垣ヶ原 達也(日立製作所)|ドラフト・レポート

垣ヶ原 達也(日立製作所)

ここでは、「垣ヶ原 達也(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm82kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ・パーム 帝京→青学大 4年目
内外角への直球とスライダー、チェンジアップ。マウンド度胸が売り。熊本GL戦で無四球完封勝利。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   08春: 4 0勝0敗   5.2  6  5  1  5  7.94
   08秋: 6 2勝0敗   23  13  23  13  1  0.39
   09春: 8 3勝2敗  48.2  39  34  29  16  2.96
   09秋: 8 1勝4敗   31  26  27  20  14  4.06(10位) 
   10春:         登板無し           二部
   10秋: 10 1勝0敗  32.2  23  23  19  5  1.38( 4位)
   11春:         登板無し
   11秋: 1 0勝0敗   1  0  2  3  0  0.00
   通算: 37 7勝6敗  142 107 114  85  41  2.60
         被安打率6.78 奪三振率7.23 四死球率5.39

 ■ 甲子園成績

      登板 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率   
   06夏: 3  9.2  10  5  5  5  4.66
   07春: 2 12.1  6  11  8  4  2.92
   07夏: 3  28  19  22  9  2  0.64

投手成績詳細

   08春    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大    0.1  0  0  1  0
   東洋大    0.2  2  0  0  2
   立正大    1.2  0  2  0  0
   日 大     3  4  3  0  3
          5.2  6  5  1  5 防7.94
      被安打率9.53 奪三振率7.94 四死球率1.59 

   08秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     3  1  4  2  0
   亜 大     6  4  8  1  0 ○
   立正大    0.2  0  0  1  0
   日 大    0.1  1  0  0  0
       先  5.2  2  5  3  0
   中 大 先  7.1  5  6  5  1 ○
          23  13  23  13  1 防0.39
      被安打率5.09 奪三振率9.00 四死球率5.09

   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先  10  3  6  5  1 
       先   5  4  1  4  3 ●
   亜大  先   9  6  8  2  2 ○
       先  3.1  8  1  3  3
   中大  先  2.2  5  3  4  3 ●
       先  7.2  6  4  2  2 ○
   立正大 先   6  4  6  6  2 
   国学大 先   5  3  5  3  0 ○
         48.2  39  34  29  16 防2.96
      被安打率7.21 奪三振率6.29 四死球率5.36

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   中 大 先   9  5  6  3  2 ○
          0.2  0  0  0  0
   国学大 先   4  6  3  4  4 ●
   亜 大 先  4.1  4  5  5  3 ●
       先   5  5  6  2  1 ●
   立正大     4  1  4  2  1 ●
   東洋大 先  3.1  4  2  2  2 
          0.2  1  0  2  1
          31  26  27  20  14 防4.06
      被安打率7.55 奪三振率7.84 四死球率5.81

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   中 大 先   3  1  3  3  0 141㌔
       先  5.1  2  4  2  0 141㌔
   国学大     2  1  3  2  0 142㌔
          0.1  0  0  1  0
   東洋大 先  3.1  2  1  2  0
       先  4.1  3  0  4  1
   亜 大 先  3.1  3  5  2  2 142㌔
          1.1  2  0  1  0
   国士大 先   8  7  6  2  2 146㌔
          1.2  2  1  0  0 ○
         32.2  23  23  19  5 防1.38
      被安打率6.34 奪三振率6.34 四死球率5.23

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     1  0  2  3  0 139㌔

  最新記事

 ■ 社会人野球:JABA九州大会 日立も4強(毎日jp) 13/5/10

 第3日の9日は、北九州市の市民球場と市立大谷球場でリーグ戦6試合があった。A組は日立製作所が垣ケ原の無四球完封で3連勝し、ベスト4一番乗り。B組はホンダ熊本がサヨナラ勝ちで2連勝。パナソニックは七回コールド勝ちで1勝1敗とし、予選突破に望みをつないだ。D組は沖縄電力、日本通運が勝ち、4チームが1勝1敗で並んだ。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   12公: 6 27.1  20  12  20  7  2.30  6.59  3.95  6.59

 ■ 青学大、天敵“巨”を攻略!(スポーツ報知) 11/4/28

 左腕エース・垣ケ原達也が右アキレスけんを断裂するなど、4年生に故障者が続出。元巨人・篠塚和典氏の長男・宜政も、右肩痛を押して強行出場している。指揮官は「よく勝ってくれた」と、総力を結集して天敵を攻略したナインをたたえた。

 ■ 青学大・垣ケ原、快投2勝目(SANSPO) 08/10/22

 今季2度目の先発を任されたルーキー左腕の垣ケ原が2勝目。自己最長の7回1/3を1失点に抑える先発初勝利に「絶対に負けられない、今年一番大事な試合だと思って投げました」と笑顔がのぞいた。河原井監督は「シーズン初めから入れ替え戦覚悟でしたから」と言いながらも、表情は明るかった。

過去記事

 ■ 青学大先勝!垣ケ原、好投でリーグ戦初勝利(スポニチ) 08/9/17

 青学大は開幕週で東洋大に連敗も、好投手の亜大・岩見を攻略しての今季初勝利。立役者は1年生左腕の垣ケ原だ。4回途中から救援して無失点でリーグ戦初勝利を挙げて「あしたの先発予定だった。急な登板だったが、直球が走ってなんとか抑えることができた」とホッとした表情を浮かべた。帝京のチームメートで、横浜入りした阿斗里が14日の中日戦で1軍デビュー。垣ケ原は「電話で話して刺激を受けた」と互いの健闘を誓った。

 ■ 横浜 帝京の垣ケ原を緊急リストアップ(スポニチ) 07/8/21

 横浜が今秋高校生ドラフト上位候補として、帝京の左腕エース垣ケ原達也投手を緊急リストアップした。最速141キロの直球と切れのあるスライダーを武器に、準々決勝で佐賀北に敗れたものの、チームをベスト8に導いた。村上チーム運営部門統括は「ウチは左の先発候補が欲しいのは確か。垣ケ原くんはマウンド度胸がいいし、スカウトからの評価も高い」。

 ■ 帝京のエース垣ヶ原が1回から好救援(スポニチ) 07/8/11

 帝京の背番号1、垣ケ原。剛腕・大田がKOされ、頼みの主砲・中村からも快音は聞かれない。でも、その左腕で嫌なムードを一変させた。2死一塁でマウンドを託されると、得意の縦のスライダーとチェンジアップで緩急自在の投球を展開した。駒大岩見沢を4安打に抑え、三塁すら踏ませない。「どんな場面でも冷静に投げてくれて助かる」。8回1/3のロングリリーフで10奪三振無失点には、前田監督も感謝するばかりだ。89年夏の甲子園優勝投手の吉岡(楽天)にあこがれて帝京に入学。しかし、大田にいつも先を行かれた。「調子がいいのになぜ1番をもらえないのか」。落ち込んだことが何度もある。それでも走り込みで体重は昨夏の75キロから80キロに。下半身が安定し、130キロ台前半の球速はMAX141キロに上がった。球威が増したことで緩急に磨きがかかり、背番号10だった東東京大会決勝でも好救援。甲子園入り前にナインが「1番は垣ケ原がいい」と口をそろえ、帝京史上初めて甲子園で左腕が背番号1を背負うことが決まった。

  プロフィール

 東京都板橋区生まれ。
 垣ヶ原 達也(かきがはら・たつや)投手。
 小学1年から野球を始め、吹上北中時代は埼北ポニーウインズクラブに所属。
 4番・投手としてチームを牽引し、全国大会出場を達成した。

 帝京高では1年夏からベンチ入り。
 2年夏・3年春に控え投手として、3年夏にエースとして甲子園出場を果たす。
 3年夏は調子を落としていた大田阿斗里に代わり、予選で4試合19.1回4失点の好投を披露。
 甲子園からエースナンバーを任され、3試合28回2失点の活躍でプロの注目を集めた。
 1回戦・駒大岩見沢戦で8.1回10奪三振無失点リリーフ、3回戦・智弁学園戦で7安打完封勝利。
 上位候補として評価する球団もあったが、志望届は提出せず進学を選択した。
 当時のチームメイトに大田阿斗里(横浜07年高3巡)、中村晃(ホークス07年高3巡)ら。

 青山学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 1年秋に最下位を争うチームの中で2勝を収め、防御率0.39の好成績で頭角を現す。
 6回無失点救援を見せた亜大戦で初勝利、中大1回戦で澤村拓一との投手戦を制し先発初勝利。
 主戦を任された2年春に先発8試合48.2回をこなし、自己最多3勝の実績を残した。
 2年秋も春に続き開幕投手を務めたが、防御率4.06で1勝に留まり、52季ぶりの2部降格を経験。
 3年春は故障で登板できず、復帰した同年秋にリーグ4位の防御率1.38をマークした。
 4年時は春に右アキレス腱断裂の怪我を負い、秋の最終週・東洋大戦での1イニング止まり。
 2年春の亜大戦・同年秋の中大戦で2失点完投勝利、3年秋の国士大戦で146㌔を記録している。
 リーグ通算37試合、7勝(2完投0完封)6敗、142回、114奪三振、防御率2.60。

 日立製作所入社後は1年目から公式戦に出場。
 2年目の九州大会・熊本ゴールデンラークス戦で無四球初完投初完封勝利を収めた。

 176cm82kg、ガッチリした体格の左腕。
 ワインドアップから重心を下げ、小さめのテイクバックを取り、肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速146㌔、常時130㌔台中盤から後半の威力あるストレートと切れの良い110㌔台のスライダー、
 110㌔前後のカーブ、右打者の外角に決める110㌔台のチェンジアップ。
 両サイドに投げ分けるストレートとスライダー、チェンジアップとのコンビネーション。
 ピンチにも顔色を変えず冷静沈着、落ち着いたマウンドさばきが持ち味。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|07年夏
 「スピード以上にボールに力があり、制球力もある」
横浜・村上チーム運営部門統括|07年夏
 「ウチは左の先発候補が欲しいのは確か。垣ケ原くんはマウンド度胸がいいし、スカウトからの評価も高い」
 「今大会で評価が急上昇した一人」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年05月11日(土)|退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ありがとうございます。
ここに来て最速更新ですか。
調子を戻しつつあるようで嬉しいです。
| 管理人 | 2010年11月16日(Tue) 00:16 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
垣ヶ原はマックス146キロを更新しました。これがこの動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=0p5CMlCtkXE
| プライセス | 2010年11月15日(Mon) 21:45 | URL #- [ 編集]
SB和田みたいなタイプなのかな?
生で見てないから何とも言えないが
| 匿名 | 2010年11月09日(Tue) 11:53 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(3) Page Top↑