塩見 貴洋(八戸大)|ドラフト・レポート

塩見 貴洋(八戸大)

ここでは、「塩見 貴洋(八戸大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



塩見 貴洋(八戸大)

181cm78kg 左左 MAX147km カーブ・スライダー・チェンジ・カット 帝京五
伸びのある直球とブレーキの効いた緩いカーブ。4年春公式戦55イニング連続無失点を記録。
2010年東北楽天1位

  動 画

  投球成績

     試合   勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   07春:         登板無し
   07秋:         登板無し
   08春: 4  0勝0敗  9.1    11  1  4  3.86 
   08秋:         登板無し
   09春: 6  5勝0敗  35.1  16  32  1  2  0.51(2位)
   09秋: 7  2勝1敗  25.1  25  31  9  6  2.13(8位) 
   10春: 7  5勝0敗  39.1  13  45  4  0  0.00(1位) 
   10秋: 8  3勝0敗  40.1  27  61  8  6  1.34(2位)
   通算: 32 15勝1敗 149.2    180  23  18  1.08
                奪三振率10.82 四死球率1.38
    ※ 10春秋:MVP 10春秋:ベストナイン 

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   10選: 3   22.2  13  21  5  3 
        先   9  5  7  2  0 144㌔ 佛教大
           6.2  3  6  1  0 141㌔ 北 大
        先   7  5  8  2  3 145㌔ 東洋大
   10神: 1 先 11.2  12  11  1  4 147㌔ 関国大
       4    34.1  25  34  6  7 防1.83
       被安打率6.55 奪三振率8.91 四死球率1.57

  最新記事

 ■ 八戸大・塩見166球も12回涙/神宮大会(日刊スポーツ) 10/11/14

 大学の部で楽天のドラフト1位、八戸大・塩見貴洋投手が初戦で散った。関西国際大戦で延長12回、サヨナラ負け。4回には自己最速タイの147キロをマークするなど11奪三振と「ドラ1」の実力を見せた。自己最多の166球を投じたが、報われなかった。4-4で迎えた延長12回2死二塁、フォークを左翼線へ運ばれサヨナラ負けを喫した。4-2で迎えた9回裏、4安打と味方の失策が絡み同点とされた。延長12回は自己最長。先月24日、東北福祉大との神宮大会代表決定戦では102球でノーヒットノーランを達成。リーグ戦でも球数は少ない。不運な内野安打などで12安打を許すも、未知の延長戦で集中力を切らさなかった。「疲れはあったけど気持ちが上回った」。大会後に退任する藤木豊監督(45)のために気力を振り絞った。だが、「初球からおかしかった」と本調子ではなかった。体が前のめりになって投げ急いだ。原因はドラフト1位の重圧。「観客の見る目が違った。プロに行く選手は抑えないといけないと思ってしまった」。藤木監督も「こんな悪い塩見を見たことがない」と肩を落とした。大阪から家族が応援に駆けつけていた。星野監督が直筆で「時代の立役者になれ」と書いたドラフトくじを母晴美さん(48)に渡すため八戸から持参した。小5の時、母が胃がんを患い入院。着替えを運び、手術にも立ち会った。そんな母へ、高校、大学と野球留学させてくれた恩返しの思いを込めた。だが、日本一はプレゼントできなかった。次はプロの舞台だ。視察した楽天上岡スカウトは「力まずしっかり投げていた。四球が少なく魅力的」と改めて評価した。「1球の重さが分かった。期待を裏切らないように頑張りたい」。大学NO・1左腕は、寂しそうに神宮を去った。

 ■ スカウト前で最高の“就活” 八戸大・塩見ノーヒッター(スポーツ報知) 10/10/25

 八戸大の塩見貴洋が24日、明治神宮大会東北地区代表決定戦決勝の東北福祉大戦で自身初のノーヒットノーランを達成。3年ぶり3度目となる明治神宮大会出場を決めた。28日のドラフト会議前最後の登板で猛アピールし、“就職活動”を締めくくった。この日で3連投の塩見は最速145キロの直球にカーブ、スライダー、カットボールを交え、丁寧にコースをつく投球。「福祉大の打者がどんどん振ってきていたので三振は狙わず、打たせていこうと思った」。7回まで1人の走者も出さず、8回の先頭打者をストレートの四球で歩かせたが、許した走者はこの1人のみ。「(ストライクを)置きにいってしまった。完全試合は意識してなかった」。5奪三振にとどまったが、打者28人で内野ゴロ10、内野フライ7、外野フライ5。疲労も考慮した102球の“省エネ投球”で、ノーヒットノーランの快挙を成し遂げた。「(アピールの意識は)ありました。持ってる物はすべて出せた」と、塩見は達成感に浸った。中日ソフトバンク楽天のスカウトとともにネット裏で視察した日本ハム・今成スカウトは「体の開きもなく、しっかりコントロールができ、キレもいい。変化球もすべてがいい」と絶賛した。父の邦義さんは大商大で、明治神宮大会に出場経験がある。「(父もできなかったので)優勝したいですね」。秋の主役が、一気に躍り出た。
 巧みな投球術に、スカウト陣も改めて高評価だ。「プレッシャーがかかる状況のなか、低めに丁寧に投げられている」 。日本ハム・今成泰章スカウトが脱帽すれば、楽天・上岡良一スカウトは「変化球でタイミングを外したりと投球がうまい」と絶賛だ。すでに全12球団から調査書が届いており、28日のドラフト会議で上位指名は必至。
▼中日・山本将道スカウト
 「球が切れていた。いい、としかいいようがない
▼ソフトバンク・作山和英スカウト
 「この投球をされたら、そう簡単には打てない」(SANSPO)
 チームを3年ぶり3度目の明治神宮野球大会に導く好投に「(ドラフトに向けて)いいアピールができました。(指名されれば)どこにでも行くつもりです」と話していた。(日刊スポーツ)

   神宮代表決定戦 回数 被安 奪三 四死 自責
   東北福祉大 先   9  5  12  1  1 147㌔
   東北学院大     2  1  3  0  0
   東北福祉大 先   9  0  5  1  0 145㌔
            20  6  20  2  1 防0.45
        被安打率2.70 奪三振率9.00 四死球率0.90 
    ※ 最優秀選手、最優秀投手

 ■ 八戸大・塩見12K完投 福祉大斬り!(スポーツ報知) 10/10/23

 八戸大のプロ注目左腕・塩見貴洋が28日のドラフトを前に、その実力を見せつけた。東北福祉大の強力打線相手に被安打5、12奪三振の1失点完投。3―1の完勝で初戦を突破した。球速も自己最速タイの147キロを計測した剛腕は、自身が「この秋、一番のピッチング」と誇る投球内容で、ドラフト1位指名を確実なものとした。全国大会に春秋合わせて50回出場の福祉大打線相手にカーブ、スライダー、フォーク、カットボールと持ち球すべてを駆使。手玉に取って見せた。福祉大のドラフト候補・阿部俊人との“プロ注目対決”にも4打数無安打の完勝。阿部の1打席目には初球に自己最速タイの147キロを投げ込み、格の違いを見せつけた。ネット裏にはロッテ以外11球団のスカウトが集結。「直球も変化球もまとまっていていい」と日本ハムの山田正雄GM。中日の中田宗男スカウト部長は「リーグ戦は良くなかったが、大事な時に力を出せるのは、大きなポイント」と絶賛した。「(今大会は)全部、塩見で行きます」と藤木豊監督(45)は全試合先発を予告。入札1位もありそうなプロ側の高評価にも「とりあえず、この大会」と集中を続ける左腕。「笑って終わりたいので、一戦一戦、大事に戦って、優勝を目指します」ときっぱり。
 12三振を奪う力投に阪神スカウトも目を細めた。ネット裏で投球内容をくまなくチェックした菊地東日本統括スカウトは「球威があるし、制球力もある。投球のテンポもいい」と絶賛。さらに「左投手ではトップクラス。即戦力だね」。防御率0・00を記録した今春のリーグ戦から徹底マークしてきた147キロ左腕に変わらぬ高評価を口にした。(デイリースポーツ)
 中日・中田宗男スカウト部長(53)は「直球とスライダーの腕の振りが変わらない。打者は絞り切れないし、安定した投球をしている」と実力に太鼓判。日本ハム・山田正雄GM(66)も「まとまっているし、いいと思う」と高評価で声をそろえ、左腕の力を再確認した。
▼阪神・菊地敏幸東日本統括スカウト
 「左で140キロ終盤が出れば十分。制球も安定しているし、直球に力もある」
横浜・堀井恒雄編成部専任部長
 「春よりも力強さが出ている球数も放れるし、先発能力を備えている」(SANSPO)

 ■ 八戸大3季連続V(読売新聞) 10/9/27

 北東北大学野球秋季1部リーグ戦は26日、八戸大が8勝1敗として優勝を決めた。同大の優勝は、3季連続で12回目。同大は11月の明治神宮野球大会(東京都)の出場権をかけ、10月22日から仙台市で始まる東北地区大学野球代表決定戦に出場する。

   10秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   岩 手 大    2.1  1  1  1  0
            5  3  3  1  1
   青森中央 先   7  1  15  1  0 ○
   青 森 大 先   9  12  12  2  3 ○
   盛 岡 大     2  0  6  0  0 
            2  2  2  0  0
   富 士 大 先   9  7  17  3  2 ○
            4  1  5  0  0
          40.1  27  61  8  6 防1.34
       被安打率6.02
奪三振率13.61 四死球率1.79

 あまり話題にならなかったですが富士大戦での17奪三振など先発した3試合は全て
 二桁奪三振、40.1回61奪三振は素晴らしい成績ですね。

過去記事

 ■ 八戸大・塩見にスカウト熱視線(スポーツ報知) 10/8/22

 開幕戦でプロ注目左腕2人が、ともにリリーフ登板。視察したプロ8球団のスカウトをうならせた。八戸大の塩見貴洋は2回1/3を投げ、味方の3失策にもめげず、1失点。チームを8―2の快勝に導いた。「まだ(出来は)6割くらい。内野ゴロを打たせていこうと思った。エラーは予想外でしたけど」と苦笑い。味方の3失策でリズムに乗れない中、落ち着いた投球を見せた。ネット裏に陣取った巨人ヤクルト西武広島横浜阪神日本ハム中日の8球団のスカウトも熱視線。ヤクルト・八重樫幸雄スカウトは「まだ調整(段階)でしょうね。去年から今年にかけて一段と伸びたのが塩見君。調子が悪くても抑えていた」と目を細めた。今年は春季リーグ戦では39回1/3を無失点に抑え、防御率は驚異の0・00。大学選手権でもチームを6年ぶりの4強に導いた。その後、世界大学選手権の代表合宿や東北地区大学選手権で肩を休められず。今夏はランニングやキャッチボール、遠投などで調整してきた。大学最後のリーグ戦も「いつもと変わらない」と塩見。大阪で生まれ、高校は愛媛の帝京五。暑さには慣れっこのはずだが、「寒い方が好き。暑さに弱い」と弱点を吐露する。「リーグ戦の後半にピークを持っていきたい」という大型左腕が、晩秋の神宮に戻るため調子をグングン上げていく。

 ■ 八戸大・塩見、七回参考ノーヒットノーラン(SANSPO) 10/6/28

 八戸大・塩見貴洋投手が準決勝第1試合の東北学院大戦に先発し、七回参考記録ながらノーヒットノーランを達成。試合は9ー0で勝った。MAX147キロ左腕が、先の全日本大学野球選手権大会ベスト4の実績に違わぬ好投だ。「運がよかったです。(調子が)ちょっと悪かったです。まっすぐはよかったですけど、変化球のストライクがなかなか入りませんでした…」。変化球の制球に苦しんだが、終わってみれば無四球だった。打者22人と対戦し、アウト数21の内訳は内野ゴロ9、内野フライ1、外野フライ6、外直1、三振4。六回までパーフェクトに抑え、許した走者は七回無死から三ゴロエラーのわずか1人という“準完全試合”だ。大学日本代表候補に選ばれ、6月19日から21日まで全日本合宿に参加した。だが、最終日の紅白戦で計3回を投げて5安打3失点。来月に行われる第5回世界大学野球選手権のメンバーに入れなかった。その悔しさを胸に秘めた力投だった。一方、合宿中に「いろいろな選手を見れてよかったです。(東洋大の)乾の低めに投げるスライダーがすごいと思いました」と全日本代表のレベルを肌で感じ、より高みを目指す糧に変えた。決勝の東北福祉大戦はあえて登板せず、ベンチで戦況を見守った。八戸大は延長十回5-6でサヨナラ負けを喫し、無念の準優勝に終わった。敢闘賞を受賞した塩見は「自信になりました。今年は1年を通してやりたいです。いつも秋は調子が悪いので」と秋季リーグ戦へ気持ちを切り替えた。

     東北地区大学野球選手権 東北学院大 7回 被安0 奪三4 四死0 自責0

 ■ 八戸大の塩見、力尽きる(時事ドットコム) 10/6/12

 八戸大の左腕塩見が、決勝目前で力尽きた。救援で7回近くを投げた北大戦から、一夜明けての先発。2試合で続けた無失点記録は一回、連続四死球から途絶えた。六回に短打攻勢で勝ち越され、八回の交代には「最後まで投げたかった」と悔しさをあらわに。それでも、2回戦では日米のプロが注目する仏教大・大野に投げ勝って完封。技巧派のドラフト候補として、今大会で名を知られた。「立ち上がりの悪さなど、まだまだ課題はある」と飛躍を誓った
 直球の最速はプロのスカウトが計測した145キロカットボールに上々の手応えをつかんだ。緩急をつけた投球で、アマ球界では東北地方から全国区の注目選手に躍り出た。(SANSPO)

   10選手権   回数 被安 奪三 四死 自責 
   佛 教 大 先   9  5  7  2  0 144㌔
   北海道大    6.2  3  6  1  0 141㌔
   東 洋 大 先   7  5  8  2  3 145㌔  
          22.2  13  21  5  3 防1.19
       被安打率5.16 奪三振率8.34 四死球率1.99

 おそらくは東洋大打撃陣のバットをへし折っていた球がカットボールだったんでしょうね。

 ■ 八戸大・塩見、55回0封!(SANSPO) 10/6/12

 延長十四回、3時間21分に及ぶ死闘。八戸大を6年ぶりの4強入りに導いたのは、北東北大学リーグの“ドクターゼロ”塩見の熱投だった。「調子が悪くて全部苦しかった。北大は勢いがあってしんどかった」。この日の直球の最速は自己記録に5キロも及ばない141キロ。切れのある変化球を中心に勝負し「攻めの気持ちは忘れなかったカットボールが良く、(バットの)芯を外すことができた」と笑みを浮かべた。3-2で迎えた八回一死二塁のピンチに3番手でマウンドへ。最初の打者に同点の中前適時打を許したが、九回以降はスコアボードに「0」を並べ、6回2/3で3安打無失点だった。春季リーグ戦は39回1/3を投げて無失点。今大会2試合を合わせて今季は55回無失点、防御率0・00だ。

 ■ 八戸大・塩見48イニング0封!投げ勝った(スポーツ報知) 10/6/10

【八戸大3―0佛教大】 「みちのくのドクター0」が、鮮烈な全国初白星を飾った。野球人生初の全国大会で塩見貴洋が躍動。MAX144キロの直球とカーブ、スライダーを内、外角、高低へと正確に投げ分け、5安打7奪三振で完封。「気持ちで打者に向かっていきました。(相手も)同じ左腕なんで負けたくなかった」と大粒の汗をぬぐった。佛教大の左腕・大野に投げ勝ち、今春リーグ戦から続く公式戦無失点記録を8試合48イニングまで伸ばした巨人・山下スカウト部長は「コーナーにきちっとくる直球が良い。(今秋ドラフト)上位候補」と高評価。ネット裏に詰めかけた日米16球団のスカウトをうならせた。快投で世界の舞台も見えてきた。スタンドで観戦した大学日本代表の榎本保監督(55)=近大=は「名前を挙げます」と世界大学選手権代表候補合宿(19~21日・平塚)への追加招集を示唆。“黄金世代”に新たな顔が加わった。
 ヤクルト八重樫スカウトは「次世代を担う左腕。1年を通してやれる。間違いなく(ドラフト)1巡目を狙える」と絶賛した。冬場の鍛錬が実を結んだ。ウエートトレーニングで下半身強化。右腕を大きく使うフォームに変え、体が突っ込むクセを修正した。さらに就寝前、夜食の「ふりかけご飯」を毎日1杯食べ体重を4キロ増やした。藤木監督も「能力的に、まだまだやれる子」と、期待は膨らむばかりだ。(日刊スポーツ)

 1位との声も挙がったようでやはり左腕は出世が早いですね。上背もあることで。
 コントロールにまとまりがあり使える変化球も複数。キレのある直球を持ち緩急もついて
 先発左腕として期待をしたくなる投球内容でした。

 ■ 八戸大が2季連続優勝!塩見が完封で胴上げ(SANSPO) 10/5/30

 八戸大が富士大に6-0で勝ち、2季連続11度目の優勝を決めた。先発の塩見貴洋投手が、1安打完封勝利。今季防御率0・00と抜群の成績で、チームを頂点へと導いた。八戸大は6月の全日本大学野球選手権では、初戦の2回戦で佛教大-東北福祉大の勝者と対戦する。富士大をわずか1安打、三塁を踏ませない投球で見事“胴上げ投手”だ。「緊張したし力んだけど、決め球がいいところにいってくれました」。塩見が笑顔をみせた。3月に打球を当て左手薬指を骨折して出遅れたが、上位対決だった22日の青森大戦で3安打11奪三振の完封勝利。これで今季39回1/3を投げて失点、自責点ともに0。防御率0・00のエース左腕に、藤木豊監督(44)も「このまま(の状態で)全国に向かわせたい」と手応え十分だ。主将の一打が効いた。1-0の九回一死満塁で、3番・三塁の久保一等主将(4年)が走者一掃の左越え適時二塁打。プレッシャーをはねのけ、勝利を決定づけた。4年生は約20人いるが、寮の食事時はテーブルをくっつけて一緒に食事をするなど、例年に比べ結束は固い。スタンドにはプロ7球団のスカウトが集結。日本ハムのスピードガンで自己最速を2キロ更新する146キロを記録した塩見に、「腕を振るといい球がきた。一皮も二皮もむけた感じ」(日本ハム・今成スカウト)と高評価だ。
阪神・中尾スカウトの話
 「フォームがもっとよくなれば球速も出るはず。のびしろはまだまだある」
広島・近藤スカウトの話
 「制球がいいので変化球でストライクが取れる。全国(大会)でどれだけ投げられるか楽しみ」
ヤクルト・八重樫スカウトの話
 「前は全体的に荒れていたけど、今はしっかりとまとまってきている」

   10春     回数 被安 奪三 四死 自責
   岩 手 大    4.2  3  8  2  0 139㌔ ○
           1.2  0  2  0  0
   八戸工大 先   7  2  6  0  0     ○
   盛 岡 大 先   7  3  8  1  0     ○
   青 森 大 先   9  3  11  0  0     ○
            1  1  1  0  0
   富 士 大 先   9  1  9  1  0 146㌔ ○
           39.1  13  45  4  0 防0.00
       被安打率2.97 奪三振率10.30 四死球率0.92

 ■ 八戸大・塩見、左手薬指の骨折を押し救援登板(SANSPO) 10/4/18

 北東北大学野球春季リーグ戦が17日に開幕し、昨秋の覇者・八戸大が岩手大に5-0と完勝した。エースの塩見貴洋投手が左手薬指骨折を押して四回途中から救援登板。4回2/3を3安打無失点、8奪三振の力投だった。2部から昇格した盛岡大は、昨春優勝の富士大に延長戦の末に3-2でサヨナラ勝ちした。 鋭いまなざしで相手打者をにらみつけ、次々と打ち取っていく。「最上級生が頑張らなきゃいけない。抑えてやる、という気持ちだけで投げた」。そう胸を張った塩見の左手薬指は試合後、大きくはれていた。それもそのはず、まだ負傷個所の骨はくっついていないのだ。3月15日の関西国際大戦で打球を当てて骨折。「全治6週間」と診断され、リーグ開幕は絶望的と思われた。しかし「絶対に開幕には間に合わせる」(塩見)と、約2週間後に痛みが取れると投球練習を開始。アイシングなどで入念にケアし、なんとか間に合わせた。1点リードの四回一死満塁と一打逆転の場面で救援登板したが、動じなかった。塩見は言葉通りに後続を三振と捕ゴロに抑えてピンチを脱すると、チームは五回に4安打を集めて3得点。エースの投球がチームを勢いづけた。気温5度前後と冷え込むなか、スタンドには巨人阪神ヤクルト広島日本ハム楽天オリックスロッテと、プロ8球団のスカウトが視察。この日は最速が139キロの直球と、スライダー、チェンジアップを駆使して抑えた塩見に対して、「寒いなか、これだけの投球ができるのは立派」(楽天・上岡スカウト)と高評価。スカウトは、けがが治り気温も上がってくれば、自己最速の144キロに迫る投球が見られると考えている。「(リーグ)優勝はもちろんだけど、一戦一戦大事に戦っていきたい。監督に投げろ、といわれればどんな場面でも投げます」。骨折個所が心配だが、塩見は前だけを見据えている。

 ■ 八戸大・塩見、打倒富士大&全勝Vだ(スポーツ報知) 09/8/22

 八戸大の本格派左腕・塩見にとって、秋の最大目標は打倒・富士大だ。春は優勝をかけた富士大との直接対決2戦目に先発し、6回途中1失点で降板。チームは2対3でサヨナラ負けした。MAX144キロの直球に加え、春までは得意ではなかった変化球にも磨きをかけた。「上には上がいる」と実感した大学日本代表選考合宿で、東洋大・乾真大(3年)の腕の振りが勉強になったという。「ストレートと変化球が同じ振り。自分は緩む時がある」。まだ完ぺきではないが、「(タイミングが)合えば、いい球がいく」と、着実にレベルアップ。

   09秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   八工大   先 4.2  3  1  2  1
   青森大   先 0.1  2  0  2  1
         先  7  4  7  1  1 ○
   ノースアジア大 先  4  3  5  0  0
   岩手大   先 8.1  4  11  2  0 ○
            3  3  2  2  1 
   富士大     2.1  6  0  1  2 
         先 3.1  7  4  4  2
           33  32  30  14  8 防2.18
       被安打率8.73 奪三振率8.18 四死球率3.82

 ■ 八戸大・塩見が8回完全/北東北大学野球(日刊スポーツ) 09/4/28

 リーグ初の完全試合が出た。八戸大の塩見貴洋投手(3年=愛媛・帝京五)が8回参考記録ながら、81球7奪三振で達成。24打者を相手に、外野フライはわずか5本と、危なげない投球内容だった。だが塩見は「コースに投げ切れていない。60点くらい」と満足はしていない。182センチ、75キロの細身をしならせ、テンポよく投げ込む142キロ左腕。低めにコントロールされた直球、スライダーに相手打者の打ち損じが目立った。「冬場に徹底的に走り込んだ。下半身を使うフォームに変えた」と塩見。昨オフの努力が実を結んだ。帝京五高時代は県ベスト4が最高で甲子園出場の経験はない。それでも中日阪神のスカウトが注目した逸材。塩見は「将来はプロに行きたい」と高2からの夢を語った。リーグ初勝利を完全試合で成し遂げた塩見は、1、2年をけがで棒に振った。1年時は腰のヘルニアでキャッチボールしかできなかった。昨年7月には左腰を疲労骨折。11月までリハビリ生活だった。

   09春     回数 被安 奪三 四死 自責 
   ノースアジア大 先  8  0  7  0  0 ○
   八工大   先  5  3  4  0  0 ○
   岩手大   先 6.1  2  4  1  0
   富士大   先 6.1  4  7  0  1
   青森大   先  9  6  10  0  1 ○
            1  1  0  0  0
          35.2  16  32  1  2 防0.50
       被安打率4.04 奪三振率8.07 四死球率0.25

  プロフィール

 大阪府守口市出身。
 塩見 貴洋(しおみ たかひろ)投手。
 小学3年から野球を始める。
 庭窪中時代は守口シニアに所属。
 愛媛・帝京五高では2年秋からエース。
 3年夏は県8強。1回戦の今治南大島高戦では13者連続含む打者16人から14個の三振を
 奪い5回参考ノーヒットノーランを達成している。
 甲子園出場実績は無く全国的には無名ながら当時から将来性の高さを中日・阪神など
 プロからも注目されていた四国屈指の左腕。

 八戸大では1年時は腰痛により登板なし。
 2年春には先発として起用されたが7月には腰の疲労骨折を負い秋季リーグは再び欠場。
 相次ぐ故障に悩まされた下級生時代となったが3年春のリーグ戦で復帰すると
 4年生桜田を上回るイニングを任され3勝無敗、リーグ2位の防0.51の好成績を残す。
 ノースアジア大戦でリーグ戦初勝利、8回参考ながら完全試合を達成。
 大学日本代表候補にも選出された。
 4年春は5勝無敗、自責0の抜群の働きで優勝に貢献しMVP・ベストナインを獲得。
 選手権でも無失点投球を続けリーグ戦から合わせて55イニング連続無失点を記録、
 安定した投球でプロからの評価を上げると共に大学日本代表にも追加招集された。
 初戦佛教大戦では大野とのプロ注目左腕候補対決を制し5安打完封勝利を挙げている。
 大学通算15勝(1敗)。

 最速147㌔、常時130㌔台中盤から140㌔台前半のキレの良い直球と120㌔台のスライダー、
 120㌔台のチェンジアップ。130㌔前後のカットボール。
 100㌔台の大きなスローカーブ、110㌔台のカーブとの緩急。
 コーナーに投げ分けコントロールにまとまりある好左腕。

  スカウトコメント

日本ハム・今成泰章スカウト|10/10/25
 「体の開きもなく、しっかりコントロールができ、キレもいい。変化球もすべてがいい」
 「プレッシャーがかかる状況のなか、低めに丁寧に投げられている」
楽天・上岡良一スカウト|10/10/25
 「変化球でタイミングを外したりと投球がうまい」
中日・山本将道スカウト|10/10/25
 「球が切れていた。いい、としかいいようがない」
ソフトバンク・作山和英スカウト|10/10/25
 「この投球をされたら、そう簡単には打てない」
中日・中田宗男スカウト部長|10/10/23
 「直球とスライダーの腕の振りが変わらない。打者は絞り切れないし、安定した投球をしている」
日本ハム・山田正雄GM|10/10/23
 「まとまっているし、いいと思う」
横浜・堀井恒雄編成部専任部長|10/10/23
 「春よりも力強さが出ている。球数も放れるし、先発能力を備えている」
阪神・菊地東日本統括スカウト|10/10/23
 「球威があるし、制球力もある。投球のテンポもいい」
 「左投手ではトップクラス。即戦力だね」
 「左で140キロ終盤が出れば十分。制球も安定しているし、直球に力もある」
日本ハム・山田正雄GM|10/10/23
 「直球も変化球もまとまっていていい」
中日・中田宗男スカウト部長|10/10/23
 「リーグ戦は良くなかったが、大事な時に力を出せるのは、大きなポイント」
ヤクルト・八重樫幸雄スカウト|10/8/22
 「まだ調整(段階)でしょうね。去年から今年にかけて一段と伸びたのが塩見君。調子が悪くても抑えていた」
巨人・山下スカウト部長|10/6/10
 「コーナーにきちっとくる直球が良い。(今秋ドラフト)上位候補」
日本ハム・今成スカウト|10/6/10
 「リーグ戦のいい投球を、大舞台でもしっかりしている」
阪神・菊地東日本統括スカウト|10/6/10
 「大野もいいけど、塩見もいいね」
横浜・堀井編成部専任部長|10/6/10
 「ボールに切れがある」
横浜・武居スカウト|10/6/10
 「打者の外角に決まる球の制球が抜群」
ヤクルト・八重樫スカウト|10/6/10
 「次世代を担う左腕。1年を通してやれる。間違いなく(ドラフト)1巡目を狙える」
 「投球内容もまとまっているし、(ドラフトで)1位指名もあるんじゃないか」
日本ハム・今成スカウト|10/5/30
 「腕を振るといい球がきた。一皮も二皮もむけた感じ」
阪神・中尾スカウト|10/5/30
 「フォームがもっとよくなれば球速も出るはず。のびしろはまだまだある」
広島・近藤スカウト|10/5/30
 「制球がいいので変化球でストライクが取れる。全国(大会)でどれだけ投げられるか楽しみ」
ヤクルト・八重樫スカウト|10/5/30
 「前は全体的に荒れていたけど、今はしっかりとまとまってきている」
楽天・上岡スカウト|10/4/18
 「寒いなか、これだけの投球ができるのは立派」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2010年10月25日(月)|2010年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(33) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
決勝で東北福祉大学を相手にノーヒットノーラン達成です。
| ハルタカ | 2010年10月24日(Sun) 21:12 | URL #- [ 編集]
八戸大が神宮へ王手!塩見は2回0封締め
http://www.sanspo.com/baseball/news/101024/bsn1010241242003-n1.htm

東北学院大戦の8回からリリーフで登板。
2イニングを1安打無失点3奪三振の好投です。
これで神宮まであと1勝となりました。
| ハルタカ | 2010年10月24日(Sun) 12:57 | URL #- [ 編集]
堀井チーフが視察してるのが気になるんですよねぇ。
この時期に堀井チーフが観に行っている場合、かなりの確率で指名しているような記憶があるんで。
| 綾人 | 2010年10月24日(Sun) 11:32 | URL #- [ 編集]
http://www.kahoku.co.jp/spe/thksports/20101023_01.htm

明治神宮野球東北地区代表決定戦の1回戦で塩見が先発。
東北福祉大を相手に1失点12奪三振で完投勝利。
ますます評価を高めてきそうです。

ちなみにチームメイトの秋山も福祉大の中根から2ランを放ち存在感をアピールしています。
| ハルタカ | 2010年10月23日(Sat) 11:25 | URL #- [ 編集]
潜在能力は凄い! 阪神タイガースに1位指名で来てよ(*^∇^*)左のエースだ!
| アイスマン | 2010年09月30日(Thu) 01:20 | URL #cXBfbTkE [ 編集]
もしかしたらドラフト1位というのもあるかも。広島はぜひ1位指名してほしい。それだけの素質はあると思う。怪我を抱えている大野よりはるかに実力では上かも。
| ナッキー | 2010年09月28日(Tue) 09:22 | URL #h6Qp6S0k [ 編集]
これは怪我の大野よりも評価高くなるかな・・・?
| YUKI | 2010年09月28日(Tue) 01:22 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
25日の富士大戦に先発。
9回7安打3四死球2失点17奪三振で今秋3勝目を挙げました。
ここまで40回1/3で61奪三振とより高い奪三振率を残しています。
| ハルタカ | 2010年09月27日(Mon) 02:29 | URL #- [ 編集]
28日の青森中央学院大戦で今季初先発。
7回を1安打無失点、四死球1に抑えて15奪三振で完封勝利を挙げました。
| ハルタカ | 2010年09月01日(Wed) 14:06 | URL #- [ 編集]
学院大の先発は伊藤だったんですね。
こちらも期待している左腕だけに成長の跡を見せてほしいところです。

福祉大の底力はさすがですね。
ただ西井はそこはで活躍したのかな?という印象。
一方で桑鶴は青森大戦で、森山は仙台大戦でそれぞれ完封。
これが4年生コンビ復調のきっかけになってくれれば。

それと仙台大の金澤も1年生ながらリーグ戦、新人戦、東北地区選手権と頑張って投げてますね。
肘のケアだけには気を付けてこのまま大きく成長してほしい。
| ハルタカ | 2010年06月30日(Wed) 22:45 | URL #- [ 編集]
阿部は登板しなかった様ですよ。
http://www.sen6.jp/game/10touhokuchiku.html
福祉大は8回からの3イニングで6得点と土壇場での強さを見せましたね。
個人的にはMVPが西井健太選手というのも気になるところ。
プロ注と聞き選手権での活躍を楽しみにしていたんですが佛教大・大野にひねられ見せ場無しだったので。
| gogo126 | 2010年06月29日(Tue) 20:16 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
今春のリーグでは東北福祉大に次ぐ成績を残した東北学院大を相手に7回参考ノーヒットノーランですか。
日本代表からは惜しくも漏れてしまいましたが、やはり全国クラスの投手と言えますね。

しかし東北学院と言えば阿部博文がいますが、彼が打ち込まれたんでしょうか?
もしそうなら調子が上がってきていませんね。
| ハルタカ | 2010年06月29日(Tue) 00:48 | URL #- [ 編集]
やけにバットが折れると思ったら、やはりカットがありましたか。
最初はツーシーム系かなと思いましたが(^^;
個人的にはドラ1あると思いますね、やはり数字がいいですし。
| 綾人 | 2010年06月15日(Tue) 09:50 | URL #- [ 編集]
初回に崩れて無失点が途絶えてしまいましたね。
しかしながら、安定感のある投球は大野や乾とはまた異なる魅力がありますね。
| 綾人 | 2010年06月12日(Sat) 23:08 | URL #- [ 編集]
更新中じゃないですかね。
前の投手が出したランナーは返してしまいましたが、その後は無失点だったので。
これで55イニング連続で自責点0かな?
| ハルタカ | 2010年06月12日(Sat) 13:07 | URL #- [ 編集]
もしかして、まだ無失点(自責点)更新中ですか?
| 綾人 | 2010年06月12日(Sat) 12:17 | URL #- [ 編集]
同点打を許したときは技術を超えた北大の集中力を感じました。
その後は力まず緩急をつけた投球でさすがでしたね。
完全にこう着状態で同点のまま最後まで行ってしまうかと思ったくらいでした。
負ければ終わりのトーナメント、北大ムードでもあった感じで精神的な疲労もあるかもしれないですね。
| gogo126 | 2010年06月11日(Fri) 23:35 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
北海道大戦で1点リードの8回途中、一死三塁からリリーフで登板。
代わり端2球目を3番の堤にセンターへはじき返されて同点に追いつかれるも、以降は6回2/3を3安打6奪三振1四球に抑えて延長14回の激闘に勝利しました。

しかし疲れがあったのか直球、変化球ともに高かったり抜けたりする球が多かったように思います。
スピードも最速で140キロ止まりだったそうな。
9回完封の中1日で今日も91球となかなか投げているので、明日の東洋大戦はベストのコンディションでは望めなさそうですね。

対して東洋大は藤岡が創価大戦で完投ということで乾、鹿沼、内山は体力に問題はなし。
八戸大は塩見以外の投手の踏ん張りがカギになりそうです。
思い切って小林の先発とか見てみたいですね。
| ハルタカ | 2010年06月11日(Fri) 19:24 | URL #- [ 編集]
YOUTUBEで見ましたが、130後半~140前半の球速に打者が差し込まれることが見受けられました。テイクバックが小さく打者からするとタイミングがとりにくく球の出所がみにくいタイプの投手の印象です。
ソフトバンクの和田投手をややスリークォーターにしたようなタイプの投手です。
| 野球ファン | 2010年06月10日(Thu) 15:22 | URL #- [ 編集]
春の成績が良かったので注目してましたが、一位候補まで名を上げましたか。

大野とは完全にタイプが違うので、好みの差がでそうですね。
| 綾人 | 2010年06月10日(Thu) 13:25 | URL #- [ 編集]
選手権や秋季リーグ戦でも同等のピッチングを披露すれば1位候補まで上がってくるかもしれませんね。
| ハルタカ | 2010年05月30日(Sun) 17:37 | URL #- [ 編集]
青森大との1回戦に先発し、9回完封4勝目を挙げました。
球数103球、被安打3で無四死球、11奪三振という内容。
これで29回1/3を投げて未だに無失点という安定感です。

また、チームメイトの4番・秋山も絶好調の模様。
ここまで26打数15安打でリーグトップの打率.577、14打点、6盗塁。
三振が0というのも素晴らしいです。
| ハルタカ | 2010年05月22日(Sat) 17:22 | URL #- [ 編集]
青森大のホームページ見てきました。
板垣達也投手、粗っぽい印象ですがなかなか面白そうですね。
180cm85の堂々とした体格、球速も140㌔前後出るんだとか。
奪三振率もそこそこあって。
そういえば小本捕手はスポーツ紙でも最近取り上げられていたような気がします。
| gogo126 | 2010年05月17日(Mon) 23:47 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
青森大で目立つ成績を上げているのは4年生の板垣でしょうか。
すでに3勝、21回2/3を投げて失点4(自責2)という180センチの左腕です。
リーグでも防御率は塩見に次いで2位の0.80。
四死球13と制球には難有りのようですが。

打撃では川口、和光の上位打線が好調で、七戸や1年の小本といった中軸がしっかり仕事をしているのが順位に大きく影響していそうです。


余談ですが今春の北東北大学リーグは活きのいい1年生が多い。

先の小本は中軸を打ち、捕手としてもレギュラー。
すでにHRも放ち指名打者として5番に座る岩手大の若山。
こちらもすでにHRを記録している富士大の4番山川。
同じく富士大でチームトップの打点を挙げている5番の夏井。
先発・中継ぎで安定感ある投球投球を見せている八戸大の小林。

探せばまだいそうなくらいです。
| ハルタカ | 2010年05月17日(Mon) 23:09 | URL #- [ 編集]
もう問題なさそうですね。
しかし北東北大学リーグは八戸大(6勝0敗)、富士大(5勝1敗)、青森大(5勝2敗)と混戦ですね。
昨秋4位の青森大が健闘、原動力となっている選手がいるんでしょうか。
| gogo126 | 2010年05月17日(Mon) 22:03 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
15日の盛岡大戦に先発し、7回を投げて無失点で3勝目です。
被安打3、四死球1、奪三振8と安定した内容。

2試合続けて7回無失点ですから、指の骨折は完治とみてよさそうですね。
今春はここまで20回1/3を投げて未だに失点も自責も0ですから、むしろ絶好調?
| ハルタカ | 2010年05月17日(Mon) 18:17 | URL #- [ 編集]
ありがとうございます。
なるほど。まずまず安定感のあるタイプですか。
プロ好みという感じがあまりしないですが細身ということで将来性があると見られているのかもしれないですね。フォームに光る部分があるとか。
| gogo126 | 2010年05月02日(Sun) 01:31 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
自分もあまり詳しく知っている選手ではありませんが、とりあえず知っている&調べた情報を。

179cm66kgと細身の右腕。
高校時代はサイド気味でしたが、今はスリークォーターかな?
ストレートの最速は分かりませんが130キロ後半から140キロくらいは出ているようです。
変化球は縦スラ以外の球種は不明。
コントロールは大雑把にまとまっているという感じです。

オープン戦では先発・リリーフのどちらもこなしていました。
今春も2試合の登板は9回の1イニングと先発で4イニング、計5回で被安打2、四死球2、奪三振4という内容。
高校時代から先発完投というのは少なく、大学では先発しても4~6イニング投げて代わるケースが多いようです。

球威で押すタイプのピッチャーではないですね。
使い勝手はよさそうですが。
| ハルタカ | 2010年05月02日(Sun) 00:15 | URL #- [ 編集]
今回長いイニングを投げて次回も問題なく投げられるようであればほぼ完治と見てよいかもしれないですね。無理はしないでほしいところです。

ところでスポーツ報知で「昨秋3勝をマークしたプロ注目右腕・佐々木拓也(4年)も絶好調」との一文を見つけました。どんな選手か情報あれば教えてください。
http://hochi.yomiuri.co.jp/tohoku/baseball/news/20100417-OHT1T00114.htm
| gogo126 | 2010年05月01日(Sat) 23:23 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
今日の八戸工業大学との1回戦に先発。
7回を被安打2、6奪三振無失点で勝ち投手に。
試合も7回コールドで勝利。

文句なしの内容ですが、指の状態が気になります。
一応「全治6週間」と診断されてから6週間は経過しましたが、2週間前に骨がくっついていない状態で投げてばかりで完治に至っているのかな?
まあ完治してなければここまで投げられないとは思いますが。
| ハルタカ | 2010年05月01日(Sat) 20:53 | URL #- [ 編集]
指の骨折、投げ込み不足、寒さというコンディション的にはかなり不利な状況だったみたいですね。
そんな中で最近力を付けてきた岩手大を相手にこれだけのピッチングはさすが。
でもなるだけ無理はしてほしくないので、一日も早い完治を優先してほしくもあります。
| ハルタカ | 2010年04月18日(Sun) 17:06 | URL #- [ 編集]
順調に育てば、左腕ですし来年の上位候補ですかね。
| ハルタカ | 2009年10月30日(Fri) 18:33 | URL #- [ 編集]
八戸大の来期のエース候補者では故障に注意ですがね。
| 広鯉! | 2009年04月30日(Thu) 09:12 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2010年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(33) Page Top↑