北村 流音(桐生第一)|ドラフト・レポート

北村 流音(桐生第一)

ここでは、「北村 流音(桐生第一)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm75kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・フォーク
プロ注目の最速146㌔右腕。2年生の秋に関東ベスト8進出。同年12月に右胸骨の手術を経験した。
最終更新日:2022-09-08 (Thu)|2022年高校生投手 コメント(0)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   群馬1回戦:桐生工業     1  0       0
     2回戦:伊勢崎清     4  0  6     0
     3回戦:前橋育英    4.2  7       4
                9.2  7       4 防3.72(失点から算出)

   21秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   群馬2回戦:高崎経付 先  5.1     6     4
     準々決:前橋育英 先   7  7       1
     準決勝:前橋商業 先   7  4  5  0  0封
     決勝戦:健大高崎     3  2       1
   関東1回戦:土浦日大    3.1  3  4  1  0
     準々決:浦和学院     3  5  2  1  4
                28.2       5  10 防2.51
                          四死球率1.57

  最新記事

 ■ 「桐生」対決制す・序盤から主導権(朝日新聞) 22/7/26

 5―5で迎えた六回の攻防が明暗を分けた。桐生第一は1死三塁の好機を迎えるなどしたが、無得点。一方の樹徳は四死球や失策に乗じ、わずか1安打で4得点を挙げた。桐生第一は相手を上回る14本の安打を放ち、八回には3連打で追い上げた。だが、四死球や守備のミスが痛かった。
 準決勝で、桐生第一の主戦北村流音投手が一球一球、声を出して投げていて、自分にだけでなくチームメートにも気合が伝わっていた」(読売新聞)
 
   22夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   群馬2回戦:館林高校 先   5  5  6  0  1
     準々決:関学大付 先   7  9  9  7  6
     準決勝:樹徳高校 先   6  8  6  8  9 143㌔
                 18  22  21  15  16 防6.50
            被安打率11.00 奪三振率10.50 四死球率7.50

 ■ 中央学院・井川一心、プロ注目桐生第一・北村流音に投げ勝つ(日刊) 22/6/26

 <高校野球練習試合:中央学院4-3桐生第一> 中央学院の2年生右腕・井川一心投手が、桐生第一のプロ注目最速146キロ右腕・北村流音投手に投げ勝った。

 ■ 群馬県勢2校、4強進出ならず 秋季関東高校野球(朝日新聞) 21/11/3

 0―1で迎えた六回裏。桐生第一のエース北村流音がマウンドに上がった。2日前の1回戦では3―2の六回途中から登板し、3回3分の1を無失点。群馬県予選では準々決勝の前橋育英戦、準決勝の前橋商戦を1人で投げ抜き、エースとして優勝に貢献した。だが県予選後、右胸骨の疲労骨折が判明。関東大会には間に合ったが、状態は良くなかった。
 秋に右鎖骨付近を故障し、12月に手術を受け、3月に復帰したばかり。(上毛新聞)

過去記事

 ■ 桐生第一の最速145キロ右腕・北村が4回をパーフェクト救援(報知) 21/7/18

 桐生第一の2年生右腕・北村流音投手が4―3の6回から登板9回までの4イニングをパーフェクトに抑えて勝利に貢献した。投じた58球は全てストレートで、130キロ台後半から140キロ台前半の間で微妙に球速を変えてタイミングをずらしていた。冬場の体作りで体重が67キロから71キロに増え、ストレートの最速は145キロ。打者15人から6三振を奪い、正捕手を務める中山寛明は「ど真ん中に投げても打たれないくらいの自信を持っている真っすぐを生かすリードをしました」と振り返った。

 ■ 桐生第一が準決敗退で関東大会逃す 1年北村が力投(日刊) 20/10/3

 夏の王者・桐生第一が準決勝で敗れ、秋季関東大会への切符を逃した。1年生ながらエースナンバーの「1」を背負う北村流音投手は、2回途中から2番手として登板し、7回2失点の好投を見せた。

  プロフィール

 群馬県桐生市出身。
 北村 流音(きたむら・りお)投手。
 桐生南小時代に軟式チームで野球を始め、桐生中央中時代は軟式野球部に所属。
 群馬選抜で中3秋の全国大会に出場した。

 桐生第一進学後1年時夏の選抜交流試合はベンチ外。
 1年生の秋から背番号1として公式戦に登板し、2年生になって背番号11で夏大デビューを飾る。
 2年時秋の新チームから再び主戦を担い、県1位での関東ベスト8進出を達成。
 県大会全5戦中4試合(先発3)、計22.1回を投げ、3四球6失点、防1.61の好成績を残した。
 準々決勝・前橋育英高校戦で、7回コールド7安打、8対1完投勝利をマーク。
 準決勝・前橋商業戦(7回コールド7-0)で、4安打無四球、5奪三振完封勝利を収めている。
 この活躍で146㌔腕として注目されるも、大会後、右胸骨の疲労骨折が判明。
 続く関東大会全2戦で救援を務めたが、本調子を欠き、2試合6.1回で8安打4失点を許した。
 3年時夏の県大会は145㌔右腕・亀井擁する樹徳に7対10で敗れ4強で敗退。
 4回までを3安打1失点にまとめたが、中盤以降捕まり、6回8四死球、8安打9失点でKOとなった。
 チームメイトとして2学年上に蓼原慎仁、同期に三塚 琉生ら。

 174cm75kg、最速146㌔直球を持つプロ注目右腕。
 ノーワインドアップから膝を引き上げて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時130㌔前半から140㌔前後(高3夏の県大会)の真っ直ぐと、
 120㌔前後の横スライダー、120㌔台の縦スライダー、120㌔台のフォーク、100㌔台のカーブ。
 140㌔超の直球とスライダーとのコンビネーションが持ち味。緩いカーブとの緩急。
 2年生の秋(主戦投手)に右胸骨の疲労骨折、3年生の春(#18)に左足首の怪我を経験した。
 3年時夏の与四死球率7.50、制球にバラツキが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-09-08 (Thu)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑