中町 龍之介(東京学館新潟)|ドラフト・レポート

中町 龍之介(東京学館新潟)

ここでは、「中町 龍之介(東京学館新潟)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm91kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ・フォーク
恵まれた体格のプロ注目143㌔右腕。2年時秋4試合27回で2失点。肘痛からの復活に期待がかかる。
最終更新日:2022-09-05 (Mon)|2022年高校生投手 コメント(0)

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21夏(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点
   新潟4回戦:新津高校    0.1  1  1  1  0
     準々決:新潟明訓 先  6.1  2  7  6  1
                6.2  3  8  7  1 防1.35
            被安打率4.05 奪三振率10.80 四死球率9.45

   21秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   新潟2回戦:巻 高 校 先   8  2       0封
     準々決:上越高校 先   9  2  9  1  0封140㌔
     準決勝:日本文理     1  0  2  0  0 143㌔
     3位決:帝京長岡 先   9  5  5  5  2
                 27  9       2 防0.67(失点から算出)

  最新記事

 ■ 東京学館新潟エース中町3週間ぶり実戦で8強導く(日刊) 22/5/8

 東京学館新潟の中町龍之介投手は不調ながらも無失点で抑えた6回から2番手で今大会初登板。4回62球を投げて被安打2、3奪三振の内容だったが、納得のいかない表情も見せた。4月下旬から肘の痛みを感じていた。3週間ぶり実戦で、まだ本調子とはいえないが、慌てることはなかった。

   22春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   新潟4回戦:新潟産付     4  2  3     0
     準々決:高田北城     4  2  4  6  2
     準決勝:中越高校     0  1  0  0  1
                 8  5  7     3 防3.38(失点から算出)

 ■ 東京学館新潟10番中町初完封 6回1死まで完全投球(日刊) 21/10/4

 東京学館新潟は上越に4-0で快勝した。背番号10を背負った中町龍之介が被安打2の9奪三振で初完封した。6回1死までは完全ペースだった。覚えたばかりのスプリットで空振りを奪うなど公式戦のマウンドは成長の場となった。昨秋の大会直前に右肩を痛め今春までベンチから外れていた

 ■ 東京学館新潟2年中町龍之介、初先発で新潟明訓を苦しめる(日刊) 21/7/23

 東京学館新潟は中町龍之介投手(2年)が公式戦初先発し、新潟明訓打線を苦しめた。6回までの被安打は内野安打1本だけ。7回1死一塁で右中間への適時二塁打を打たれるとマウンドを退いたが、6回1/3を投げて被安打2の7奪三振で先発の役目を終えた。

  プロフィール

 新潟県十日町出身。
 中町 龍之介(なかまち・りゅうのすけ)投手。
 十日町市立下条中学校を経て東京学館新潟高校に進学。

 東京学館新潟では1年生の秋の大会前に肩痛を発症。
 以降、2年生の春までをメンバー外としてすごし、同年夏の予選で公式戦マウンドデビューを飾る。
 準々・新潟明訓戦で6.1回1失点の好投を演じるも継投が嵌らず4対5で敗戦。
 続く2年時秋の予選で先発2本柱(#10)を務め、4戦27回2失点の活躍で準決まで進出した。
 準々決勝・上越戦で2安打9奪三振4-0完封勝ち(6回1死まで完全)を記録。
 プロ注・茨木と投げ合った3決・帝京長岡戦で、5安打5四球、0対2完投の力投を演じている。
 翌3年春の県大会で初優勝を飾るも、自身は4月下旬からの右ヒジ痛で低迷。
 主戦を任されながら3試合8回で3失点と苦しみ続く北信越大会をメンバー外としてすごした。
 3年時夏の新潟大会は帝京長岡に7回コールド3対14で大敗しベスト8で敗退。
 右下手投げの同期・羽吹幸隼が主戦を担い、自身は背番号10で未登板のまま大会を終えた。
 県大会初優勝が最高成績。甲子園出場の経験は無し。

 181cm91kg、恵まれた体格のプロ注目143㌔右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔のストレートと、スライダー、カーブ、フォークなどの変化球。
 2年時秋の県大会で自己最速143㌔を計測。1年生の秋に肩痛、3年時春に肘痛を経験した。
 直球とフォークが持ち味。ケガからの復活に期待がかかる。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-09-05 (Mon)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑