田中 宗一郎(パナソニック)|ドラフト・レポート

田中 宗一郎(パナソニック)

ここでは、「田中 宗一郎(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm78kg 右左 外野手 遠投100m 50m6秒0 佐賀西→立大 5年目
広角に打ち分ける中距離打者。九州大会MVP、首位打者。都市対抗で三上朋也から右越え2ラン。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   11都: 1 .000  4 0 0 0 0 0 1 1  .200  .000
   12都: 3 .300 10 3 0 0 1 2 0 0  .300  .600 
   12日: 4 .200 15 3 0 0 0 2 1 2  .294  .200
   通算: 8 .207 29 6 0 0 1 4 2 3  .281  .310

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   07春:           出場無し
   07秋:           出場無し
   08春: 13 .286  42 12 4 0 0 3 6 11 5  .434  .381(8位)
   08秋: 12 .233  43 10 2 0 0 1 15 10 4  .377  .279
   09春: 13 .327  49 16 1 3 0 6 7 7 1  .411  .469(9位)
   09秋: 14 .302  53 16 2 0 1 2 8 10 0  .413  .396
   10春: 11 .293  41 12 1 1 4 9 8 6 3  .383  .659
   10秋: 15 .327  55 18 0 1 2 8 5 12 4  .448  .473(7位)
   通算: 78 .297 283 84 10 5 7 29 49 56 17  .413  .442
    ※ 10春ベストナイン

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09日米: 3 .000 2 0 0 0 0 0 0 1 0  .333  .000

  最新記事

 ■ 投壊パナソニック「相手の方が根性上回った」(スポニチ) 12/7/23

 パナソニックは初回に田中宗の右越え2ランで先制。投手陣が打ち込まれ、5回に2―8とされた以降も打線はしぶとく粘ったが、9失点が大きく響いた。久保恭久監督は「何度かチャンスはあったが、生かしきれなかった。相手の方が根性が上回ったのだろう」。日産自動車の監督時代、何度も対戦したJX―ENEOSとの対決に敗れただけに、悔しそうだった。

      打率  打 安 本 点 振 球 盗
   12公: .361 108 39  3 23 14 22  5

 ■ 第83回都市対抗:日生とNTT西、近畿2次予選へ(毎日jp) 12/5/22

 NTT西日本は一回、河本の適時二塁打で先制。その後も着実に加点し、七、八回には中軸の高本、河本が計7打点を上げ、突き放した。パナソニックは八回、田中宗の右越え本塁打などで3点を返したが、及ばなかった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12都予: 3 .364 11  4 0 0 1 2 1 2 1  .462  .636

 ■ パナソニックが38大会ぶりV 九州大会(毎日jp) 12/5/10

 社会人野球の九州大会最終日の10日は北九州市民球場で準決勝と決勝を行った。決勝はパナソニックが九回、サヨナラ押し出しでJR九州を降し、1973年(第27回)以来38大会ぶり2回目の優勝を果たし、日本選手権の出場を決めた。パナソニックの日本選手権出場は18大会連続33回目。最高殊勲選手賞の田中宗一郎選手(パナソニック)が打率6割(20打数12安打)で首位打者賞も獲得。敢闘賞は吉田奈緒貴投手(JR九州)が受賞した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   12京都: 5 .357 14  5 1 1 0 2 6 6 0  .550  .571 
   12九州: 5 .600 20 12 1 1 1 6 1 1 1  .619  .900

過去記事

 ■  都市対抗野球:「選手起用の妙」(毎日jp) 11/7/5

 第82回都市対抗野球大会2次予選は5日、近畿は第2代表決定戦が行われ、パナソニック(門真市)が大阪ガス(大阪市)を6−2で降し、2年ぶり46回目の出場を決めた。1点を追う六回1死満塁。久保監督は、前日の試合で4打数無安打だった松元を代打に起用した。逆転の中前2点適時打で期待に応えた松元は、「こんな場面で使ってくれて感謝」。久保監督は「昨年はレギュラーで本大会出場を逃し、今年は新人が台頭してきた。しかも前日がダメ。そういう悔しさが出たらいいなと思った」と、策がズバリとはまった場面を振り返った。一方、「新人」の田中宗は前日、「打席で雑」とスタメンから外されている。その田中宗が、先発に復帰したこの試合では、七回に貴重な追加点となる右翼線2点二塁打を放ってみせた

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11都予: 9 .360 25  9 4 0 0 4 3 4 0  .448  .520

 ■ 浪人の星、輝く巧打 田中宗一郎(asahi.com) 09/4/20

 昨年は主に3番打者。春季リーグでは首位打者を争った好打者は、今年から1番打者を任された。「自分から攻撃が始まるって、いいですね」。佐賀西高3年の夏は佐賀大会準決勝で敗れた。「ずっと六大学で野球がしたかったから」。出遅れていた受験勉強に取り組むが、第一志望の早大は不合格。朝6時半に家を出て、福岡市内の予備校に通った。1年後、早大には結局縁がなかったが、立大に合格。迷わず野球部に入った。入部した4月はすでにリーグ戦が始まっており、練習はレギュラー組が優先。夜の自主練習で体を絞り、感覚を取り戻していった。「現役で入学するより、野球への意識は高かったと思う」。地道に練習を続け、昨年春の慶大との開幕戦。3安打を放って鮮烈にデビューした。巧打が評価され、大学日本代表の候補選手にも選ばれている。「あのころからは、考えられないですよね。でも、もっとパワーをつけたい」。甲子園経験者が主力選手の多数を占める六大学野球。1本足打法の「背番号3」の活躍は、全国の高校生や浪人生を、きっと勇気づける。

  プロフィール

 佐賀県佐賀市出身。
 田中 宗一郎(たなか・そういちろう)外野手。
 小学1年から野球を始め、昭栄中時代は軟式野球部に所属。

 佐賀西高では1年夏からベンチ入り。
 2年秋、3年春に2季連続で県大会優勝、九州大会8強入りを果たした。
 優勝候補と目された3年(2005年)夏は、佐賀商に延長12回3対4で敗れ県大会準決勝敗退。
 六大学(早大)進学を希望するも叶わず、翌年合格した3校の中から立大を選択した。

 立大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 1年時を体力作りに充て、2年春から3番左翼手レギュラーを務める。
 開幕から5戦19打数9安打のスタートダッシュを切り、打率.286(8位)で打撃十傑入りを達成。
 以降3年時は1番左翼手、4年時は主将・3番中堅手として通算84安打を積み上げ、
 リーグ最多4本塁打を記録した4年春に外野手ベストナインを受賞した。
 3年秋に斎藤祐樹から1号ソロ、4年春に野村祐輔からソロ、福谷浩司から2ランを放っている。
 国際大会には3年夏の日米野球に参加したが、出場は代打で3打席に留まった(2打数ノーヒット)。
 11月にU-26NPB戦を経験し(代打1打席無安打)、4年時は世界選手権の選考合宿に参加。
 4年秋には自己最多18安打を放ち、プロ志望届を提出したが指名漏れとなった。
 リーグ通算78試合、打率.297、84安打、7本塁打、29打点、17盗塁。

 パナソニック入社後は1年目からレギュラー。
 都市対抗では予選打率.360を記録したが、6番ライトで出場した本戦は4打数ノーヒットに終わる。
 2年目は38大会ぶりVを果たした九州大会でMVP、首位打者(打率6割)を獲得。
 決勝・JR九州戦で左中間への本塁打、右中間への三塁打など4安打2打点の活躍を見せた。
 都市対抗には3番レフトで出場し、三上朋也の甘いフォークを逃さず、右越えの先制2ランをマーク。
 1回戦では詰まった左前打を処理し、本塁を狙った二走を刺す好返球を披露した。

 175cm78kg、好打俊足の外野手。
 バットコントロール良く振り切るスイングから広角に鋭い打球を飛ばす左の中距離打者。
 選球眼が良い。右足を上げてタイミングを取る打撃フォームが持ち味。
 大学4年春に4本塁打、リーグ通算7本塁打、ツボに入れば一発長打を秘める。
 盗塁数は多くないが50m6秒0、一塁到達タイム4.2秒前後を記録するまずまずの俊足の持ち主。
 肩もまずまず強い部類。コントロールの良い送球を見せ、外野守備を無難にこなす。
 社会人でのポジションは主にレフト、その他ライト。遠投100m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年05月11日(土)|2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
頑張れ!福岡ソフトバンクホークスに入ってください!
| 山本裕典 | 2010年06月20日(Sun) 15:50 | URL #4t5UQYOc [ 編集]
俊足・好打

広島が好みそうな、外野手ですね!

でも横浜、楽天は狙って行かないといけないかも?
| 匿名 | 2010年06月07日(Mon) 14:30 | URL #- [ 編集]
土生と伊藤は学年が違う。
来年の六大学の外野手では田中が一番。
今井(法政)、山田(早稲田)、松本(法政)、青山(慶応)が次点。
| 匿名 | 2010年01月30日(Sat) 00:16 | URL #- [ 編集]
荻野の獲得に失敗して田口で急場をしのいだオリックス、
外野手層が薄いうえに前回獲得しなかった楽天、
金城・森笠が数年でいなくなる横浜

この3球団はノドから手が出るほど即戦力の外野手が欲しいでしょうね。
横浜は立大OBの川村がフロント入りし、立大も強化し始めたので、関係を強化する意味でも上位の可能性もあると思います。
ドラフト同期としては伊志嶺君が、リーグでは慶應の伊藤君、早稲田の土生君あたりがライバルになるでしょうか。
| 恋心 | 2010年01月28日(Thu) 21:57 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(4) Page Top↑