運んだ。注目される試合で実力を発揮する、プロ向きの資質を持つ。173センチ、80キロと小柄だが、打撃力は今ドラフトNO・1の呼び声が高い。譲れない身上はフルスイング。小学校卒業時は148センチだったが「遠くに飛ばしたい。純粋な気持ちでした」と、初心を忘れない。広角に強い打球を打ち分け、今秋リーグ戦は3本塁打。9月27日の東洋大戦で、1部、2部合計で通算100安打の大台に到達した。すでにプロ12球団から調査書が届く。巨人山下スカウト部長は「飛ばす力は一番ある。プロで打率を残すのは高山かもしれないが、ホームランは吉田」と高評価。さらに「外れ(1位)に残っていたら、また重複して抽選になるのでは」と言った。各球団、ドラフトの補強ポイントは投手重視の傾向が強い。吉田は「外れ1位」の目玉か、抽選を嫌い、単独指名に踏み切る球団が現れるか。「3割20本を積み重ねるような選手になりたい」と、その時を待っている。

 ■ 大学日本代表4番の青学大・吉田に4球団スカウト熱視線!(SANSPO) 15/10/6

 ドラフト上位候補の青学大・吉田正尚外野手を、巨人、ヤクルト、DeNA、広島のスカウトが視察した。東都1部リーグで通算9本塁打をマークし、大学日本代表の4番に座る吉田について巨人・山下スカウト部長は「左投手を苦にしないし、リストが強く門田博光(元南海)タイプ」と将来の大砲をイメージ。DeNAの欠端グループリーダーは「プロに入ってすぐに打てるバットコントロールを持つ」と評価した。
 この日も初回の痛烈な右前打、八回は左前打と、結果を残した。プロ志望届を提出済みで「打撃を評価されていると思っている。まだまだできるという感覚もある」と、貪欲に話した。巨人の山下スカウト部長は「ヘッドスピードはプロ並み打撃はアマで一番なのは間違いない」と高く評価した。(デイリースポーツ)

 ■ ドラフト1位候補の青学大・吉田 圧巻2発!4安打3打点(スポニチ) 15/10/5

 大学日本代表の4番を務め、今秋ドラフト1位候補の青学大・吉田が「3番・右翼」で出場し、2本塁打を含む4安打3打点で勝利に貢献した。6回に青学大球場右翼にある高さ約10メートルの防球ネット上部を直撃する特大2ランを放つと、8回にも2打席連発の右越えソロ。「甘く入った球をしっかり捉えられた。こういう結果を続けて出していきたい」と力を込めた。

 ■ 青学大・吉田 6球団15人のスカウトの前でアピール弾(スポニチ) 15/9/27

 今秋ドラフト候補の青学大・吉田が初回に右越えソロを放ち、1―0で東洋大に先勝した。同じくドラフト候補右腕の相手先発・原からの今季1号に「勝ちにつながる打撃ができて良かった」と喜んだ。既にプロ志望届を提出済みで、この日は6球団15人のスカウトが視察。DeNA・高田繁GMは「今年の中ではトップクラス」とあらためて高評価していた。

 ■ 青学大・吉田正2打席連発「よく伸びてくれました」(日刊スポーツ) 15/8/27

 青学大・吉田正尚外野手(4年=敦賀気比)が2打席連続アーチを放った。5回には直球を振り抜き右翼席へ、7回の第4打席ではスライダーをはじき返しバックスクリーンへ運んだ。「2打席目はいい打球でよく伸びてくれました。高校では(甲子園で本塁打を)打てなかったので印象に残りました」と笑顔。ヤクルト小川SDは「アマチュアではバッティングはNO・1」と評価した。
 2本塁打の吉田正(青学大)については、巨人・山下哲治スカウト部長が「リストの使い方がうまい」と評した。(スポニチ)

 ■ プロ注目活躍 大学代表9点(日刊スポーツ) 15/7/1

 ユニバーシアード競技大会で初の金メダルを目指す大学日本代表が、新クリーンアップで韓国大学選抜に快勝した。6月30日、東京・府中市の明大グラウンドでオープン戦を行い、9-1で勝利。1回2死二塁から、前日に高橋光からソロを放った4番吉田尚が、右翼線に先制適時二塁打を放った。善波達也監督は「吉田の状態を見て」と、前日の3番から変更。ロッテ永野チーフスカウトが「将来はプロ野球のクリーンアップを打つ力がある」と評する打撃で、先制点を挙げた。3番の高山は3安打2打点、5番の茂木は2安打1打点と、集まった9球団スカウトにアピール。新クリーンアップが機能し、高山は「一番いい形で初戦に入りたい」と手応えを感じていた。

 ■ 西武高橋光1失点、吉田正に被弾「思い知らされた」(日刊スポーツ) 15/6/30

 西武ドラフト1位の高橋光成投手(18)が、1発による1失点を反省した。6回に6人目として登板。8球連続の直球で簡単にアウト2つを奪ったが、9球目の147キロを、青学大の吉田正尚外野手(4年=敦賀気比)に右中間スタンドへと運ばれた。「自信のある真っすぐで押したんですが、まだまだだと思い知らされました。吉田選手は体がそんなに大きくないのにパワーがある。すごくいいバッターだと感じました。刺激になりました」と脱帽した。バックネット裏で見守った西武渡辺久信SD(49)は「光成は今、調子がどん底だからね。打たれたけど、結果より内容だよ。吉田選手はいいパワーを持っているね。打った瞬間に分かるホームランだった。守備もいいし、肩もある。楽しみな選手」と総括した。
 守備では初回2死一、二塁から左前打で本塁を狙った走者を好返球で刺すと8回には香月一の打球をダイビングキャッチ。「守備と走塁の強化に取り組んできた結果」と胸を張った。(スポニチ)

 ■ 今秋ドラフト候補、青学大・吉田正が二塁打含む3打数1安打(SANSPO) 15/6/22

 ユニバーシアード夏季大会に向けたオープン戦、東京ガス戦が21日行われ、2-2で引き分けた。今秋のドラフト候補、吉田正(青学大)は中越え二塁打を放つなど3打数1安打。視察したヤクルト・小川SDは「逆(左)方向にパワフルな打球を飛ばせる」と評価。本番に向けて順調に仕上げている。

 ■ 【東都】2部の青学大、キャンプ地のアリゾナへ出発(スポーツ報知) 15/2/23

 米国遠征を行う東都大学リーグ2部・青学大が23日、キャンプ地のアリゾナへ向け、成田空港から出発した。現地では地元大学など、計4試合の交流試合を予定。今秋ドラフト上位候補の主砲・吉田正尚外野手(3年=敦賀気比)は「アメリカ人だからと当てに行ったりせず、まずは自分のスイングで勝負したい。できれば、ホームランも打てたら」と“メジャーの卵撃ち”を誓いに立てた。アリゾナ州フェニックスの施設は、ダルビッシュ有、藤川球児らも練習するレンジャーズと同じ敷地内にある。レ軍のオープン戦を観戦する計画もあり、善波厚司監督(47)は「スケールの大きさが違うし、日本とはまったく違う野球の文化を学んで欲しい」と話した。

        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋入替戦: 3 .500 14  7 1 1 0 3 4 2 2  .563  .714

 ■ 青学大ドラ候補吉田「まさか2部とは」(日刊スポーツ) 14/12/24

 来春10季ぶりに東都大学リーグ2部で戦う青学大が24日、神奈川・相模原市内の同大学グラウンドで年内の練習を納めた。1日2000スイングをこなす4日間の強化練習を終えた来秋ドラフト上位候補の吉田正尚外野手(3年=敦賀気比)は「入部した時、まさか2部で(戦う)とは思わなかった。でも、負けた原因は分かったし、悔しさを知るメンバーで引っ張っていきたい」と力を込めた。今月1日付で就任した善波厚司新監督(47)は「チーム内でしっかり競争させて、ひと冬越すまでに、守備をしっかりやりたい」と見据えた。

 ■ 明大高山、駒大今永ら/来年ドラフト候補(日刊スポーツ) 14/10/23

 東都では青学大・吉田正尚外野手(3年=敦賀気比、172、73、右左)がNO・1。鋭いスイングから放たれる打球は速く、飛距離も出る。 打席に入ると相手守備陣がMLB並に「吉田シフト」を敷くこともある。今秋は駒大・今永から本塁打も放った。

 右に寄せた守備位置が「吉田シフト」のようです。現在9本塁打(右7、中2)。2部落ちは残念ですね。

 ■ 青学大 小林&吉田が連弾!亜大から3季ぶり白星(スポニチ) 14/9/25

 青学大は吉田正尚外野手(3年)の勝ち越しソロなど一発攻勢で亜大に3―2で逆転勝ち。福本翼投手(4年)が3戦連続完投で3勝目を挙げた。青学大は小林、吉田の連続本塁打で逆転し、亜大から3季ぶりの白星を挙げた。3回に中堅右へ今季3号の決勝ソロを放った吉田は「うまく拾えた。一番良い形で振れた」と喜んだ。今夏ハーレム国際大会で日本代表入り。外国人投手特有の動く球に対応した結果、「体が開かなくなった」と効果を口にした。敦賀気比(福井)時代は通算52発の左の強打者。この日4年生左腕・福本が完投したことには、「投手が試合をつくってくれる。あとは積極的にいくだけ」と刺激を受けていた。
 青学大は3回の小林、吉田の連続本塁打で逆転した。今季3号が中堅右への決勝アーチとなった吉田は「大学初本塁打と同じ所へ飛んだいつも中堅方向を意識して打席に立っているが、あそこへは力だけでは行かない」と、通算9号は納得の一発だった。(スポニチ)

 ■ 青学大の吉田、大谷参考に一発(時事ドットコム) 14/9/13

 青学大の吉田が今季2本目の本塁打。八回に右中間へ3ランを放ち、「直球一本にタイミングを合わせた。外野を越えるとは思ったが、まさか入るとは」と喜んだ。河原井監督から「体が突っ込んでいるから打球が上がらない」と指摘され、日本ハムの大谷を参考に、体の軸がぶれないようスイングを改良。「詰まった感覚はあったが、腰の回転でうまく押し込めた」と手応えを感じた様子だった。
 青学大の3番・吉田が7回2死一、二塁から今季2本目となる右越え3ラン。「ちょっと詰まった。内角直球を思い切り引っ張った」と振り返った。

 ■ 青学大 3カード目で初勝ち点 吉田正3戦連続マルチ(スポニチ) 14/5/8

 2回戦2試合が行われ、青学大と国学大がそれぞれ勝ち点を挙げた。青学大は2点を追う3回に吉田正尚外野手(3年)らの3連打で逆転。青学大は開幕3カード目で待望の勝ち点1を挙げた。3番・吉田正が2点を追う3回1死一、二塁で、左中間へ同点2点適時二塁打。7回にも貴重な追加点を叩き出し、3打点の活躍に「走者を必ず還すという強い気持ちで打った」と胸を張った。開幕2戦目から2試合連続無安打で、バットを2握り分短く持ったところ、この日を含めて3戦連続マルチ安打。「最短距離でバットが出るようになった」と納得顔だ。河原井正雄監督も「よくひっくり返した」と称えた。

 ■ 青学大の吉田正、土壇場で決勝打(時事ドットコム) 13/10/3

 青学大の吉田正が土壇場で決着をつけた。規定により最後の攻撃となる延長十五回。1死二塁で、ここまで1点に抑えられていた柿田の直球を捉えて左越えの適時二塁打を放ち、「うまく打てた。勝てたことが大きい」と胸を張った。4時間4分の熱戦。河原井監督は「もう少し(打線が)好機で打ってくれないと…」と苦笑いを浮かべ、一回に先制打を放った杉本は「4年間やってきた中で、一番疲れた」。

 ■ 青学大が大量12点連敗ストップ/東都大学(日刊スポーツ) 13/5/2

 青学大が長短18安打を放って大量12点を奪い、連敗を5で止めた打線を組み替え、初めて4番に入った吉田正尚外野手(2年=敦賀気比)が初回に先制適時打を放つと、一気に勢いづいた。同選手は3回にも今季3号ソロを放った。不振から4番を外れ6番に入った杉本裕太郎外野手(4年=徳島商)も1回、22打席ぶりの安打が2ランとなってチームの流れに乗った。もっとも繰り出す4投手がいずれも踏ん張れず計18安打を浴び、8失点。河原井正雄監督(58)は「ピッチャーがいない。ひどいもんです。勝った気がしない」と厳しい表情で語っていた。

 ■ 青学スーパー新人!吉田正5割/東都大学(日刊スポーツ) 12/4/20

 青学大のスーパールーキー、DHの吉田正尚(まさたか、1年=敦賀気比)が3打点をマークし、東洋大に雪辱。4回の先制2点適時打など4打数3安打開幕から5試合で18打数9安打の打率5割を誇り、首位打者争いに名乗りを上げた。青学大・吉田正は4回1死満塁、左投手を物ともせず、119キロのスライダーを中前にはじき返した。2点先制。すると6回1死二塁では、地面すれすれのフォークをうまく拾って3点目を入れた。東洋大の3投手から3安打。河原井正雄監督(57)は「初戦の駒大戦でフォークに2三振してたんだけど。すぐに対応できちゃうのがすごい」と称賛した。2日連続の3安打で、通算18打数9安打7打点1本塁打。打率は5割に及ぶ。「中軸が打てなかったとき、カバーするのが6番の役割なので」と満足げだ。プロの一流選手で150キロを超えるというスイング速度は、148キロ。河原井監督以来の1年春首位打者を「狙いたい。新人王も取りたいです」と貪欲だ。高校通算52本塁打の長打力も魅力で、史上初の1年生3冠王も射程圏内にある。当然、高校時代からプロの注目を集めた。しかし「3年生でスランプになって。それなら大学で結果を出して、上位でプロにいきたいと思いました」と進学を決意。本職の左翼は主将の井上がいるため「1年から出るにはDHしかない」とオープン戦から打力をアピールしまくった。好調をキープできるのには、もう1つ秘密があった。文字通り“球がよく見えていた”のだ。実は吉田正の視力は両目で0・6。上京後、コンタクトで1・5に矯正した。「視界が明るくなりました。今日もこれから目の検査です」。眼科へと去っていった吉田正には、シーズン後タイトルホルダーとなる自分の姿もよく見えている。

 ■ 1年生の指名打者が2ラン!青学大が今季初勝ち点(スポニチ) 12/4/13

 東都大学野球リーグ第2週第3日は13日、神宮球場で3回戦1試合を行い、青学大が駒大を6―1で退け、2勝1敗で今季初の勝ち点を挙げた。2回に5長短打を集めて4点を先行した青学大は、先発の福島が6回3安打無失点と好投。以降は3投手の継投で逃げ切った。青学大は1年生ながら指名打者に座る吉田正が2回に右中間2ランを放ち、序盤に主導権を握った。172センチと決して大柄ではないが「ボール球に手を出さず、甘い球をしっかり打つことを意識した」と狙い通りの打撃で直球をはじき返した。吉田正のスイングの速さを評価する河原井監督も「良かったね。打撃はいい」と、起用が当たっての勝ち点奪取に笑みを浮かべた。
 青学大が二回に本塁打攻勢。杉本、吉田正の一発で試合の主導権を握った。とりわけ1年吉田正のアーチは、中堅右への特大の当たり。「久しぶりにとんでもない打球を見た。バットのヘッドスピードが速いね」と河原井監督を喜ばせた。吉田正は福井・敦賀気比高出身。高校通算52本塁打というパワーが自慢だ。「大学初ホームランをいい感じで打てた。六回の適時打も自信になる」と本人。頼もしい長距離砲に育つかもしれない。(時事ドットコム)
 1点リードの2回無死三塁。吉田正は136キロ直球を右中間最深部にたたき込んだ。「甘い球を逃さずに打てた。大学初本塁打を公式戦で打ててうれしい」。開幕からスタメンを張る黄金ルーキーは、目尻を下げた。高校通算52本塁打。172センチ、73キロと小柄ながらスイング速度はプロ級の148キロを誇る。小久保裕紀(ソフトバンク)や井口資仁(ロッテ)らを育てた青学大・河原井正雄監督(57)も「スイングの速さにはビックリした」と期待を寄せる逸材だ。先輩の活躍に発奮した。吉田正は12日の巨人戦をテレビ観戦。高校の先輩・内海哲也の好投を見て「頑張ろうと思った」。内海と同じ背番号26をつけ、「大学日本代表入りと4年後のプロ入り」を目指す。(スポーツ報知)

 ■ 敦賀気比・吉田、甘いスライダー攻略(毎日jp) 10/3/28

 五回1死二塁、敦賀気比の吉田の打球は、中堅・戸塚の頭上を越えていった。並行カウントからの3球目。左打者の外へ逃げようとするスライダーが、やや甘く入ったのを逃さなかった。花咲徳栄のエース左腕・五明は、1回戦で嘉手納を2安打完封した。低めに利かせるスライダーが持ち味だ。「4番なら、このスライダーを打たなくてはいけないと思っていた」と吉田が言う。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11夏: 3 .200 10  2 0 0 0 0 0 3 0  .385  .200

 ■ 1年生4番奮起3安打(福井新聞) 09/10/20

 準決勝でサヨナラ打を放った敦賀気比の4番吉田が、決勝でも4打数3安打と奮起した。相手投手の好投でチームは今大会最少の7安打と沈む中、長打2本を含む猛打賞。林監督も「吉田の存在の大きさを再確認した」と、指揮官の信頼は高まるばかりだ。今大会での打率は5割を越え「打つのが4番の仕事」と言ってのけた吉田。「北信越大会はレベルの高い投手が集まり、いろんなタイプの投手が見られた」と経験も得た。春に向け「体作りをしてもっとスイングスピードを上げたい」と、1年生スラッガーはさらなる飛躍を誓った。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09秋公: 9 .545  33 18 4 1 1 11 2 7 2  .625  .818
   09秋全: 32 .405 116 47 9 2 8 40 5 26 4  .514  .724

 ■ 1年生4番打者、意地の適時打 敦賀気比・吉田(asahi.com) 09/8/16

 敦賀気比で1年生ながら4番に座る吉田が8回2死二塁から意地の左前適時打を放った。それまで3打席は帝京・平原の動く直球に苦しみ、ファウルで逃げようとした球を引っかけ、すべて一ゴロ。だが8回はうまく流し打った。「1点取れば流れが変わると思ったが。早い回に点を取れなかった4番の責任です」

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09夏: 4 .615 13 8 2 2 0 2 0 5 0  .722 1.077

  プロフィール

 福井県福井市出身。
 吉田 正尚(よしだ・まさたか)外野手。
 麻生津小1年から麻生津ヤンキースで野球を始める。
 足羽中時代は鯖江ボーイズで捕手、外野手として起用されていた。

 敦賀気比では1年春からレフトを務め、北信越大会で4番の座を獲得。
 夏の予選で打率.615(13打数8安打)を記録し、一塁手レギュラーとして11年ぶりVを達成する。
 甲子園1回戦(1対5)で8回2死二塁から左前適時打(外高め142㌔)をマーク。
 秋の福井V、北信越準Vにライトとして貢献し、9試合で打率.545本1点11の好成績を残した。
 真ん中内寄り直球を右前安打にするなど、2年春選抜初戦・天理戦で3安打。
 2回戦で五明大輔の高めスライダーを中堅フェンス際まで飛ばす適時二塁打を記録している。
 山崎福也と対戦した準々決・日大三戦は、3打数無安打、0対10で完封負け。
 肩痛の影響で夏県大会では一塁手を務めたが、打率.200点0と振るわずベスト4敗退となった。
 当時1学年下に西川龍馬(現王子)、同学年に木村侑輝(現大体大)ら。

 青山学院大進学後は1年春から指名打者でレギュラー。
 駒大3回戦で井口拓晧の甘い真っすぐを捉え、バックスクリーン右に放りこむ特大の2ランを放つ。
 主に6番としてリーグ6位の14安打を打ち、打率.311本1点7でベストナイン獲得。
 以降低打率ながらも3連続ベストナインに輝き、2年春に3番・レフトで最多4発を積み上げた。
 九里亜蓮から右翼ポール際へライナー弾、左腕・池田駿から右越えソロアーチ。
 同年秋の中大2回戦で島袋洋奨からライナー性の右越えソロ(内角高め直球)を放っている。
 3年秋に打率.352(5位)19安打(3位)本3(1位)で3季ぶりベストナインを受賞。
 リーグ屈指の左腕・今永昇太から右越えソロ、亜大1回戦で中堅右への決勝ソロを記録した。
 チームとしては勝ち点1の最下位に沈み、入替戦も落として10季ぶり二部降格。
 専修大との入れ替え戦3試合で打率.500(14打数7安打)3打点2盗塁の奮闘を演じている。
 翌年秋に打率.400本5(拓大戦で1試合2発)点15で2部リーグ三冠王を獲得。
 原樹理から右中間ソロ本塁打(スミ1で勝利)、椎野新から左越えソロ(10回1対0)を放った。
 国際大会には2年7月の日米野球、3年夏のハーレム、4年7月のユニバに出場。
 3大会17試合(先発14試合)に起用されたが、56打数13安打、打率.232本0点8に留まった。
 2年夏紅白戦(2試合)で石田九里から右安、関谷から左安、山崎から中安。
 全8試合先発の3年夏ハーレム大会で主に3番・レフトとして打率.300の活躍を披露している。
 4年夏のユニバーシアードで4番・レフトとして初Vを経験(12打数3安打5打点)。
 大会前のNPB選抜戦で西武・高橋光成の147㌔直球を右中間に放り込むソロをマークした。
 同年8月のU18代表との壮行試合で上野翔太郎から右翼席へのソロ本塁打。
 続く打席で高橋樹也の低めスライダーをライナーでバックスクリーンに叩き込むソロ弾を記録した。
 東都通算97試合、打率.305、111安打、17本塁打、63打点、16盗塁。

 173cm80kg、小柄な強打の外野手。
 東都通算111安打(一部77本)、鋭いスイングから広角に強い打球を弾き返す左のスラッガー。
 敦賀気比・林監督からOB東出輝裕以上として打撃センスを評価されていた。
 高校通算52発、東都通算17発(中堅から右16、左1)のパンチ力を備える。リストが強い。
 150km/hを誇るスイングスピードが武器。大学日本代表の4番として活躍した。
 大学で体幹強化に着手。バットコントロールに良さがあり、対応力の高さも持ち味の一つ。
 守備力(主にレフト)も改善。NPB選抜戦で攻守両面にわたる活躍を見せた。
 1回2死1、2塁からのレフト前ヒットでホーム生還を阻む好スローイングを披露。遠投100m。
 8回表にも左翼線へ切れていく打球をダイビングキャッチする好守を見せている。
 50m6秒2、一塁到達4.1秒前後から4.3秒前後のまずまずの脚力の持ち主。盗塁数は少なめ。
 有力候補とされながら4年時を2部で過ごした。

  スカウトコメント

オリックス・加藤編成部長|15/12/4
 「もちろん1年目から期待している。好不調があってもアベレージ以上の力が出せる。クリーンアップを打ってくれたら最高」
オリックス・加藤編成部長|15/10/23
 「チームの得点力を上げて欲しい。(投手の)右左関係なく仕留められる。まず開幕(1軍)枠に入ってもらって、失敗を恐れずにやってくれたらいい」
オリックス・福良淳一監督|15/10/22
 「スイングスピードが速く、クリーンアップを打てる力がある」
 「主軸を打つ力があると思うので、駿太選手やTー岡田選手と競争してもらいたい」
オリックススカウト|15/10/22
 「大学通算17本塁打を誇るスラッガー。長打力が魅力的で、大学1年時より日本代表にも選出され4番を任される。スイングスピードはプロでもトップレベルで、ルーキーイヤーから即戦力の期待が大きい選手」
巨人・山下スカウト部長|15/10/9
 「飛ばす力は一番ある。プロで打率を残すのは高山かもしれないが、ホームランは吉田。外れ(1位)に残っていたら、また重複して抽選になるのでは」
巨人・山下スカウト部長|15/10/6
 「左投手を苦にしないし、リストが強く門田博光(元南海)タイプ」
 「ヘッドスピードはプロ並み。打撃はアマで一番なのは間違いない」
DeNA・欠端グループリーダー|15/10/6
 「プロに入ってすぐに打てるバットコントロールを持つ」
DeNA・高田繁GM|15/9/27
 「今年の中ではトップクラス」
ヤクルト・小川SD|15/8/27
 「アマチュアではバッティングはNO・1」
巨人・山下哲治スカウト部長|15/8/27
 「リストの使い方がうまい」
ロッテ・永野チーフスカウト|15/7/1
 「将来はプロ野球のクリーンアップを打つ力がある」
西武・渡辺久信SD|15/6/30
 「光成は今、調子がどん底だからね。打たれたけど、結果より内容だよ。吉田選手はいいパワーを持っているね。打った瞬間に分かるホームランだった。守備もいいし、肩もある。楽しみな選手」
ヤクルト・小川SD|15/6/22
 「逆(左)方向にパワフルな打球を飛ばせる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年12月04日(金)|2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
小さな身体で凄い! ケガだけ気を付けてくれ!
| 匿名 | 2016年09月01日(Thu) 21:23 | URL #- [ 編集]
来シーズンは、頼むぞ!!
| 匿名 | 2016年08月02日(Tue) 19:18 | URL #- [ 編集]
やっと実戦復帰やね!挽回せえ!!
| 匿名 | 2016年07月26日(Tue) 21:55 | URL #- [ 編集]
オリックスの三番レフト任せた!
| 匿名 | 2015年10月21日(Wed) 01:57 | URL #- [ 編集]
オリックス1位
| 匿名 | 2015年10月19日(Mon) 08:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑