佐藤 貴穂(セガサミー)|ドラフト・レポート

佐藤 貴穂(セガサミー)

ここでは、「佐藤 貴穂(セガサミー)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm78kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒7 春日部共栄→東洋大 5年目
1年冬捕手に転向。4年春打率.419、2本塁打マーク。打てる捕手として成長に期待がかかる。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   07春:           出場無し
   07秋:           出場無し
   08春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   08秋: 8 .143  7  1 0 0 0 0 1 1 0  .250  .143
   09春: 11 .195  41  8 1 0 0 1 9 4 0  .267  .220
   09秋: 8 .118  17  2 0 0 0 0 3 1 0  .167  .118 
   10春: 12 .419  43 18 5 0 2 12 4 7 0  .500  .674(2位)
   10秋: 13 .273  44 12 1 1 1 4 14 6 0  .360  .409(9位)
   通算: 53 .268 153 41 7 1 3 17 32 19 0  .349  .386
    ※ 09春10春秋ベストナイン 

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08神: 1  -  0 0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   09選: 2 .000  6 0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   10選: 4 .176 17 3 1 0 0 1 2 1 0  .222  .235
   通算: 7 .130 23 3 1 0 0 1 3 1 0  .167  .174

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09日米: 4 .300 10 3 2 0 0 2 3 1 0  .364  .500

 ■ 高校時代成績

     試合  打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   05夏: 1 1.000 3 3 1 0 0 2 0 1 1.000 1.333 

  最新記事

 ■ 東洋大、2季ぶり15回目V(毎日jp) 10/5/19

 東洋大が国士大に9-8で競り勝ち連勝し、2季ぶり15回目の優勝を決めた。東洋大は一回に4点を先取されたが、その裏に佐藤貴(4年・春日部共栄)が3点本塁打を放ち追い上げ。その後も、リードを許したが、七回に代打・橋本(4年・広島商)の右前適時打など打者一巡の猛攻で4点を奪い逆転した。

 チームを優勝に導き守備の負担も大きかったであろう中、自身も.419の高打率をマーク、
 昨秋の不振を乗り越え素晴らしい活躍でしたね。
 首位打者はこちらも当たりに当たっていたチームメイトの木村外野手が獲得しそうですが。

 ■ 東洋大・佐藤貴が先制3ランで援護/東都(SANSPO) 10/4/14

 東都大学野球第2週第2日(14日、神宮)東洋大は四回、捕手・佐藤貴の左翼越え3ランで先制。「佐藤のひと振りで決まった。やっと捕手が(バットで)投手を助けてくれた」と高橋監督を喜ばせた。4年生で初本塁打となった佐藤貴は「今まで打てなさすぎた。これからはもっと打撃で貢献したい」と苦笑い。これでチームは開幕から連続勝ち点。「去年の秋(5位)は悔しい思いをした。みんな気合が入っていい状態です」と昨春以来2季ぶりの優勝を目指す。

過去記事

 ■ 開幕4番 5連覇目指す要に(asahi.com) 09/4/24

 5連覇を狙う東洋大学の4番を、春日部共栄高出身の佐藤貴穂捕手(21)=経営学部3年=が務めている。昨年まで2年間で出場わずか9試合、打撃成績は8打数1安打。それが今季、開幕から4番を任された。守備位置は捕手。打力は折り紙付き。春日部共栄高2年の夏に出た甲子園。初戦の大阪桐蔭戦で、150キロ左腕の辻内崇伸(巨人)と「怪物」中田翔(日本ハム)から二塁打1本を含む3打数3安打2打点を放った。大学に入り、捕手出身の高橋昭雄監督がその打棒に目をつけた。「僕は『打てる捕手』を育てたくてね」。1年冬、三塁手から捕手へ転向。英才教育が始まった。ショートバウンドを体で止める。投球マシンが繰り出す直球や変化球をひたすら捕球する。目標はドラフト1位で今春、日本ハムに入った先輩の大野奨太。「大野さんが50球練習するなら、僕は100球。何でも倍。そうしないと、近づくこともできない」。経験の浅さは、練習量で補った。4番として初安打は、開幕から12打席目。右翼への詰まり気味の打球だった。打点もついて「ホッとしました。リードももちろんですが、僕に求められているのは、まず打撃ですから」。

  プロフィール

 東京都江戸川区出身。
 佐藤 貴穂(さとう たかのり)捕手。
 小学2年から野球を始める。
 修徳学園中時代は軟式野球部に所属し3年時に7番ライトとして全国大会準優勝。
 当時のチームメイトに小池翔太(現青学大)、磯部泰(現エネオス)ら。
 春日部共栄高では2年夏に甲子園を経験。
 初戦、大阪桐蔭戦に7番サードで先発出場し辻内・中田相手に3安打1四球2打点の
 活躍を見せたが打撃戦の末、7対9で敗れた。
 2年秋からは4番。3年夏は県準々決勝で敗退。

 東洋大へは内野手として入学。
 1年冬に打撃力・資質の良さを買われ捕手に転向する。
 大野(現日本ハム)のプロ入りにより正捕手に抜擢された3年春は全試合にスタメン出場、
 リーグ5連覇に貢献し初のベストナインに輝いた。
 夏には大学日本代表に選出され日米大学野球で国際大会を経験。
 3年秋はスタメンを外されるなど苦しんだが4年春は18安打量産でリーグ2位の打率.419を
 マーク、満票で2度目のベストナインを受賞した。
 亜大戦でリーグ戦初本塁打を記録、優勝を決めた国士舘大戦では3ラン含む4安打4打点。

 捕手経験浅いながら攻めのリードで東洋大投手陣を牽引。
 遠投100m、地肩はそこまで強くないが二塁送球2秒を切る安定した送球を見せる。
 投手陣からの信頼厚く監督からは投手交代の判断を任される場面もあるなど存在感を
 増しつつあり「打てる捕手」として今後の成長に期待がかかる。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年05月20日(木)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑