伊藤 茉央(東農大北海道オホーツク)|ドラフト・レポート

伊藤 茉央(東農大北海道オホーツク)

ここでは、「伊藤 茉央(東農大北海道オホーツク)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm80kg 右左 MAX148km スライダー・カーブ・シンカー 喜多方高 
140㌔台を計測する変則サイドハンド。大学選手権で144㌔を計測。スライダー、シンカーを織り交ぜる。
最終更新日:2022-09-26 (Mon)|2022年大学生投手 北海道学生 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合   勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 6  3勝1敗   37          9  2.19
   19秋: 6  5勝0敗   36          2  0.55(2位)
   20春:         開催中止
   20秋: 3  1勝     6          1  1.50
   21春: 5  1勝0敗  13.1          2  1.35
   21秋: 2  0勝0敗    4          0  0.00
   22春: 6  3勝1敗  26.1          5  1.71
   通算: 28 13勝   122.2         19  1.39
    ※ 19秋:MVP 19秋:最優秀投手 19秋:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   19選: 4   12.1  7  4  3  3
           4.2  4  2  1  1 138㌔(神宮) 近大工
            3  0  1  1  0 139㌔(神宮) 大体大 ○
            2  2  0  0  0 136㌔(神宮) 城国大
           2.2  1  1  1  2 138㌔(神宮) 明治大 ●
   21選: 2    10  10  10  1  3
            9  8  9  0  1 144㌔(神宮) 天理大 ○
            1  2  1  1  2 142㌔(神宮) 上武大
   21神: 1    1.1  6  2  0  5 142㌔(神宮) 慶応大
   22春: 2    9.2  3  7  3  1
        先   9  2  6  2  0 143㌔(東ド) 宮産経 ○封
           0.2  1  1  1  1 141㌔(東ド) 上武大 ●
   通算: 9   33.1  26  23  7  12 防3.24
       被安打率7.02 奪三振率6.21 四死球率1.89

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:2校連合 先   6  3  6  2  1
   3回戦:聖光学院 先   6  12  2  1  7
               12  15  8  3  8 防6.00(失点から算出)
          被安打率11.25 奪三振率6.00 四死球率2.25

   18夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:小野高校 先   9  13  8  0  5
   2回戦:須賀桐陽 先   5  3  6  0  0封
   3回戦:郡山高校 先   8  8  3  2  4
               22  24  17  2  9 防3.68(失点から算出)
           被安打率9.82 奪三振率6.95 四死球率0.82

  最新記事

 ■ 東農大北海道オホーツクV4 林ー伊藤の4年生リレーで完封(日刊) 22/9/25

 東農大北海道オホーツクが4季連続のリーグ制覇を果たした。伊藤茉央投手は8回から登板した。5球団も見守る中1回無安打無失点。最後の打者を三振に奪った後には雄たけびを上げた。

   【身長体重変遷】大1春175cm71kg→大3春180cm80kg

 ■ 東農大北海道148キロ右腕・伊藤茉央がプロ志望届提出(報知) 22/9/8

 東農大北海道の148キロ右腕・伊藤茉央投手が7日、プロ志望届を提出。「獲ってくださるのならどこでも」と12球団、育成もOKの姿勢を示した。右横手から繰り出す140キロ台中盤の直球とスライダー、シンカーを内外に投げ分けて打者を翻弄する投球が持ち味だ。福島出身で兄・爽さんとの2人兄弟。名前のマオは「女の子だったらどうしてもつけたかった」という両親の思いから。

 ■ 東農大北海道、エース・伊藤茉央2安打完封で3大会連続白星(報知) 22/6/8

 東農大北海道は4―0で宮崎産業経営大を下し、2回戦に進出した。先発の伊藤茉央投手が9回2安打で相手打線を完封立ち上がりから打たせて取る投球で凡打の山を築いた。1年時から大舞台を経験してきたが、大学最後の春は苦しい投球が続いた。春季リーグ戦の全勝優勝がかかった函館大戦では4回1/3で7失点し「一人で考えすぎていた。アバウトに割り切ってやるように」と気持ちを整理。函館大戦とは別人のような姿で東京ドームのマウンドに立ち続けた。

過去記事

 ■ 東農大北海道Wエース林虹太、伊藤茉央 集大成シーズンに臨む(日刊) 22/4/22

 6月の大学選手権は準々決勝で上武大に、11月の神宮大会は初戦で慶大にコールド負けと全国との差を思い知らされた。慶大戦先発の林は2者連続本塁打を浴び「2本ともストレート。それまで抑えられていたので過信した」。6回から登板の伊藤茉は1回1/3、6安打5失点で降板。「いつもと違う環境の中で、球が浮いてしまった」と反省した。林は社会人、伊藤はNPB入りを見据える

 ■ 東農大北海道7年ぶり神宮 伊藤茉央が完封(報知) 21/10/18

 2戦先勝方式の第3戦が行われた。東農大北海道が東海大北海道を3―0で下し、14年以来7年ぶりの道代表に決まった。東農大の先発・伊藤茉央投手(3年)が11奪三振の完封で勝利に貢献した。大会の最優秀選手にも選出された背番号18が、神宮でチームを悲願の日本一に導く。133球目に選んだのは、磨き続けてきた内角への直球だった。これまで何度も決め球に使ってきた外角スライダーのサインに首を振り、成長を証明した。
 今回の3試合、計16回2/3で1失点と投手陣の中心となった。(日刊)

 ■ 東農大北海道1年生コンビ1失点 高校時の経験が糧(日刊) 19/6/13

 東農大北海道が城西国際大を8-1の7回コールドで下し、同大としては初の4強進出を決めた。林虹太(佐久長聖)伊藤茉央(喜多方)の1年生コンビが、継投で7回1失点。伊藤は高校3年夏の福島県大会3回戦が最高成績で、全国とは無縁だった。高校2年秋にひじを痛め横手投げに転向。魔球シンカーを操る最速139キロの軟投派は、打者6人から内野ゴロ4を記録した。

  プロフィール

 福島県喜多方市出身。
 伊藤 茉央(いとう・まお)投手。
 喜多方市立塩川中学校を経て喜多方高校に進学。

 喜多方高校では1年生の春から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の予選でエースとして夏大デビューし、初戦・2校連合戦で6回11‐1完投勝ちを収める。
 続く3回戦で優勝校・聖光とぶつかり、7回12安打、2三振0‐7完投負けで敗退。
 その後、2年生の秋に右ヒジの怪我を発症し、上手投げだった投球フォームをサイドに変えた。
 3年時夏の福島大会は郡山高校に9回8安打3対4完投で敗れ3回戦で敗退。
 全3試合(1完封)22イニングを一人で投げ抜き、24安打2四死球、17K9失点の粘投を見せた。
 県大会3回戦が最高成績。甲子園出場の経験は無し。

 東農大北海道オホーツクでは1年生の春から主力としてプレー。
 1年時秋のリーグ戦で最多タイ5勝、防0.55を記録し、MVP、最優秀投手、新人賞の3冠に輝く。
 6シーズンで5度のリーグ優勝を果たし、変則サイドとしてプロからの評価を獲得。
 4年生の春までに28試合、計122.2回をこなし、リーグ通算13勝、防御率1.39の実績を残した。
 7年ぶりの優勝をなしとげた3年時秋の代表決定戦でMVP賞のタイトルを受賞。
 1勝1敗のタイで迎えた最終第3戦で、9回5安打11奪三振、3-0完封の好投を披露している。
 全国大会には134年時春の選手権、及び3年時秋の明治神宮大会に出場。
 主にリリーフで全9戦(先1)、計33.1回を投げ、3勝2敗、23奪三振、防御率3.24を記録した。
 現西武・ブランドン大河らを擁して挑んだ1年生の春の選手権で初4強を経験。
 3-2逆転勝ちを飾った2回戦・大体大戦で全国初勝利(3回無安打0封救援)を収めている。
 3年生の春の選手権初戦・天理戦(7⑩6)で9回9K2失点の好リリーフを披露。
 4年時春1回戦・宮産戦で全国初先発を果たし、9回2安打の好投で4-0完封勝ちをマークした。
 2学年上にブランドン大河中村亮太、1学年上に古間木大登ら。

 180cm80kg、148㌔直球を持つプロ注目サイドハンド。
 セットからやや捻って足を高く上げ、上体を倒して重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔強(先発時)のストレートと、
 120㌔台の縦横のスライダー、130㌔前後から130㌔台前半のシンカー、110㌔前後のカーブ。
 140㌔超を投げる変則サイドスロー。高校2年生の秋に上手から横手に変えた。
 真っすぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。甘く入る球もあるが、内外に投じて打ち取っていく。
 大学日本代表候補。奪三振率6.21、四死球率1.89。

  スカウトコメント

プロスカウト|21/10/12
 「ストレートにスピードと威力があります。変則的なフォームは対応が難しく、特に中継ぎや抑えのような短いイニングに全力でストレートを投げられると簡単には攻略できません。さらに、シンカーとスライダーが持ち球にあるので、打者はボールをしぼりにくいと思います。楽天・牧田投手やソフトバンク・高橋投手、阪神・青柳投手と変則フォームの投手が活躍しているのも追い風になるのではないでしょうか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-09-26 (Mon)|2022年大学生投手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑