堀 柊那(報徳学園)|ドラフト・レポート

堀 柊那(報徳学園)

ここでは、「堀 柊那(報徳学園)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 日ハム 中日 千葉 広島 楽天 巨人 西武 阪神 福岡 横浜 オリ 東京
    【23候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野|済・投|済・野



堀 柊那(報徳学園)

179cm77kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒1
イニング間2塁送球1.8秒強の強肩。高校通算11発の3番打者。近畿大会で左中間先頭弾を放った。
最終更新日:2022-11-13 (Sun)|2023年高校生野手 コメント(0)

  動 画



  最新記事

 ■ 報徳、決勝で敗れる 堀「インコースを張っても手が出なかった」(中スポ) 22/11/5

 報徳学園は大阪桐蔭のエース左腕・前田悠伍投手に3安打の無得点に抑えられ、16年ぶりの優勝を逃した。「きょう勝たないと。1位になってこそ意味がある。勝てなかったのが悔しいです」と堀。今大会は17打数10安打の打率5割8分8厘、3打点だった。この日は前田に4打数ノーヒットに封じられた。「投手の下半身の動きに合わせて振りにいくことを意識しています。前田投手はインコースの真っすぐと外に逃げる変化球で組み立てていましたが、インコースを張っても手が出なかったのは反省です」と振り返る。オリックスの谷口悦司スカウトは「最初に見たときから右投手の盛田と堀のバッテリーはモノが良いことは分かっています。もう見なくても良いレベル。堀は肩の強さが目立つし、足も速い守って走れるし、打撃も良い。今年のドラフトで松尾(大阪桐蔭)が1位指名(DeNA)されましたが、高校生捕手が欲しいチームは上位でいく素材です」と高評価する。
 二塁送球タイムは、最速で1秒81とプロ顔負けのタイムを計測する。「肩には結構自信があります。一番のアピールポイントでもあるので」と自信を持つ。(デイリー22/11/8)

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   22春近畿: 2 .333  9  3 0 0 1 1 2 0 1  .333  .667(1番/捕)
   22夏兵庫: 4 .429  14  6 2 1 0 5 0 4   .556  .714(3番/捕)
   22秋近畿: 4 .588  17 10 3 0 0 3 1 1 3  .611  .765(3番/捕)
   通  算: 10 .475  40 19 5 1 1 9 3 5   .533  .725

  【一塁到達】22秋近畿準決勝:6回3秒90(三安)…セーフティバント
        22秋近畿決勝戦:4回4秒33(遊失)

 ■ 報徳のプロ注目バッテリー活躍!堀が4安打で8強入りに貢献(報知) 22/10/24

 報徳学園は盛田智矢らの継投で7回参考ながら箕面学園を無安打無得点に抑え、堀柊那は4安打を放ち、プロ注目バッテリーが活躍した。大阪桐蔭、履正社なども登場したため全12球団が視察。巨人の岸スカウトは「(盛田は)角度のある直球が魅力でカーブがいい。内外角に投げられる制球力がある。(堀は)地肩が強く、走攻守、全てでいい2人とも(ドラフト)候補に挙がってくる」と高評価した。

 ■ 報徳学園が8強入り 堀柊那を巨人、阪神などが視察(報知) 22/9/24

 報徳学園が市尼崎を破り、ベスト8に進出した。巨人阪神など3球団が視察する前で、来秋ドラフト候補の堀柊那捕手は、初回1死一塁で一塁走者の二盗を阻止し、5打数1安打だった。「良くなかった。チャンスで一本出せなかった。チームとしては凡打が多かった」と反省しりきだった。

過去記事

 ■ 先頭打者弾の堀柊那に大角監督「技術を超越した勝負強さ」(報知) 22/5/28

 報徳学園が智弁和歌山に1点差で敗れ、決勝進出を逃した。初回、堀柊那捕手(2年)が相手エース・塩路柊季のスライダーを捉え、左中間への先頭打者本塁打で先制。大角健二監督は「(先頭打者本塁打の堀は)いい場面で技術を超越した勝負強さがある。今まで見てきた中で、野球選手としての能力はトップクラス。試合は走塁エラーや失策が出て、ぼろ負けでもおかしくない流れで踏ん張れた。反省点はあるが、良いところはきっちり出せたのでプラスに考えていきたい」と話した。
 二塁送球1秒8台の強肩で来秋ドラフト上位候補との声も多い。(報知)
 春季兵庫県大会は宿敵の東洋大姫路を下して優勝。エース榊原七斗投手(3年)やプロ注目の堀柊那捕手(2年)を擁し、強力打線は機動力を駆使する。(日刊)

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 堀 柊那(ほり・しゅうな)捕手。
 小学校3年生の時から軟式の野球を始め、鷹取中時代は兵庫夙川ボーイズに所属。

 報徳学園では1年時夏の県大会で夏大デビュー。
 1年生の秋(県3回戦)から正捕手で下位を打ち、翌2年春の兵庫大会で5年ぶりの優勝を飾る。
 7回コールド勝ちを収めた準々・市川高戦で中越えへのランニング2ランをマーク。
 近畿大会(ベスト4)から1番へと打順を上げ、準決・和智弁戦で左中間への先頭弾を放った。
 2年生の夏の県大会から3番を務めるも、明石商に0⑪2で競り負け8強で敗退。
 初戦・姫商戦で左中間2点三塁打を放つなど、打率.429、0発5打点の好成績を残している。
 続く2年時秋の予選で主将の座を掴み、県大会1位通過での近畿準Vを達成。
 近畿大会4試合17打数で10安打3長打を放ち、打率.588、0本塁打3打点3盗塁をマークした。
 チームメイトとして1個上に榊原七斗、同期に盛田智矢ら。

 179cm77kg、強肩強打のプロ注目キャッチャー。
 セカンドへの素早いスローイングがセールスポイント。イニング間の送球タイム1.8秒強をマークする。
 ワンバン処理でも投手陣からの信頼を獲得。1年生の秋から正捕手を任された。
 下位打線、1番打者を経て、2年生の夏から3番でプレー、同秋の新チームから主将を務める。
 高校通算11発(2年生の春時点)、振り切るスイングで左右に弾き返す右打者。
 2年生の春の近畿大会準決・和智弁戦で左中間への先頭弾(塩路のスライダー)を放っている。
 50メートル走6秒1。右打者で一塁到達4秒33。

  スカウトコメント

オリックス・谷口悦司スカウト|22/11/5
 「最初に見たときから右投手の盛田と堀のバッテリーはモノが良いことは分かっています。もう見なくても良いレベル。堀は肩の強さが目立つし、足も速い。守って走れるし、打撃も良い。今年のドラフトで松尾(大阪桐蔭)が1位指名(DeNA)されましたが、高校生捕手が欲しいチームは上位でいく素材です」
巨人・岸スカウト|22/10/24
 「地肩が強く、走攻守、全てでいい。2人(盛田・堀)とも候補に挙がってくる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2023年プロマーク状況



最終更新日:2022-11-13 (Sun)|2023年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑