的場 吏玖(大阪電通大高)|ドラフト・レポート

的場 吏玖(大阪電通大高)

ここでは、「的場 吏玖(大阪電通大高)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm72kg 右右 MAX148km スライダー・カット・カーブ・フォーク
手足の長い長身細身の148㌔右腕。関大北陽を20K完封、大阪桐蔭を8回4安打3失点に抑えた。
最終更新日:2022-07-27 (Wed)|2022年高校生投手 コメント(0)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   大阪1回戦:豊島高校 先   7  7  4  4  2
     2回戦:牧野高校 先   6  1  5  0  0
     3回戦:渋谷高校 先   5  4  5  2  5
     4回戦:春日丘高 先   7  4  7  1  2
     5回戦:堺 高 校 先   9  7  10  5  3
     準々決:関大北陽 先   3  3  2  3  2
                 37  26  33  15  14 防2.19
             被安打率6.32 奪三振率8.03 四死球率3.65

  最新記事

 ■ 大阪電通大高の148キロ右腕「大阪桐蔭には通用しなかった」(中スポ) 22/7/27

 大阪電通大・的場吏玖は自らの失策などもあって、5イニングを6安打の8失点と崩れた。「初回は四球、失策もあって、しっかりと抑えることができなくて悔しいです。真っすぐはいつもと変わらない調子だったと思いますが、春は抑えられた大阪桐蔭が夏はレベルアップしていて、全然通用しなかったと思います」。進路は、大学進学に絞っており「大学で150キロを出したい」。その先のプロを目指す。

   22夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   大阪2回戦:山田高校 先   9  2  5  2  2
     4回戦:市岡高校 先   5  1  7  3  0 ※左足指ケガ
     5回戦:岸和田産     1  0  0  0  0
     準々決:大阪桐蔭 先   5  7  6  4  8 ※自責3
                 20  10  18  9  10 防2.25
             被安打率4.50 奪三振率8.10 四死球率4.05

   【身長体重】高1春-cm60kg→高2秋-cm64kg→高3夏185cm72kg
   【球速変遷】高1春135㌔→高2秋144㌔→高3夏148㌔

 ■ 大阪電通大高が5回戦へ 的場が5回1安打7奪三振好投(デイリー) 22/7/25

 大阪電通大高・的場吏玖が、5回1安打7三振無失点の好投。2番手・斎藤愛哉も4回1安打の好リリーフだった。エース・的場は昨秋の腰の故障期間に「米1日12合」の食トレを行い、体重は8キロも増量。日本ハム武部スカウトは「真っすぐの伸びはすごい三振の取れるスライダーはかなりいい」と評価。長い手足を生かして投げるフォームに「日本ハムの達(ドラフト1位)や福島蓮(育成1位)に似てるかな」と分析した。五回に左足指先の皮がめくれて、大事を取って5イニングで降板

 ■ 大阪電通大高・的場吏玖2失点完投で初戦突破(日刊) 22/7/16

 大阪電通大高の的場が、2安打2失点完投で夏の初戦を突破した。直球、カット、カーブ、スライダー、フォークに加えてスプリット。終盤5イニングを完全投球で、山田打線を手玉に取った。的場は昨年11月から1カ月、朝7時過ぎに登校すると炊飯器で米を炊き、休み時間に食べた。ノルマは「1日12合」。体重は6キロ増の70キロ。球速は135キロから144キロへ。夏の大会直前には阪南大高との練習試合148キロが出た。「まだ細いし、力もないから」と大学進学後のプロ入りを夢見る。

過去記事

 ■ 大阪電通大高・的場吏玖投手 “横綱”に雪辱誓う(スポニチ) 22/6/24

 大阪電通大高・的場吏玖は最速144キロを誇る右の本格派。いずれも同校史上最高成績となる昨夏8強、今春16強に導いたエースが最後の夏に勝負をかける。身長1メートル85で手足の長い体形。足を高く上げるフォームはロッテ・佐々木朗をほうふつさせ、「参考にしている」という。少しの補助があれば背面で両肘同士を付けられる体の柔らかさも併せ持ち、しなやかな腕の振りから繰り出すカーブも武器。阪神オリックスなどが視察済みで夏の台風の目になりそうな予感だ。

 ■ 大阪桐蔭が5回戦突破 松尾V2ラン、川原1失点完投(スポニチ) 22/5/8

 今春選抜を制した大阪桐蔭が大阪電通大高に競り勝ち5回戦を突破。今秋ドラフト候補の「3番捕手」松尾汐恩が初回1死一塁で決勝の先制2ランを放った。関大北陽との4回戦で20K完封劇を演じた大阪電通大高の的場吏玖は、この日も好投。3失点は喫したが、大阪桐蔭打線を2~5回まで完璧に封じるなど8回4安打2四球でまとめた。

  プロフィール

 大阪府寝屋川市生まれ。
 的場 吏玖(まとば・りく)投手。
 池田小2年から軟式チームで野球を始め、寝屋川二中ではジュニアセブンに所属。

 大阪電通大高では1年生の夏(初戦敗退)からエース。
 その後、ケガによりベンチ外・控え落ちを経験し、2年時夏の予選で背番号11の主戦格を務める。
 いずれも先発として全6試合に登板し、5回戦・堺戦で10K4-3完投勝ちを記録。
 計37イニングで33個の三振を奪い、26安打15四死球14失点、防御率2.19の粘投をみせた。
 2年生の秋から再び主戦を担うも金光大阪に1-4完投で敗れ府2回戦で敗退。
 翌3年春の大阪大会で5回戦進出を果たし、強豪相手に見せた好投でプロの注目を集めた。
 接戦となった4回戦・関大北陽高戦で、9回20奪三振、2対0完封勝利を記録。
 選抜V校・大阪桐蔭との5回戦(0-5敗戦)で、8回4安打、2四球3失点の力投を演じている。
 3年時夏の大阪大会は大阪桐蔭高校に7回0-8の大差で敗れベスト8で敗退。
 四球・失策絡みで3回までに5点(責0)を失い、5回7安打、6奪三振8失点(責3)でKOとなった。
 大阪大会ベスト8が最高成績。甲子園出場の経験は無し。

 185cm72kg、最速148㌔直球を持つ長身細身の右腕。
 ノーワインドから重心を下げてクロス気味に着地し、後ろ深めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔のストレートと、スライダー、カットボール、カーブ、フォーク。
 手足の長い投手体型。高校入学後から日課としてこなすストレッチで体の柔軟性を高めた。
 3年時春の大阪大会4回戦・関大北陽戦で1試合20K(完封)の快投を披露。
 同5回戦・大阪桐蔭戦で8回4安打2四球3失点(松尾汐恩に2ラン被弾)の好投を演じている。
 好きな選手は金子千尋。3年生の夏に148㌔を計測した。

  スカウトコメント

日本ハム・武部スカウト|22/7/25
 「真っすぐの伸びはすごい。三振の取れるスライダーはかなりいい。日本ハムの達(ドラフト1位)や福島蓮(育成1位)に似てるかな」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-07-27 (Wed)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑