金子 翔柾(花咲徳栄)|ドラフト・レポート

金子 翔柾(花咲徳栄)

ここでは、「金子 翔柾(花咲徳栄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm84kg 右右 MAX145km スライダー・フォーク
プロ注目の最速145㌔右腕。2年時秋からエース。3年時夏の県大会4試合31回で45三振を奪った。
最終更新日:2022-09-12 (Mon)|2022年高校生投手 コメント(1)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21春(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   埼玉2回戦:南稜高校    0.1  1  1  0  0
     3回戦:叡明高校     1  1  2  0  0
     準決勝:上尾高校    2.2  6  2  2  3
     決勝戦:浦和学院     2  3  1  2  1
   関東1回戦:東海甲府     1  0  1  0  0
     2回戦:佐野日大     1  0  1  0  1
     準々決:常総学院    5.1  7  3  1  6
                13.1  18  11  5  11 防5.40
            被安打率12.15 奪三振率7.43 四死球率3.38

   21夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   埼玉2回戦:朝霞高校     2  0  3  0  0
     3回戦:春日部東 先   5  1  4  2  0 ※公式戦初先発
     5回戦:山村学園    0.2  2  1  0  1
                7.2  3  8  2  1 防1.17
             被安打率3.52 奪三振率9.39 四死球率2.35

   21秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   埼玉2回戦:ふじみ野 先   4  0  7  0  0
     準々決:川越東高 先   8  8  9  0  2
     準決勝:聖望学園 先   5  3  7  0  0封
   関東1回戦:東海相模 先  0.2  4  1  1  5
                17.2  15  24  1  7 防3.06
            被安打率7.64 奪三振率12.23 四死球率0.51

  最新記事

 ■ 花咲徳栄・金子14K完投 スラ2種駆使(報知) 22/7/12

 最速145キロ右腕・金子翔柾投手が、14三振を奪って完投した。9安打4失点と苦しんだが、曲がりの大きさが違うスライダーを操り、ピンチをしのいだ。「スライダーが一番の武器。コースに決まらなかった方が多かったが、空振りを取れていたのはよかった」と金子。視察したDeNA・中川スカウトは「バットに当たらないスライダーは魅力」と評価した。

   22夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   埼玉2回戦:武蔵越生 先   9  9  14  3  4
     4回戦:滑川総合 先   9  5  13  8  5
     準々決:川越東高 先   5  4  7  2  0
     準決勝:浦和学院 先   8  8  11  9  10
                 31  26  45  22  19 防4.35
            被安打率7.55 奪三振率13.06 四死球率6.39

 ■ 花咲徳栄は庄和に五回コールド勝ち 金子は1回無失点(SANSPO) 22/4/25

 花咲徳栄は春季大会初戦を快勝でスタートした。7球団が視察の中、プロ注目の最速145キロ右腕・金子翔柾投手は五回に登板し、1回無安打2三振無失点に抑えた。岩井隆監督は「できるだけ多くの投手を投げさせたかった。金子はひと冬越して、球が変わってきている」と目を細めた。
 現在は腰も完治今春は、最速も145キロを記録した。(日刊)

 ■ 花咲徳栄センバツ絶望的…エース金子が腰を痛めて乱調(スポニチ) 21/11/1

 花咲徳栄のエース・金子翔柾がまさかの乱調で大敗し、来春のセンバツは絶望的となった。試合前のブルペン投球で腰を痛めた右腕は先発も、0回2/3を4安打5失点で降板。岩井隆監督は「(降板して)戻ってきた時に(故障を)聞いた。金子にとってかわいそうな試合になった」と肩を落とした。

過去記事

 ■ 花咲徳栄は16得点で大勝発進/秋季埼玉大会(SANSPO) 21/9/7

 花咲徳栄のエース・金子翔柾が投げては4回4安打無失点、打っては先制打を含む2安打4打点で、秋初戦大勝で、埼玉県大会進出を決めた。「まだ、コントロールがよくない。練習で同じ所に投げることができないのが、きょうも出た。特に低めにいかなくて…」。最速143キロの直球とスライダー、フォークをまじえ、先頭打者をアウトにとる投球で無失点に抑えたが、金子は反省を忘れなかった。

  プロフィール

 新潟県三条市出身。
 金子 翔柾(かねこ・しょうま)投手。
 三条市立第四中時代は硬式野球チーム・新潟シニアでプレー。

 花咲徳栄では2年生の春から背番号11でベンチ入り。
 いずれも救援で全8戦中7試合のマウンドに登り、主戦・松田らを擁して関東8強進出を果たす。
 2年時夏の県大会で夏大デビューし、3試合(先1)7.2回で8K、防1.17をマーク。
 春日部東との3回戦で公式戦初先発を飾り、5回0封の好投で7回9‐0の快勝を呼び込んだ。
 続く2年生の秋の予選からエースを担い、全6戦中4試合先発で県準Vを達成。
 5回コールド勝ちを収めた準決・聖望戦で、3安打7K、13対0初完投初完封を記録している。
 関東初戦・相模戦の試合前に腰を痛め、1回途中5失点KO、9回4‐9で敗退。
 その後、一冬を越して145㌔腕へと成長を遂げ、3年生の春の大会にプロ7球団を集結させた。
 3年時夏の県大会は浦和学院に8安打11K5対10完投で敗れベスト4で敗退。
 5回を2点に抑えながら終盤3回で8失点と崩れ、打線も12残塁の拙攻で決勝進出を逃した。
 初戦・武蔵越生戦で9回14Kを記録し、スライダーの切れでプロの評価を獲得。
 全て先発で全6戦中4試合、計31回を投げ、26安打22四死球、45K19失点の粘投を見せた。
 3個上に韮澤雄也、2個上に井上朋也、1個上に味谷大誠ら。

 175cm84kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 ワインドアップから始動して前傾して重心を下げ、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔(高3春に計測)の直球と、スライダー、フォークボールなどの変化球。
 2年時秋の新チームでエースの座を獲得。3年時夏の予選4試合31回で45K(率13.06)を奪った。
 プロ7球団スカウトが注目。150㌔到達を目指す。

  スカウトコメント

DeNA・中川スカウト|22/7/12
 「バットに当たらないスライダーは魅力」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-09-12 (Mon)|2022年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
投げた試合はいずれもスライダーがバットに当たっていなかったです。浦学戦の後半は疲れからか甘く入り打たれてしまいましたが、体づくり+もう一つ決め球の変化球を取得できれば、将来的には先発ローテもありえるんじゃないかなって思います!
| tmt | 2022年07月28日(Thu) 15:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑