久保 慧太(東日本国際大)|ドラフト・レポート

久保 慧太(東日本国際大)

ここでは、「久保 慧太(東日本国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm80kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ 東日大昌平高
威力ある直球と切れの良いスライダー。3年秋になってリーグ戦デビュー。公益大2回戦で初勝利。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:         登板無し
   10秋:         登板無し
   11春:         登板無し
   11秋:         登板無し
   12春:         登板無し
   12秋: 4 1勝0敗   12  7  6  5  1  0.75
   13春: 6 5勝0敗  26.1  17  20  5  2  0.68
   通算: 10 6勝0敗  38.1  24  26  10  3  0.70
         被安打率5.63
奪三振率6.10 四死球率2.35

  最新記事

 ■ 久保投手(東日本国際大)が完全試合(いわき民報) 13/4/22

 南東北大学野球連盟の2013年度春季リーグ戦の第2週第1日は20日、郡山市の開成山球場で1部3試合が行われた。第1試合で東日本国際大が山形大と対戦。9-0の7回コールドで勝利し、開幕から3連勝となった。この試合、先発した久保慧太投手(4年・東日大昌平)が相手打線を4奪三振で参考記録ながら完全試合を達成した。打線も2回以降、毎回得点と、力投する久保投手を援護。敵失などに乗じて、わずか7安打で6回までに9得点を奪い、攻守で圧倒した。

         回数 被安 奪三 四死 自責 
   公益大 先   5  2  3  1  0 ○
   山形大 先   7  0  4  0  0 ○封…7回参考完全試合
   山大工     1          0 ○
   日大工 先   5          0 ○
          2.2          0 ○
         20.2  10  13  2  0 防0.00 
      被安打率4.35 奪三振率5.66 四死球率0.87

 ■ 東日大昌平・久保、完投&一発!…福島大会(スポーツ報知) 09/7/23

 福島の準々決勝で、東日大昌平のプロ注目右腕・久保慧太が1失点完投。打っても2ランの独り舞台で白河を一蹴し、2年ぶり2回目の4強入りを決めた。吉田幸祐監督(32)も「精神的に安定してきた。彼がエース。絶対に代える気はなかったです」と、その働きを絶賛だ。最速145キロを誇る本格派が、この日は頭脳的な投球を徹底した。「スピードは関係ない。それよりもきっちり抑えることが大事」と、カーブ、スライダーを織り交ぜ、打たせて取った。奪三振はわずかに3。勝利優先のピッチングに集中した。この日の最速は137キロ止まりも連打を許さない完投劇に、視察した中日・山本将道スカウトも「腕がきれいに振れた時には、やっぱり良い球が来ている」と目を見張った。

   09夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:喜 多 方 先   5  1       0
   3回戦:安  積 先   9  8  12  4  1
   4回戦:安  達 先   4  5       1
   準々決:白  河 先   9  7  3  3  1 137㌔
   準決勝:日大東北 先  12  11  5  4  5
   決 勝:聖光学院 先   8  13  4  1  5
               47  45       13 防2.49(失点から計算)

 写真を複数枚見た限りでの印象ですが、球持ちが良くフォームにもしなやかさがありそうですね。

  プロフィール

 福島県いわき市生まれ。
 久保 慧太(くぼ・けいた)投手。
 小学2年から野球を始め、植田中時代は軟式野球部に所属。

 東日大昌平高では1年春からベンチ入り。
 2年時から主戦としてチームを牽引し、3年夏に創部初の県大会決勝進出を達成した。
 全6試合(4完投)の先発を任され、47回45安打13失点の粘投を披露。
 準決勝・日大東北戦で延長12回176球の力投を演じ、11安打5失点完投勝利を収めている。
 横山貴明との投げ合いとなった決勝・聖光学院戦は、13安打5失点で惜しくも完投負け。
 最速145㌔右腕としてプロからも注目されたが、志望届は提出せず進学を選択した。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東日本国際大進学後は3年秋からリーグ戦に出場。
 4試合12回を7安打1失点に抑え、先発起用された公益大戦でリーグ戦初勝利を挙げた。
 リーグ通算10試合、6勝0敗、38回1/3、26奪三振、防御率0.70。

 182cm80kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 最速146㌔の威力あるストレートと縦横2種類のスライダー、カーブ。
 直球に変化球を織り交ぜ、粘り強く打たせて取る投球が持ち味。制球力にやや課題が残る。
 身体能力に恵まれ、高校時代は中軸打者としても活躍した。

  スカウトコメント

中日・山本将道スカウト|09/7/23
 「腕がきれいに振れた時には、やっぱり良い球が来ている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年05月13日(月)|退団・引退・進路不明など | 南東北大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
久保投手の日大東北戦での投球涙が出るくらい感動しました今後着実に成長してプロになってもらいたいですね!
| ilovebaseball | 2009年11月25日(Wed) 22:52 | URL #- [ 編集]
球のキレのよさとスピードは聖光学院の横山を抜いて福島1位だと思います。総合的には横山が上ですが、しっかり育成すればプロで通用するでしょう。
| 伊藤慧 | 2009年08月21日(Fri) 21:35 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 南東北大学 コメント(2) Page Top↑