清水 風雅(奈良朱雀・奈良商工)|ドラフト・レポート

清水 風雅(奈良朱雀・奈良商工)

ここでは、「清水 風雅(奈良朱雀・奈良商工)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm68kg 左左 MAX134km スライダー・カーブ・チェンジ
長身細身のプロ注目左腕。中学時代はバドミントン部。130㌔台の直球と変化球との緩急で抑える。
最終更新日:2022-07-27 (Wed)|2022年高校生投手 コメント(0)

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:奈良女付 先  6.1  2  11  5  5 ※6回まで1四球0失点
   2回戦:天理高校 先  6.2  9  2  2  7 ※5回まで4安打2失点
               13  11  13  7  12 防6.92
           被安打率7.62 奪三振率9.00 四死球率4.85

   22春(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:一条高校 先   7  4       2

  最新記事

 ■ 登板なく最後の夏終わる…奈良朱雀・商工の清水風雅(日刊) 22/7/16

 奈良朱雀・商工の清水風雅投手は4人の仲間が次々と登板するのを中堅から見ていた。春にはプロの視察も受けた背番号1の左腕は、登板なく最後の夏を終えた。「この背番号でマウンドに立ちたかった。体はどこも悪くない」。実力不足を痛感した。最速はまだ134キロだが身長183センチの左腕の伸びしろは無限。「まだまだ未熟なので大学でステップアップしてプロを目指したい。オリックス山本さんのように直球で三振を取れる投手になりたい」。目に涙をためながら笑顔を見せた。

 ■ 奈良朱雀・奈良商工の清水 7回2失点 中学時代はバドミントン部(デイリー) 22/4/24

 春季奈良大会2回戦で、奈良朱雀・奈良商工の清水風雅投手が、一条戦に先発。ロッテDeNAなど4球団のスカウトが訪れた中、7回を4安打2失点(自責点1)の好投を見せた。身長183センチの左腕は、長い手足を生かして角度のあるボールを披露。直球の最速は130キロ台だが、キレのある直球に変化球を織り交ぜ、的を絞らせない投球が武器だ。「変化球も低めに投げられていいピッチングができた」と納得の表情を浮かべた。中学時代は野球部がなかったため、バドミントン部に所属。最高で、ダブルスで奈良県大会2位に輝いたこともあったが、高校から再び野球を始めた。「夢はプロ野球選手です。もう少し球速を上げたい」と高みを目指していく。
 DeNA、中日などプロ4球団のスカウトが熱視線を送った。(スポニチ)

 ■ 奈良朱雀・奈良商工完封負け 先発の清水風雅「体力不足」(日刊) 21/7/14

 奈良朱雀・奈良商工は先発左腕の清水風雅投手が力投したが報われなかった。長身から角度とキレのある速球とカーブなどを交ぜて好投。5回まで2失点と粘ったが6回の被弾後に崩れて7回まで7失点。「今日、最初は打たせて取る投球をできていた。緩急をつけられていた体力不足です」。丁寧に低めに制球していたが、中盤以降、球が浮いたところをとらえられた。全学年が同じ校舎で学ぶが、奈良朱雀は現在の2年生が卒業する22年度を最後に、奈良商工に校名変更される。

  プロフィール

 奈良県奈良市出身。
 清水 風雅(しみず・ふうが)投手。
 幼稚園年長から若草BBCで野球を始め、興東小学校時代まで同チームでプレー。
 興東館柳生中ではバドミントン部に所属した。

 奈良朱雀・奈良商工で野球に再転向。
 1年生の秋(県2回戦)から控えでメンバー入りし、2年時夏の予選から背番号1の主戦を務める。
 いずれも先発で全2戦のマウンドに上がり、計13回13K、防6.92の粘投を披露。
 全国クラスの強豪・天理と2回戦でぶつかり、5回2失点、6.2回9安打0-7完投で敗戦となった。
 続く2年生の秋の予選を県初戦で終え、翌3年春の県大会で3回戦まで進出。
 プロ4球団が視察に訪れた初戦2回戦・一条高校戦で7回4安打2失点の好投を演じている。
 3年時夏の奈良大会は奈良情報商・商業に4対10で敗れ初戦2回戦で敗退。
 背番号1ながら2番・中堅として先発で出場し、敗戦の中で5打数2安打(未登板)を記録した。
 県大会3回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 183cm68kg、長身細身のプロ注目サウスポー。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、テイクバック小さめに左肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速134㌔(高3夏時点)の直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップ。
 中学時代はバドミントン部でプレー。高校で再び野球を始め、2年時夏から主戦を任された。
 130㌔台のストレートと変化球との緩急コンビネーションで相手のバッターを翻弄。
 2年時夏の予選初戦・奈女附戦で、4.2回無安打、6回まで0封、4連続11Kの力投を演じている。
 実績は少なめ。今後の体力強化に期待がかかる。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-07-27 (Wed)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑