伊藤 祐介(東北学院大)|ドラフト・レポート

伊藤 祐介(東北学院大)

ここでは、「伊藤 祐介(東北学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm70kg 左左 MAX148km スライダー・カーブ・カット・チェンジ 聖和学園
最速148㌔の伸びのある直球と鋭いスライダー、落差あるカーブ。3年秋宮教大戦で18奪三振。
2012年ソフトバンク2位

  動 画

  投球成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春: 4  2勝0敗  16.1  12  29  7  4  2.20
   09秋: 4  0勝0敗   10  5  13  8  2  1.80 
   10春: 4  1勝1敗  16.1  15  20  12  5  2.76
   10秋: 4  3勝1敗  28.2  19  28  11  7  2.20(4位)
   11春: 5  3勝2敗  27.2  14  37  11  6  1.95(3位)
   11秋: 7  4勝2敗   60    77  14  9  1.35(3位)
   12春: 7  3勝3敗  43.2    50  21  9  1.86(3位)
   12秋: 5  4勝0敗  40.2  26  54  12  4  0.89
   通算: 40 20勝9敗 243.1    308  96  46  1.70
                奪三振率11.39 四死球率3.55
    ※ 10秋:最優秀新人賞 11春:敢闘賞

投球成績詳細

   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   東北大    0.2  0       0
   工 大 先   9  4  16  5  0 ○封
   宮教大     2  2     0  0 ○
   仙台大 先  4.2  6       4
         16.1  12  29  7  4 防2.20
      被安打率6.61 奪三振率15.98 四死球率3.86

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   工 大     2  0       0
   宮教大 先   5  3       0
   福祉大     2  1       0
           1  1       2
          10  5  13  8  2 防1.80
      被安打率4.50 奪三振率11.70 四死球率7.20

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   宮教大     2  1       0
   工 大 先   5  4       1 ○
   仙台大 先  1.1  6       2
   福祉大 先   8  4  8  5  2
         16.1  15  20  12  5 防2.76
      被安打率8.27 奪三振率11.02 四死球率6.61

   10秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   東工大 先   9  5  8  2  0 ○封146㌔
   宮教大 先   6  3  11     1 ○
   仙台大 先   9  7  8  8  1 ○
   福祉大 先  4.2  4        5 ●
         28.2  19  28  11  7 防2.20
      被安打率5.97 奪三振率8.79 四死球率3.45

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   宮教大 先  6  3       0 ○
   東工大 先  7  0  16  2  0 ○ 145㌔(7回参考無安打無得点)
                      ○
   仙台大 先  4          3 ●
   東福大 先              ●
         27.2  14  37  11  6 防1.95
     被安打率4.55 奪三振率12.04 四死球率3.58

   11秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   東北大 先  13  8  13     2 ○
   東工大 先             1 ○
       先  9    12     2 
   宮教大 先  9  3  18     1 ●
       先  5  3  5     1 ○
   仙台大 先  9    13     0 ○封
   東福大 先             4 ●
          60    77  14  11 防1.35
            奪三振率11.55 四死球率2.10

   12春    回数 被安 奪三 四死 失点
   工 大                ●
  
       先              ○
   宮教大 先  6  1  9     0 ○
   仙台大 先              ●
       先  9          1 ○
   福祉大 先              ●
         43.2    50  21  9 防1.86
            奪三振率10.31 四死球率4.33

  最新記事

 ■ 東北福祉大下し34年ぶり10戦全勝(河北新報) 12/10/8

 学院大が福祉大から勝ち点を奪い、13季ぶり18度目の頂点に立った。10戦全勝での優勝は、菅井監督が学生コーチを務めた1978年以来、実に34年ぶり。原動力は伊藤祐、塚本の両左腕だ。伊藤祐は最速148キロの速球と切れのある変化球で押し、塚本は制球力を武器に打たせて取る。今季ともに4勝を挙げた。2人は最終節でも見事な投球を見せた。1戦目に先発した伊藤祐は4安打2失点で完投。2戦目の塚本も「打たれてもいいというぐらいの気持ち」で伸び伸びと投げ、完封勝利でチームに歓喜をもたらした。
 東北学院大の伊藤祐介投手(4年)は25日までに、プロ野球志望届を仙台六大学野球連盟に提出した。伊藤は宮城・聖和学園高出身の176センチ、75キロの左腕。最速148キロの直球とカーブ、スライダーを武器に、仙台六大学リーグでは1年春から登板。通算で18勝(9敗)を挙げている。初優勝した7月の東北地区大学野球選手権では最優秀投手賞に選ばれた。伊藤は「高校のときからプロ入りを目指してきた。関心を示してくれる球団があれば、どこにでも行きたい」と話している。(河北新報)

 ■ 東北学院大・伊藤祐、9球団の前で13K(スポーツ報知) 12/9/30

 第6節1日目が行われ、東北学院大は、仙台六大学で唯一プロ志望届を提出した伊藤祐介投手(4年)の活躍で仙台大を延長10回タイブレークの末5―2で下した。届けを出してから初登板となる左腕は、巨人楽天西武など9球団のスカウトが熱い視線を送る中「スタンドは気になりませんでした」と最速148キロの直球とスライダーを生かし、13奪三振の快投を見せた。夢は「もちろんプロ野球選手」。東北学院大には菅井徳雄監督に「うちからプロに行かせてやる」と断言され入学を決めると、大学生活は目標に向かい突っ走ってきた。「選べる立場ではないが、中央に興味があります。投手に集中できるDH制のあるパ・リーグが良いです」と希望を語った。今大会3勝目を手にした主戦は「リーグ戦に集中して神宮を目指す」と、目の前の戦いを制するために左腕を振る。

 ■ 東北学院大が初V!…東北地区大学野球選手権(スポーツ報知) 12/7/2

 決勝で東北学院大が八戸大を5―0で下し、初優勝を飾った。4回に佐々木康幸(4年・仙台育英)の右前2点適時打などで一挙5得点。このリードを軟投派左腕・塚本峻大(3年・利府)が4安打完封で守った。菅井徳雄監督(55)は「東北学院の新たな1ページになる」と喜んだ。直前の準決勝ではライバルを破った。同じ仙台六大学リーグ所属で6月の全日本大学選手権16強の東北福祉大に7―4で勝利。12季連続のリーグ王者に対して東北学院大は6季連続準Vで辛酸をなめてきた。2007年秋のリーグ戦で勝ち星を挙げて以来の白星で勢い付いたチームは、同じく全国ベスト16の北東北リーグ優勝校を撃破した。

   東北選手権 回数 被安 奪三 四死 失点
   富士大 先   9  5  15  3  0 ○封
   福祉大 先   9          4 ○
          18          4 防2.00(失点から計算)

 ■ 東北学院大・伊藤祐6回9K!プロ3球団が熱視線(スポーツ報知) 12/5/8

 東北学院大が宮城教育大に9―1の7回コールドで快勝。6日に雷雨で順延となった仕切り直しの試合で勝ち点を奪った。中日広島西武の3球団のスカウトがネット裏から見守る中、プロ注目のエース左腕・伊藤祐介(4年・聖和学園)が先発し、6回を1安打、9奪三振で無失点。攻撃では相手のミスに乗じながらも長打を絡めて効率よく得点した。「まだ60%…」 打たれた安打は1本、奪った三振は9個。それでも、伊藤祐の表情はさえなかった。「感覚は悪くないが、まだ(いい時の)60%くらい」。調整不足で開幕には間に合わず、リーグ戦序盤はリリーフに甘んじた。前節から先発に戻り、今季2勝目。1週空いた後、昨秋3位の仙台大を迎える。「しっかり走って投げ込みもしていきたい。(調子は)80%くらいにはしたい」と話していた。

 ■ 東北学院大・伊藤、6年ぶりの神宮に導く(スポーツ報知) 12/1/14

 今秋のドラフト候補の東北学院大・伊藤祐介(3年)が13日、今季の目標に、宿敵・東北福祉大打倒と全国大会出場を掲げた。幼少の頃からの夢であるプロ入りを果たすために避けては通れない道。背番号も慣れ親しんだ47番からエースナンバー18番に変更。封印していた変化球も解禁して、大黒柱としてチームを岸孝之(現西武)を擁して優勝した06年春以来、6年ぶりの神宮に導く。杜の都のドクターKが、大学ラストイヤーを迎える。「今年は結果が欲しい。端っこのリーグでやっていてもダメ。中央で目立たないとプロには行けないと思っている」と伊藤は大学選手権出場に照準を定めた。仙台六大学リーグで1年春からリーグ戦登板を果たし、13勝を挙げた。特筆すべきは奪三振。最速148キロの直球と縦と横の2種類のスライダーとチェンジアップを武器に、3年間で159イニングを投げ204三振を奪い、奪三振率は驚異の11・55を叩き出した。ただ三振にこだわってはいない。昨年の宮城教育大戦では18三振を奪うも、暴投で失点し0―1で敗れただけに、今年は勝ちにこだわる。立ちはだかるのは11連覇中の東北福祉大の存在。いまだ勝ち星がない宿敵を倒さなければならない。「三振はバロメーターだけど、福祉相手にはそうは取れない。コントロールの精度を上げていかないといけませんね」と課題を口にした。そのために、今まで封印していた鋭く縦に落ちるカーブを解禁する。菅井徳雄監督が「今まで投げさせなかったけれど、今年は投げると思う」と口にする“魔球”だ。昨年、6月に大学日本代表の選考合宿に参加。亜大・東浜巨、慶大・福谷浩司ら同級生と交流して、意欲を燃やした。「あいつらはすごい。でもセンスでは負けていないと思う」伊藤の存在を知り、既に西武巨人オリックスがあいさつに出向くなど、周囲は熱を帯びてきた。「まだ伸びしろは十分あるし、自覚が出てきた。岸の時と感覚がそっくり」と菅井監督。その岸以来、6年ぶりの全国舞台へ。“杜の都”から“神宮の杜”へ、伊藤がその左腕で未来を切り開く。

過去記事

 ■ 東北学院大・伊藤が連続先発も好投/東北六大学(SANSPO) 11/9/13

 2日連続で先発したエース伊藤祐介(3年)が、5回を投げ3安打5奪三振で勝利した。前日11日の試合は3安打18奪三振で完投も、一回一死三塁からの暴投が決勝点となり0-1の惜敗。志願の連投で雪辱を果たした。「まとまった投球ができてよかった。これからもしっかり勝ち点が取れればいい」と今後続く仙台大、東北福祉大との上位対決に気を引き締めた。

 3年秋は60回77個(率11.55)と奪三振量産でした。
 ※ 06年春の岸孝之投手がリーグ記録タイ19奪三振を記録するなど65.2回でリーグ新92個。
 最終学年は東北福祉大(2008年秋以降70勝1分無敗)相手の好投を期待です。

 ■ 東北学院大・伊藤、7回参考ノーヒッター(スポーツ報知) 11/5/1

 東北学院大が7―0の7回コールドで東北工大に勝利した。エース左腕・伊藤祐介(3年)が回参考記録ながらノーヒットノーランを達成。毎回の16奪三振の快投でチームに勢いをつけた。2004年秋以来の仙台大からの勝ち星を挙げた。東北学院大のプロ注目左腕・伊藤が、奪三振ショーでノーヒットノーランだ。1回に3者連続三振を奪うと、3回から5回2死まで8連続三振。直後に死球を与えて完全試合は消えたが、その後も気持ちを切らさなかった。7回を終わると、1年の春以来となる左腕リーグ最多記録に並ぶ16三振を奪っていた。「被災している友人もいる。勇気を与えるプレーをできたらいいなと思っていたので、いい結果を残せてよかった」。変化球のキレなど課題も残り、マウンドを降りた時はしかめっ面だったが、今季への思いを打ち明けると自然と笑顔がこぼれた。震災後、4月上旬に全体練習を再開するまで満足な練習はできなかったが、自宅でシャドーピッチングに力を入れ、体にフォームを染み込ませた。4月17日の盛岡大とのオープン戦で4回を1安打10奪三振。その後も毎日、70~80球を投げ込んできた。この日、スタンドには尊敬する先輩の姿があった。昨年までのエースで、リーグ通算33勝を挙げた社会人野球・七十七銀行の阿部博文さんだ。現在は練習できず、社業に専念している。その現状を直接聞いた伊藤は「下手な投球はできないと思った。気合を入れて放りました」。プレーできない野球人の思いも背負っていた。

 ■ 東北学院大・伊藤が8連続K、23日開幕戦へ好調(スポーツ報知) 11/4/18

 仙台六大学リーグの東北学院大が17日、同校の野球場で盛岡大と震災後初となるオープン戦を行い、6―1で快勝した。先発したエースの伊藤祐介(3年)は初回先頭から8者連続で空振り三振を奪い、4回を1安打10奪三振の快投。23日のリーグ戦開幕に向け、好調ぶりを見せつけた。低めを狙い丁寧に投げた。「課題だった立ち上がりとストライク先行のピッチングができてよかった」。直球は141キロ止まりだったが、それ以上のスピードを感じさせる伸びのある投球に盛岡大打線のバットは空を切り続けた。下級生の頃は練習中にふざけてけがをし、救急車を呼ぶ騒動を招いたこともあったが、リーグ通算1位タイの33勝右腕・阿部博文(現七十七銀行)が抜けたことで自覚が芽生えた。

 ■ 東北学院大、左腕・伊藤にエースの自覚(SANSPO) 11/2/5

 東北学院大のMAX148キロ左腕・伊藤祐介=2年=がエースとしての自覚を芽生えさせ、意欲的に練習に取り組んでいる。すでにプロが注目する来秋のドラフト上位指名候補荒削りだが潜在能力は高い。チームは4日、仙台市泉区の同校グラウンドで約3時間の練習を行った。七十七銀行に進む阿部が抜けて、“2番目の先発”だった伊藤が、その役割を担う。それだけの実力は備えている。直球の最速148キロ。楽天にドラフト1位で入団した同147キロの八戸大・塩見貴洋投手(22)を1キロ上回っている。最速は昨秋のリーグで記録したもので、高3時の最速138キロから約2年間で10キロアップした。大学卒業まであと2年。スピードアップはもちろん、投手として伸びしろ十分。埋蔵量たっぷりの潜在能力は測りしれない。持ち球のカーブ、スライダーなど変化球のキレもいい。楽天に3位で入団した東北福祉大・阿部俊人内野手(22)が「打ちづらい投手」と警戒していたほどだ。だが、これまでは「毎試合投球フォームが違いました」(伊藤)と、力投型にありがちな制球難で四球から自滅することも。これではチームの信頼は得られない-。伊藤は冬場の練習で走り込みの量を増やし、下半身を徹底強化。坂道での100メートルダッシュを30本以上、多いときには50本こなした。下半身を安定させ、制球力向上につなげるつもりだ。「自分がエースになるという自覚を持った選手じゃないとエースにはなれない」。菅井徳雄監督(54)も期待をかける。伊藤がエースに君臨すれば、4年になる来秋のドラフトで目玉になる。プロ入りを目指す伊藤には夢がある。昨季までのエース阿部が、昨秋のドラフトで指名されなかった後、阿部と「2年後、一緒にプロにいこう」と“約束”を交わしたのだ。阿部は4月から社会人野球の七十七銀行に進む。伊藤は「プロに注目されるためにも、今年結果を残さないといけません」と、先輩右腕とともに2年間実力を磨く。

 ■ 東北学院大2年・伊藤祐が初完封/仙台六大学(SANSPO) 10/9/16

 東北学院大・伊藤祐介投手=2年=が東北工大2回戦で自己最速の146キロ快速球をマークし、リーグ戦初完封を成し遂げた。左ひじをしっかりと上げ、真っ向から投げおろす。バックネット裏のスピードガンは一回に『146(キロ)』を計測した。「ストレートが走っていました。(阿部)博文さんがラストイヤー。(1年生の)塚本も頑張っている。自分も頑張らないと。結果的に完封でツイていました」。秋季リーグ戦初登板。直球、カーブ、スライダー、カットボールを駆使して東北工大打線を5安打に抑えた。杜の都で生まれ育った“仙台っ子”は、リーグ通算13試合目のマウンドで価値ある4勝目を挙げた。記録的猛暑の今夏、阿部とともに1日約10キロのランニングを継続。75キロあった体重は5キロ減の70キロに絞り込まれ、「春は投げた後に(体が)ぐらつきました。今回は少ないです」と足腰を強化した。菅井徳雄監督からは、阿部に次ぐ主戦としての活躍を期待されている。1年春から登板している伊藤は「博文さんが抜けて、チームの柱がいなくなる。もっと自覚を持って投げないと」と徐々にエースとしての意識を芽生えさせている。背番号47は同じ左腕の横浜・工藤にあこがれてつけたもの。だが「18番を狙っています」と来春から阿部の背負うエースナンバーを希望している。西武・岸孝之も在学時につけていた栄光の背番号だ。

 ■ 東北学院大・伊藤祐、初先発16K完封!!(スポーツ報知) 09/4/29

 東北学院大が1―0で東北工大に勝って、勝ち点を2に伸ばした。ヒーローは1年生左腕・伊藤祐介(宮城・聖和学園)。公式戦初先発にして、いきなり完封。1年生投手、さらに左腕としてはリーグ最多の16奪三振(リーグ歴代5位タイ)の快投で、東北工大打線を4安打に抑えた。度胸満点のルーキー左腕が虎の子の1点を守り抜いた。自己最速タイとなる141キロの直球に縦横2種のスライダーとカーブを織り交ぜ完封の伊藤祐。最後の打者も136キロの直球で空振りに仕留めた。「初先発で緊張したんですけど、気持ちで投げた。満点の結果です」と汗をぬぐう伊藤祐。聖和学園でも東北福祉大の萩野裕輔(1年、宮城・東北)と並んで、みちのく屈指の左腕として知られていた。「目標はプロ。西武の岸(孝之)さんもここ(学院大)からプロに行った。高い意識で練習すれば自分も」と学院大に進学した。

      東北工大 9回 被安4 奪三16 四死5 自責0 141㌔

 知らない投手でしたが高校時代から密かに評判になっていたようですね。
 筑波大との練習試合でも3.2回をノーヒット、9奪三振で無失点。
 最速130㌔台後半だった直球も140㌔を突破。
 共に地元リーグを選んだ萩野との左腕対決、楽しみです。

  プロフィール

 宮城県仙台市生まれ。
 伊藤 祐介(いとう ゆうすけ)投手。
 小学3年から投手として野球を始める。
 西多賀中時代は七ヶ浜シニアに所属。

 聖和学園では1年秋からベンチ入り。
 2年秋に主戦の座を獲得し、県大会3位での創部4年目東北大会初出場を達成した。
 3年夏は仙台二との延長15回再試合に0対3で敗れ県大会準々決勝敗退。
 引き分け試合で218球4失点完投、翌日も救援で7イニング無失点の力投を披露している。
 東北大会1回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東北学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 東北工大戦で歴代5位タイ16奪三振を記録、4安打完封で初先発初勝利を飾る。
 2年時は阿部博文に次ぐ先発を任され、3勝を挙げた秋に最優秀新人賞を受賞。
 3年時から主戦を務め、春に敢闘賞を獲得、東北工大戦で7回参考ノーヒットノーランを達成した。
 秋に自己最多4勝マーク、宮教大での歴代2位タイ18三振など60回で77三振を量産している。
 4年春までに202回2/3で254三振(率11.28)、通算16勝(7完投4完封)を積み上げ、
 プロスカウトからも注目される存在ながら、6季連続リーグ2位で全国には届かず。
 東北福祉大相手には先発5試合で5敗、リーグ戦での勝ち星を挙げられずにいるが、
 初優勝を果たした4年夏の東北地区選手権では、4失点完投で07年秋以来の勝利を達成、
 富士大相手にも5安打15奪三振完封勝利を収め、最優秀投手賞を受賞している。
 3年6月には日米大学野球の日本代表候補に選出され、選考合宿に参加した。
 リーグ通算35試合、16勝9敗、202回2/3、254奪三振、防御率1.87。

 175cm70kg、本格派左腕。
 ワインドアップから重心を下げインステップ気味に踏み込み、肘を柔らかく使った左上手から
 振り下ろす最速148㌔の伸びのある直球と120㌔台中盤の鋭いスライダー、縦のスライダー、
 100㌔台の落差あるカーブ、カットボール、チェンジアップ。
 リーグ通算202回2/3で84四死球、コントロールにはバラツキが残る。
 大学進学後に球速を大きく伸ばし、10キロアップの最速148㌔に到達。
 真っすぐとスライダーを武器に、高い奪三振率を誇る。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2012年10月08日(月)|2012年ドラフト指名選手 | 仙台六大学 コメント(29) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
これは貴重なデータをありがとうございます。奪三振率11.95、与四死球率2.66ですか。
宮教大戦では毎回の16三振を奪う快投だったようですね。
| 管理人 | 2012年10月08日(Mon) 20:31 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
秋は5試合に登板して4勝無敗、防御率0.89。
40回2/3を投げて被安打26、奪三振54、四死球12、自責点4という成績でした。
最優秀選手は同じく4勝無敗で伊藤の防御率を上回る塚本に譲りましたが、ドラフトへ向けていいアピールになったシーズンだと思います。
| ハルタカ | 2012年10月08日(Mon) 14:21 | URL #- [ 編集]
例年より力が落ちるとはいえ福祉大から白星を挙げたことで評価は高まりそうですね。
とりあえずセリーグの球団に指名されたからと言って入団を拒否するとは思いませんが。
| ハルタカ | 2012年10月07日(Sun) 08:29 | URL #- [ 編集]
囲い込まれてる感じでもないですから、
指名されたらセでも入団するんじゃないですかね。
昨日は福祉大相手に2失点完投勝利を挙げましたから
外れ1位レベルの力量はあるかなと思いますし。
| フィジック | 2012年10月07日(Sun) 08:21 | URL #- [ 編集]
パ・リーグ希望ならセ・リーグだと野球浪人する可能性もあるかも
大谷もどうなるのかメジャー行きかも
| 野球 | 2012年10月06日(Sat) 18:38 | URL #- [ 編集]
中央ってどういう意味?
| 匿名 | 2012年09月30日(Sun) 19:30 | URL #- [ 編集]
「中央」で「パ・リーグ」っていうと岸のいる西武が希望球団なのかな?
| 匿名 | 2012年09月30日(Sun) 18:46 | URL #- [ 編集]
東北学院大が初V!…東北地区大学野球選手権
http://hochi.yomiuri.co.jp/tohoku/baseball/news/20120702-OHT1T00126.htm

準決勝では伊藤が東北福祉大を相手に4失点で完投勝利。
学院大が福祉大から勝ち星を奪ったのは岸以来ではないでしょうか。
| ハルタカ | 2012年07月06日(Fri) 19:24 | URL #- [ 編集]
創価大学の久保はスピードにフォークがあるから、緩急は付けれるしプロでは落ちる玉が武器になるから良い
| いけ | 2011年12月27日(Tue) 16:28 | URL #- [ 編集]
伊藤祐介は落ちる球がないから、プロで通用するかどうかだ
| 会長 | 2011年12月12日(Mon) 12:15 | URL #- [ 編集]
松葉も後は久保も良いし誰がプロに行ってもおかしくない
| 会長 | 2011年12月12日(Mon) 12:09 | URL #- [ 編集]
西武のスカウトが張り付いてるらしい
動画を観たけど、テ‐クバック時にタメがあり踏み出した足の着地が遅い、打者からしたらタイミングのとりづらい投手ですね
スピ‐ドもあるし、来年の1位候補の中の1人かな。
| 匿名 | 2011年12月12日(Mon) 01:33 | URL #- [ 編集]
伊藤祐介は藤岡より上!
| いけ | 2011年11月29日(Tue) 15:16 | URL #eYj5zAx6 [ 編集]
開幕戦から189球ですか。
随分ともつれた試合になってしまったんですね。
| 管理人 | 2011年08月28日(Sun) 21:09 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
記事もありました。

東北学院大が先勝!伊藤祐189球熱投実る
http://www.sanspo.com/baseball/news/110828/bsn1108281111002-n2.htm
| ハルタカ | 2011年08月28日(Sun) 17:41 | URL #- [ 編集]
秋のリーグ開幕戦、東北大戦に先発。
延長13回を投げて8安打2失点13奪三振で完投勝利を挙げました。
| ハルタカ | 2011年08月28日(Sun) 09:40 | URL #- [ 編集]
東北福祉大から勝ち星を奪うことはできませんでしたが3勝2敗、防御率1.95で敢闘賞を獲得。
日米大学野球の日本代表候補への選出には驚きました。
左腕は藤岡や中後など厳しい競争になりますが、なんとか代表に残って経験を積んでほしいです。
| ハルタカ | 2011年06月04日(Sat) 23:53 | URL #- [ 編集]
東北工大とはずいぶん相性がいいですね。
とはいえ相性だけではノーノーはできませんが。
| ハルタカ | 2011年05月01日(Sun) 16:35 | URL #- [ 編集]
メンバーにもよりますが、塩見投手と同一リーグで好左腕に耐性のある盛岡大相手に圧巻のピッチングですね。
東北福祉大との優勝争いが今から楽しみ。
是非とも神宮で見てみたい投手の一人です。
| ハルタカ | 2011年04月19日(Tue) 11:45 | URL #- [ 編集]
杉内を彷彿とさせる好投手
高校時代から応援してる
| 匿名 | 2011年02月07日(Mon) 00:23 | URL #- [ 編集]
どんどんスケールアップしてきた印象。
細かい制球を身につければ来年の上位指名は確実ですね。
| ハルタカ | 2011年02月06日(Sun) 01:14 | URL #- [ 編集]
今秋はここまで3戦全勝で防御率0.75
恐らく10日の東北福祉大戦に先発です。
| ハルタカ | 2010年10月08日(Fri) 22:25 | URL #- [ 編集]
東北工大戦に続き宮教大戦にも先発し6回1失点11奪三振で2勝目を挙げました。
| ハルタカ | 2010年09月26日(Sun) 01:05 | URL #- [ 編集]
高校時代から球のキレは凄かった
楽天は辛島指名するなら地元の伊藤でも良かったと思うくらい
| 匿名 | 2010年09月17日(Fri) 11:17 | URL #- [ 編集]
そういえばこの世代って高校生左腕豊作の年と言われてましたよね。
プロ入りした選手でも中崎(西武)・赤川(ヤクルト)・宮本(巨人)・八木(ヤクルト)・近田(SB)・土屋(日ハム)・日高(ヤクルト)・有馬(SB)・辛島(楽天)と9人もいますし。
伊藤も2年後のドラフト時には先にプロ入りした彼らに負けないような投手になっていてほしいものです。
| 匿名 | 2010年09月16日(Thu) 23:01 | URL #- [ 編集]
伊藤が工大を相手に9回を5安打完封で秋のリーグ戦初勝利です。
球速も自己最速の146キロをマークしたとのこと。
来年阿部博が抜けてエースとなれば一気に注目度が高まりそうな気がします。
| ハルタカ | 2010年09月16日(Thu) 11:18 | URL #- [ 編集]
今春のリーグ戦は1勝1敗ながら東北福祉大戦で負け投手になるも9回2失点完投など好投を披露。
新人戦でも敗れはしたものの決勝の東北福祉大で9回途中2失点でサヨナラ負け。

さらに力を付けて秋、そして阿部博文が抜ける来年からはエースとしての活躍に期待です。
| ハルタカ | 2010年06月04日(Fri) 12:09 | URL #- [ 編集]
三振が奪えるのは魅力!
スピードもまだ出るのでは?
| ハルタカ | 2009年10月19日(Mon) 02:40 | URL #- [ 編集]
小柄ですが近未来には注目を引く左腕に成長の目玉かな?
| 広鯉! | 2009年04月30日(Thu) 09:18 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2012年ドラフト指名選手 | 仙台六大学 コメント(29) Page Top↑