宮崎 太郎(Honda鈴鹿)|ドラフト・レポート

宮崎 太郎(Honda鈴鹿)

ここでは、「宮崎 太郎(Honda鈴鹿)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm88kg 右右 MAX145km スライダー・フォーク・カーブ・シュート 済美→法大 3年目
長身から投げ下ろす最速145㌔の直球とフォーク、スライダー。3年春リーグ戦初登板初勝利。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:        登板無し
   10秋:        登板無し
   11春:        登板無し
   11秋:        登板無し
   12春: 5 2勝0敗  11  9  10  9  4  3.27
   12秋: 2 0勝1敗  3.1  4  1  2  2  5.40
   13春:        登板無し
   13秋:        登板無し           
   通算: 7 2勝1敗 14.1  13  11  11  6  3.77
         被安打率8.16 奪三振率6.91 四死球率6.91

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   08夏: 1  2.2  2  1  2  0 140㌔ 智弁和歌山

投手成績詳細

   12春  回数 被安 奪三 四死 自責 
   慶 大  3.1  2  1  1  0 ○
   明 大  3.2  1  3  4  0 
   早 大   2  2  3  2  0 141㌔
        0.1  3  0  2  4 135㌔
   東 大  1.2  1  3  0  0 ○
        11  9  10  9  4 防3.27
    被安打率7.36 奪三振率8.18 四死球率7.36

  最新記事

 ■ 東京六大学野球:明大が東大に連勝(毎日jp) 12/4/16

 法大は慶大を破って先勝。1点を追う五回、西浦直(3年・天理)の2ランで逆転し、八回に土井(4年・智弁学園)のソロで加点した。2番手の宮崎(3年・済美)が好救援でリーグ戦初登板初勝利。慶大は一回に3点を先取したが、その後は打線がつながらなかった。

   12秋  回数 被安 奪三 四死 自責
   早 大   2  2  0  0  0
        1.1  2  1  2  2
        3.1  4  1  2  2 防5.40
    被安打率10.80 奪三振率2.70 四死球率5.40

 現在はフォークに自信を持っているようです。ボール先行の苦しい投球ながらそれなりに空振りを
 奪っていました。腰痛から復活とのことで今後の制球力、球速アップに期待したいところ。

 ■ MAX141キロの右腕、済美・宮崎が迫力の8K(スポーツ報知) 09/6/15

 済美はプロ注目最速141キロ右腕・宮崎太郎(3年)が、龍谷大平安との練習試合に先発。10安打2失点でサヨナラ負けしたが、ダイナミックなフォームから8三振を奪った。「前半は球がキレてなかった。後半の方が球自体はよかった」と振り返った。曽祖父の次三郎さんは、名古屋軍(現中日)の捕手としてプレー。プロのDNAを受け継いでいる。

 一冬越しての球威アップが楽しみでしたが残念ながら春は控え、球速はさほど伸びていない
 ですね。安定感を向上させつつあるようで夏に期待。

  プロフィール

 京都府京都市出身。
 宮崎 太郎(みやざき・たろう)投手。
 大谷中時代は京都バファローズに所属。

 済美高では1年時からベンチ入り。
 控え投手として2年夏の甲子園に出場し、初戦・和智弁戦で全国大会デビューを果たす。
 140㌔直球にスライダーを織り交ぜ、2.2回無失点救援を披露(0対3で敗退)。
 2年秋に主戦として4試合28.2回を自責9にまとめ、県大会3位での四国大会進出を達成した。
 四国大会では明徳を9回3失点に抑えたが、石橋良太に投げ負け1対3で初戦敗退。
 2年生・鈴木貴也の控えを務めた3年春県大会では、17回17K2四死球自責0の好救援を演じている。
 四国大会では準決・寒川戦に先発し、 7回1安打1失点の好投を見せた(2対3でサヨナラ負け)。
 3年夏は県大会決勝進出を果たすも、秋山拓巳擁する西条に2対13で敗れ準優勝。
 宇和島東に4安打8K2失点完投勝利を収め、今治西戦で7回5安打1失点リリーフを披露した。
 140㌔超の直球でプロから注目される中、志望届は提出せず大学進学を選択する。

 法大進学後は3年春からリリーフでリーグ戦に出場。
 2番手として慶大を3.1回2安打無失点に抑え、逆転を呼び込む好救援で初登板初勝利を収めた。
 リーグ通算7試合、2勝1敗、14回1/3、11奪三振、防御率3.77。

 184cm88kg、長身の本格派右腕。
 ワインドアップから重心を下げ、着地早めに大きめのテイクバックを取り、開き早めに肘を使った
 腕の振りから投げ下ろす最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後のストレートと
 120㌔台の縦横2種類のスライダー、130㌔前後のフォーク、100㌔台のカーブ。
 腰痛もあり3年春になってリーグ戦デビュー。フォークを武器に中継ぎとして起用された。
 制球にはバラツキが多い。マウンド度胸の良さも持ち味。遠投110m、50m6秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2014年01月08日(水)|退団・引退・進路不明など | 東京六大学 コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
これだけの角度と球質のボールが投げられるのに、全然試合に出ていないというのは、よほど制球が悪いのだろうか・・・。
荒れ球でも試合を壊さない程度の制球力があれば、人材難の今年なら3位くらいで指名されるレベルだろう。同学年の船本がフニャフニャ投げてるのを見ていると、なおさら勿体なく思う。
| 東京漢(とんちんかん) | 2013年08月25日(Sun) 01:52 | URL #mQop/nM. [ 編集]
147kmオープン戦で投げてます。
| 匿名 | 2012年05月18日(Fri) 22:32 | URL #- [ 編集]
初めて見ましたが、球の力はリーグ戦レベルだと思います。
制球が課題とのことですが、私が見たときは安定してました。
今後の成長が楽しみです
| 匿名 | 2011年03月22日(Tue) 01:02 | URL #- [ 編集]
145キロほうっています
| どもっす名無しです | 2009年09月20日(Sun) 20:24 | URL #- [ 編集]
済美投手陣の4人で15四死球はまずいですね。
宮崎投手も2.2回で7安打、3四死球の残念な結果。
甲子園で見た投球は資質の良さを感じさせて成長を楽しみにしていたんですがその後は若干伸び悩み気味だったようで。
| gogo126 | 2009年07月31日(Fri) 22:13 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
テンポの良いスリクウォーター気味の投球フォームから、常時130キロ台後半から140キロ台前半のストレートを投げ込みます。

昨夏の甲子園では、初戦の智弁和歌山戦で好リリーフをし、大会屈指の強打者「坂口真規」から三振を奪いました。

球速は、現在、最速145キロまで伸びたのですが、まだまだ荒削りという感は否めません。

ラストサマーは、準決勝の今治西戦では、不調のエース鈴木投手に代わり、好リリーフしたのですが、決勝の西条戦では、連投の疲れからか、持ち前のテンポが悪く、四死球と暴投の多さが目立ち、西条打線相手に炎上してしまいました。

今後、宮崎投手が上の世界で使い物になるかどうかの分かれ目は、投球フォームを固め、制球難を克服できるかどうかにかかっていると思います。
| 樺太之星 | 2009年07月31日(Fri) 19:21 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東京六大学 コメント(6) Page Top↑