石垣 永悟(セガサミー)|ドラフト・レポート

石垣 永悟(セガサミー)

ここでは、「石垣 永悟(セガサミー)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm85kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ 桐蔭学園→中大 5年目
常時145㌔前後の直球と、スライダー、沈むチェンジアップ。4年目の都市対抗で最速148㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17都: 1    0.1  1  1  0  0 144㌔ 東邦ガス
   18都: 2    1.2  1  1  1  0
            1  1  1  0  0 148㌔ JR四国 ※平均145.6㌔
           0.2  0  0  1  0 148㌔ 神戸高砂
   通算: 3     2  2  2  1  0 防0.00
       被安打率9.00 奪三振率9.00 四死球率4.50

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   11春: 6 0勝1敗  12.2  13  10  7  8  5.68
   11秋: 5 0勝1敗  12.1  13  8  3  4  2.92
   12春: 4 1勝1敗  17.1  11  2  8  5  2.60
   12秋: 2 1勝0敗   5  6  2  4  1  1.80
   13春: 5 0勝0敗   9  9  3  3  4  4.00
   13秋: 4 0勝0敗   7  5  3  5  3  3.86
   14春: 6 3勝1敗   19  16  17  8  6  2.84
   14秋: 6 2勝1敗  18.2  13  13  7  4  1.93
   通算: 38 7勝5敗  101  86  58  45  35  3.12
         被安打率7.66 奪三振率5.17 四死球率4.01

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大     1  0  1  0  0 145㌔
           3  3  0  2  2
   国学大    0.2  2  1  0  0 
   東洋大     1  1  2  1  1 146㌔
   亜 大     1  2  1  2  3
       先   6  5  5  1  2
         12.2  13  10  7  8 防5.68
      被安打率9.24 奪三振率7.11 四死球率4.97

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大    1.2  1  1  0  0
          0.1  1  1  0  0
   駒 大    3.1  3  2  1  0
   青学大    1.1  2  1  0  0
   亜 大 先  5.2  6  3  2  4 ●
         12.1  13  8  3  4 防2.92
      被安打率9.49 奪三振率5.84 四死球率2.19

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大     2  2  1  0  1
   亜 大     4  2  0  3  0
   青学大    4.1  3  0  3  3 ●
   駒 大 先   7  4  1  2  1 ○
         17.1  11  2  8  5 防2.60
      被安打率5.71 奪三振率1.04 四死球率4.15

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     3  5  2  2  1
   東洋大     2  1  0  2  0 ○
           5  6  2  4  1 防1.80
      被安打率10.80 奪三振率3.60 四死球率7.20

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大     4  3  0  1  0 143㌔
   国学大    1.2  0  1  0  0 142㌔
          0.1  3  0  0  1 143㌔
   亜 大     1  1  0  0  0 144㌔
           2  2  2  2  3 145㌔
           9  9  3  3  4 防4.00
      被安打率9.00 奪三振率3.00 四死球率3.00

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大    2.1  2  1  2  3 144㌔
   青学大     1  0  0  1  0 136㌔
   駒 大 先  2.2  3  1  2  0 140㌔
   国学大     1  0  1  0  0 136㌔
           7  5  3  5  3 防3.86
      被安打率6.43 奪三振率3.86 四死球率6.43

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大     4  1  3  2  0 ○ 143㌔
   国学大     2  1  2  0  0 ○ 143㌔
           4  3  4  0  0 ○
   拓殖大 先  1.1  5  0  2  4 ●
   青学大     3  4  4  1  1
          4.2  2  4  3  1
          19  16  17  8  6 防2.84
      被安打率7.58 奪三振率8.05 四死球率3.79

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大    0.2  0  0  0  0
           3  4  3  2  2
   国学大    5.2  2  5  3  0 ○
   駒澤大     3  0  3  1  0
   拓殖大     5  3  1  1  0 ○
          1.1  4  1  0  2 ●
         18.2  13  13  7  4 防1.93
      被安打率6.27 奪三振率6.27 四死球率3.38

 ■ 高校時代成績

   10夏          回数 被安 奪三 四死 自責
   2 回 戦:神奈川工 先   5  3  3  0  0
   4 回 戦:横須賀明 先   4  0  6  1  0
   準々決勝:横浜高校 先  5.2  6  5  3  3 138㌔
               14.2  9  14  4  3 防1.84
            被安打率5.52 奪三振率8.59 四死球率2.45

  最新記事

 ■ 中大が連勝 9番小河が2発3打点(日刊スポーツ) 14/4/17

 中大が連勝で勝ち点1とした。9番小河諒内野手(2年)が2回に先制ソロを放つと、9回には2ランを放ち、全3打点を挙げた。「(9回は)どうしても点が欲しい場面。初球からいこうと思った」と喜んだ。投げては3番手で登板した石垣永悟投手(4年)が4回無失点で、今季3勝目を挙げた。

 ■ 中大2年の石垣 15試合目の登板でリーグ戦初勝利(スポニチ) 12/5/26

 中大2年生・右腕の石垣が、通算15試合目の登板でリーグ戦初勝利を挙げた。今季初先発で7回を4安打1失点。「うれしい。先発で白星が付いて良かったです。駒大は振ってくる打者が多いので、制球に気をつけました」と笑顔で振り返った。

 ■ 東都大学野球(スポニチ) 11/5/31

 亜大は二回に中西の右越え本塁打で先制。五回は連打で得た無死一、三塁から日下の右犠飛で1点を追加した。東浜は直球に伸びがあり、四回1死からの5連続を含む11奪三振。2安打で完封し、中大に反撃の糸口を与えなかった

過去記事

 ■ 桐蔭学園にまたも「横浜の壁」(神奈川新聞) 10/7/26

 またも「横浜の壁」を越えられなかった。力の差は紙一重。勝負を分けたのは、わずかなコントロールミスとそれを逃さぬ一振り。その繰り返しが、決定的な差を生み出した。桐蔭学園の分析は的確だった。5打点を許した乙坂について「内角低めが得意で、内角高めが苦手」と捕手の渋谷。勝負球は「石垣のベストボール。高めに伸びる球」と決めていたが、六回は外角低めに入った球を左中間に運ばれた。九回2死満塁のピンチでも、ほぼ同じコースを右中間にはじき返され、万事休す。主将の荒谷は「勝負どころで、甘い球をしっかりと打たれた」と振り返り「自分たちはそれができなかった」と認めた。昨秋は11―8で「永遠のライバル」(荒谷)を打ち負かした桐蔭だが、2001年以降夏の大会は5戦全敗。今年も横浜が立ちはだかった。

 ■ 故障癒え、意地でねじ伏せ 桐蔭・石垣永悟投手(asahi.com) 9/11/2

 最後の打者を内野ゴロに打ち取ると、桐蔭学園の石垣永悟投手(2年)は控えめにガッツポーズをした。水戸桜ノ牧打線を3安打完封。「背番号1」にふさわしい投球内容だった。大会前に一度肩を痛めた。「スタミナ不足で県大会では連投がきかなかった」との反省から毎日200球の投げ込みをしたからだ。猛練習にかきたてたのは県大会で優勝した東海大相模のエース一二三慎太君(2年)。「彼は県大会の決勝で連投した。同じ背番号1、自分も負けたくない」。もともと土屋恵三郎監督から「優しさが投球に出てしまう」と何度も指摘されてきたおとなしい性格。しかし、肩が癒えたこの日は絶妙な制球とキレのよい直球で相手をねじ伏せた。一回り大きくなった姿に土屋監督は「エースとしての意地が投球に出ていた」と評価する。目指すは東海大相模を破っての優勝。「県大会の決勝で負けている。もう一度、一二三君と対戦して、今度は連投してでもエース対決を制したい」と前を向いた。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 石垣 永悟(いしがき・えいご)投手。
 横浜市立港南中学校時代は軟式野球部でプレー。

 桐蔭学園では1年時から控え投手としてベンチ入り。  
 翌2年秋の新チームで主戦投手の座を獲得し、県2位通過での関東大会ベスト8入りを果たす。
 県大会準決・鎌倉学園戦で、7回まで無安打、4安打6K完封の好投を披露。
 その後、肩を痛めながらも関東全2戦に先発し、怪我明けで計10.1回4失点の結果を残した。
 水戸桜ノ牧高が相手の初戦で、散発3安打5K、2四球3対0完封勝利を記録。
 続く準々決は東海大望洋打線に打たれ、1.1回4失点で無念の降板(1対4で敗戦)となった。
 3年夏の県大会は3試合14.2回14Kの力投及ばず横浜に2-6で敗れ8強敗退。
 試合を優位に進めながら6回表に逆転され、5回3安打0失点、5.2回6安打3失点でKOとなった。
 県準V、関東ベスト8が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 中大では1年春から主にリリーフでリーグ戦に出場。
 開幕・駒大1回戦で自己最速145㌔をマークし、1回無安打無失点リリーフでデビュー戦を飾る。
 府中市民球場で行われた最終戦・亜大戦(6回2失点で敗戦)で先発を経験。
 2年春の駒沢大2回戦で3度目の先発を務め、今永昇太に投げ勝ちリーグ初勝利を挙げた。 
 4年春にロングもこなすリリーフエースとしてチーム全白星となる3勝(1敗)を記録。
 亜大2回戦(4回無失点)で3シーズンぶり白星、勝点を奪った国学戦で2連勝をマークしている。
 通算38試合、7勝(0完投0完封)5敗、101回、防御率3.12。

 セガサミーでは1年目から公式戦ベンチ入り。
 4年目の都市対抗で2大大会デビューを果たし、5年目18年の同大会で最速148㌔を計測した。
 二大大会3試合、0勝0敗、2回、防御率0.00。

 184cm85kg、長身スリークォーター右腕。
 セットから軽く重心を下げてクロス気味に着地し、後ろ大きめに球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ込む最速148㌔、常時145㌔前後(18年都市対抗)の伸びのある直球と、
 120㌔台後半のスライダー、120㌔台後半で沈むチェンジアップ、その他に110㌔前後のカーブ。
 真っ直ぐを武器とする本格派の右腕。4年目の都市対抗で148㌔を計測した。
 甘めに入るボールも見られるが、まずまず安定した制球の持ち主。スライダ―、チェンジを交える。
 遠投105m、50m6秒5。社会人5年目27歳。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年03月09日(土)|2019年社会人投手 | 東都大学 コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
法政ではなく中央のセレクションに参加したみたいですね。
| 匿名 | 2010年08月18日(Wed) 17:01 | URL #- [ 編集]
進学すると思いますが、次のステージでの活躍期待します!加賀美、船本がいる法政でしょうか。
| 匿名 | 2010年07月27日(Tue) 16:34 | URL #- [ 編集]
先輩の加賀美は大学で大きく伸びましたが、彼もまたまだ伸びそうです。期待しています!
| 匿名 | 2010年07月14日(Wed) 20:05 | URL #- [ 編集]
先輩の加賀美と体型や投球フォームがそっくりかも。
これからの伸びしろを感じさせてくれる投手ですね。
体が出来てくれば140後半も出しそう。
| 名無し | 2010年07月13日(Tue) 11:36 | URL #- [ 編集]
関東・東京の最後の一枠がどこに決まるのか、注目ですね。
出場となれば石垣投手には躍動感、力強さを増した姿を見せてもらいたいです。
夏の大会で楽しみな選手と感じた1年生若林投手の成長ぶりにも期待で。
思えばこの二人、神奈川大会初戦では横浜高校相手に先発若林に続き石垣も初回でノックアウト。桐蔭学園は初回に7失点を喫する最悪のスタートだったんですよね。
| gogo126 | 2010年01月17日(Sun) 20:26 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
石垣投手の寸評お疲れ様です。個人的に神奈川のホープではないでしょうか。
フォームの土台はしっかりしていますので、体が出来上がれば140キロオーバーは確実ではないでしょうか。140キロを超えると、それとともに右肩、右肘の負担は大きくなりますので、オーバーペースにならないように指導者もブレーキをかけてほしいですね。

秋のようなコーナーワークを活かした投球をすれば勝てる投手です。選抜ボーダーラインの桐蔭学園ですが、出場してもらいたい学校ですね。
| プライセス | 2010年01月17日(Sun) 10:52 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | 東都大学 コメント(6) Page Top↑