中後 悠平(近大)|ドラフト・レポート

中後 悠平(近大)

ここでは、「中後 悠平(近大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中後 悠平(近大)

182cm72kg 左左 MAX151km スライダー・シンカー・カーブ・チェンジ 近大新宮高
最速151㌔の勢いある直球と鋭い2種類のスライダー。3種類の軌道を使い分ける変則左腕。
2011年千葉ロッテ2位

  動 画

  投球成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   08春: 1  0勝0敗    1  0  0  1  0  0.00 
   08秋:         登板無し
   09春: 9  3勝0敗   43  26  27  13  7  1.47(2位)
   09秋: 6  2勝1敗   26  24  22  7  9  3.12(8位)
   10春: 9  4勝2敗  56.2  29  52  28  7  1.11(2位)
   10秋: 7  2勝3敗  36.2  24  31  10  4  0.98(1位)
   11春: 8  5勝3敗   61  26  56  24  5  0.74(1位)
   11秋: 10  3勝4敗   67  51  72  30  16  2.15
   通算: 50 19勝13敗 291.1 180 260 113  48  1.48
          被安打率5.56 奪三振率8.03 四死球率3.49
    ※ 09春:MVP 10春11春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   09選    回数 被安 奪三 四死 自責
   桐蔭横 先  9  8  11  1  1 145㌔(東D)
   富士大    1  2  0  5  1
          10  10  11  6  2 防1.80 

 【 国際大会 】
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   09日米: 3   4  4  6  1  1  2.25
   10世界: 3   3  1  4  0  0  0.00
   11日米: 2  2.1  3  1  2  2  7.71
   通 算: 8  9.1  8  11  3  3  2.89
     被安打率7.71 奪三振率10.61 四死球率2.89  

  最新記事

 ■ ドラフト候補の近大・中後は20勝ならず(デイリースポーツ) 11/10/17

 ドラフト候補の近大エース中後がリーグ戦最後の先発マウンドに上がったが、6回6安打3失点で降板。完投勝ちした前日に続く連投も、大学通算20勝はならなかった。「納得のいくピッチングができなかった。明日の3回戦も(救援で)投げろと言われれば投げる」と悔やんだ。3球団が視察。東洋大・藤岡の1位指名を公言しているロッテ4人態勢で、松本編成統括は「外れ1位候補の1人」とした。
 大学通算19勝(13敗)、防御率1・46。この日もロッテ、阪神などが上位指名候補として視察。中後は「12球団どこでもいい。1位でいきたい」とプロへの思いを吐露した。(スポーツ報知)

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関 大 先   9  6  12  4  2 ○ 145㌔
   同 大 先   7  6     6  4 ●
   京 大 先   9  2  17  0  0 ○封145㌔
           1  0       0
   関 大 先   7  9     5  1 ●
       先   9  7  9     3
   立命大 先   9  8  9  2  1 ●
   関学大 先   9  5  9  3  1 ○
       先   6  6  2  5  3 ●
           1  2  2  1  1
          67  51  72  30  16 防2.15
      被安打率6.85 奪三振率9.67 四死球率4.03

 ■ 近大・中後完投も一発に泣きV完全消滅(スポーツ報知) 11/10/10

 近大エースの中後が今春から数えて3度目の0―1での完投負けを喫し、優勝の可能性が完全消滅した。6日の関大戦で9回を投げた疲労を考慮した2回戦からの登板も「シンカーが甘く入った。失投です」と痛恨のソロアーチを悔やんだ。それでもスカウト5球団が見守る前で9三振を奪い「最後は楽しく勝ちたい」と来週の最終登板へ前を向いた。榎本保監督は「連投させる」と話し、あと2勝に迫った通算20勝目を狙わせる意向だ。

 ■ 近大・中後3失点19勝目逃す(日刊スポーツ) 11/10/7

 近大が勝ち点2を挙げた。関大との3回戦は延長戦の末、勝利した。延長14回に池田祥大外野手の適時三塁打などで4得点。阪神など3球団が見守る中、今秋ドラフトの関西の目玉、中後悠平投手は9回を投げ、7安打9奪三振3失点。7回に自身の適時打で一時は勝ち越しながら8回に追いつかれ、大学通算19勝目を逃した。

 ■ 近大エース・中後2敗目「内容が最悪」(スポーツ報知) 11/10/1

 近大エース左腕の中後が2敗目を喫した。7回9安打5四死球と制球が安定せず「ストライクは甘く、ボールはクソボール。内容が最悪」と反省しきり。この日に連盟を通じて、プロ志望届を提出。「勝ちたかった。迷惑かけたので次はきっちり抑えたい」と逆転Vに意欲を見せた。この日は10球団が視察し、ロッテ・山下スカウトは「いい投手。間違いなく上位候補」と変則左腕を評した。

 ■ 近大・中後17K完封、3球団が視察(デイリースポーツ) 11/9/25

 近大が150キロ左腕・中後の好投で先勝した。公式戦自己最多の17三振を奪い、2安打で自身初の無四球完封。大学通算18勝目を挙げ「思ったコースに投げられた」と話した。15日の同大戦では7回4失点で降板。登板後4日間はボールを握らず、頭を切り替えた。今秋のドラフト候補としてロッテなど3球団が視察し、ロッテ・松本編成統括は「間違いなく(上位)12人に入ってくる存在」と評価した。
 ロッテ、ソフトバンクなど4球団が見守る前で最速145キロの直球主体で自身初の先発全員奪三振に無四球で完封。リーグ戦通算18勝目に「7~8割の力でうまく投げることができた。制球を課題にしてきたので無四球完封はうれしい」と笑顔を見せた。(スポニチ)

過去記事

 ■ 近大・中後6四死球!苦手・同大克服できず(スポーツ報知) 11/9/16

 苦手は克服できなかった。先発の近大・中後は6四死球など制球が安定せず「暑さもあって手元が狂い、配球が淡泊になった」と反省。今春は2度0―1で敗れるなど、同大とはかみ合わせが悪いが「明日から切り替える」と前を向いた。この日は11球団28人がチェック。西武・奥薗編成部部長は「左打者には嫌らしい投球をするね」と変則左腕を評していた。
 近大・中後が7回6安打4失点で降板。相手投手の平川に3安打2打点されるなど打ち込まれた。「暑さで、マウンドに上がる前からフラフラしていた。手元が狂って上体が突っ込んだ」と精彩を欠いた。(デイリースポーツ)

 ■ 近大・中後毎回12Kで開幕飾る(日刊スポーツ) 11/9/6

 秋季リーグ戦が開幕し、ドラフト候補視察に10球団23人のスカウトが駆けつけた。関西の目玉、近大・中後悠平投手は関大から毎回12三振を奪い2失点完投で大学通算17勝目。序盤は制球に苦労。2回に打球が右手首を直撃する不運から1死満塁の危機を招き、併殺崩れで1失点。だが上体が突っ込んでいたことをチームメートに指摘されて修正し、以降は安定感を取り戻した。この日の最速は145キロながら、オリックス内匠スカウトは「終盤は球にキレが出ていた。序盤は苦労したのに辛抱して勝てたのは、本人の自信と経験になるでしょう」と評した。夏の練習試合をへて「左打者の内角にきっちり真っすぐを投げられるようになった。以前はファウルされたが今は狙った所に投げられる」と手応え。交流戦でプロの打者からも認められたスライダーに加え、内角への制球に自信を深めた。
 左横手から右打者の懐に投げ込んで3死球を与えたかと思えば、3ボールから内角直球で見逃し三振に取る。荒れ球の持ち味もそこそこに、ボールをリリースするまでにつくるタメのタイミングを春からのものと変えた中後は「インコースに思い切り投げられるようになったのが収穫」と胸を張った。メリハリをつけた投球に中日・米村スカウトは「抑え方が分かってきた」と評価を上げ、5人体制で視察したオリックス・長村編成部長も「上位は間違いない」とうなずいた。横手からに加え、この日も数球は下手から投げたトリッキー左腕。同じ左で「BIG3」の東洋大・藤岡に対して「向こうが上です」と笑ったが「ラストイヤーは悔いが残らないように。優勝するしかない」と言い切った。(スポーツ報知)
 阪神・佐野編成部次長は「左打者をいいコースで打ち取れるのは大きい」と評価した。(デイリースポーツ)
 阪神・池之上格西日本統括スカウトは「走者を背負っても要所を抑え、精神面での成長がうかがえる」と評価した。(スポニチ)

 ■ 近大・中後3回3K無失点!開幕へ弾み(スポーツ報知) 11/8/31

 近大が30日、ソフトバンクとプロ・大学交流戦を行い、今秋ドラフト上位候補左腕・中後悠平が先発して3回1安打無失点、3三振を奪う好投。9月3日開幕の秋季リーグ初戦へ弾みをつけた。近大・中後がドラフト候補の貫禄を見せた。この日の最速は143キロ止まりだったが、サイド気味のスリークオーターからのスライダーがさえ、大学日本代表で同僚だった中原恵司から空振り三振を奪うなど危なげない投球内容だった。25日の京産大との練習試合では9回17奪三振をマーク。「タメを少し変えて、左のインコースにも決まるようになった。調子は右肩上がりです」と、手応えを口にした。

      ソフトバンク:3回 被安1 奪三3 失点0 143㌔

 ■ “変則左腕”中後、第1戦先発の有力候補浮上(スポニチ) 11/6/28

 (大学日本代表2-5イースタン混成)日米大学野球選手権の注目の第1戦先発として、ドラフト1位候補の中後が浮上した。金光監督は「本来なら藤岡」としながら「第1戦で嫌なイメージを残したい」と左横手から140キロ超の直球とスライダーを武器とする変則左腕を有力候補とした。3番手で5回から登板した中後は4安打2失点。内容はいまひとつも「09年の日米でも対戦してるので、抑えられる自信はある」と強気だった。
 金光監督は「去年に比べてコントロールが良くなっている。場合によっては頭というのもあり得る」と評価。(デイリースポーツ)

      壮行試合:イースタン混成 2回 被安4 奪三2 四死0 失点2

 ■ 近大・中後2失点苦杯…虎スカウト視察(デイリースポーツ) 11/5/4

 近大の150キロ左腕・中後が2失点で初戦を落とした。初回、内野ゴロの間に1点を失い、七回にスクイズで2点目を献上。球場表示では144キロが最速だったが、阪神・畑山スカウトのスピードガンで148キロを計測した。「立ち上がりは球が荒れていたが、チェンジアップで幅を広げて調子を取り戻したようだ」と評価は変わりなかった。

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大 先   7  2  7  2  0 ○  145㌔
   関 大 先  10  5  12  7  1 ○
   立 大 先   9  6  7  3  2 ●  144㌔
           5  2  7  1  0 ○
   同 大 先   8  5       1 ●
       先   7  2       0 ●
   関学大 先   6  3       1 ○
       先   9  1  4  1  0 ○封 142㌔ 
          61  26  56  24  5 防0.74
      被安打率3.84 奪三振率8.26 四死球率3.54

 ■ 関西ドラフトの星は“和製ランディ・ジョンソン” 近大の中後投手(MSN産経) 11/4/29

 左腕のサイドスローという変則的な投法から、150キロを超える速球を投げる。高校、大学、社会人を含め、関西でプロ球団の評価が一番高い投手は、近大の中後悠平だ。セ・リーグのスカウトは「今のままでも、中継ぎなら十分に戦力になる。プロの左打者でもなかなか打てない球を投げる」と評価する。今季はシンカーを覚え、投球の幅を広げ、右打者にも厄介な投手になった。182センチという長身だけに腕も長い。その長い腕をしならせて体から遠い位置で球を放す。左打者は背中から球を投げられている感覚だろう。さながら和製ランディ・ジョンソンだ。「2年生から、ピンチで投げさせているので、精神的には強い」と榎本保監督は話す。3年生までは上手、サイド、下手と、打者の目をくらませるため投げ方を変えていたが、今はそんな小細工はしない。球質が良くなったからだ。オリックスの長村裕之編成部長は「低いリリースポイントから、そのまま低めのストライクゾーンに球が伸びてくる。いい球を投げます」と話す。近大神宮高では無名だったが、榎本監督が素質を見抜き育てた。当初は練習が終わると、74キロある体重が65キロまで落ちた。そのため食事をしっかりとらせた。また腰のキレをよくするために、筋肉を大きくするのではなく、腹筋、背筋の細かい筋肉を鍛えることを中心とした、体幹強化のウエートトレーニングを課した。巽、大隣(ともにソフトバンク)を育てた榎本監督。先輩2人と同じように、中後へのアドバイスも極めてシンプルだ。(1)きっちり踏み出した足がついてから腕を振る(2)軸足でプレートをしっかり蹴る-の2点だ。この指導が中後の制球球の良さにつながっている。プロの技巧派ほどではないが、中後が四球で崩れることはまずない。左手を思い切って振っているが、下半身の動きと上半身の動きがマッチしているので、投球動作の中で頭が動かない。これが制球力の良さにつながっている。中後は、マウンドでピンチを迎えると、榎本監督のある言葉を頭の中で何度も繰り返す。「やられたらやり返せ」。マウンドで常に闘志をむき出しにしている。

 ■ 近大・中後が10回187球熱投で逆転勝ち呼ぶ(スポーツ報知) 11/4/17

 近大の中後悠平は延長10回、187球を投げ切って5安打1失点、12三振を奪い、10回に安達和宏(3年)のスクイズ(記録は内野安打)による逆転勝ちを呼び込んだ。同点に追いついてもらった直後の9回のマウンド。2死三塁で、中後は今季から必勝アイテムとして取り入れたマウスピースを「ここはガチで行こうと思って」となぜか吐き出した。左飛に打ち取ると、エースの気合に応えるように延長10回に味方が勝ち越し。延長戦完投は入学後経験なく「(同点での9回は)サヨナラ負けしかない」という“鬼門”を突破。7与四死球にも榎本保監督からの「弱気になるな」の言葉に応え、ピンチの連続の終盤も内角を突いた。この日は9球団が視察。巨人・山下スカウト部長は「どこにもいないタイプあの投げ方からスピードが出るんだから打ちにくい」と、上手と横手を使い分ける逸材をチェックした。「アドレナリンが出て球数も感じなかった」と中後。唯一無二のトリッキー左腕はまだ発展途上だ。

 ■ 近大・中後に阪神など9球団が熱視線(デイリースポーツ) 11/4/10

 今季初戦となったドラフト1位候補の近大・中後悠平投手は京大を相手に7回2安打無失点、7奪三振で大学通算12勝目を挙げた。阪神など9球団16人のスカウトが詰めかけた。ドラフト1位候補の150キロ左腕・中後が今季初の公式戦を上々の内容で滑り出した。最速は145キロ止まりだったが、京大打線から7回7奪三振で2安打無失点。榎本保監督(55)によると、五回で降板させる予定だったが、本人が志願して七回まで続投となった。「コントロールを重視して力を調整した」と要所を締めた中後。「1安打も許さないつもりで投げたが、七回に打たれた1本と2四球が反省点」と課題も挙げた。開幕前のオープン戦で約10試合に登板。阪神とのプロアマ交流試合などで経験を積み「どんな相手でも自分のピッチングをすることが身に付いた」という。9球団16人のスカウトが視察。3人体制で見守った阪神の葛西スカウトは「阪神との練習試合の時より体の使い方がうまくなった。スライダーもいい」と評価していた。

 ■ 近大・中後、阪神2軍との練習試合で4回6奪三振2失点(スポーツ報知) 11/3/6

 今秋ドラフト1位候補のMAX151キロ左腕、近大・中後悠平投手が5日、阪神との練習試合で先発し、4回1安打2失点。日米9球団のスカウトが見守る中、5四球6奪三振と、荒れ球投球で持ち味を出した。初回は浅井に低め直球を左翼スタンドに運ばれ「スイングに圧倒された」。それでもスリークオーター気味と横手から投げる独特の幻惑投法でプロに的を絞らせない。「20、30点だけど、変化球は通用した。自信にもなった」とうなずいた。四球の多さにも広島・宮本スカウト部付部長は「彼の持ち味」と評し、初めて生チェックした阪神・沼沢球団本部長も「(評価は)かなりいいところにいる」と目に焼きつけた。プロを相手にした有意義な経験に、本人は「今日の課題を生かしたい」とドラフトイヤーの活躍を誓っていた。
 阪神の2軍が近大に4―3でサヨナラ勝ちした。2―3の9回2死一塁で上本が逆転2ランを放った。近大の榎本監督は「阪神ファンだけど、悔しい。プロの勝負勘を感じることが大事」と笑顔。(スポーツ報知)
 「ちょっとは通用するんかなと感じた。でもスイングが速いし、甘い球を逃さないですね」と気合の入った勝負を振り返った。「調子は悪かった。ヒットは本塁打の1本だけでしたが、四球5個は多い。自己採点は20~30点」と満足のいく内容ではなかったが、最速144キロをマーク。上々の初先発だった。収穫も大きかった。「チェンジアップを有効に使えたし、変化球は手応えがあった。自信になる」と声を弾ませた。三振もスライダーとチェンジアップで奪い、精度の高さをうかがわせた。一方で、1軍レベルの選手に対しては力の差を実感。「浅井さんはチェンジアップを1球も空振りしなかった。本塁打も、インコース低めに入るボール気味の球を飛ばされた」と脱帽した。(デイリースポーツ)

      阪神2軍: 4回 被安1 奪三6 四死5 失点2 144㌔

 ■ “最速151キロ左腕”近大・中後の始動に日米5球団視察(スポーツ報知) 11/1/1

 今秋ドラフトで1位候補の近大・中後悠平投手が10日、奈良・生駒市の同大学グラウンドで始動した。上手と横手を自在に使い分けながら最速151キロを誇る左腕に、米大リーグのマリナーズ巨人阪神ヤクルト楽天日米5球団6人のスカウトが視察に訪れた。魅力は元阪神の助っ人左腕、ジェフ・ウィリアムスをほうふつさせる変則フォームだ。マリナーズ・山本日本担当スカウトは「左だし、トリッキーな投げ方。メジャーを希望してくれたら」と注目。中後は「いろんな人が見てくれている中で、すべて一番に立ちたい」と勝負の年に気を引き締めた。昨夏、大学ジャパンでチームメートだった東海大・菅野、明大・野村、東洋大・藤岡の同級生ライバルに負けない部分を問われ「球の出どころ、軌道」と答えた。自身に課す1つの“ノルマ”がノーヒットノーラン。先輩の大隣と巽(ともにソフトバンク)が、かつてリーグ戦で達成した快挙に「あと一歩でできていないので、狙いたい」と、プロ入りへのステップと位置づけた。
 スリークオーターとサイドから、最速150キロを誇る変則左腕に阪神、巨人、ヤクルト、楽天にマリナーズのスカウトが熱視線を送った。一番乗りした阪神・畑山スカウトは「関西ではトップ。1年間追いかけていきます」と明言。(スポニチ)
 中後はスリークオーター気味の上手と横手を使い分ける変則左腕で、上から151キロ、横から144キロの速球を投げる。(日刊スポーツ)

 ■ 近大・中後10K無四球完投で今季初勝利(スポーツ報知) 10/9/21

 来年のドラフト候補として注目されている近大のMAX150キロ左腕、中後悠平(3年)が、関学大から10三振を奪い、無四球完投で今季初勝利をマーク。打っても2安打1打点の活躍で、今季初の勝ち点に貢献した。大学日本代表の近大・中後が無四球完投で、この試合を落とせば後がなくなるチームを救った。18日の同カードで左足ふくらはぎをつり、7回途中2失点で敗戦投手になった。この日は塩水につけた梅干しをなめながら、「やられたから、やり返す」と、最速146キロの直球でねじ伏せた。世界選手権に出場するなど多忙だったため、体重は73キロから68キロにダウンしたままだが、「次の同大は何が何でも倒したい相手」と春の王者撃破を狙う。

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大 先   3  4       1 ●
          0.2  1       0
   関学大 先   6  3       1 ●
       先   9  7  10  0  0 ○ 146㌔
   同 大 先   8  8       2 ●
   関 大     1  0       0
   京 大 先   9  1  5  2  0 ○
         36.2  24  31  10  4 防0.98
      被安打率5.89 奪三振率7.61 四死球率2.45

 ■ 近大・中後悠平が3安打12奪三振で完封勝利(スポーツ報知) 10/4/25

 近大が同大に先勝した。近大の左腕・中後悠平(3年)が3安打12奪三振で同大のプロ注目右腕・藤井貴之主将(4年)に投げ勝ち、完封勝利。エース右腕の武内仁志(4年)を差し置いての1回戦の先発は「きのう(23日)監督に言われた」と近大・中後。昨秋まではサイドスローだったが、今季はスリークオーターに矯正。「十分良かったと思う。三振を取れていい流れでした」。チェンジアップも習得したことで、ひじや肩の負担もなくなった
 3年生左腕は最速146キロを計測した直球にチェンジアップ、フォークなどの変化球を織り交ぜて12三振を奪い、チームを5連勝に導いた。(スポニチ)

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大 先   9  4  12  2  0 ○
   関学大 先   8  6       1
   同 大 先   9  3  12  6  0 ○ 146㌔
       先  5.2  4       2 ●
   立命大     2  0       0
           3  3       1 
           4  4       2 ●
   関 大 先   9  1  11  4  0 ○
       先   7  4       1 ○
         56.2  29  52  28  7 防0.35
      
被安打率4.61 奪三振率8.26 四死球率4.45

 ■ こんな投手もいるぞ 2種類のフォームから翻ろう(スポニチ) 09/6/10

 変則左腕が堂々全国デビューだ。近大の中後(2年、近大新宮)が8安打を浴びながらも1失点完投勝利を挙げた。スリークォーターと、横手からしゃくるように投げるフォームを使い分ける中後。それぞれのフォームから数種類の変化球を投げ分け、この日は11三振を奪った。1点をリードした9回には2死一、三塁のピンチを迎えたが、榎本監督は「成長させるためにも腹をくくり」続投。無失点に抑えた左腕を「本格派だけが投手じゃないぞと見せたかった」と称えた。

 東京ドームで最速145㌔、常時140㌔前後を投げ込む力がありながらいわゆる本格派
 ではない、このあたりのアンバランスさが何とも面白いですね。

 ■ 変則左腕・中後が大車輪(読売新聞) 09/5/18

 近大は2番手の中後(近大新宮)が雨中のマウンドで好投した。上、横、下手で投げ分ける変則左腕の2年生。16日の先発を始め、ここまで8試合中7試合で先発、中継ぎと大活躍で「冬の走り込みでスタミナがついたので連投は気にならない」と頼もしかった。
   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大    1  1       0
   関学大     2  0        0 
           4  1       0
   立命大 先  9  4  3  1  3 ○
       先  4  2       0
   同 大 先  6  5       2
           6  6       1 ○
   関 大 先  6  5       1 
          5  2       0 ○
          43  26  27  13  7 防1.47
      被安打率5.44 奪三振率5.65 四死球率2.72

 ■ 近大、連勝で勝ち点3…2季ぶり優勝へ首位に並ぶ(スポニチ) 09/5/18

 近大が同大に6-2で勝ち、連勝で勝ち点3とし首位・立命大に勝ち点、勝率ともに並んだ。最速150キロ左腕の中後悠平投手(2年)が2番手で登板し6回を1失点に抑え、味方の反撃を呼んだ。2季ぶりVへ、最終節は関大と対戦。立命大は同大と対戦し、同大も優勝の可能性を残している。

 高校時代は技巧派とのことながら最速150㌔とは随分球速が上がりましたね。
 腕の位置を変え直球主体の本格派から変化球中心の技巧派まで。
 なかなか多面性のある投手のようで面白い存在。

  プロフィール

 大阪府熊取町生まれ。
 中後 悠平(なかうしろ ゆうへい)投手。
 小学5年から野球を始める。
 熊取北中では貝塚シニアに所属。
 近大新宮高時代は2年夏からベンチ入り。
 3年夏は控え投手ながら主戦格として県大会8強入りに貢献した。
 甲子園出場実績は無し。当時から最速は141㌔を記録。

 近大では1年春からリーグ戦に出場。
 2年春に10試合中9試合43回に登板するフル回転の活躍で優勝に導き頭角を現す。
 3勝無敗、リーグ2位 防御率1.47の好成績でMVPを受賞。
 大学選手権初戦では桐蔭横浜大に1失点完投勝利、
 11奪三振1四球の快投で全国デビューを飾っている。
 リリーフ登板した富士大戦は制球に苦しみ押し出し死球でサヨナラ負け。
 夏には日本代表に選出され日米大学野球に出場した。
 11月のU-26NPB選抜との試合では救援で1回を無失点、坂本(巨人)から三振を奪っている。
 3年夏世界大学野球選手権中国戦で大台150㌔(神宮)に到達。
 リーグ通算50試合、19勝13敗、291回1/3、260奪三振、113四死球、防御率1.48。

 182cm72kg、細身のスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップ、鋭い腕の振りから繰り出す最速151㌔の勢いのある直球と
 110㌔台の「縦系」、120㌔台中盤の「高速系」、2種類の切れ味鋭いスライダーが武器。
 120㌔台後半のシンカー、100㌔台の緩いカーブ、100㌔台で抜いたチェンジアップ。
 サイド気味のスリークォーター、サイド、アンダー気味の3種類を使い分け
 複数の軌道で打者を翻弄する(割合7:2:1)。
 本格派、技巧派、2つのスタイルを持つ変則投手。コントロールはアバウト。
 サイド気味ながら150㌔超の直球を持ち右打者の内角に滑り落ちるスライダーにも切れ、
 潜在能力を高く評価されている。

  スカウトコメント

ロッテ・松本編成統括|11/10/17
 「外れ1位候補の1人」
ロッテ・山下スカウト|11/10/1
 「いい投手。間違いなく上位候補」
ロッテ・松本編成統括|11/9/25
 「間違いなく(上位)12人に入ってくる存在」
西武・奥薗編成部部長|11/9/16
 「左打者には嫌らしい投球をするね」
オリックス・長村編成部長|11/9/6
 「上位は間違いない」
オリックス・内匠スカウト|11/9/6
 「終盤は球にキレが出ていた。序盤は苦労したのに辛抱して勝てたのは、本人の自信と経験になるでしょう」
阪神・佐野編成部次長|11/9/6
 「左打者をいいコースで打ち取れるのは大きい」
 「走者を背負っても要所を抑え、精神面での成長がうかがえる」
中日・米村スカウト|11/9/6
 「抑え方が分かってきた」
ソフトバンク・永山勝スカウト部長|11/5/11
 「横手からあれだけ力のある球を投げられるのはほかの投手にない武器。プロレベルでいうコントロールはまだないが、適当な荒れ球も現時点で彼の持ち味になる。中継ぎとして見るチームも多いですが、チーム事情によっては先発枠に…、と考えるところもあるでしょう」
阪神・畑山スカウト|11/5/4
 「立ち上がりは球が荒れていたが、チェンジアップで幅を広げて調子を取り戻したようだ」
オリックス・長村裕之編成部長|11/4/29
 「低いリリースポイントから、そのまま低めのストライクゾーンに球が伸びてくる。いい球を投げます」
セ・リーグスカウト|11/4/29
 「今のままでも、中継ぎなら十分に戦力になる。プロの左打者でもなかなか打てない球を投げる」
巨人・山下スカウト部長|11/4/17
 「どこにもいないタイプ。あの投げ方からスピードが出るんだから打ちにくい」
阪神・葛西スカウト|11/4/10
 「阪神との練習試合の時より体の使い方がうまくなった。スライダーもいい」
広島・宮本スカウト部付部長|11/3/6
 「彼の持ち味」
阪神・沼沢球団本部長|11/3/6
 「(評価は)かなりいいところにいる」
 「上位候補? いいところにいくんじゃないかな。リーグ戦に向けて楽しみ。これからも見ていく」
 「きれいな変化球を投げる良い投手。上位候補?そうですね。かなり良いところに来る。」
マリナーズ・山本日本担当スカウト|11/1/1
 「左だし、トリッキーな投げ方。メジャーを希望してくれたら」
阪神・畑山スカウト|11/1/1
 「関西ではトップ。1年間追いかけていきます」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年10月17日(月)|2011年ドラフト指名選手 | 関西学生 コメント(21) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
阪神タイガースに入って来い!!w
| YUICHI∞ | 2011年10月23日(Sun) 17:57 | URL #- [ 編集]
外れ1位指名あるかも…。広島はぜひ狙ってほしいですね。
| ナッキー | 2011年07月01日(Fri) 13:01 | URL #h6Qp6S0k [ 編集]
ちょっと四死球が多いのがなあ
| 匿名 | 2011年04月23日(Sat) 17:22 | URL #- [ 編集]
現状リリーフの即戦力という見方ですが、先発としてもやっていけるぐらいの評価を得てほしいです。
| ガードナー | 2011年04月10日(Sun) 15:19 | URL #- [ 編集]

多分外れ1位指名で指名されるかな!?
2位指名は難しい
| 名無しさん | 2011年03月29日(Tue) 13:18 | URL #- [ 編集]
オリックス辺りは狙うと面白いんじゃないでしょうか
左ということで春の活躍次第では大野のようにトップ評価を手にできるかもしれませんね
| G☆党 | 2011年01月17日(Mon) 20:17 | URL #- [ 編集]
ぜひ広島へ!永川に代わって守護神になってほしい!期待してます!
| ナッキー | 2011年01月12日(Wed) 10:21 | URL #h6Qp6S0k [ 編集]
中後悠平がんばってほしいです
| ちか | 2010年11月23日(Tue) 23:42 | URL #- [ 編集]
近畿大学出身者が多いのはホークスですかね?
巽真吾 大隣憲ニ 甲藤啓介
| mino | 2010年11月07日(Sun) 19:05 | URL #- [ 編集]
がんばれ
| ベアーズ11 | 2010年09月21日(Tue) 14:26 | URL #- [ 編集]
中後くん頑張れ
| 匿名 | 2010年08月10日(Tue) 19:18 | URL #- [ 編集]
来年のドラフトで広島が指名して欲しい。
| 愛知の鯉 | 2010年08月05日(Thu) 07:03 | URL #- [ 編集]
今日は球が走っていて爽快な投球でしたね。
最後の一球は150キロとテレビでは表示されていましたよ。
味方も驚きだったようで。
| gogo126 | 2010年07月31日(Sat) 21:54 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
ついさっき神宮で観てきました。
格下の中国相手でコールドゲームの最終イニングを全てストレートで抑えました。
神宮の表示で147キロ出てました。
変化球が観たかったな~。
| タカ | 2010年07月31日(Sat) 21:30 | URL #kuR8mBI. [ 編集]
負担がかかりそうな変則だけにケアが大切になりますね。
2年続けての豊作年となる可能性も低くは無さそうです。
高校生にも楽しみな選手がいることで。
| gogo126 | 2010年04月24日(Sat) 21:08 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
同大戦で完封勝利
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20100424096.html
素晴らしいですね!
来年はほぼ間違いなく上位で消えるだろう逸材
それだけに怪我には気を付けてほしいですね。変則的フォームな分、肩・肘・腰などに負担が掛からないかなど心配になります
| 鴎 | 2010年04月24日(Sat) 18:26 | URL #- [ 編集]
いい投手だけどU-26の試合見てると、セットポジションの時
体が開きぎみで、ストライク率が低かったので不安だな。
| 流浪の民 | 2009年11月29日(Sun) 19:06 | URL #sWf8vOIU [ 編集]
広鯉さん、そうでしたね。岸本をバリバリ使って、アピールしましょうか(笑)。
| 黒鯉 | 2009年05月19日(Tue) 19:41 | URL #- [ 編集]
広島の中継ぎ岸本秀樹右腕が近大出身ですよ。
| 広鯉! | 2009年05月19日(Tue) 16:34 | URL #- [ 編集]
十分あるのですが、どちらかというと
パ・リーグのほうが分がありますね。
| どもっす名無しです | 2009年05月19日(Tue) 13:36 | URL #- [ 編集]
惚れたぁ~。

二年後の広島の一位は、決定ですね。ただ、近大と広島にパイプってあるのかな?
| 黒鯉 | 2009年05月18日(Mon) 23:47 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 関西学生 コメント(21) Page Top↑