大山 凌(東日本国際大)|ドラフト・レポート

大山 凌(東日本国際大)

ここでは、「大山 凌(東日本国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm77kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・カット・チェンジ・フォーク・ツーシーム 白鴎大足利
140㌔台の直球と縦スライダー、フォーク。3年生の春からエース、大学選手権で最速151㌔を計測した。
最終更新日:2022-07-01 (Fri)|2023年大学生投手 南東北大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   20春:        開催中止
   20秋: 3 1勝0敗  4.2  2  5  0  0  0.00
   21春:        出場辞退
   21秋: 6 2勝1敗  25.1  13  27  4  1  0.36(1位)
   22春: 5 4勝0敗   26  13  30  10  1  0.35(1位)
   通算: 14 7勝1敗   56  28  62  14  2  0.32
         被安打率4.50 奪三振率9.96 四死球率2.25
    ※ 22春:優秀選手 22春:最多勝 22春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   22選    回数 被安 奪三 四死 自責
   静岡大 先   5  7  4  4  2 150㌔(東ド) ○
   金院大     5  0  5  1  0 151㌔(東ド) ○
   大商大 先   9  11  4  1  4 149㌔(神宮) ○ 平均143.7㌔
          19  18  13  6  6 防2.84
      被安打率8.53 奪三振率6.16 四死球率2.84

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   山形大     1  0  1  0  0 
   公益大    1.2  1  3  0  0
   石専大     2  1  1  0  0
          4.2  2  5  0  0 防0.00
       被安打率3.86 奪三振率9.64 四死球率0.00

   21秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   石専大     2  1  0  0  0
           2  0  2  0  0
   公益大 先   6  5  6  1  0 ○
          1.2  0  5  1  0
   福島大 先  8.2  6  7  1  1 ●
   山形大     5  1  7  1  0 ○
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   公益大 先  7.1  4  10  1  1 ○ ※優勝決定戦
          32.2  17  37  5  2 防0.55
      被安打率4.68 奪三振率10.19 四死球率1.38

 ■ 高校時代成績

   18夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   栃木2回戦:さくら清 先   3  5  0  3  3 ※ 自責1

   19夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   栃木1回戦:黒羽高校     4  2  4  0  0

  最新記事

 ■ 東日本国際大が接戦を制し準決勝進出(デイリー) 22/6/9

 東日本国際大が大商大を接戦で下し、4強入りを果たした。先発の大山凌投手(3年)は11安打4失点の完投。粘り強い投球で勝利に貢献した。次戦は、亜大と名城大の勝者と戦う。

   22春(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   石専大 先   6  3  6  4  0 ○ 147㌔
   日大工     1  1  3  0  0
   山形大 先   5  3  5  1  1 ○
   公益大 先   9  5  11  3  0 ○封
   福島大 先   5  1  5  2  0 ○
           26  13  30  10  1 防0.35
      被安打率4.50 奪三振率10.38 四死球率3.46

 ■ 東日本国際大、3年ぶりの春季リーグで白星発進(報知) 22/4/10

 東日本国際大が石巻専大に3―0で勝利し、白星発進した。先発・大山凌(3年)が6回無失点と好投した。春季リーグ戦は20年が新型コロナのため中止で、昨年はチーム内に陽性者が出た影響で辞退。3年ぶりの出場だった。そんな重苦しい雰囲気を振り払ったのは、大山の力投だった。自己最速に並ぶ147キロを計測するなど、6回を投げて6奪三振無失点冬場は本格的なウェートトレに初めて着手。平均球速が上がったとともに、ギアを上げたボールはスピードもキレも増した。

  プロフィール

 栃木県下野市出身。
 大山 凌(おおやま・りょう)投手。
 下野市立南河内中時代は硬式野球チーム・栃木下野シニアでプレー。

 白鴎大足利時代は控え投手としてプレー。
 2年生で夏の県大会デビュー(準優勝)を果たし、初戦2回戦・さくら清修高戦の先発を務めた。
 3年時夏の栃木大会(背番号11番)は黒羽高校に0対1で敗れ1回戦で敗退。
 0対1の6回表から2番手としてリリーフで登板し、惜敗の中で4回4K、2安打0封の力投を見せた。
 2学年上に北浦竜次(日本ハム2017年5位)ら。

 東日本国際大では1年生の秋からベンチ入り。
 いずれもリリーフとして3試合、計4.2回に登板し、最終戦・石巻専修大2回戦で初勝利を収める。
 2年時秋のリーグ戦で先発の座を掴み、主に2番手で規定イニング到達を達成。
 進学後の身体作りで150㌔腕へと成長を遂げ、3年生の春からエースとしてチームを牽引した。
 3季で計14試合(先発6)、計56回を投げ、通算7勝1敗、62K、防0.32を記録。
 3年生の春のリーグ戦第5週・公益大1回戦で、5安打11K、2-0初完投完封をマークしている。
 2度のコロナ欠場(中止・辞退)を克服し、全3シーズンで南東北リーグVを経験。
 2年時秋、3年時春と最優秀防御率に輝き、3年時春に最多勝優秀賞ベスト9を獲得した。
 全国大会には3年時春の第71回全日本大学選手権大会(4強入り)に出場。
 先発・救援で全4戦中3試合、計19回に登板し、3勝0敗、13奪三振、防2.84の実績を残した。
 1回戦・静岡大戦(8回10-3)で、最速タイ150㌔、5.0回2失点の全国デビュー。
 翌日の2回戦・金院大戦で6-3逆転勝利を呼ぶ5回ノーヒット0封の好リリーフを披露している。
 同試合5回裏の投球で自己最速を1キロ更新する151㌔(東京ドーム)を計測。
 中1日で準々・大阪商業大戦の先発を務め、9回11安打、1四球5対4完投で強豪校を破った。
 通算14試合、7勝(1完投1完封)1敗、56回、防御率0.32。

 178cm77kg、151㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドアップから始動してタメて重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速151㌔、常時140㌔前後から140㌔台後半(先発登板時)のストレートと、
 120㌔台の縦のスライダー、120㌔台のフォークボール、130㌔前後のカット、100㌔台のカーブ。
 140㌔台の直球を武器にエースとして活躍。縦スラ、フォークなどを織り交ぜる。
 3年時春の大学選手権で全国大会デビュー、東京ドームで自己最速更新の151㌔をマークした。
 奪三振率9.96、四死球率2.25。完投数は少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-07-01 (Fri)|2023年大学生投手 | 南東北大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 南東北大学 コメント(0) Page Top↑