広島東洋カープ/ドラフト2022|ドラフト・レポート

広島東洋カープ/ドラフト2022

ここでは、「広島東洋カープ/ドラフト2022」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは広島2022年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(他の人と被らないハンドルネームでお願いします)。
※ 無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします。
※ 当サイトのメインテーマはドラフトです。趣旨に沿った投稿をお願いします。
※ 首脳陣人事、FA・外国人補強、現役ドラフトなどをメインにした投稿はご遠慮ください。
最終更新日:2022-05-27 (Fri)|球団別情報 コメント(153)

  2021年指名選手

 【1位】黒原(関学大)左 【2位】森(三菱重W)左 【3位】中村(トヨタ)
 【4位】田村(愛名電)外 【5位】松本(ホンダ鈴)投 【6位】末包(大ガス)
 【7位】高木(県岐商)捕 【育1】新家(田辺高)左 【育2】前川(敦気比)
 【育3】中村(高岡一)投 【育4】坂田(中部学)
  過去記事:2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
       2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2021年
  2022年プロスカウト陣/セ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 ■ リストアップ

 【1位】 
 【上位】 荘司(立教大)投 山田(立教大)内 矢澤(日体大)外 森下(中央大)
     蛭間(早 大)
 【候補】 

 ■ コメント有り

 【右】 水口(京都大)  三浦(中京大) | 白濱(飯塚高)  山田(近江高)
     菊地(専修大)  青山(亜 大) |
     金村(富士大)  才木(大経大) |
     秋山(立命大)         |
 【左】                | 坂本(知内高)
 【捕】                | 田代(花巻東)
 【内】                | イヒネ(誉高)
 【外】 澤井(中京大)  久保(大観大) | 西村(京外西)

 ■ 視察情報有り

 【右】 河野(大ガス)  仲地(沖縄大) | 田中(日文理)  齋藤(盛中央)
 【左】                | 藤本(尼崎北)  森山(阿南光)
                    | 森下(京国際)
 【捕】 石伊(近大工)         | 
 【内】 友杉(天理大)         | 勝又(富宮東)
 【外】                | 田中(呉港高)

  最新記事

 ■ スカウト会議で立大・荘司など上位候補20人確認(日刊) 22/5/26

 広島が26日、スカウト会議を行った。立大の荘司康誠投手、山田健太内野手、日体大・矢沢宏太投手、中大・森下翔太外野手、早大・蛭間拓哉外野手ら上位候補を中心に20人を映像で確認。3月の会議で候補に挙げた286人を138人に絞り込んだ。白武スカウト部長は、矢沢の二刀流については「いい球を投げるけど、やっぱり野手だろうね」と打者として評価していた。
 白武佳久スカウト部長は矢沢宏太(日体大)、荘司康誠(立大)、山田健太(立大)、蛭間拓哉(早大)と森下翔太(中大)の名を挙げ、「上位候補として3位にぐらいに上がるだろうという選手14人と、どうかなという選手5、6人のだいたい20人ぐらいの映像を見せた」と説明した。白武氏は「きょうはビデオを見せたぐらい。誰かの評価が高かったという感じではない。(上位候補が)少ないなと。だから下も洗い出さないと厳しい」と、引き続き指名候補のリストアップを進めていく。(SANSPO)

 ■ 第1回スカウト会議「1位はできれば即戦力。外野の右も育てたい」(日刊) 22/3/16

 広島は16日、第1回スカウト会議を開いた。高校生147人、大学生104人、社会人35人を候補として挙げた。白武佳久スカウト部長は「1位はできれば(投手、野手を問わず)即戦力を取りたい。即戦力は1人、大学か社会人か。外野の右(打者)がいないので、そこも育てたい」と構想を語った。
 白武佳久部長は「1位は即戦力をできれば取りたい。ただ、絶対ドラ1だという選手はいない2~4位ぐらいの選手はいても絞りきれないので各スカウトは名前が出なかった」と説明。(中国新聞)

 ■ 12球団補強ポイント(週刊ベースボール) 22/1/19

(2022年補強ポイント) 昨秋もシーズン中に振るわなかった投手陣、特に左腕に、鈴木誠也のMLB移籍を見越しての右の長距離砲と、現チームの足りないところにハマる即戦力候補を多く獲得した。ここ数年ドラフトの軸となっている所属チームで実績を残す大学生・社会人投手とマークしつつ、シーズンの戦いぶりとリンクした形で候補者を絞っていく

過去記事

  スカウトコメント

矢澤宏太(日体大)|白武スカウト部長|22/5/26
 「いい球を投げるけど、やっぱり野手だろうね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-05-27 (Fri)|球団別情報 | コメント(153) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
現役ドラフト、FA、助っ人補強、人事がメインの投稿はお控えくださいとの事で自分の投稿したものがいくつか消えてました。ご迷惑をおかけしてすいませんでした。ただ消えていない投稿もあるのでどこからがここで話していい話題なのか、ドラフトに少しでも絡んでいたら現役ドラフトなどドラフトがメインでない投稿も可能なのか具体的な線引きが分かりません。
この投稿も消えては困るのでドラフトの話を(笑)今のところ甲子園に出ている選手で評価が右肩上がりで上位で呼ばれそうみたいな選手はいないですね。やはり1位即戦力の選手というのはぶれなさそうです。
| トッポ | 2022年08月11日(Thu) 01:54 | URL #- [ 編集]
昨日、日本文理の田中晴也が甲子園で登板していましたが、ドラフト1位候補と目されている選手の投げる球ではなかったです。残念です。
今年は大学生・社会人の候補は突出した光り輝く武器のない平均的な選手ばかり。かと言って高校生が主役という年でもない。今年のドラフトは1位候補が少ない点で酷いと言わざるを得ない。
ただ逆に言えば今年はドラフトにチームの成績を託そうとする必要はない。じっくり素材が開花するのを期待する高校生主体ドラフトでもいいと思います。
これを言ったら佐々岡監督批判になるが、佐々岡監督が就任以降ファームの試合がつまらなくなった。ドラフトでは高校生の有望株が入らず、ファームの試合が一軍半の選手やベテランの調整の場として使われている。即戦力を多く獲得して一軍の力はついてはきているが、ファームから推薦されてくる勢いのある若手が出てこなくなった。勿論今年の高校生候補が将来的にカープの主力レベルにのし上がるかはわからない。最悪の場合箸にも棒にも掛からないまま引退する可能性も否定できない。ただ今の元気のないカープの二軍に新しい風を入れることは二軍選手の意識改革にはなる。
カープは選手のクビキリに関しては他球団よりも対応がぬるい。勿論選手のことを大事にしていると言えばそうなるが、戦力として機能していない選手を残すよりもドラフト・外国人人事を考え枠を余らすくらいに切ってもいいと思います。
あとは皆様仰られているように監督・コーチの改革は必要と考えます。一軍のコーチングスタッフもそうですが、私は二軍のコーチングスタッフの人事にもっと力を入れるべきかと思います。私は佐々岡監督の後任は東出コーチくらいしか想い浮かばないのですが、仮に東出コーチが監督になった場合、その取り巻きも若い方がやりやすいので新井氏・黒田氏や石原氏などの三連覇貢献メンバーにコーチ打診をしたり、現在二軍のコーチングスタッフの廣瀬コーチや赤松コーチを上の担当にするなどやりやすい環境作りの工夫は必要。その上で二軍のコーチングスタッフの配置には特に拘ってほしいです。
チームの土台をがっちり固めるためにも二軍の選手やそれを取り巻く環境には注力してもらいたい。強いカープを取り戻すための改革の1つとして二軍の改革を今年のドラフトからしっかりと取り組んでほしいです。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月09日(Tue) 14:59 | URL #- [ 編集]
高卒の選手が育っていくの見るの好きなファンもいると思うんですけどね、去年の即戦力外ドラフトはきついですね、本当にカープみたいなチームは5年スパンでチームが優勝争いできる考えでいいと思うんですけどFA残留引退まで面倒みるが意外に邪魔かもしれないですね
| 御手洗 | 2022年08月09日(Tue) 13:31 | URL #- [ 編集]
トッポさんの逆産というコメント、怖いくらい全く同じ考えです。自分がいつの間にか書いたのでは?と思うくらいです笑

しかし、いまだに現役ドラフトのルールが自分の中で曖昧です(汗)
| 黒鯉 | 2022年08月09日(Tue) 06:10 | URL #- [ 編集]
今オフにきられてしまいそうな選手が現状(現役ドラフトに提出されそうな選手含め)
濃厚→中田、山口、中神、三好
危険→菊池保、中村祐、戸田、高橋樹
可能性→野村、中崎、一岡、安部、正随、大盛
辺りでしょうか。投手はやはり右の中継ぎ向きと黒原、森の今季残りのパフォーマンス次第では中位から下位で左も1枚必要になってきますね。野手は正直明らかにこの選手はもう…みたいな選手は居ないですかね。
最後に何となくですが現役ドラフトは正随選手が移籍するのではないかなと思います。外野手が少し飽和気味な中でドラフトでカテゴリ関係なく外野手を指名した場合誰か一人は犠牲にしないといけなくなるだろうけど戦力外と呼ぶほど明らかに戦力にならないという外野手もいない。となると球界全体的に欲している右の長距離候補で年齢もまだまだこれからという選手を出せば自然と指名が集まり広島も指名できる順番が早くなる。他球団も現役ドラフトに意味を感じて選手を提出していれば指名する順番が早ければ早いほど良いかと。
| トッポ | 2022年08月09日(Tue) 05:11 | URL #- [ 編集]
諸々補強したい所など詰め込んだ理想は
パターン1
1位荘司 投(立教大)
2位武元 投(和智弁)
3位北村 内(中央大)
4位古川 外(佐伯鶴城)
5位関根 投(ENEOS)
6位長谷部 投(トヨタ)
7位坂本 投(知内)
坂倉を捕手1本にこだわらないなら3位に大社投手or高校生野手、5位に3位で指名しなかった方のカテゴリって感じです。ちなみに3位なら大社投手は羽田野、才木、仲地。高校生野手は金田、勝又。5位なら大社投手は伊原、西。高校生野手は戸井、黒田当たりが狙い目かと
| トッポ | 2022年08月08日(Mon) 19:44 | URL #- [ 編集]
リリーフができる投手が欲しいので注目度は高くないものの、球が速く、身体のガッシリした投手の名前を出します。
荻原健汰(日本大)
松山晋也(八戸学院大)
中島隼也(鷺宮製作所)
伊藤開生(ロキテクノ富山)
| 賀前酉黒才 | 2022年08月07日(Sun) 18:05 | URL #- [ 編集]
西川が復帰して野手はベストメンバーにはなった。それでもポンポンとホームランが期待出来る打線ではないから相手投手が良ければ、投手力の弱いカープは太刀打ちできない。
少なくとも今年はもう上がり目は期待できそうもない。
ドラフトで変に大学生・社会人を大量に補強して戦力の足し算を行うより、投手・野手ともに1からチームを作り直すつもりでドラフトを迎えるしかないと思う。
特にカープには速い球を投げる投手が他球団と比べて少ない。力勝負出来る選手をしっかりと輩出できるように足元を見て、チャレンジャーとして来期また一緒に戦いたい。今年を諦めるわけではないけど、このままの状態でAクラスに入ってもチームとして得られる教訓はない。
今年は二軍の試合が全く面白くない。それは応援しがいのある若いプロスペクトがいないからだろう。二軍に賑わいが出れば、一軍の選手にもハリが出るはず。
大学生・社会人は今年は投手を1位と下位それぞれ獲れたらいい。ファンを魅了できるだけの才能ある高校生が沢山欲しい。これがドラフトでできなければ来年も今年と同じことの繰り返しのようなシーズンになる。昨年のドラフトにケチはつけたくはなかったが、やはりガッカリはした。田村しかワクワクさせる選手がいなかったから。今年のドラフトはワクワクするような選手でいっぱいにしてもらいたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月06日(Sat) 19:50 | URL #- [ 編集]
おそらくこのままBクラスであろうとAクラスで終えたとしても解任は確実ではないでしょうか
理想は1.2位のどちらかで即戦力投手3位から5位で高校生、6.7で昨年の日ハム8位指名の北山のような残っている選手で魅力がある大社投手を指名という流れかなと。
| トッポ | 2022年08月06日(Sat) 18:11 | URL #- [ 編集]
100試合を過ぎて、ここからが正念場のときに、床田の離脱、今期ワースト7連敗、そして5位転落と明るい兆しがない。選手達が必死に頑張っているのはわかるが、この時期においては他球団と比べてカープに元気がなく、1ファンとしては残念な気持ちではある。
昨年の大学生・社会人を中心とした指名は現場の意向を汲んでのものだったが、結果として機能はしていない。佐々岡監督続投か否かはわからないが、今年はスカウト主導の基で進めてほしい。現場の意向を汲んで今年も昨年の真似事をしたら長期的な負のループにハマってしまいかねない。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月05日(Fri) 22:23 | URL #- [ 編集]
日本ハム
パ・リーグ最下位を独走状態にあるが、野手は若い世代に明るい兆しが見え、やはりチームの補強ポイントとなるのは即戦力として使える投手の獲得になるでしょう。2位はこのままの順位であるなら一番最初に選択権が得られるので、1位と2位で即戦力投手の獲得は予想される。3位以降は野手のバックアップ要員と投手を補強することによって来期への巻き返しの態勢を作るドラフト指名になるのではないか。

中日
投手陣の安定感は光るものの、野手に長打力が見えず、『打てない』イメージカラーが強い中日なので、本当であれば長打力のある即戦力の野手が欲しいところだが今年の候補にそのような野手がいないことより、逆に強みである投手陣に更に厚みを増す為に大学生・社会人投手を全体的に多く指名すると予想。野手を獲得するとしたら大学生のセカンドを獲る可能性は高い。

ロッテ
安田や藤原といったドラフト1位のホープが結果を残せていない中、チームとしては野手の若返りを図り、生え抜きのスター野手を発掘したいはず。1位指名は野手を予想します。2位以降にも積極的にいい野手がいれば獲得するとは思うが、今年の救援防御率が良くないので、リリーフ起用する為に大学生・社会人投手も獲得すると思います。やはり若い野手の有望株獲得がドラフトでのキーとなるか。

巨人
チームとしては今年は、昨年後半の無理な投手起用もあってか投手陣に元気がない。即戦力投手の獲得がマストではあるものの、他のポジションにも穴は見られる。外野の両翼、次世代の捕手など即戦力投手の獲得と比べたら優先順位は下がるが補強しなければならないポイントではある。近年FA選手の巨人入りが少なくなってきたので、自前の選手で勝負しなければならない中、即戦力投手中心のドラフトにはなると予想します。

楽天
楽天はとにかく捕手の有望株を是が非でも欲してくるでしょう。1位は捕手の入札と予想します。野手はレギュラー格とサブや二軍選手のレベルに大きな開きが見られるので高校生を育成する為に獲得すると思います。投手はリリーフに厚みを持たせるために大学生・社会人投手を獲得する他、高校生の投手も獲得すると思います。全体的には高校生の指名は多くなると予想します。

DeNA
DeNAも楽天同様に若い捕手の有望株を欲しているので、1位は捕手に入札すると予想します。2位以降はとにかく投手を指名してくると思います。チームのウィークポイントや課題がはっきりしているので指名意図がわかりやすいものになると思います。

オリックス
オリックスも楽天・DeNAと同様に若い捕手の有望株を欲しています。1位は捕手に入札すると予想します。チームとしては先発投手陣に安定感があり、野手も全体としては長打力は少ないもののタイトルホルダーもおり、ドラフトで獲得した選手をすぐ使うというよりも、将来的な生え抜きのスターを育成するだけの余裕はあるので、高校生の有望株を中心とした指名になると予想します。

広島
先発投手陣にも安定感は開幕時よりないが、とにかくリリーフが脆すぎる。1位は即戦力投手を獲り、リリーフとして起用し活躍してくれるのがベスト。2位以降は高校生の有望株をメインに指名すると予想します。高校生投手と高校生外野手のホープはマストで獲得すると思います。全体観としては高校生中心の指名になると思います。

ソフトバンク
今宮の後を継ぐショートの有望株獲得が今年のドラフトも重要なテーマにはなるでしょう。なるべく上位でショートの有望株を拾ってくると思います。高校生ではないかと思います。全体としては即戦力というよりも高校生の有望株を獲りたいというのがチームサイドの考えだと思います。今年も支配下は少数精鋭で育成指名に力を入れてくるのではないでしょうか。

阪神
野手のレギュラー格がしっかり固定されているので投手中心のドラフトを予想しますが、捕手と内野手に若手有望株が少ないことから、野手を獲得するとすればそこか。投手指名に関しては即戦力も欲しいだろうが、高校生の有望株を多く指名するのではないか。投手も野手もかなり力のあるチームなので、高校生をじっくり育てる方針を取ってきても不思議ではない。

西武
現状チーム順位は1位だが今年のオフもFA取得選手の流出の危機があり、来期に向けては潜在的な脆さを隠しきれていない。今年は山川・森・外崎がFAを取得可能なのでドラフトは野手中心になると予想します。全体観としては高校生よりも即戦力となる大学生・社会人が多いと思います。

ヤクルト
村上を中心とした長打力のある野球が売りのチームであり、そこに更に厚みを加えるためにも長打力のある野手に1位入札する可能性は高い。野手は高校生の有望株を、投手は即戦力を獲り来期もまた高い順位になれる土台作りをドラフトを通じてしてくるのではないか。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月03日(Wed) 18:27 | URL #- [ 編集]
佐々岡監督就任以降からずっと言われていることだが、起用法や采配には疑問点が多い。
本日で言えば、長打力の見込めない上本を5番起用したり、打率2割ギリギリの會澤のスタメン起用継続。ファンとしては勝つ気があるのかないのかはっきり見えてこない。現状マクブルームや西川が不在でも野手は役者自体は揃っていないことはない。
皆様即戦力の内野手が欲しいというコメントが多いですが、私個人としては高校生を獲ることによる将来投資と一軍で使える投手の枚数を増やすことが今年のドラフトでは必要かと。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月02日(Tue) 20:35 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1荘司康誠
2才木海翔
3久保修
4萩尾匡也
5米田天翼
6入江空

中日
1曽谷龍平
外山田健太
2金村尚真
3羽田野温生
4斉藤大輝
5土井克也
6伊原陵人

ロッテ
1内藤鵬
外山田健太
2青山美夏人
3谷井一郎
4関根智輝
5藤原龍之介
6勝本樹

巨人
1吉村貢司郎
2森下翔太
3門別啓人
4清水叶人
5勝又琉偉
6神野竜速

楽天
1松尾汐恩
外田中晴也
2益田武尚
3金田優太
4山田陽翔
5長谷部銀次
6大野稼頭央

DeNA
1松尾汐恩
外矢澤宏太
2河野佳
3田中幹也
4森下瑠大
5石伊雄太
6坂本拓己

オリックス
1松尾汐恩
外野口泰司
2西村瑠伊斗
3加藤泰靖
4バルザー・ブライアン
5門脇誠
6武元一輝

広島
1曽谷龍平
外菊地吏玖
2斉藤響介
3古川雄大
4森山暁生
5田中多聞
6日高暖己

ソフトバンク
1イヒネ・イツア
2西隼人
3斉藤優汰
4渡部海
5戸井零士
6久保玲司

阪神
1曽谷龍平
外田中晴也
2友杉篤輝
3赤羽蓮
4仲地礼亜
5盛島稜大
6茨木秀俊

西武
1蛭間拓哉
2浅野翔吾
3吉田賢吾
4田中千晴
5奈良間大己
6上崎彰吾

ヤクルト
1内藤鵬
外田中晴也
2澤井廉
3吉野光樹
4杉澤龍
5松井颯
6黒田義信
| 賀前酉黒才 | 2022年08月02日(Tue) 10:36 | URL #- [ 編集]
1位に即戦力の大社投手というこだわりって必要でしょうか?とはいえ補強ポイントであるのは確かだし他に候補が少ないから必然なのかもしれませんが個人的には浅野に期待しているんですけどね
| トッポ | 2022年08月01日(Mon) 23:19 | URL #- [ 編集]
羽月は二軍を観ていてもサード適正よりセカンドですね
セカンドが埋まれば次は外野という上本タイプです

サードの必要性は坂倉の扱い方で大きく変わるでしょうが本人の希望にそうならやはりサードも適正がある即戦力に近い内野手ってのが補強ポイントです
山田健太選手は2位に残るならありでしょう
門脇、奈良間、斎藤、福永に二遊間タイプですが田中幹也、友杉
二俣、林が育ってくれたら良いですがこの2人はまずは二軍で育てたい
となると即1軍で勝負できそうなサードは必要です
坂倉のバックアップ、そして二俣、林のライバルになるべき選手です
| カープ | 2022年08月01日(Mon) 22:18 | URL #- [ 編集]
大学生・社会人の投手が即戦力として機能するなら数多く指名すべきですが、実際のところ昨年のドラフトのように3人獲ったところでも上で投げているのは松本だけ。松本も安定感ないですし。
佐々岡監督就任以降、大学生・社会人投手をリリーフで、高校生を先発で試すケースが多い。チームもリリーフが絶対的な課題なことを自覚しているでしょうから即戦力投手が入れば欲しくなるのはごく自然なことですが、量より質を重視しなければ結局現状は変わりません。特にカープは外国人枠を持て余していますし、そのことを考慮しても大学生・社会人の投手は1位と下位で計2人で、未来のある高校生を多く獲得してほしい。
| 賀前酉黒才 | 2022年08月01日(Mon) 03:25 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才様
1位で是が非でも即戦力で7回を任せられる投手となるとやはり吉村選手ですかね?個人的には中継ぎもですが先発もつとめれる数は多いけど大瀬良、九里が波が大きくなっているにもかかわらず二軍からなかなか若手の先発候補があがってこないのも少し気がかりです。まぁこれは現場が二軍の選手を試そうと思えば済む話で実際大道投手などいい投球している先発投手がいるのは事実なんですけどね

支配下で即戦力投手は左1右2枚とるんじゃないでしょうか。
黒原が怪我なのか心理的問題なのかこの間のクラスター発生でようやく二軍で名前を聞けたという状況、森が思ったより打たれており抜群の制球力つけるとか球速アップして緩急差を大きくするとかしないとこのままだと先発中継ぎどちらで起用しても並の選手で落ち着いてしまいそうな状況からしても即戦力重視にならざるを得ないですね
| トッポ | 2022年08月01日(Mon) 00:21 | URL #- [ 編集]
今年のカープは繋ぎの攻撃スタイルなので盗塁というオプションが更に増えれば得点数は飛躍的に増加するでしょうが、盗塁成功率が半分以下ではなかなか策としては打ち出しにくい。それでもカープ打線はチーム打率もいいですし、ヤクルト打線のように長打力はありませんが、それこそ伸び代はあると思います。
もっと問題視すべきなのは森浦・栗林を除くリリーフ陣。7回の投手不在やビハインドの場面で投げる投手が悉く失点。試合終盤は各球団リリーフエースを注ぎ込んでくるのでリリーフ勝負になったときの不安定な試合運びが目立ちます。ドラフトで1人即戦力投手を最上位でリリーフエース候補として補強し、新外国人投手が1人リリーフで無双してくれたら、チームレベルは飛躍的に上がるでしょう。
打線はレギュラー格がある程度固定されているので大きな変化は望めませんが、投手陣の特にリリーフに関しては大きくチーム状況を変えることができます。
今年は大学生・社会人に即戦力級の選手が少ないので、高校生を多く指名してほしいですが、勿論来期を棒に振る訳ではなく、来期そして来期以降の戦いでカープを常勝軍団にするためにも、1位で何としても勝ち継投の7回候補の投手が欲しいです。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月31日(Sun) 21:31 | URL #- [ 編集]
盗塁数含め機動力が壊滅的とは言え俊足と呼ばれる選手は野間、宇草、曽根ら数はいます。これは関係あるかは分かりませんが相手投手のデータ分析不足だったり癖を見抜くのがチーム全体として苦手って事はないですかね?
ヤの村上とか特別足が速いとまではいかない4番を打つ長距離砲なのに毎年4、5盗塁は決めてますしそれは走ってこないだろうなという油断に加えスタートが良かったりするからだと思います。
河田さんが帰還し機動力野球の意識、復活を掲げ、確かにベーランは改善されたと思いますが盗塁に特化したコーチとか盗塁に関する部分だけ分析するデータ班とかあれば良いかもですね(既にあったらすいません)
| トッポ | 2022年07月31日(Sun) 20:03 | URL #- [ 編集]
盗塁数含め機動力が壊滅的とは言え俊足と呼ばれる選手は野間、宇草、曽根ら数はいます。これは関係あるかは分かりませんが相手投手のデータ分析不足だったり癖を見抜くのがチーム全体として苦手って事はないですかね?
ヤの村上とか特別足が速いとまではいかない4番を打つ長距離砲なのに毎年4、5盗塁は決めてますしそれは走ってこないだろうなという油断に加えスタートが良かったりするからだと思います。
河田さんが帰還し機動力野球の意識、復活を掲げ、確かにベーランは改善されたと思いますが盗塁に特化したコーチとか盗塁に関する部分だけ分析するデータ班とかあれば良いかもですね(既にあったらすいません)
| トッポ | 2022年07月31日(Sun) 19:07 | URL #- [ 編集]
結局、レギュラーが固定されはじめて中途半端に色々守れる選手が増えたことが悩みの種だと思います。

菊池の後釜問題も、二遊間で相棒組むであろう小園が左打ちであるためにタナキクに倣ったり現状の左打者が多い構図から見たら右打ちの選手がいいとの思いから友杉とか奈良間の獲得を考えるけど、左右度外視して羽月を当初のプラン通り、二塁で育てるなら今年の大学生二塁手の指名は必要ないでしょうし、矢野を三塁の守備固めから育てていくというなら、今年の大学生二塁手をとった上で宗山とったって何の問題もないと思います。

誠也が抜けるかもしれないから、社会人外野手2名とりました。抜けなかったら、今以上に末包には出番が与えられなかったでしょうし、抜けた現状があっても出番の与えられない(結果の残せない)正随をどう捉えるか。

現状の戦力を今一度ゆっくり見直した上で、意義のあるドラフトにして欲しいと思います。

その上でもリリーフは補うべきポイントだと思いますし、世代分布表を見て空いている世代である、広陵のご縁がある、春先まで世間から評価されていたなどの点を鑑みても河野は入札するかは要検討としても指名すべき選手だと思います。
| 黒鯉 | 2022年07月31日(Sun) 17:30 | URL #- [ 編集]
宗山塁は2024のドラフト候補となります。
盗塁が少ないというのは寂しいデータかもしれませんが、プロ野球において試合で一番重きを置くのは如何にして勝ち切るか。盗塁というのは機動力の一端にしかすぎず、リスクを犯す盗塁が少なくとも、ワンヒットで進塁を狙う走塁やヒットを打てなくても点を奪う走塁の意識をどう持つかが重要です。レギュラー格がある程度定まっている中でコーチ陣が変わろうが盗塁数は劇的には増えません。
長打力が一番得点効率が高い中で私は長打率を如何に上げられるかが優先的に解決すべき課題かと思います。長打率が上がることで機動力のオプションも増えることでの相手の注意を引いての盗塁数増加は見込めると思います。
ドラフトでは長打力ある高校生野手、即戦力投手、速球派投手が獲得のキーと捉えています。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月31日(Sun) 12:58 | URL #- [ 編集]
●右打ち強打野手
25歳前後の中村健人・末包を昨年獲得、外野守備にはかなり手応えが見え、打撃を一軍レギュラーレベルまで猛練習で鍛えてほしい。今年のドラフトでは高卒を1名は確保希望。佐伯鶴城古川を3.4位で。
●菊池後釜問題
前回通り来年度の明治宗山狙い希望。今年の優先順位はそれほどと判断します。ただ高卒右打ち二遊間は1名確保希望。天理・戸井が何位まで残っているか…田中幹也、友杉、奈良間らは欲しいけどスルーで。
●リリーフ問題
賀前酉さんの意見に賛同、6位で社会人即戦力が居れば
●チーム機動力
選手個人より実はこれが一番深刻だと考えてます。恐らく今シーズンのカープはシーズン最小盗塁数のプロ野球新記録を打ち立てますね。東出コーチが言うように現状走れない選手しか居ないとのコメントには納得出来ません。
是非とも秋季・春季キャンプには慶彦さん、正田さんらの臨時コーチ招聘を願う。あまりにもカープ野球が変わりすぎて情けないです。

| カープバカ一代 | 2022年07月31日(Sun) 12:40 | URL #- [ 編集]
古川選手のような野球ファンが誰しも知ってる有望株では無い有望株を上位で指名する度胸があると信じた結果です笑場合によっては2位古川3位投手もあるのではないでしょうかとりあえず坂倉が捕手1本に絞ったり(可能性は低いですが)またマクブルーム退団となった場合、打てて三塁守れる北村選手らが5、6位で残っていれば確保。
武元、長谷部選手は指名して欲しいポイントかつ武元は智弁、長谷部派中京大中京→慶応→トヨタとカープ好みかと思い指名。
| トッポ | 2022年07月31日(Sun) 02:48 | URL #- [ 編集]
1位荘司 投(立教大)
2位羽田野 投(東洋大)
3位古川 外(佐伯鶴城)
4位武元 投(智弁和)
5位北村 内(中央大)
6位長谷部 投(トヨタ)
7位坂本 投(知内)
育成
1位白濱 投(飯塚)
2位藤田 外(花咲徳栄)
3位疋田 捕(札幌第一)
| トッポ | 2022年07月31日(Sun) 02:35 | URL #- [ 編集]
これはあくまで個人的な予想ですが仮に三塁を守れる即戦力を補強、そして坂倉が捕手にこだわりをもっているからといって来季捕手のレギュラー託しますとは首脳陣は決断出来ないと思っています。おそらく来季も捕手と一、三塁の併用が予想される中三塁を守れる大社の選手をとっても飽和しますし仮に坂倉が捕手一本での起用となったとしても賀前酉黒才さんの言うように助っ人で補いつつ羽月、林、二俣ら若手を競わせる方が良いと思います。
近年のカープのドラフトは即戦力をという流れになっていますがそろそろ数年後の事を考えた上で高校生中心に指名するドラフトがあっても良いかと。(上位は即戦力投手なのでしょうけど笑)
| トッポ | 2022年07月29日(Fri) 19:28 | URL #- [ 編集]
二軍には期待の有望株の林・二俣がおり、ドラフトでサード適性のある強打の大学生・社会人を入れたところで選手が渋滞するだけだと感じます。今坂倉が本職の捕手ではなくサードをさせるのかは、首脳陣が坂倉の捕手としての能力値が1年間フルで任せられるレベルに達していないからと評価していると推測します。またカープには中村奨成をはじめ打力に魅力のある選手が多く、いい選手同士で1つの椅子を奪い合うよりも出場できるオプションは増やすに越したことはないです。
更に言えば、サードが穴だと考えるのなら私はドラフトで大学生・社会人の内野手を補充するよりも外国人でサードを守れる強打者を見つけた方が即戦力ですし、日本人内野手が渋滞するリスクもなくなると思います。
もし攻撃的内野手をドラフトで補強するのであれば、二遊間を守れる高校生を下位で獲得したいです。
今年のドラフトでの重きは、ポジションは投手と外野手、そして高校生に置いてもらいたいです。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月29日(Fri) 19:03 | URL #- [ 編集]
内野手のバックアップは本来なら安部、田中広輔が担う役割ですが安部が試合にすら出れず田中広輔も二軍で打ててません
坂倉にサードをやらせてる現状を考えても即戦力に近いサードを守れる選手ってのは補強ポイントで間違いありません。

若い内野手はやや左に偏ってますが期待株の二俣に、マクブルーム、菊池、上本がおり、右の内野手が不足しているという側面よりとにかくサードが欲しいというところです。
右打者は中村健人、石原、中村奨成もいます
サードができて即戦力に近いなら左右を気にしてられません
具体的には門脇、林の両選手は注目です
特にショート、セカンドもできてパワーもある門脇選手は左ですがそれ以上にポジション的に補強ポイントにはかなり合致します
斎藤、福永選手あたりもサードで即戦力に近く右という事で下位で狙い目です
斎藤選手や門脇選手とドラ1と目されてる山田健太
私は大きな差はないとみてますね
| カープ | 2022年07月29日(Fri) 12:45 | URL #- [ 編集]
坂倉が来季また捕手で勝負となるのであれば三塁を守れる選手の指名は必要ですがバックアップも兼ねてというタイプは飽和状態になるので出来たら一、三塁守れる右打者であると尚のこと良いかと。
西川、マクブルームが来季の布陣にいるか不確定なので一旦外してそれ以外で考えると内野は菊池小園、外野は秋山、捕手は坂倉とこの時点で左打者が多いですが更に内野は羽月、韮澤、矢野、田中広、安部と左打者多めなのでバランス的には右が理想です。
| トッポ | 2022年07月28日(Thu) 21:04 | URL #- [ 編集]
春先と違うのは危惧されていた小園が軌道修正できた事
これに尽きます
守備も遊撃手として問題ないレベルまで成長しています
オールスターではサード、セカンドを高いレベルで守れる事を証明しました
それと1年目からハイアベレージを残してきた羽月も順調です

逆に計算が狂ったのは林のフォーム改造による大スランプと東出コーチや高二軍監督絶賛の二俣の故障
坂倉はつい先日のインタビュー記事でも捕手を熱望しているのでサードの即戦力に近い選手というのが最大の補強ポイントでしょう
サードはカープが長年、悩まされたポジションでもあり、坂倉という保険はありますがそれ以外でしっかり競争を促す必要があります

私が1番サード向きだと考えるのは門脇選手ですかね
田中広輔を彷彿とさせるショートでもあり小園のバックアップにもなります
球際の強さ、投手として緊急登板して150近く投げる肩の強さも魅力です
打撃は田中広輔よりしっかり振り切るタイプで牧選手を彷彿とさせる軸回転の目線が全くブレないフォーム
そのほかだと下位指名で法政の斎藤選手
山田健太選手がドラ1と騒がれてますが大学での成績は遜色なく、世間での評価より実力に差はない、もしかしたら斎藤選手の方が活躍するかもしれません
他には二俣や林か出てくるまでの世代の穴埋め、バックアップという意味では福永選手だったりもありでしょう
バックアップという意味合いでもショートもできる門脇選手も編成的には良いでしょう
友杉、田中幹也選手あたりももちろんありです
急成長してるのは駒大の林選手で注目です
| カープ | 2022年07月28日(Thu) 12:48 | URL #- [ 編集]
河野佳は狙うなら3位くらいならありですかね
例えば中日の勝野はドラフト年に故障もあり四球を連発してましたが3位でプロ入りして活躍しています
カープで言えば、遠藤、玉村、他球団に行ってしまいましたが藤井なんかも停滞してますが遠藤、藤井は既に復活。玉村も大丈夫でしょう
若い投手が投げすぎた翌年に不調ってのはありがちです
大卒で言えばヤクルトの清水なんかを筆頭に1年目は大学時代の投げすぎが祟って思うようなボールがいかないなんてザラです
しかし、伸び悩みには間違いなく上位を使うなら今年もっと伸びてきてなければ不安定すぎるといったところでしょう
2位は野手でしょうから3位に残らないなら縁がないと諦めるしかないですね
| カープ | 2022年07月28日(Thu) 11:18 | URL #- [ 編集]
高校生外野手は打を求められる分、査定基準を高く捉えています。
吉田賢吾と野口泰司の好みは球団によりけりでしょうか。まだ全国経験がある野口を推しました。
西村・浅野・吉田も今の調子なら2位の早い段階で呼ばれることにはなりそうです。
余談ですが、河野佳は今年の調子なら3位中盤まで残ると感じています。広陵高校出身でパイプもありますが、投手のタイプ的に今のカープに欲しくはないです。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月28日(Thu) 05:55 | URL #- [ 編集]
黒鯉様
西村選手確かに来そうですよね1巡目の指名は無いにしても外れ1位で野手の長距離砲の有望株が欲しい球団が確保するという流れありそうです。

賀前酉黒才様
松尾、内藤、イヒネは西村と同じく有望株枠ですね。大学生捕手は吉田より野口の方が評価が高い感じですか?

カープバカ一代様
21歳以下の投手が少ないですし高卒投手あるいは高卒→社会人投手を支配下、育成合わせて3名は確かに欲しいです。
サードは林、二俣もですが坂倉を引き続き三塁で起用するのか捕手に戻すかによっては指名した方がいいポジションですよね。
| トッポ | 2022年07月28日(Thu) 02:09 | URL #- [ 編集]
私は余り詳しくなくて皆さんの詳細な情報であがった選手を調べて参考にさせて貰ってます(笑)以下は二番煎じになりますが…

カープの年代別選手構成考えると、やはり18〜20歳の投手が小林くらいなので、今年は3人は支配下指名で育成にシフトして欲しいです。

菊池後釜問題よりサード問題。林、二俣を鍛えあげて、一軍で我慢強く使って育てよう!

京都外大西・西村選手と佐伯鶴城・古川雄大選手は確かに魅力的。3位4位で欲しいけど注目集まって来たので難しいかな?
トッポさん意見の、菊池後釜は来年の明大・宗山一択に賛同。外野手も中村健人に期待したい。秋山加入、野間・堂林の覚醒期待、奨成もいるので、浅野は1位で消えそうで縁がなかったということで。カープは曽谷・荘司・河野・吉村から1位一本釣り狙いして欲しいですね。

| カープバカ一代 | 2022年07月27日(Wed) 22:17 | URL #- [ 編集]
松尾汐恩
内藤鵬
イヒネ=イツア
青山美夏人
荘司康誠
曽谷龍平
菊地吏玖
矢澤宏太
野口泰司
山田健太
蛭間拓哉
吉村貢司郎
| 賀前酉黒才 | 2022年07月27日(Wed) 21:23 | URL #- [ 編集]
トッポさん
なるほどです。
いろんな意見があって面白いですね。

自分は有識者じゃないですが、京都外大西高校の西村外野手はスペック、評価の上がり方的に入りそうな気がします。
右打ちなら、うちの1位確定なんですけどね。
| 黒鯉 | 2022年07月27日(Wed) 21:21 | URL #- [ 編集]
黒鯉様
河野投手は2位で残っていてとれたらおいしいくらいのポジションかなという感じです。

あと個人的に吉村、益田、矢澤、曽谷、加藤泰、金村、吉田、山田、蛭間、森下、澤井、浅野が現時点の1位12人予想なのですがぜひ有識者の12人予想お聞かせください。
| トッポ | 2022年07月27日(Wed) 21:15 | URL #- [ 編集]
トッポさん
今いる世代を指名するとしたら、現在在籍している選手との天秤になるかと思います。

栗林と天秤にかけた結果、あぶれたのが藤井皓だとおもいます。
確かに河野の上背のなさは気になるポイントではありますね。
| 黒鯉 | 2022年07月27日(Wed) 18:36 | URL #- [ 編集]
黒鯉様
評価が停滞してるからこその狙い目というのは一理ありますが妥協して欲しくないというファン側の意見ももちろん佐々岡監督続投なら佐々岡さんの意向的には欲しいカテゴリの1番いい投手をって感じなので一本釣り狙いで河野指名というのは無さそうな気がします。森下、栗林は偶然が重なりたまたま一本釣りできましたが元々2人とも評価はかなり高かったですし昨年も隅田に競合すると分かっていてつっこみましたし。
河野投手は完成度、そして高校から社会人だから21歳と若いのは売りですが良くも悪くもまとまりすぎてるという印象と上背が低いのが気になりました。
今のカープの投手陣の年齢を見ると23.24歳が多く25歳と22歳以下が少ないので忠実に穴を埋めるなら吉村、荘司、曽谷に絞られるかと思います。
| トッポ | 2022年07月27日(Wed) 13:50 | URL #- [ 編集]
トッポさん
河野は少し評価が落ちたからこそ狙い目かなと思ってます。

曽谷の速球は魅力的ですが、二年連続同じカテゴリー(大学生左腕)に入札するかは気になるところでもあります。
| 黒鯉 | 2022年07月27日(Wed) 12:19 | URL #- [ 編集]
1位荘司康誠・吉村貢司郎・曽谷龍平(即戦力投手)
2位斉藤響介(高校生速球派投手)
3位古川雄大(高校生右打ち外野手)
4位勝又琉偉・戸井零士(高校生右打ち内野手/ポジション二遊間)
5位坂本拓己・森山暁生・大野稼頭央(高校生サウスポー)
6位長谷部銀次・小谷野楽夕・益田武尚(社会人投手)
| 賀前酉黒才 | 2022年07月27日(Wed) 00:32 | URL #- [ 編集]
支配下6人指名するとしたら現段階での理想形は
1位・6位大学生・社会人投手
2位・3位高校生右打ち外野手・高校生速球派投手(順不同)
4位・5位高校生サウスポー・高校生野手(順不同)
になります。
即戦力要員は頭と尻で真ん中を高校生で固めたいです。
言葉が悪いですが今年の大学生・社会人には然程大きな期待はしていないですし、特に大学生・社会人野手の候補では今の上のメンバーを脅かす存在感がない。投手は特にリリーフの層が薄いので十分割って入る可能性はありますから、2枚入れば現状打破できる。過去3年、大学生・社会人投手を大量指名してきたが戦力になれているのは森下・栗林・森浦の3人。高校生の指名と比べて博打ではないものの大きな成長が見込めないだけに如何にチーム事情で今すぐに戦力として使える投手を増やしたところで結果を残せなければ意味がない。高校生をゆっくり育成するつもりはありませんが、3年待てる体制を作れるように外国人投手を活用しながらチーム運営していってもらいたい。
球の速い高校生投手と5ツール揃った高校生外野手はチーム内にその特性を持つ選手がほぼいないので今年のドラフトで1番力を注ぎ込むポイントかもしれません。
投手4・野手2。やはり投手層がまだまだ薄いので投手多めの指名で野手は少数精鋭の指名ができたらいい。
あとは育成指名で何人獲得するか。今年は前回のスカウト会議の段階でのリストに残っている選手があまり多くないので、所謂隠し玉的存在が何人支配下指名から漏れるかで指名人数が決まりそう。多くて2人と予想します。
高校生に期待が持てるかと言えばそうではないが、大学生・社会人が物になる可能性の方が今年は低いと踏んでいるので、長い目で見ての大器晩成型ドラフトにした方がいいでしょう。昨年のドラフトが悪かったと決めつけるのは早いですが、チームレベルとドラフト戦略がマッチはしてはいなかった。まだまだカープには穴も多く発展途上のチームですが、力は十二分にありますので、即戦力にばかり拘る必要は全くないですね。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月27日(Wed) 00:20 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才様
確かに投手必要ないってわけじゃないですし逆の逆の発想と言いますか横一線で頭一つ抜けてる投手いないからこそその中で見極めて指名し2位、3位で古川選手とれたら大満足な気がしました。セカンド問題は全く同じ考えで宗山選手が適任です。走攻守の総合力、地元出身、そして端正な顔立ちと完璧です(笑)現状二塁守れる野手は多いですし菊池ほどの選手を簡単に世代交代とは出来ないと思います。
1位大社投手2位高校野手 3位 大社投手 4位投手 or3、4位のどちらかで大社内野手(二塁守れて欲しい選手残っていれば)ですかね

黒鯉様
河野投手は春頃までは1位有力候補といわれていましたが少し失速気味なのが気になります。社会人投手だと今は東京ガスの益田の方が波に乗ってますかね…曽谷投手は左であれだけ速いキレのある球を投げれるのは強みですよね
| トッポ | 2022年07月26日(Tue) 22:48 | URL #- [ 編集]
トッポさん
大学生、社会人で絶対これだと思える投手がいないのは同意です。
そういう時こそ、カープお得意の世代分布表の出番かと思います。

そこで空いてる世代に当てはめるなら、右なら大阪ガス河野左なら曽谷を推しておきます。
| 黒鯉 | 2022年07月26日(Tue) 20:11 | URL #- [ 編集]
菊池の後釜は私の理想は2024の候補の宗山塁がオシメンです。広陵高校出身でパイプもありますし、東京六大学リーグでも現状ですら群を抜いた存在感です❗2023・2024のドラフト戦線がまだ見通せませんが、菊池の後釜としては彼が1番適任かと思います。
それまでは菊池と現状いる内野手でセカンドをやりくりしていく方がいいかなと。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月26日(Tue) 19:46 | URL #- [ 編集]
トッポ様
今年の大学生・社会人の投手で頭一つ抜けた投手は私もいないと思います。ただ他のカテゴリーでも見受けられますが、例年の同じカテゴリーと比べたら、今年の候補は並かそれ以下なので、ドラフト指名の全貌を考えた場合、将来性を見越して高校生の有望株を多めの指名がベターだとは思いますが、ドラフト指名のバランスやチーム編成も考慮に入れて、1位は即戦力、特にチーム編成上是が非でも欲しい投手への入札がベストだと思っています。勿論候補は多くいませんので争奪戦は覚悟の上ですが、曽谷龍平・荘司康誠・吉村貢司郎のうち誰か獲得出来れば1位指名に関しては満点だと思います。1年目から即戦力として使えるかは怪しいですが、とにかくチームのピースとして長い目で見て機能する可能性の高い大学生・社会人の投手の指名は今ドラフトの成否のキーになると思います。
また今年の高校生野手の有望株は考察の通り母数が少なめですが、長距離砲であれば来年の眞鍋や佐々木の内野手コンビにも期待できますし、外野手で5ツールプレーヤーに成り得る高校生野手を獲得したいです。やはり右打者がいいので浅野・古川、特に古川の獲得を期待しています。獲得順位に関してはカープ球団の意向や他球団との駆け引きがあるのでまだ何とも言えませんが2位でも高掴みということはないと思います。
あとは菊池の後釜候補の二塁手問題ですが、我々カープファンは菊池の守備で目が肥えているので、中途半端に手を出すよりかは小園の時のように『これは❗』と唸る程の逸材を上位で狙った方がファンも納得できるはずです。幸いまだ菊池も衰えは感じられるものの元気ですし、私は4位以降に菊池の後釜になりそうな選手を獲るという思考は破綻していると思っているので、今年で言えば友杉を3位で獲ることができないのであればまた来年という発想で現状は考えています。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月26日(Tue) 19:28 | URL #- [ 編集]
私にはどうしても今年の大社の投手でどうしても1位で欲しい、頭一つ抜けてるって投手が見受けられないのですが皆さんの推しの即戦力投手を知りたいです。
横一線だからこそ即戦力投手よりも母数が少ない高校生野手の有望株特に浅野を指名して欲しいのですが…
そして菊池の後釜になり得そうな友杉、齋藤、奈良間、田中、山田などは皆さんと同じく名は上がってるけど案外中位でも指名できると思います。
| トッポ | 2022年07月26日(Tue) 18:12 | URL #- [ 編集]
トッポさん
自分の推しも賀前酉黒才さんの挙げられている古川雄大です。どうしても欲しいの最上位が二位指名で、それこそ二井で獲得できなかったらカープに縁がなかったということだと思います。
二位という指名順は誠也と同じということもありますが、古川雄大の高校の先輩、廣瀬ともかぶります。
友杉の三位指名についても、賀前酉黒才さんと同意見です。三位が一番美味しい順位だと思います。幸い、ここで友杉を逃しても今年は大学生二塁手は豊作(だと思っています。)なので、他の選手を指名するチャンスはあると思っています。

なので、私も球団の公言する1位の即戦力は投手がいいと思います。
| 黒鯉 | 2022年07月26日(Tue) 18:00 | URL #- [ 編集]
友杉篤輝が2位以上の評価を受けた場合、縁がなかったと思うしかないです。カープに入った際でも始めは2軍か菊池のサブ要員ですので、やはり3位でなければ旨味がないです。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月26日(Tue) 05:13 | URL #- [ 編集]
友杉(天理)は守備と走力があるだけに2順の最初の方で指名されそうな気がしますねぇ。どうしても遊撃手が欲しい球団だったら外れ1位もあるかも。打撃は非力との評判ですけど、私は打撃も良いと思いますねぇ。

社会人でも需要があるタイプなだけに、名門社会人に内定が決まって順位縛りのパターンがありそうですねぇ。確か源田もそうでしたよね。
| バームクーヘン | 2022年07月26日(Tue) 00:54 | URL #- [ 編集]
私は友杉篤輝の3位指名の可能性は低くないと思います❗脚も速く、盗塁技術も高く、守備も破綻がないですから各球団マークはしているでしょうが、彼をレギュラーでというよりもスーパーサブでと考えている球団が大半であるならば3位でも拾えると思います。ただカープに獲得の意志があればの話しにはなると思います。菊池もベテランの域に達してきており、シーズンをフルでハイパフォーマンスを保てるプレーヤーではなくなってきてはいますが、球団も菊池のことを大変高く評価していますし、今年の大学生二塁手の指名を見送るというパターンも往々にしてあり得ると思います。
1位は即戦力だとは思いますが、野手で行くのか投手で行くのかは不透明です。個人的には野手より投手派です。曽谷龍平か吉村貢司郎のどちらか獲得出来れば嬉しいです。
ポスト誠也に関しては私は古川雄大を強く推します。脚も速く、パワーもある右打ちの外野手なのでカープの求める野球にもマッチするでしょうし、ミート力が不安視されていますが、強く振れるということは評価してあげたいです。浅野翔吾・田中多聞・西村瑠伊斗と並び高校生外野手では抜け出た存在だと思っています。4位で獲得出来れば嬉しいです。
2位には高校生の速球派投手が欲しいです。直近だと斉藤響介が各球団の評価が上がっていると思います。近年、『カープにはノーコンの速球派が多い』とボヤくファンも見られますが、私からすればカープの投手は球が速いとはお世辞にも言えません。コルニエルくらいじゃないかな。球速が全てではないのはわかってはいますが、投手を大別する上で球の速さは評価基準の最も高い位にあります。実際、筋力と身体の使い方が掛け算のような関係で球速やパワーに結びついているので球速は才能だと思います。リリーフエースにパワー系の投手が並んでいるチームが増えてきた近年、カープもその流れについていってほしい。
5位は左の高校生投手がいいですね。大野稼頭央・森山暁生・坂本拓己などが候補に挙がります。
6位には社会人投手が欲しいです。長谷部銀次・益田武尚が候補。
春先迄の私の今ドラフトの見方はコロナ禍の影響を受けて高校生が伸び悩み、結局無難に大学生・社会人の即戦力中心のドラフトになるのでは思っていました。
ただ夏に差し掛かるにつれ、高校生が驚くスピードで伸びてきて、逆に大学生・社会人にロマンや魅力を感じなくなってきました。
秋口にドラフト戦線にどのような変化が見られるのか注目しています。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月25日(Mon) 18:38 | URL #- [ 編集]
黒鯉さん
2位でポスト誠也となると浅野、海老根、松尾、内藤(後者二人は外野では無いですけども一応)くらいですかね。
どうしても欲しいポスト誠也になりうる選手がいるなら1位で確保した方が良さそうな気もします。昨年のドラフトのような松川、吉野パターンがあるかもですし大社の即戦力投手で圧倒的に頭一つ抜けてるといった投手はいないですし。
| トッポ | 2022年07月25日(Mon) 17:14 | URL #- [ 編集]
バームクーヘンさん
確かに、小園の年に小園、林、羽月と左ばかりとったのでとるなら右がいいですよね。

ただ、林は去年コロナで離脱した選手のかわりに起用されてあれだけの成績を残せたのはすごいことだと思いますし、もう少し長い目で見たいですね。

おそらく、それを見越しての高木の指名や持丸の支配下登録かと見ています。

石原、森浦と指名しているので、友杉を見ていないわけはないと思いますが、3位では厳しいですかね?
1位は球団の公言してる即戦力(おそらく投手)として2位はここ数年ずっと逃してるポスト誠也(高校生右打ち外野手)にあててほしいと思っています。
| 黒鯉 | 2022年07月25日(Mon) 16:05 | URL #- [ 編集]
ご返信ありがとうございます。
黒鯉さん

私もほぼ同意見です。違う意見としては三塁手も坂倉がいずれ捕手に戻り、林も足踏みしている状況を踏まえると、二、三塁手ができて、右打ち強打者タイプが良いのかな~と個人的には思います。具体的には山田(立教)を単独指名して欲しいですねぇ。スローイングが怪しいと噂ですけど、右打ち内野手で中軸を打てそうなのは魅力的ですね。

今年のドラフトは過去最高に分からないですねぇ(笑)全球団独自路線になるような気がします。

あとは友杉(天理)守備が頭一つ抜けてますね。カープのリストに入ってたら良いなぁ~
| バームクーヘン | 2022年07月25日(Mon) 00:53 | URL #- [ 編集]
個人的には即戦力二塁手無理に取らなくてもという考えです。とはいえ今年はおそらくこれまでもそしてこれからもないくらいの大社で二塁を守れる候補が多いので2位から4位までのどこかで取れたら取るくらいでいいと思います。どちらかと言えば高校の有望株をとって育てる方が今チームにいる二塁を守れる羽月、韮澤、矢野、中神ら若手に加え曽根、安部、上本(今年はほぼ外野ですが)と菊池のバックアップは数はいます。
もう1.2年は菊池が基本レギュラーで試合展開とか休養日の時はバックアップで賄う、その間に今年取る高校の有望株を育てるという流れはどうでしょう
| トッポ | 2022年07月24日(Sun) 15:01 | URL #- [ 編集]
バームクーヘンさん
上本、中神の間は左ですけどちょうど年齢も間の曽根でいいのではないででしょうか?

どうしても、右にこだわるならそこはトレードで狙うべきポイントかと思います。

菊池の後釜は考えるべきポイントは間違いではないと思いますし、小園がいて同じ遊撃特化型で二軍で無双しているわけでもない中神の代わりを二塁特化で探すべきだと思います。

幸いなことに今年は大学生二塁手(中神の年齢)は豊作だと思いますが、いかがでしょうか?
| 黒鯉 | 2022年07月24日(Sun) 07:25 | URL #- [ 編集]
上本と中神の間に入るような選手が欲しいですねぇ。理想は去年ソフバンに4位指名された野村(NTT西)の様な右投げ右打ち二、三塁手おまけで遊撃手が少し出来る様な大社の選手は今年の候補にいないですかねぇ?
| バームクーヘン | 2022年07月24日(Sun) 03:13 | URL #- [ 編集]
1位はチームの意向がブレない限り即戦力を獲るということなので大学生・社会人の投手が本命だと思っています。
さて、秋山加入に伴い外野手の枠争いは熾烈を極めています。私は大学生・社会人の外野手が割って入るだけの隙がないと見ています。
ここに来て、やはり高校生の注目株の成長に眼を見張るものがあります。春先から評価の高かった内藤鵬・松尾汐恩に加えて、投手では田中晴也・斉藤優汰・斉藤響介、内野手ではイヒネ=イツア、外野手では西村瑠伊斗・田中多聞・古川雄大らの評価はうなぎ登りで上がっていることでしょう。
近年、即戦力に特化したドラフトを行い、着実にチーム力は底上げできているものの、一軍の野手はレギュラーがほぼ固定されているので、野手に関しては大学生・社会人よりも高校生の獲得が必至。投手に関しても1位は即戦力で使いたいが、それ以降は寧ろ高校生投手にシフトチェンジするべき。唯一、即戦力のセカンドは欲しいとは思うが、菊池の状況次第。菊池も打撃成績の不良は見られるものの、カープ球団がどう捉えるかによって、即戦力のセカンドの需要が変わってくる。
| 賀前酉黒才 | 2022年07月23日(Sat) 22:49 | URL #- [ 編集]
苑田さんがコメントしていた森下の評価が牽制の意味合いとかなく本物なら骨折していてアピールする場が無く評価が上がりにくいとはいえ避けがちな所をあえて1位指名して単独指名を狙う球団もあるのではと思いました。
| トッポ | 2022年07月23日(Sat) 18:35 | URL #- [ 編集]
西川は故障がなければキャリアハイで下手したらFAもあり得たかもしれませんが、実家は島根で父方の家系は大のカープファンである背景を考えると残留の可能性がかなり高いとみています。
阪神かオリックスならと問われて、年俸が低くてもオリックスと答えたのが1人歩きしてますね

そしてまさかの秋山加入
これで1位で矢澤、蛭間らにいく可能性はかなり減りました
森下翔太は骨折で2位で狙えます
スラッガータイプは森下、澤井、イヒネ、西村あたりを2〜3位で狙うのが良いでしょう
サードができる即戦力も中下位で狙いたいですね
昨年で言えば野村勇なんかがいました
門脇、佐藤勇、福永あたりがサード候補ですかね

一位荘司
二位イヒネ、西村、森下翔太、澤井
三位門脇、友杉、奈良間
四位長谷部、吉野
五位佐藤勇、福永
六位森山、白濱
こんな感じじゃないでしょうか
| カープ | 2022年07月21日(Thu) 16:19 | URL #- [ 編集]
鞘師スカウトがコメントいていた、西村(京外西)の打撃の間の取り方が前田智徳を彷彿させますねぇ。2順目には指名されるのではないでしょうか。西川がオリックスにFAしそうなので指名して欲しいですねぇ。
| バームクーヘン | 2022年07月21日(Thu) 00:26 | URL #- [ 編集]
中村 健人(トヨタ自動車)

広島・松本スカウト|21/10/22
 「パンチ力があって、ホームランを打てる。肩も強いし、守備範囲もある。守備はカープで上の方だと思う。(打者のタイプは)僕は長野かなと思う。肩も足も良くて三拍子そろっている。そういう感じの選手かな」

松本スカウト凄いですねぇ。栗林のバーター指名とか言ってゴメンナサイ…
| バームクーヘン | 2022年07月18日(Mon) 16:36 | URL #- [ 編集]
近年は上位は即戦力が当たり前となっていますが今年は頭はひとつ抜けてたりこの選手は1位じゃないと取れなさそうという選手が少ないからこそ守りのドラフトではなく攻めのドラフトをするチャンスです。大社投手は矢澤、曽谷、吉村以外は皆同レベルくらいな感想です(悪いとかではなく)
どうしても欲しい投手がいるなら別ですがざっくり即戦力で中継ぎ任せられる投手なら2位以下でも取れます。だからこそ1番欲しい野手を1位指名して欲しいです。
個人的には高校生だと浅野、内藤の2人。大学だと森下。特に確か苑田さんが絶賛していた森下は骨折してしまい当分試合に出れず(約全治3ヶ月とのこと)評価はグンと上がりにくいと思うので一本釣りの可能性も浅野、内藤より高いのではないでしょうか。
これらを踏まえた予想(理想)
1位 浅野 外(高松商)
2位 羽田野 投(東洋大)
3位 仲地 投(沖縄大)
4位 北村 内(中央大)
5位 関根 投(ENEOS)
6位 大野 投(大島)
7位 勝又 内(富士宮東)
育成
1位 松井 投(名城大)
2位 渡部 捕(智弁和歌山)
3位 白濱 投(飯塚)
| トッポ | 2022年07月18日(Mon) 03:50 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1山田健太
2河野佳
3久保修
4門別啓人
5盛島稜大
6藤田大清
育大城元

中日
1曽谷龍平
外菊地吏玖
2田中幹也
3谷井一郎
4藤原龍之介
5石伊雄太
6三塚琉生
育松下豪介

オリックス
1野口泰司
2田中晴也
3仲地礼亜
4吉野光樹
5神野竜速
6門叶直己
育日渡柊太

阪神
1曽谷龍平
外内藤鵬
2才木海翔
3萩尾匡也
4森下瑠大
5土井克也
6伊藤千浩
育宮原明弥

ロッテ
1荘司康誠
外菊地吏玖
2青山美夏人
3斉藤大輝
4関根智輝
5戸井零士
6茨木秀俊
育田本聖貴

DeNA
1吉田賢吾
2森下翔太
3西隼人
4坂本拓己
5伊原陵人
6杉澤龍
育大野稼頭央

楽天
1松尾汐恩
2金村尚真
3入江空
4金田優太
5田中多聞
6渡辺翔太
育芝本琳平

広島
1曽谷龍平
外吉村貢司郎
2友杉篤輝
3古川雄大
4斉藤響介
5森山暁生
6長谷部銀次
育谷口天誠

西武
1蛭間拓哉
2浅野翔吾
3田中千晴
4門脇誠
5山田陽翔
6上崎彰吾
育松山翔太

巨人
1荘司康誠
外内藤鵬
2加藤泰靖
3松井颯
4清水叶人
5米田天翼
6日高暖己
育荻原健太

ソフトバンク
1イヒネ・イツア
2バルザー・ブライアン
3澤井廉
4奈良間大己
5勝本樹
6黒田義信
育渡部海

ヤクルト
1矢澤宏太
2斉藤優汰
3西村瑠伊斗
4勝又琉偉
5久保玲司
6野村和輝
育高山維月
| 賀前酉黒才 | 2022年07月13日(Wed) 21:17 | URL #- [ 編集]
1度しか投稿押していないにも関わらず3連続投稿されていてご迷惑おかけしてすみません
| トッポ | 2022年07月01日(Fri) 03:46 | URL #- [ 編集]
1位 吉村 投(東芝)
2位 友杉 内(天理大)
3位 羽田野 投(東洋大)
4位 下川邊 内(国学久)
5位 伊藤 外(県岐阜商)
6位 冨田 投(鳴門)
7位 松井 投(明星大)
育成 藤田 外(花咲徳栄)
鈴木 内(滋賀学園)
葛西 捕(八工大一)
白浜 投(飯塚)
坂本 投(知内)
から3人ほど
| トッポ | 2022年07月01日(Fri) 03:45 | URL #- [ 編集]
1位 吉村 投(東芝)
2位 友杉 内(天理大)
3位 羽田野 投(東洋大)
4位 下川邊 内(国学久)
5位 伊藤 外(県岐阜商)
6位 冨田 投(鳴門)
7位 松井 投(明星大)
育成 藤田 外(花咲徳栄)
鈴木 内(滋賀学園)
葛西 捕(八工大一)
白浜 投(飯塚)
坂本 投(知内)
から3人ほど
| トッポ | 2022年06月30日(Thu) 22:58 | URL #- [ 編集]
1位 吉村 投(東芝)
2位 友杉 内(天理大)
3位 羽田野 投(東洋大)
4位 下川邊 内(国学久)
5位 伊藤 外(県岐阜商)
6位 冨田 投(鳴門)
7位 松井 投(明星大)
育成 藤田 外(花咲徳栄)
鈴木 内(滋賀学園)
葛西 捕(八工大一)
白浜 投(飯塚)
坂本 投(知内)
から3人ほど
| トッポ | 2022年06月30日(Thu) 21:42 | URL #- [ 編集]
秋山を獲得し、外野手の即戦力は優先順位が下がります。西川と野間がFAかもしれませんが、西川はこれだけ試合に出てないと他チームの評価も上がらないし、野間が出て行ったとしても残りのメンバーで対応できると思います。

むしろ、今回は投手はもちろんですが、必要なのは内野手。安部、三好、中神が全員無事とは思えないです。昨年度内野手は獲得していないので、今年は二遊間が守れる選手を獲得してほしいです。もちろん、ポスト菊池もあるし、三塁でもよいので右の内野手が希望です。大学生内野手1人と高校生内野手も欲しいですね。
1位大学生投手右、2位大学生内野手、3位高校生投手左、4位高校生内野手、5位高校生投手右希望です。

今回は上位候補が少ないのなら、的確に補強ポイントを優先して獲得して欲しいです。まあ、上位は大学生、3位以降で高校かなと思います。
| シンゴ | 2022年06月30日(Thu) 12:21 | URL #- [ 編集]
大物の移籍に関わることすらほぼなかった広島が秋山獲得に名乗りを上げた時点で喜んでましたが加入が決まり嬉しさよりもマジで来るのかと動揺している鯉党も多いのではないでしょうか(笑)
ドラフトに話を戻すと西川がFA行使しないとなると来季の外野は秋山、西川+ひと枠となりそうで中堅の野間に加え末包、中村健、正随、宇草、大盛加えてベテランの長野、松山と外野専門だけでもこれだけおり更には田村もペナント具合にはよるが早ければ終盤でお試しで一軍昇格もありそうで木下も育成ながら着実に力をつけている。
これだけ一軍で起用できそうな外野手がいるので即戦力外野手というのは必要ないかと思われます。
1位はまた即戦力という所で大社投手で2位にポジション気にせずとにかく高校生野手で1番評価している選手をとるのも悪くないかと。鈴木誠也のように1年目から一軍を少し経験させつつ2.3年かけて育てるイメージで。秋山選手の指導力もそこで垣間見えるかもしれませんし。
ペナントの順位にもよりますがもしかしたら1位候補と言われている浅野、内藤、松尾あたりの誰かが残っていたら2位で…という考えです。
| トッポ | 2022年06月27日(Mon) 15:46 | URL #- [ 編集]
秋山翔吾選手が広島移籍決断のニュースは正直驚きましたが大変嬉しく想っています。
秋山加入に際し、左打ちではあるものの外野の1枠のピースがほぼ埋まったこととなるので、今ドラフトにおける外野手獲得の優先順位は少なからず下がったものと思います。もし獲得するとしても中位〜下位にかけて右打ちスラッガータイプの高校生外野手で十分だと思っています。
1位➡即戦力のリリーフエース候補
2位➡菊池の後釜となるセカンド候補
というのは私の理想としては変わりませんが、3位を大学生・社会人の投手でいくのかスラッガータイプの野手にするのかはかなり迷うところにはなると思います。
野手のレギュラー組は技術が巧みでルーキーに付け入る隙はあまりない。
投手では先発ローテーションを回している投手に疲れが見えるものの信頼は揺るがず。リリーフは栗林のセーブ失敗が最近目立つ。森浦が8回を抑えてくれるので7回を任せられる投手が出るのが先かドラフトで獲得するのが先か。
| 賀前酉黒才 | 2022年06月27日(Mon) 05:44 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才さんを参考にすると
1位 吉村、曽谷、羽田野、青山
2位 友杉、奈良間、田中
3位 森下、北村、平良
4位 武元、辻田、バルザー
5位 森山、川原、冨田
6位 伊藤(県岐阜商)、瀬谷、勝又(富士宮東)
辺りですかね一応左側から指名して欲しいなという順番にしました。
| トッポ | 2022年06月23日(Thu) 01:50 | URL #- [ 編集]
ある程度レギュラー陣が固定されているカープにあって、秋山獲得に動き出すことからも、ドラフトで大学生・社会人の野手にチャンスがあるのは外野の1枠になるだろう。右のスラッガーである森下翔太の評価は低くはないので残っているなら3位までには拾いたい選手。菊池の後釜やリリーフ強固の為のピース獲得が今年の主となる願いであるので、私の中で優先順位をつけて指名するなら
1位➡リリーフ強固の為の即戦力投手
2位➡菊池の後釜
3位➡右のスラッガー
4位➡高校生投手
5位➡高校生投手
6位➡高校生野手
| 賀前酉黒才 | 2022年06月22日(Wed) 22:22 | URL #- [ 編集]
亜細亜大の青山投手、田中内野手の評価が上がっているようです。
目玉がいないと言われる今ドラフト、
カープが九里タイプと言われる青山を指名は大いにありそうです。
ちなみにスカウト会議で名前はあがっていませんでしたが。

右打大砲は今年も中位から下位での指名でしょうか。
オリックスに入団した元謙太は、
ポジションも内野から外野に変わったりと育成段階で覚醒待ちのようです。
吉田正孝という良いお手本がいるので注目しています。
| デール | 2022年06月15日(Wed) 07:04 | URL #JalddpaA [ 編集]
ここ2.3年、特に去年なんかはとにかく全体的に即戦力重視のドラフトを行ってきた中で大体上位の選手は1年目一軍で戦力になってますし(今年は今のとこ危ないですが)ドラフトだけで見れば課題を補うドラフトが出来てるとは思います。しかしこれだけ近年即戦力重視でドラフト指名しているにもかかわらず結局毎年言われる課題(中継ぎが足らないだとか右の長距離砲がいないなど)が変わらないことに問題があると思われます。
投手は高橋コーチが入閣して一軍の四球の面は最初は改善されていましたが今はほぼ前と同じ、野手に関しては打撃コーチのお二人の通算成績合わせて一軍の主力が1年で残す成績くらいというのは如何なものかと。過去の実績が良い指導者と必ずしも結びついてはないとは思いますが事実ここ何年かは野手はコーチの助言で伸びたというより元々指名した選手のポテンシャルが高かっただけです。
指名方針はおそらく変わらず上位で即戦力、高校生などの有望株は下位になるとしてその有望株を育て上げるコーチの補強こそ1番必要です。
| トッポ | 2022年06月12日(Sun) 22:19 | URL #- [ 編集]
投手より野手を指名した方がいいじゃないですか。
もっと現実を見た方がいいじゃない?
| 何 | 2022年06月11日(Sat) 19:12 | URL #- [ 編集]
実状として投手の駒数が足りないのは事実ですし、ファームにもベテランや若手ばかりで上に推せる投手がいません。
野手も小粒な選手は多いですが、個性のある若手も多く、アクセントとして高校生の長距離砲を育成していきたいところではありますが、投手補強が取り敢えず急務かなとは思います。ファームでも結果を残せていない投手が多く在籍しているので戦力の入れ替えは寧ろ活発に行われると見立てています。
投手中心の補強になるのはある種当然なのかなとも思います。
獲得した野手がいきなり活躍出来る世界でもないですし、野手は時間をかけて育成していくことを念頭に置いて高校生中心に指名出来ればいいなと思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年06月05日(Sun) 20:14 | URL #- [ 編集]
佐々岡が監督を来期もやるならスカウト達が野手を押しても監督の意見が優先されるのでまた投手偏重ドラフトでしょうね。
1年目とはいえ黒原、森がぱっとしないからまた左腕狩りするのかなと思います。ドラフトよりよい指導者を探して来てほしいですね。クビにして独立リーグ行って良くなりソフトバンクで活躍してる投手いますよね。島内は能力は栗林と同等ですよ。有能なコーチを探して来て良くしてほしいです。
投手で必要なのは左のワンポイントが欲しいですね。
昨年のバードのように村上をきりきり舞いさせるような
投手をトレードかドラフトか外国人で獲得して欲しい。
あと小園を刺激するために下位指名で九州国際大付の尾崎を
指名して欲しい。




| 酒井志郎 | 2022年06月05日(Sun) 13:16 | URL #- [ 編集]
内藤鵬はとても良い選手ですし、球団によっては1位で狙う所もあると思います。右のスラッガーというのも評価できます。
カープは年初めのスカウト会議で『1位は即戦力が欲しい』と言っている以上、方針転換をしないと、2位に残っているかかなり怪しい選手ではあります。
明日からは全日本大学野球選手権があり、その後の目玉イベントとしては高校野球の地方予選があります。また今年は久しぶりに高校生と大学生の国際大会もあり代表招集もあり、選手の活躍次第で方針転換は十分有り得ます。
交流戦はかなり苦戦が続いていますが、これをチームのウィークポイントを炙り出す期間と捉え、Aクラスを死守しながら我武者羅に選手には戦ってもらいたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年06月05日(Sun) 11:04 | URL #- [ 編集]
ゼロか100かでもいい内藤鵬を1位で、2位でなんて言ってたら先に指名されるのが最近のカープのトレンド、1位内藤2位荘司澤井斉藤優汰3位平良、3拍子?もうええ!ろくに走れない、長打に特化した選手を指名して欲しいね
| 紅鯉 | 2022年06月04日(Sat) 18:18 | URL #- [ 編集]
追記
大社投手の指名が多いのは事実ですが、そこには投手が揃わない台所事情、もっといえば高卒投手が育たない現状があると思います。
高校生投手の上位指名を殆ど行っていないとありますが
2010年以降ではU18日本代表の高橋樹也、高校BIG4にも挙げられた高橋昂也、甲子園出場し前評判の高かった山口、鈴木寛らを上位指名しております。
単年で見れば下位指名組は頑張っていますが定着できた選手はリリーフの中崎と塹江のみであり、大成する見込みは低いというのが現実です。1人でも結果を残せれば希望もありますけどね

単純に言えば「今まで出来なかったことが急にできるようになるの?」ということです
| ^p^ | 2022年06月03日(Fri) 10:46 | URL #- [ 編集]
他球団かつ時代のトレンドとして同リーグでの打率のリーディングの例を挙げて大卒優位としております。
先発勝利数も同様です。
| ^p^ | 2022年06月03日(Fri) 10:31 | URL #- [ 編集]
ずば抜けた一位候補がいないときこそ、世代別分布図の空いてるところでかつ補強ポイントを着実に埋めて欲しいですね。

今年で言うと大阪ガス河野になると思います。
| 黒鯉 | 2022年06月02日(Thu) 21:40 | URL #- [ 編集]
今迄カープは大学生・社会人投手に上位枠を割き、高校生投手の上位指名を殆ど行ってこなかったので、高校生投手の大成率が大学生・社会人投手のそれよりも低いというのは至極当たり前。
即戦力派と高校生育成派にドラフトはその年によっても大きく二分するでしょうが、今迄の潮流から詠むのではなく、時代のトレンドや各候補選手の期待値から判断するべき。
私個人としては高校生を獲得して主力選手に育て上げることを大前提の理想に掲げていますが、今年の高校生の成長度が例年のそれを遥かに下回っていることより、少なくとも1位・2位はリスクを負うよりも戦力になり得る可能性の高い大学生・社会人で占めたい。3位以降は逆に高校生中心で獲得してもらいたいし、支配下指名よりも育成指名に力を割いてもらいたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年06月02日(Thu) 16:12 | URL #- [ 編集]
今年の新人はまだ結果出せてないけど広島は素材型指名するより即戦力指名した方が遥かに成功率高いですよ。
特に今の投手陣は遠藤と塹江を除けばほとんど大社の上位指名ですしおすし

野手に関しては前評判の高かった小園坂倉の獲得や丸や會澤の成功例もあって経歴の偏りは無いですが今年のメンツなら大卒取った方が無難かと

ちなみに今のセ・リーグの3割打者は全員大卒ですね
個人的には高校生の大砲を育てて欲しい気持ちはありますが確率的には即戦力の方が良いかと思われます
| ^p^ | 2022年06月01日(Wed) 09:55 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1荘司康誠
外野口泰司
2蛭間拓哉
3河野佳
4門別啓人
5久保修
6茨木秀俊

1立石健

阪神
1山田健太
2才木海翔
3浅野翔吾
4森下瑠大
5金田優太
6小山忍

1田中多聞

ロッテ
1吉村貢司郎
外菊地吏玖
2イヒネ・イツア
3武元一輝
4勝本樹
5草野陽斗
6黒田義信

1木村颯

DeNA
1吉田賢吾
外野口泰司
2森下翔太
3青山美夏人
4友杉篤輝
5伊原陵人
6戸井零士

1堀本尚也

オリックス
1吉田賢吾
外羽田野温生
2田中晴也
3益田武尚
4門叶直己
5奈良間大己
6土井克也

1松下豪介

中日
1曽谷龍平
外菊地吏玖
2仲地礼亜
3斉藤大輝
4藤原龍之介
5渡部海
6日渡柊太

1古川雄大

西武
1荘司康誠
外菊地吏玖
2萩尾匡也
3門脇誠
4山田陽翔
5盛島稜大
6長谷部銀次

1鈴木蓮

広島
1吉村貢司郎
外澤井廉
2金村尚真
3相澤白虎
4森山暁生
5田本聖貴
6伊藤颯希

1藤村謙信

ソフトバンク
1斉藤優汰
2田中千晴
3谷井一郎
4宮原明弥
5田代旭
6荻原健汰

1勝又琉偉

巨人
1矢澤宏太
2神野竜速
3清水叶人
4三井健右
5斉藤響介
6大野稼頭央

1久保玲司

楽天
1吉田賢吾
外松尾汐恩
2内藤鵬
3西隼人
4坂本拓己
5入江空
6渡辺翔太

1辰見鴻之介

ヤクルト
1曽谷龍平
外澤井廉
2田中幹也
3加藤泰靖
4西村瑠伊斗
5松井颯
6石伊雄太

1米田天翼
| 賀前酉黒才 | 2022年05月31日(Tue) 01:44 | URL #- [ 編集]
昨年の様に高校生に良い素材がいたときに大学生・社会人を多く指名したことは残念ではありましたが、いざ今年の高校生を見るとそれなりの逸材がいない。
大学生・社会人の候補が即戦力になるかはわかりませんが、今年に限って言えば、1〜3位の上位候補は大学生・社会人で占めた方が長い目で見ても戦力になる可能性はある。
捕手にしても盗塁阻止率が一概に低いのが捕手に100%非があるわけでもないですし、カープの捕手層を考えれば、大学生・社会人1年目が割って入れるようなレベルでもないでしょう。
贅沢なことを言えば、菊池の後継者・右の長距離砲・リリーフエースが欲しいが、ドラフト候補に多くを求めるのも良くない。
ソフトバンク含めパ・リーグのチームからケチョンケチョンにされることから、カープはパ・リーグのパワー野球に真っ向から太刀打ち出来るだけのパワーがない。近年、高校生を時間をかけて育てることよりも、大学生・社会人に特化したドラフトの弊害が無いとも言えないが、栗林や森下を獲得したり、三連覇後の力を落とした状態から少しずつではあるが上向きに向かいつつある。
パワー溢れるパ・リーグの野球に圧倒されるのはもどかしさもあるが、順を追って強くなっていくしかない。
今のカープを見て私が想うことは、全体的に投手層が薄すぎるのと、フォームの若手のホープにパワーヒッターが少なすぎる。
投手陣の立て直しについては、支配下に限らず育成でもいいので数を入れて育つのを辛抱強く待つしかない。
パワーヒッターの育成に関しては、守備力に目を瞑ってでも攻撃的な選手を獲得していく必要がある。
ルーキーが直ぐ結果を残せる筈もないので、ファンとしては長い目で見てあげつつ、厳しい指摘で横槍を入れることも必要ではある。1ファンとしては、一時のチーム状況で称賛と非難がどっちか片方に寄るようなコメントは見ている側としては気持ちよくないし、論拠の信憑性としても信用出来ない。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月30日(Mon) 16:57 | URL #- [ 編集]
御手洗さんに同意ですわ。
即戦力いりませんよ
獲得して活躍してもAクラスは難しいですよ。
隅田のくじ当たっていても現状と変わらない気がする。
昨年のドラフトは日ハムのようにして欲しかった。
5年かけて強くする計画のほうがいいですよ。
黒原、森 二人共一軍にいませんよね
黒原は一軍にいた時だって中途半端な使い方だしね。
どうしても即戦力なら捕手ですね
走られ放題です。打力は目をつぶって
甲斐並みの肩と松川のようなリードができる人材が欲しい。
会沢翼は引き留めしたのが失敗でしたなね。出て行ってもらって良かった選手だと思います。
| 酒井志郎 | 2022年05月30日(Mon) 16:09 | URL #- [ 編集]
なんか中途半端な選手が多いですね足が速くて盗塁できる選手がいないからチーム盗塁なし、ホームラン打てる選手もいない、出塁率も低い、ただ打つだけのチームになりましたね、こんな社会人と大学の即戦力ドラフトやって失敗したら何年間か響きますねただでさえカープはなかなか首にしないですからね、相当高齢化進みますよ
| 御手洗 | 2022年05月29日(Sun) 21:58 | URL #- [ 編集]
本命を隠しているのではなく、本当にいないのだと思います。
今年の基本方針として、1位は即戦力を明言しており、また上位に食い込むような素材の高校生もいないので、2位と3位も大学生・社会人が来るものと思われる。ただ4位以降は中途半端に大学生・社会人を獲って戦力にならないより高校生を獲って育てるほうがいい。またチームとしては右打者を求めているが、特に高校生は右or左打ち関係なくセンターラインを担えるポテンシャルの高い選手が欲しい。
1位はリリーフがチームとして手薄なことより一番適性がある吉村貢司郎が最有力だが競合は必至。
2位と3位は、投手では評価の高い金村尚真や速球派の田中千晴や羽田野温生などで勿論リリーフ候補。内野手では友杉篤輝・斉藤大輝。
4位以降の高校生は、投手では森山暁生や茨木俊秀などの体格が良く、フォームの安定している投手がいい。野手はアスリート型の選手でセンターラインを将来的に担える選手に的を絞ってもらいたい。捕手では盛島稜大。内野手ではイヒネ・イツアや金田優太や勝又琉偉。外野手では三塚琉生や田中多聞。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月27日(Fri) 17:26 | URL #- [ 編集]
ドラフト会議ありましたね!
名前が出たのは、矢沢、荘司、山田、蛭間、森下。
上位候補は20人だけど3位までに指名されるのは14人くらいか。矢沢は野手として評価。

この5人指名しそうにないですね。本命はまだ隠してますね。いつものこと。ただ、大学生だけしか名前が出てないのが個人的には気になります。
| シンゴ | 2022年05月26日(Thu) 17:36 | URL #- [ 編集]
昨年のカープのドラフトは今年のシーズンにおける戦力アップのために極端な大学生・社会人メインの指名に踏み切ったわけだが開幕からの一軍生き残りが3位の中村健人だけであるのは理想と現実との大きな乖離である。勿論ドラフトは中長期的視点で見なければならないが、目的が即戦力獲得でのチーム力アップだったことを考えれば些か寂しい。
他球団を見て此処まで目立った活躍をしているルーキーは巨人の大勢、ロッテの松川、西武の隅田の3人くらい。即戦力という観点で見れば昨年のドラフトは不作の烙印を押されることとなる。
個人的な見解にはなるが、技術的に拙い高校生と異なり、ある程度戦力として見られ入団した大学生・社会人は『使いながら育てる』よりも『貢献していく過程で成長してくれればいいな』と考えている球団が圧倒的に多いと思う。選手育成で名高いカープもその色は如実に強く感じる。この観点で見ると昨年のドラフト組の現在地から鑑みるにキツいと言わざるを得ない。
今年はこんな言い方は良くないがドラフトが大凶作の年で、高校生の素材が見つからないからと言って大学生・社会人に偏り過ぎると痛い目にあう可能性は高い。
春先迄1位候補だった蛭間や河野は不調によりその評価を大きく落としており、絶対的目玉の選手が不在の中、ドラフト1位から誰が指名されてもおかしくない事態にまで発展しようとしている今秋のドラフト戦線。
1位を即戦力で行くと宣言しているカープはチームバランスや世代バランスも見ながら、偏りのない指名に期待したい。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月23日(Mon) 17:29 | URL #- [ 編集]
ポスト誠也となる選手、何年も探してますが難しいですね。救いといっていいか分かりませんが、オリックスの元選手もウエスタンで突出してませんね
| 黒鯉 | 2022年05月18日(Wed) 21:00 | URL #- [ 編集]
日本海オセアンリーグの選手成績を見ましたが、野村和樹は突出した打撃成績がなく、三振数が多かったので厳しいのではないでしょうか。年齢的に若いからある程度目を瞑ってもいいでしょうが右の三塁手は二俣もいますし、仮に入団したらお互いの成長の芽を摘みかねない。
今年の候補ではポスト誠也の器となる選手を見つけるのは難しいと思います。
外野手であれば上武大の藤原龍之介が最近気になる選手です。
話が変わりますが西武に続いてソフトバンクがドミニカ共和国出身のプロ経験のない21歳の投手と育成契約を結んだようです。カープも若い外国人投手と野手を2人くらい育成契約で育てるべきかと思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月18日(Wed) 17:27 | URL #- [ 編集]
今年のカープは『魔の8回』と揶揄されるほど8回に圧倒的に点を奪われるなか、昨日は栗林のコンディション不良から9回にサヨナラ負けを喫し、後味の悪い試合となったが、ここで発生する問題として、登板機会が限定される栗林ですらコンディション不良になるので、より登板機会を求められる『8回の投手』を固定するべきなのかという問いが生まれてくる。
カープに限らず、12球団の勝ち継投の投手、とりわけ8回の投手の故障傾向が強い。理想とすれば勝ち継投セットアッパーが4人いてローテーションで回すというのが完成形だろうが、それがシーズン通してできるチームが存在するのだろうか❓カープも佐々岡監督就任早々にその構想を打ち立てたが結局クローザーすらままならないということになった。
ただそれでもセットアッパーを単年で消耗させないためにも、セットアッパーの育成・獲得にもっと力を入れなくてはいけない。佐々岡監督就任以降、リリーフの整備が進んではきているものの未だ確立とまではいっていない。ただシーズン序盤よりもブルペンで一体となって試合を取りに行く今の姿勢は評価できる。
一ファンとして今年は野手を多めに獲得してもらいたいと思っているが、球団サイドとしてはやはり投手補強に力を入れたい気運は高いだろう。そして今年のドラフトでセットアッパー候補筆頭となるのが吉村貢司郎だろう。
吉村はストレートのアベレージ球速も速く、縦の変化球が鋭く奪三振率も高い。四死球率も低く推移しており、社会人時代の栗林と比較しても遜色ない成績を東芝で残している。獲得に動くのならば1位でないとまず不可能だろうが野手獲得との折り合いをどうつけるか。
今年は候補の魅力度が低く、1位指名はばらけるだろうし、2位以降も各球団の色が如実に出るものと思われる。自由度が高いドラフトになることが予想されるなか、カープが選ぶ路線に注視したい。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月18日(Wed) 10:19 | URL #- [ 編集]
ポスト誠也ですが、独立リーグの野村和樹選手はどうですかね?

先日、ライトで出場していますし投手として151キロ投げる肩に年齢も昨年の田村選手と同い年なので二人で主軸を争ってもらえたら面白い競争が生まれそうな気がしませんか?

三塁守れるということで、林の火付け役にもなれそうですし
| 黒鯉 | 2022年05月17日(Tue) 19:10 | URL #- [ 編集]
小園の相方とするなら、右打ちに限って欲しいですね。
タナキクも左右でしたし、左でもいいというなら羽月を鍛えて欲しいです。

石原、森浦の縁がある友杉が一歩リードと見ていますが、本当に秋まで入札も視野に入れて精査して欲しいです。
| 黒鯉 | 2022年05月17日(Tue) 19:00 | URL #- [ 編集]
5/16迄の各大学生候補の各大学リーグにおける成績は
山田健太(東京六大学)=打率321(28/9)本塁打0四死球12三振3盗塁1失策1
斉藤大輝(東京六大学)=打率167(42/7)本塁打1四死球8三振8盗塁5失策1
林琢真(東都六大学一部)=打率318(44/14)本塁打1四死球4三振10盗塁5失策1
田中幹也(東都六大学一部)=打率306(36/11)本塁打1四死球8三振2盗塁11失策0
友杉篤輝(阪神学生野球)=打率447(38/17)本塁打0四死球2三振3盗塁10失策?
奈良間大己(東都六大学二部)=打率414(29/12)本塁打0四死球4三振3盗塁3失策3

それぞれに残している数字に個性があり、客観的に分析すると
山田健太は四死球が多く、他の候補に比べてBB/Kが高い数値を記録しており、その上打率を残せる選手である。ただ長打力がそこまであるタイプではなく、盗塁も期待できる選手ではない。またセカンドというポジション故に守備範囲の狭さは否定できない。
斉藤大輝は他の候補と比べ長打力を期待でき、その上走れるというのはプラス材料となる。四死球の数も申し分ない。ただ三振も多く、打撃に関してはムラが否定できない。
林琢真は打率もよく、走れるというのは大きな長所。ただ四死球をあまり選べていない。創価大の門脇誠にも言えるが左打者という時点でカープの補強ポイントではないので圧倒的な数字が必要になる。
田中幹也に関しては残している数字は他を凌いで優秀であり、特に脚力には他を圧倒するものがある。あとは上背の低さをカープがどう判断するか。また辰見鴻之介にも言えるが脚力は魅力ではあるが、如何に長打力をアピールするかが鍵になってくる。
友杉篤輝は打率が非常に高い数字を出しており、その上脚力でもかなりアピールしている。ただ積極的な打撃スタイルなのかBB/Kの数値はこのシーズンに限らず高くない。肝となるのは秋までに長打力を見せつけ、四死球を如何に選べるようになるか。
奈良間大己は打率こそいいが、盗塁も少なく、またポジションはショートではあるが失策3というのが引っ掛かる。上位指名をもらうには長打力を磨いて、アピールするしかないのが実状になっている。

カープのセカンドにはベテランの域に差し掛かった菊池が君臨しており、菊池がシーズン通してフルで出場することが難しくなってくることから即戦力のセカンドは限りなく必要と言える。菊池の後釜として求められるのは守備範囲・守備力・総合的打撃力。上記のプレーヤーの中でも菊池の後継に相応しい候補は現状ではあるが、斉藤大輝・田中幹也・友杉篤輝の3人が真っ先に名前が挙がる。勿論他の候補にも期待しており、秋までにまた好成績を残してもらいたい。
この代はショートの小園と同級生にあたり、長く小園の相方を務められる選手を秋までに精査してほしい。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月17日(Tue) 03:50 | URL #- [ 編集]
今年のセ・リーグを見ているとカープだけではなく、全ての球団において7・8回の継投に苦心している。各球団クローザーが安定しているだけに終盤で試合をひっくり返される展開は、ファンに限らず野手にも堪えるものがある。
近年各球団リリーフの補強に対しての意識の高まりを感じるが、専門性の高いリリーフ投手を整備するのは難しいものであり、ドラフトで獲得し育て上げるよりもいい外国人を見つけたほうが寸断楽である。ただ12球団において獲得したリリーフ候補の外国人が上手くハマらないケースが増えてきたのも事実である。
昨日と今日の2日間で西武が若い外国人の野手と投手に育成契約を交わしたという報道があり、実に妙な契約と感心した。中日のマルティネス、ソフトバンクのモイネロ、カープのフランスアと近年活躍している外国人リリーフは育成契約からスタートした球団の生え抜き選手。外国人も育てる時代に来ている。球団側にとっては素質のある若い外国人を育成契約という安上がりな形で確保することは実に未来思考であり賢い。カープにはカープアカデミーというドミニカ共和国との繋がりがあるが、別の開拓ルートも模索すべきかなと思っている。
更に言えばドラフトでも、今年の候補に高い契約金を払ってまで支配下で契約を結ぶのは球団経営的にも賢いとは言えない。今年のドラフトの候補のレベルを考えても、支配下指名を5人以下に収め、育成契約で4人程獲得するべきかなと思ってしまう。
ソフトバンクの育成契約における数の原理のように、育成契約という形態を上手く活用できる球団にカープもなってもらいたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月14日(Sat) 18:26 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1矢澤宏太
2荘司康誠
3田中幹也
4小山忍
5山田陽翔
6勝本樹

阪神
1山田健太
2西隼人
3森下瑠大
4田代旭
5久保玲司
6片山皓心

ロッテ
1曽谷龍平
外田中千晴
2イヒネ・イツア
3渡辺翔太
4平良竜哉
5米田天翼
6門叶直己

DeNA
1吉田賢吾
外吉村貢司郎
2青山美夏人
3田中晴也
4黒田義信
5木村光
6伊藤颯希

オリックス
1吉田賢吾
外澤井廉
2金村尚真
3浅野翔吾
4加藤泰靖
5辰見鴻之介
6伊原陵人

中日
1曽谷龍平
外吉村貢司郎
2武元一輝
3友杉篤輝
4仲地礼亜
5土井克也
6金田優太

西武
1蛭間拓哉
2河野佳
3門脇誠
4神野竜速
5入江空
6大野稼頭央

巨人
1曽谷龍平
外田中千晴
2野口泰司
3谷井一郎
4松井颯
5萩尾匡也
6林明良

ソフトバンク
1羽田野温生
2奈良間大己
3松尾汐恩
4門別啓人
5勝又琉偉
6松下豪介

ヤクルト
1曽谷龍平
外菊地吏玖
2森下翔太
3益田武尚
4斉藤響介
5西村瑠伊斗
6石伊雄太

楽天
1才木海翔
2内藤鵬
3戸井零士
4バルザー・ブライアン
5渡部海
6立石健

広島
1斉藤大輝
2斉藤優汰
3長谷部銀次
4盛島稜大
5森山暁生
6古川雄大
| 賀前酉黒才 | 2022年05月13日(Fri) 16:35 | URL #- [ 編集]
なるほど。
やはり今のカープは中継ぎが弱いので投手がいる時はそちらを狙う方がいいですよね。今年良い野手が取れたらええですね。
| ただの野球好き | 2022年05月11日(Wed) 13:40 | URL #- [ 編集]
真鍋は来年の目玉の1人であり、サードが守れるようになると佐々木や佐倉よりもカープにフィットした選手としてリストアップされるのではと思います。
ただ獲得に動くかどうかは今年のドラフト次第でしょうか。何度も書いているように今年は投手の候補の個性が弱く、課題であるリリーフの穴をどこまで埋められるかによって来年は投手偏重になるか野手偏重になるか決まると思います。更に言えば今年右の強打者が獲得できるかも左打者の真鍋へ目が向くかどうかの一因になります。
来年は高校生の前田、大学生の細野・松本・赤塚などチームの柱になり得る投手が多くいるので、個人的には来年は1位は投手がいいなと思っています。そのためにも今年は野手の獲得に力を入れてほしいです。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月10日(Tue) 13:02 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才さん
いつも拝見させていただいています。
すごい情報量でとても楽しく見させていただいています。
今年ではありませんが、来年度のドラフトには広陵の真鍋君はいかがなのでしょうか?広島にマッチしますかね?
| ただの野球好き | 2022年05月10日(Tue) 11:30 | URL #- [ 編集]
右の長距離砲の獲得を近年では毎年恒例でポイントには上げているものの、チームの最優先事項として認識していないのか人材がいないのか、誠也のような右の5ツールプレーヤーは獲れていないのが現状です。誠也も入団当初は身体も細く、パワーがある選手ではなかったことから、右の外野手は大学生・社会人ではなく高校生を育成して主力選手にした方がいい。
またカープが今年Aクラス入りするなら2位指名はウエーバー順的に考えて、大学生・社会人の選手でも即戦力が獲得できる保証はない。今年はお世辞にも投手の人材が豊富とは言えないので、春先迄は即戦力投手をメインに考えていましたが、今は野手、特に高校生野手をメインに考えても良いのかなとは思います。
今年は戦力外で投手が相当数切られると予想しますが、来年のドラフトが投手豊作ですので、今年は野手ドラフトにしても良いのかなとは思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月09日(Mon) 07:42 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才さん

タイプは違えど上本も右打ちで外野ができたり、シンゴさんのいうようにコンバートも考えれば奨成もいる今、大学生は育成が濃厚ですかね?

ただ、ポスト誠也となるような右打ち外野手は会議でも度々ポイントに上がってますし、ぜひ獲得して欲しいですね。

個人的には、現段階では古川雄大選手が気になっています。
| 黒鯉 | 2022年05月09日(Mon) 06:00 | URL #- [ 編集]
カープバカ一代さん
澤井ですか!すごいバッターですね。
私の考えとしては、上位指名に野手を絡ませるのは大賛成。栗林、森浦と黒原、森ですからね。そろそろ上位に欲しいですよね。

ただ、飽和している左打ちの大学生外野手を指名するというのは、私は条件付きで賛成ですかね。
今年、木下と持丸が支配下になるか決まります。2人とも支配下にならない場合、左の外野手は宇草から田村まで6年空きます。

右の外野手は中村健、末包が頑張っている上に中村奨が外野手に本格コンバートが濃厚です。右の外野手を作るなら高校生ではないかとおもいます。高校生なので育成でかもしれません。持丸も支配下にならない場合はつまり、大学生捕手も可能性があります。

二遊間は小園以外にも羽月、中神、韮澤、前川がいます。優先順位が下がるということが考えられます。

もう一つは西川のFAです。出た場合外野のレギュラー争いはかなり激しくなります。また、現役ドラフトで左の野手を出すならなおさら、指名する可能性はありますよね。

後、個人的には4位以降でよいので、高校生投手をとって欲しいです。最近支配下の指名が減っているので。

今年も上位は大学、社会人、中位以下で高校生でいいと思いますよ。
| シンゴ | 2022年05月08日(Sun) 22:30 | URL #- [ 編集]
右の外野手は5ツールプレーヤーでなければカープの一軍で戦力として見るには厳しいと思います。
高校生のように長い目で見るのと違い、大学生・社会人はある程度出来上がっていなければならないので、単なる数合わせになってしまいそうです。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月08日(Sun) 21:11 | URL #- [ 編集]
大阪観光大の久保外野手、鞘師スカウトのコメントがついたり各球団の評価が高いようですが、皆様の評価はいかがでしょうか?

待望の右打ち外野手ですが、誠也とはタイプが違いますよね??
| 黒鯉 | 2022年05月08日(Sun) 20:30 | URL #- [ 編集]
上本がユーティリティプレイヤーで一軍でやれる力を付けた事。同じく羽月に伸び代がある事。宇草はまだ直近ドラフト2位だし、田村は言うまでもなくプロスペクト。育成には木下・持丸が控えている。以上の理由等から、冷たいと言われるかもですが、左打ちの安部と野間は現役ドラフトのリストアップ候補、最悪戦力外通告の対象になるだろう。血を入れ替えても澤井は穫る価値が有ると判断するかも知れないと考えます。

| カープバカ一代 | 2022年05月04日(Wed) 13:05 | URL #- [ 編集]
澤井廉もドラフト1位候補にはリスト入りしているでしょうが、昨年の田村もいるので即戦力の左のスラッガーは無理してでも獲得はしてはほしくないです。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月04日(Wed) 11:22 | URL #- [ 編集]
菊池がコンディション不良でベンチを外れました。ここまで良くやってくれてます。
彼がまだ何とか元気なうちに即戦力内野手を獲得したい。それが1位なのか2位なのかは皆さんご意見を見ながら想像するのですが、最近他球団に悉くさらわれている失敗はもうして欲しくない。候補は立教山田・法政齊藤・天理大友杉。ただどうしても1位候補から外して欲しくない選手が中京大澤井。左打ち外野手、カープには溢れているものの、火力のないチームの深刻な悩み解消したい…。
即戦力リリーフ投手候補が現時点居ないことから上の希望です。
| カープバカ一代 | 2022年05月04日(Wed) 07:48 | URL #- [ 編集]
今年のドラフトの投手は、高校生であれば例年この時期には何人かいるはずの150キロオーバーの球速を出している投手が0。大学生・社会人ではカープが欲しているリリーフ適性を持つ投手が大学のリーグ成績や社会人の大会成績を見てもいない。注視しているのは奪三振率・四死球率・球速・縦の変化球の有無の4点だが、求めるラインをクリアしているのが現状昨年指名漏れの吉村貢司郎ぐらい。吉村も東芝との順位縛りがあったのか知らないが、今年に関しては1位候補であり、また若い世代を好むカープが昨年指名漏れのオールドルーキーを獲る想像が出来ない。また春先から追っていた曽谷龍平が先日ノーヒットノーランを達成した。曽谷も縦の変化球はないがそれ以外のポイントは眼を見張るものがあったが、先日の試合の結果を受け今年の競合必至の目玉となることは決定的でしょう。またこのサイトでどなたかが書き込んでいたように2年連続で大学生サウスポーという同じカテゴリーの投手を獲得することも想像し難い。結局のところカープが欲している投手が今年はいないことが浮き彫りになってきた。
カープが欲している右の長距離砲に関しても捕手の吉田賢吾くらいだが大学生捕手は補強ポイントにあらず。
投手も野手も補強ポイントを埋める戦力は外国人選手を有効活用するしかない。実際カープでは外国人枠を活用しきれていないし、外野手を1人、リリーフ投手を2人補充したい。
今年は能力値の高い選手を獲得することよりもドラフトで補充出来るチームの穴を埋められる選手を獲得してもらいたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月02日(Mon) 18:58 | URL #- [ 編集]
2023はドラフト1位候補に高校BIG4や大学生の投手の人材が揃っており、今年の序盤戦を見ても野手は長打力が足りず、投手は栗林に繋ぐための継投が定まっていないので、2022よりも高校生や大学生投手への比重がかなり重くなるものと予想できる。廣瀬選手も打撃の良いセカンドだが、セカンドの候補は今年補充し、来年は上位に高校生や大学生投手にアタックできる土台を2022のドラフトで固めたい。
2022のドラフトは言い方が悪くなるが全てのカテゴリーにおいて候補の能力値が未熟と言わざるを得ないため、高校生は育成に時間を要する可能性が高く、大学生・社会人に関しては即戦力として機能しないかもしれない。但し、カープの補強ポイントに合致する選手であれば使い方によっては大きく伸びる可能性を秘める。
現状カープの補強ポイントは
🟠菊池の後釜となるセカンド(大学生)
🟠絶対的守護神栗林に繋ぐ迄の7回・8回を任せられる投手(大学生・社会人)
🟠小園のバックアップ要員(高校生)
🟠打力のある捕手(高校生)
だと思っている。勝ち継投投手の獲得は今年の人材を考慮すると難しいかもしれないため、是が非でもまずは打力のあるセカンドの獲得を狙いにいくべき。山田健太・斉藤大輝が候補。
| 賀前酉黒才 | 2022年05月01日(Sun) 07:13 | URL #- [ 編集]
菊池の後釜についてですが、今年の候補より来年、慶應の廣瀬を狙うのはどうでしょう。来年は佐々木等の高校生に注目が集まりそうですし。
あと、昨夜くらいからカープの新外国人候補として、アンソニー・アルフォードが広島ファンのSNS上で名前が上がってます。
| ちょっとそこまで | 2022年04月30日(Sat) 22:56 | URL #- [ 編集]
慶應の廣瀬はパワフルで凄みがあって良いなあ今年の候補じゃないのが残念、今年なら1位で推したい、来年は廣瀬と真鍋であーだこーだで揉めるんだろうな、再来年は宗山、地元でイケメンプロは人気商売で興行女性ファンの為にもイケメンは必要、でも佐々木泰もイケメンこちらも揉めそう
| 紅鯉 | 2022年04月29日(Fri) 17:57 | URL #- [ 編集]
塹江・島内・中崎・栗林という勝ち継投において、言い方が悪いが中崎だけ勝ち継投の投手が投げるような投球が出来ていない。
先発に安定感があるだけに終盤に試合をひっくり返される展開だけは避けなくてはいけない。
中崎に関しては三連覇時の実績やチームメイトからの信頼も高いだろうが、だからこそ首脳陣だけはドライに結果に目を向けなくてはいけない。
2年目の栗林を中継ぎの支柱にせざるを得ないリリーフ陣の脆弱さが露呈してきた。
新外国人のターリーもファームの投球を見るとストレートとカーブだけで球種が少ない上にカーブの制球がイマイチなので上で通用するかかなり懐疑的。
ただ二軍で燻る若手投手には同時にチャンスでもある。特に小林・大道には期待している。二人とも下ではショートイニングでの調整はしていないが、ストレートが強いだけに面白さはある。
ドラフトにおいても即戦力投手はリリーフでの起用が期待されると思うし、高校生投手もストレートの強い投手が求められる。
今年の投手の候補にリリーフにドンピシャな投手はまだ発見できていないが、探さないといけない。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月29日(Fri) 13:55 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才さん

投手にしても、野手にしても上位で大学生で4位以降に高校生を取っていこうということですよね。私も同感ですかね。

Bクラスのチームですし、上位が即戦力なのは当然でしょう。

後はカープは5年に1度程度野手ドラフトをします。直近は小園達の2018年、その前が誠也や上本の2012年…タイミング的にはあってもおかしくないですが、今年の面々ではそれはしそうにないですね。

来年そういうドラフトをするつもりなら、今年は投手中心のドラフトで問題ないかと思います。去年も支配下の指名は投手より野手が多かったですからね。

後、願望としては、この2年は支配下の高校生投手は小林樹のみです。コロナ禍で高校生の支配下の指名は難しいとは思いますが、次世代を睨み、上位でとはいいませんので高校生投手の複数指名して欲しいかなと思います。

上位の野手は右打者ならとりあえずオッケーです。末包や堂林が善戦すれば、右の大学生外野手は不要。内野手かなと。林と中神と羽月の尻に火をつけるためありだと思います。

| シンゴ | 2022年04月25日(Mon) 22:23 | URL #- [ 編集]
今年は1位を使ってでも菊池の後を担える打撃力のある大学生の二塁手を獲得しなければいけない。候補に挙がるのは山田健太・斉藤大輝・奈良間大己の3人。
ただし今年も指名のメインとなるのは投手なので野手指名はピンポイントに絞って、空きのない完璧な段取りが求められる。その為にも適正な指名順位よりも野手は高く評価する必要がある。
まず捕手は會澤・坂倉・磯村・中村奨・石原・白浜・高木と育成の持丸の8人体制だが、捕手として試合に出なくなった中村奨や二軍でも試合に出ることの少ない白浜のことを考えると今年のドラフトで支配下・育成問わず1人はマストで指名する必要があると思う。ただ12球団でもトップクラスの選手層を誇る広島捕手陣に大学生・社会人の捕手を入れても活用出来ないので、ターゲットは高校生になる。そして何よりもカープでは捕手は打てなければ試合には出れないので、打撃力のある捕手が条件となる。4位〜でそういう捕手を狙う。
内野手に関しては1位候補に挙がる3人以外にもセカンド・ショートを守れる内野手は層の厚みを生むためにも必要。ただココも即戦力が容易く出られる環境下にないことより、層が比較的薄い二軍で1年目から出られるような高校生の有望株を4位〜の支配下指名に拘って獲得してもらいたい。
最後に外野手だが、捕手や内野手と異なり、現時点では大学生・社会人のルーキーでも実力次第で一軍でも戦える程の層の厚みであるので、自由度は高いが、ココも出来れば高校生の右打者を叩き上げて一軍で戦える選手にしていってもらいたい。4位〜育成迄で1人はマストでココも獲得したい。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月25日(Mon) 18:51 | URL #- [ 編集]
結論から言えば、駒が揃っている先発は即戦力が必要ないので高校生の大器を育て上げて柱にする。逆に整備はされてきたがまだ不安の残るリリーフは即戦力を獲得する必要がある。
1位〜3位のうち2枠は即戦力投手⇒リリーフ枠として割り当てるべきと思う。リリーフはただ球が速い・変化球がキレるという単純な要素では務まらない域に日本プロ野球界は達していると思っている。カープを例に挙げると栗林よりも速い球を投げる投手もいるし、変化球のキレる投手も他にもいるが、クローザーの適任者は誰もが栗林を推す。それは栗林が短いイニングだからこそ全開で投じるストレートとそれと見分けるのが困難な絶対的武器のフォークがあるからであり、ショートイニングだからこそ成し得る境地とも言える。他球団を代表するリリーフを見ても、けして総合力が高いとは言えないが、不器用なりにも癖の強い個性を必ず持っている。
強い個性を持っている投手、特に大学生・社会人の投手が、少なくとも中位〜下位にかけて残っている筈もないと思うので、是非リリーフの似合う投手を上位の枠を2つ使って獲得してほしい。今年の大学生・社会人投手は総合力で勝負しているタイプが多いように感じる。少し物足りなく感じる。
4位〜に関しては高校生の投手を獲っていってほしい。残念ながら今年の高校生投手は上位確実という目玉と呼べる投手がまだ出ていない。ただ面白い素材も多く、逆に4位〜でも十分に回収可能とも捉えることができる。高校生投手は育て方によって先発にもリリーフにも活用できるが、是非先発として育て上げる道を取ってほしい。
佐々岡さんが監督になって以降、ドラフトで獲得した投手を適材適所に上手く捌けていると思っている。カープのスカウトはチームの課題にマッチした選手の獲得に絶対的な安心感があるので、期待している。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月25日(Mon) 18:22 | URL #- [ 編集]
賀前酉黒才さん
他にどうしても1位で指名したいという投手が現れない限り繰り上げて右打者の指名をした方が良いと思いました。仰られたように近年2位、3位あたりで指名出来たら…という選手を上手いこと他球団が指名されたのもですし、
右の強打者は年々希少になってきており昨年は楽天の吉野選手、ロッテの松川選手など上位指名かなと思っていた選手がまさかの1位指名というのもあったので。
山田選手は芯でとらえた時のパワー、斉藤選手はミート力、奈良間選手は守備力とそれぞれ秀でたものがあり総合的に見たらドラ1で指名はちょっと…という選手かもだけど近年のドラフトの傾向的には先手を打ってドラ1でとるべきです。今年は野手の注目選手(特に大学生)が多いですが本命が先に指名されてもいいかという考えではなく逆に候補が多く指名がばらける可能性があるからこそ本命を先に指名して一本釣りもあるかもというふうにした方がいいのでは無いかと思います。
| 広島の片隅 | 2022年04月23日(Sat) 05:08 | URL #- [ 編集]
菊池の年齢を考えても1年間フルでは出れないですし、パフォーマンスを維持するためにも休養日を設けることは必須になる。
菊池は今春のキャンプでも小園や林、羽月に熱心に守備の指導をしたりと精力的にリーダーシップを発揮しており、菊池が元気なうちに打撃のいいセカンドを獲得し、育成していくべきだろう。
打撃型セカンドであり、なるべく右打者に限定すると山田健太・斉藤大輝・奈良間大己の3人は真っ先に名前に挙がる。三者三様でタイプが異なるが他球団との指名の兼ね合いもあるので、不作と思われる今年のドラフトを考えれば1位繰り上げ指名も十分ありだと思う。特にカープはここ数年欲しい右打者を他球団に先に獲得されているので入札も辞さない構えでいたほうがいい。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月22日(Fri) 21:52 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1矢澤宏太
外田中千晴
2菊地吏玖
3門別啓人
4土井克也
5田中幹也
6林優樹

阪神
1山田健太
2才木海翔
3森下瑠大
4田代旭
5久保玲司
6門叶直己

ロッテ
1吉村貢司郎
2松尾汐恩
3平良竜哉
4片山皓心
5米田天翼
6友杉篤輝

DeNA
1吉田賢吾
2河野佳
3渡辺翔太
4黒田義信
5木村光
6勝又琉偉

西武
1矢澤宏太
外森下翔太
2谷井一郎
3神野竜速
4門脇誠
5大野稼頭央
6矢吹栄希

ヤクルト
1蛭間拓哉
2田中晴也
3金村尚真
4マーガード真偉輝キアン
5村松開人
6細川拓哉

オリックス
1澤井廉
2羽田野温生
3益田武尚
4バルザー・ブライアン
5小山忍
6伊藤颯希

中日
1奈良間大己
2野口泰司
3荘司康誠
4山田陽翔
5仲地礼亜
6中村貴浩

ソフトバンク
1武元一輝
2青山美夏人
3イヒネ・イツア
4盛島稜大
5勝本樹
6小谷野楽夕

広島
1曽谷龍平
2斉藤大輝
3長谷部銀次
4斉藤響介
5森山暁生
6金田優太

楽天
1加藤泰靖
2内藤鵬
3入江空
4石伊雄太
5斉藤優汰
6田村朋輝

巨人
1矢澤宏太
外田中千晴
2浅野翔吾
3戸井零士
4生井惇己
5林明良
6立石健
| 賀前酉黒才 | 2022年04月21日(Thu) 07:41 | URL #- [ 編集]
私は外国人野手2人体制が良いと思っていましたが、最近になって一軍の貴重な打席数を外国人に割くのは、もったいない気がしてきました。特にDHの無いセ・リーグでは、

今年のドラフトは投手、野手どちらに入札するかわかりませんが、私は野手に入札して欲しいですねぇ。流石に遊撃手と捕手に中軸を打たすのはきついかなぁ~

将来中軸を打てそうな、中村奨、林、田村、末包の4人が頭角を表せれば別ですが。

私は小園世代の大学生野手が入団した時の科学反応がたのしみだなぁ。
| バームクーヘン | 2022年04月19日(Tue) 03:28 | URL #- [ 編集]
今年の候補にカープが好む右のパワーヒッターはいない。
来年のドラフトでも高校ビック4のうち投手の前田を除いたパワーヒッター3人は揃って左打者。
カープの主力選手に左打者が増えてきたこともあり、近年のスカウト会議でも仕切りに右の長距離砲の発掘を念頭に置いてはいるものの、昨年の吉野・有薗の件然りマークしていたのにも関わらず2位にどちらかは残ると高を括って右のパワーヒッターの卵を獲得出来なかった。
今やカープだけでなく日本球界において右の強打者の希少性は年々高まっている。まして毎年カープの思惑にフィットする右の強打者は出てくるものではない。楽天もカープ同様に左打者がスタメンに多いチームだけに、カープのマーク情報も相まって1位指名にしたわけだが、両球団の差は次年度のペナントを最優先したカープに対して中長期的にチームの課題を克服してきた楽天という構図だろう。カープも二度くじ引きで破れたが黒原を獲得出来て満足はしているが、隅田を外した時にまだ残っていた森木を入札しなかった時点で、カープが即効性と将来性を天秤にかけて即効性を選んだという決定打とも言える。
楽天と広島のどちらが優れた決断をしたかは判断しづらいところではあるが、カープ球団が自軍の潜在的な危険因子に気付けていない可能性もある。今シーズン、開幕から此処までの打撃成績において得点数はリーグトップを走っており、投手の先発防御率もリーグトップである。ただこれは飽くまでも結果論であり、チーム本塁打4本が物語るように得点効率の悪さは残念ながら否めない。誠也が抜ける時点でそのことはとうにわかっていたはずだが、まだカープ球団内部に右のパワーヒッターを叩き上げで育成しようという気概が伺えないのが残念でならない。
冒頭の話に戻りますが、右のパワーヒッターがいない以上右打者を支配下指名に詰め込むのはある意味危険な行為とも捉えられる。いない以上他の補強ポイントに目を向けてドラフトに臨むのも大事なことと思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月18日(Mon) 23:44 | URL #- [ 編集]
好調なチームの中にあって、小園は開幕から打撃で今一つチームの流れに乗れていませんが、守備力の成長も著しく、これからのカープの看板選手になるであろう資質を持っているのは疑いようがない。
昨年迄は田中の衰えでショートが課題だったが、小園のレギュラー奪取によって、ショートはカープのホットポジションになった。
ただ、カープの中にあって、熾烈な捕手争いや外野手の枠の争いに比べると、内野手とりわけ二遊間の選手はカープは菊池・小園の二大勢力に続く選手が弱いように感じる。
菊池の後釜探しは今年のドラフトのトピックの1つでもあるが、それとは別で小園のサブとして又将来的な正二塁手候補として高校生の遊撃手の獲得を検討しても良いと思う。
勿論その場合単なる数合わせではいけない。プロで二遊間を張れるだけの資質を持った選手が欲しい。候補として天理の戸井零士・浦和学院の金田優太・誉のイヒネ=イツア・富士宮東の勝又琉偉などが挙げられる。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月18日(Mon) 19:31 | URL #- [ 編集]
長距離砲は清宮やサトテルを狙うより外国人補強をもっと頑張るべきだと
マクブルームを推してましたが見事活躍しましたね
下位での指名を予想していた末包も適応していて嬉しい限りです

今年は会議で一位は即戦力とだけ出ました
一位候補の野手からまず浅野、松尾らは外れて、蛭間、矢澤、山田健太、吉田が即戦力に近い一位候補ですがどうも補強ポイントには合いません
吉田正尚や佐藤輝明、再来年の佐々木泰みたいな即戦力野手の1位候補はいません
よって、編成の視点からみるとやはり地元の河野でしょう
決めてに欠くからこそ、地元で即戦力の河野が最有力です
松本晴あたりが化けたら大穴であるかもです。
内野手は奈良間、友杉、村松、斎藤、田中幹、トヨタ佐藤、大ガス児玉
右の外野手では海老根、山田陽、森下翔太
この辺りが候補に入るでしょう
この中から誰をチョイスするかのセンスがドラフトの成否をわけます
| carp | 2022年04月12日(Tue) 01:12 | URL #- [ 編集]
年齢分布表みながら、大阪ガスの河野投手か白鴎大の曽谷投手、どちらに入札するか迷う今日この頃です。

河野投手は、広陵出身だし末包選手の視察時に見ているはず。
曽谷投手は、三振とれるのが魅力的ですが二年連続で同じカテゴリー(大学生左腕)に入札するかは微妙。

二人で悩まなくていいくらいの、一位入札候補の出現を待っています。

余談ですが、来年の中京学院大の赤塚投手面白い存在になりそうですね。
| 黒鯉 | 2022年04月10日(Sun) 12:45 | URL #- [ 編集]
4/7終了時点でのセ・リーグのデータを見てみると、
チーム打率266(1位)、得点60(1位)、本塁打3(6位)、出塁率319(2位)、四死球37(4位)、盗塁6(2位)、犠打18(1位)、犠飛8(1位)
チーム防御率2.66(1位)、先発防御率2.27(1位)、救援防御率3.72(3位)、与四死球25(1位)、失策6(3位)
となっており、打撃では打率も高く、盗塁や犠打などの細かい機動力も駆使して得点も挙げられているが、本塁打3ということもあり得点効率はけして高いとは言えない。またチームとして選んでいる四死球の数も多いとは言えず、まだまだ得点効率を上げられる可能性は多いにある。
また投手陣については全体的に与四死球が少なく、それが防御率の低さに直結していると思う。課題としてはリリーフの勝ちパターンの投手の登板過多は気になる。来週以降連戦が続く中、夏場に近づくにつれての勤続疲労を考慮しなければならない。
チーム全体として出だしから好ゲームを続けている反面、選手達の疲労度も他球団より高いものと思われる。
ドラフトでチームのストロングポイントを更に伸ばせる点としては、リリーフ整備を行いブルペン陣の厚みを盤石なものにすること。
ドラフトでチームの課題を埋められる点としては、即効性はないが野手陣の世代交代・新陳代謝を加速させるためのピースとして、内・外野手ともに中距離〜長距離タイプの選手を獲得すること。ポジションとしては内・外野手ともにセンターラインを担える選手がそれぞれ欲しい。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月09日(Sat) 05:27 | URL #- [ 編集]
佐藤輝明や牧のような即戦力の主軸打者がデビューしたが、やはり野手、特に主軸打者の育成は時間がかかると思った方が良い。
今年は大学生の野手の候補が豊富とは言われているが、今のカープの野手を追いやる程の野手がいるとはやはり思えない。また、いたとしても投手を優先させた場合の方が圧倒的に多いため、野手の即戦力というのはカープで生まれづらいのかもしれない。
ポテンシャルの高い高校生野手を中位〜下位に架けて獲得し、3年程でチームの主力に迄育成していった方が結局一番早い気がします。
メジャーのユニバーサルDH採用に伴い、セ・リーグも近いうちにそういう議論が再燃すると思います。高校生の長距離砲が一本立ちするまでは外国人野手で凌ぎきるしかないかもしれない。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月08日(Fri) 11:54 | URL #- [ 編集]
開幕から投手はよく踏ん張っていると思います。問題は打線。野球はやはり点取りゲーム。1点でも多く取った方が勝ちです。
とにかく、今回のドラフトで一番いいバッターを左右、ポジション抜きで獲得して欲しいです。
| 福山 | 2022年04月07日(Thu) 17:40 | URL #- [ 編集]
僅差の試合をここまで落としているわけですが、打線に長打力の期待値が持てないので、接戦になった場合リリーフの出来が勝敗に直結してしまう。
開幕からここまでリリーフは良い仕事をしてくれているが、現状勝ちパターンの塹江・島内・中崎・栗林というオプションの少なさも相まって、打線の迫力不足で僅差の試合が多くなる今シーズンは長いシーズンを考えた場合厳しいものになると予想できる。特にここまで中崎の登板過多が気になる。
ファームの森浦や新外国人のターリーなどリリーフの戦力はいるがドラフトで即戦力リリーフを獲得する気運は高まっていると言える。
ドラフト候補でその適性を持つ投手の名前はまだ挙げられないが、球の速さや制球力、クイックや牽制ができる投手は欲しい。
あと菊池の後釜をそろそろ探すべきでもあるので、1位・2位・3位はそれぞれ即戦力の投手2・内野手1が理想的。
野手の主力への育成は時間を要するので、来季の直接的な補強は即戦力リリーフと新外国人となるのは間違いないでしょう。
| 賀前酉黒才 | 2022年04月07日(Thu) 06:53 | URL #- [ 編集]
日本ハム
1蛭間拓哉
外山田健太
2菊地吏玖
3福山優希
4斉藤優汰
5海老根優大
6北村圭吾

阪神
1羽田野温生
2荘司康誠
3村松開人
4戸井零士
5森下瑠大
6野呂洋翔

オリックス
1澤井廉
2益田武尚
3米田天翼
4野口泰司
5木村光
6加藤三範

中日
1蛭間拓哉
外森下翔太
2金村尚真
3土井克也
4中村貴浩
5谷井一郎
6安西叶翔

ロッテ
1河野佳
2奈良間大己
3齋藤響介
4伊原陵人
5田代旭
6吉田優飛

DeNA
1吉村貢司郎
2吉田賢吾
3勝又琉偉
4林優樹
5小谷野楽夕
6猪ノ口絢太

西武
1加藤泰靖
2神野竜速
3松尾汐恩
4内海優太
5平良竜哉
6真田拓

ヤクルト
1矢澤宏太
外才木海翔
2片山皓心
3浅野翔吾
4田中晴也
5マーガード真偉輝キアン
6渡辺翔太

楽天
1矢澤宏太
外山田健太
2内藤鵬
3久保玲司
4大野稼頭央
5青山美夏人
6石伊雄太

巨人
1矢澤宏太
外森下翔太
2林明良
3山田陽翔
4小山忍
5佐藤勇基
6立石健

ソフトバンク
1武元一輝
2黒田義信
3竹本祐瑛
4盛島稜大
5勝本樹
6斎藤礼二

広島
1曽谷龍平
2齊藤大輝
3長谷部銀次
4伊藤颯希
5仲地礼亜
6相澤白虎
| 賀前酉黒才 | 2022年04月01日(Fri) 16:06 | URL #- [ 編集]
まずは開幕6連勝を嬉しく思います🍀
今年は投手を中心とした守り勝つ野球ができていると思います。6試合だけですが、昨年と大きく変わったことは投手の与四死球が明らかに減っている。そこは見ていてとても大きな成長だと感じています。先発投手陣は4本柱を中心に安定感があり、開幕前から不安は守護神:栗林に繋ぐまでの勝ち継投の確立でしたが島内が7回に、8回に実績豊富な中崎が入ってくれてひとまず形にはなっている。
野手はここまでチーム本塁打が1本とまだまだ寂しいものの、各打者が強くスイングしながらコンタクト率も高く、繋ぐ野球ができている。守備では小園の成長が凄まじい。キャンプから野手は非常に雰囲気良く過ごせている印象を受けていたので、あとは宇草や林や中村奨成がどこまで上のレベルまで成長できるか❗
全体的に一昨年、昨年の印象は佐々岡監督の求めているものと選手の能力値が噛み合っておらずチグハグというものだったが、今年は佐々岡監督と選手が一緒に試合を形成している印象を受ける。それはチームの精神的支柱:鈴木誠也の移籍に伴いチームとして監督・コーチ陣や選手1人1人が各々の役割を明確化してチームの歯車として戦っているのが大きいと思う。
さらなる高みへ、チームが向かうためには、短期的戦略としてはリリーフ増強。長期的戦略としては右の長距離砲育成が挙げられる。
まずリリーフ増強だが、現代野球においてリリーフの重要性は、試合終盤の鍵を握るだけでなく序盤〜中盤におけるゲームメイクにおいてもとても重いウエイトを占めている。今年から延長戦復活に伴い昨年と大きく変わったことは、絶対的なリリーバーが7・8・9を埋めればいいということから延長戦を見込んで頼れるリリーバーやワンポイントを更に増強する必要性が出てきた。カープに目を移すと絶対的な守護神:栗林は安心感があるが、7・8の島内・中崎においては1年間を通して考えたときまだ不安要素は多い。更に今年はオープン戦から塹江の好投が光るが、まだまだリリーフの質と量は1年間をトータルで考えた場合全然足りていない。二軍のリリーフ候補が昨年実績を積んだ森浦以外期待出来ないことや、今日二軍降格のコルニエルや調子が上がらないフランスア、新外国人のターリーなど計算すべき外国人リリーフが計算に入れられない現状からもドラフトでは球の速さや強さに加えウイニングショットの変化球を有するリリーフ向きの投手は獲得必須なのは間違いない。最低限2人、欲を言えば3人、リリーフとして1年目から勝負できる即戦力投手を獲得したい。先発投手に安心感があるからこそ行えるドラフト戦略だと思う。
右の長距離砲育成に関しては、近年左打ちのバッターがチームの中心になっており、チームバランスを考えた場合、長期的視点で右打ちの長距離砲を高校生から生え抜きで育てるカープ伝統のスタイルを採用していく必要性を強く感じる。スカウト会議でもあるようにポジションは外野手ではあるが、走攻守全てにおいて高水準になれる見込みがなければ育てるだけ時間の浪費のなので、ポテンシャルの高い高校生を育てていきたい。
現状の今年のドラフトの理想としては支配下指名7人として
1位で即戦力のリリーフ候補
2位と3位で即戦力のリリーフ候補と右の長距離砲候補を必ず押さえ
4位にカープ恒例のロマン枠
5位に即戦力投手候補を入れ
6位と7位に高校生の捕手と内野手
が私なりのドラフトの青写真ではある。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月31日(Thu) 22:30 | URL #- [ 編集]
西武
1矢澤宏太
2片山皓心
3生井惇己
4友杉篤輝
5内海優太
6戸井零士

DeNA
1吉村貢司郎
外益田武尚
2吉田賢吾
3関根智輝
4久保玲司
5林優樹
6猪ノ口絢太

日本ハム
1蛭間拓哉
外森下翔太
2菊地吏玖
3盛島稜大
4門別啓人
5田中晴也
6矢吹栄希

中日
1蛭間拓哉
外山田健太
2金村尚真
3村松開人
4加藤三範
5林明良
6石伊雄太

ソフトバンク
1武元一輝
2奈良間大己
3青山美夏人
4黒田義信
5立石健
6古川雄大

広島
1曽谷龍平
2齊藤大輝
3長谷部銀次
4伊藤颯希
5勝本樹
6仲地礼亜

楽天
1加藤泰靖
2内藤鵬
3神野竜速
4大野稼頭央
5今西拓弥
6原田桂吾

巨人
1吉村貢司郎
外羽田野温生
2荘司康誠
3野口泰司
4山田陽翔
5小谷野楽夕
6大畑蓮

ロッテ
1河野佳
2田代旭
3伊原陵人
4門脇誠
5辻田旭輝
6木村光

阪神
1蛭間拓哉
外山田健太
2才木海翔
3海老根優大
4森下瑠大
5斉藤優汰
6竹本祐瑛

オリックス
1澤井廉
2米田天翼
3松尾汐恩
4谷井一郎
5斉藤響介
6入山海斗

ヤクルト
1蛭間拓哉
外森下翔太
2浅野翔吾
3土井克也
4渡辺翔太
5小郷賢人
6森山暁生
| 賀前酉黒才 | 2022年03月21日(Mon) 18:50 | URL #- [ 編集]
野手は誠也が抜けて戦力ダウンしたのは間違いないので、今いる現有戦力を如何に育てるのかにかかっている。レギュラー格の會澤・坂倉・菊池・小園・西川は固定確定ではあるが、林・宇草・末包・中村奨成などの選手達を我慢してでも起用し続ける覚悟が必要。マクブルームにも過度な期待をかけられない。
ドラフトは即戦力投手の獲得をメインにしてほしい。
残念ながら今年はカープが希望するような長打力のある右の外野手は候補が現状いない。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月20日(Sun) 17:30 | URL #- [ 編集]
甲子園見てると真鍋も内海も良いですなぁ

2人とも左打ちなのが悩ましい…
ただ来年真鍋は何としても欲しいので今年のうちに左右のバランスは整えたいところ
とりあえず現状は上位枠2枠で即戦力の投手と右打ち野手一枚ずつですかね
立教の山田はスイング見てるとものずこく良さそうなんですが成績が意外に伸びないのが難しいところ
法政の齋藤はスイングは山田に見劣りするもののミートセンスが素晴らしいですね
どちらもどの程度守れるかも考慮しつつ最悪1位枠使ってでも取りに行きたいところです
ここ数年リストアップしてた右打者を取れてないのは他球団に先取りされてる面もあると思うので、こう言う現状抜けてる選手がいない年こそ大胆な戦略が必要な気がします
| こいこい | 2022年03月20日(Sun) 11:43 | URL #- [ 編集]
ストレートの強さやスピードに加えて、制球力に破綻がないことを前提として、奪三振能力が高いことが条件になる。
大学リーグ戦成績や社会人での大会成績は正直、プロでも通用するものとは言い難い。それでも動画以外の情報としては一番信憑性は高いので参考にはします。
一番手に挙がってくるのは曽谷龍平(白鷗大)。地方リーグではあるがリーグ内には強打の上武大も在籍しており、レベルの低いリーグではない。そのリーグ内で、被安打率の低さと奪三振率の高さは目を引くものがある。少々四死球率は高いが、上背もありストレートのアベレージ帯はかなり速い。サウスポーというのも評価できる。
次に挙がってくるのが長谷部銀次(トヨタ)。慶応大時代はケガで実績はあまりないが、社会人に入りストレートの力強さも増した気がする。フォークで三振を狙えるのも評価できる。
社会人でもう一人挙げるとすれば小谷野楽夕(JR東日本)。社会人での実績もさることながら、ストレートも強さを感じ、また大卒社会人ではあるがまだまだ伸び代を感じるのも評価できる。
仲地礼亜(沖縄大)も面白い存在。昨年の全日本で初めて存在を知ったが、球のスピードと強さに加え、制球力も良く、縦のスライダーも落差とキレがあって面白い。
大学での成績は乏しいが将来性を考えると勝本樹(日本体育大)も期待大。変化球の質やクイックなどまだまだ課題はあるが、プロで育成したらどこまで伸びるかわからない程面白い存在。
逆に上背はないが、インステップしながら投げ込む変則サイドスローのサウスポーの原田桂吾(国際武道大)もリリーフでならプロで通用する可能性を秘めている。球速のアベレージ帯は140を超えないが、球速以上にストレートの速さと強さは感じる。
独特なフォームのサウスポーとして内田健太(創価大)も、球の強さと出どころの見づらさを感じさせる。こちらも発展途上なところもこれからの伸び代を感じさせる。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月20日(Sun) 07:47 | URL #- [ 編集]
カープはウエスタンリーグの今日が初戦でした。
野手は田村が3番に座り、羽月や石原も出るなど期待値の高い選手が多い印象でしたが、若い右のスラッガーが育成できていないのは寂しい限りです。やはり昨年、吉野と有薗は欲しかった。
投手は今日投げた高橋昂也に加え、大道やルーキーの森など投手層は底上げできている。
やはり育成の場であるファームにおける問題点は、リリーフ投手の生命線になるストレートに強さを感じる救援候補の投手がほぼいないことか。近年、即戦力投手をリリーフ起用してきた結果として一軍のリリーフ投手力は上がったが、二軍からの救援投手の底上げがないことが切ない限り。
カープは投手育成、特に高校生投手の育成が得意とは言えないのも含めて、ドラフト戦略としてとにかく大学生・社会人の即戦力リリーフを今年は入れるしかないか。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月19日(Sat) 17:09 | URL #- [ 編集]
即戦力ドラフトが悪なら2013年ドラフトはなかった…いい文章ですね。

難しいことを考えずにBクラスのチームで即戦力を取るのは当たり前なので。私も1位が即戦力なのは当然だと思います。

ただ、これという選手が出ていないのは事実。一本釣りができる選手を投手、野手とら絞らず見極めたいということなんだとおもいます。

1位、2位で大社の投手、野手1人ずつが妥当ですね。野手なら絶対右打者で。

3位以降が難しいですが、1位、2位でスカウトが1年目から1軍でいける選手を取れたと判断したなら、高校生の右の外野手や左腕にいってもいいかなと思います。こればかりは獲得した選手次第なので、なんともいえないですね。
| シンゴ | 2022年03月17日(Thu) 22:08 | URL #- [ 編集]
今年は大学生・社会人を軸にしたドラフトにはなるとは思われますが、1年目から即戦力として機能するかは微妙な線。
かと言ってコロナの影響をもろに受けてきた高校生の素材型を多く獲得することは今年の候補に至ってはリスクが高過ぎる。
起用しながら育てるスタンスで使える選手の獲得が今年のテーマになりそう。大学生が指名の大半を占めるのではと思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月17日(Thu) 17:42 | URL #- [ 編集]
野手の年齢表をざっくりみると
捕手 坂倉(24)石原(24)
一塁手 林(22)坂倉(24)坂倉マクブルーム(29)
二塁手 菊池(32) 羽月(22) 韮沢(21)
三塁手 林(22)二俣(19)
遊撃手 小園(22)
左翼手 西川(27)
中堅手 大盛(25)宇草(24)中村健(24)
右翼手 田村(18)中村奨成(23)末包(25)

野手がブレイクするのはだいたい24〜26歳が多いです
外野手なら右打者、羽月、韮沢が伸び悩むなら右の二塁手は必須でしょう
2〜4位で斎藤、山田健、村松、奈良間、友杉、田中幹也、トヨタ佐藤勇、大ガス児玉あたりを狙う事になりそうです。場合によっては外れ1位もありそうです

投手は大瀬良、九里が30代になり、この2人の穴を数年以内に埋めるというのが目標でしょう
地元でカープのスカウトも追いかけてる河野が筆頭でしょうか
| carp | 2022年03月17日(Thu) 17:38 | URL #- [ 編集]
やはり1位は即戦力ですか
予想通りです
カープの方針はブレてないからです
3連覇のチームは、まず06年會澤07年安部、丸、松山と素材を獲得していき、そこから野村祐輔、菊池、大瀬良、九里、田中、野間、薮田と即戦力中心に補強して徐々に噛み合い強くなりました。

約10年単位で同じ事をして世代交代してます。
15年西川16年坂倉17年奨成18年小園、林、羽月と獲得
そこから19年を境に即戦力にシフトして
森下、栗林、黒原、宇草、石原と獲得。
即戦力ドラフトでも素材ドラフトでもどちらが善でどちらが悪なんてありません。
2013年ドラフトで全てが噛み合い始めたのもまた事実です
| carp | 2022年03月17日(Thu) 17:18 | URL #- [ 編集]
1位は投手・野手問わず即戦力に行く方針らしいですね。
ただ記事にもあるように絶対的1位候補は見当たらない。例年ならもっと早い時期にスカウト会議を開くことと、今回のスカウト会議でビデオ確認した選手がいないという発言からも、今年の候補の小物感は否めないでしょう。
昨年同様に強打の右打ち外野手も補強ポイントとあることから、ドラフト3位の中村健人とドラフト6位の末包の社会人野手コンビとは異なる選手が昨年は欲しかったのでしょう。楽天1位の吉野や日本ハム2位の有薗の2人はどちらか一方は残っているだろうと高を括って獲得出来なかった逸材。長距離ヒッターでありながら脚力・守備力・強肩と総合力の高い、正しくポスト鈴木誠也をカープは望んでいると思われます。今年も長打力は課題に挙がるものの、野手に関しては即戦力というよりも打撃でも守備でもカープの軸になる近未来のスターを探しているものと思います。
1位は質・量的にも薄い投手補強が最優先ではあると考えます。地元の広陵高校出身で総合力の高い河野佳、関甲新学生リーグで無双中の高い奪三振率を誇るサウスポー曽谷龍平は現状ツートップに思えます。
大瀬良・九里もベテランの域になっていますし、リリーフもまだまだ薄いので、即戦力投手を2人は最低限獲得し、1人は先発、もう1人はリリーフの適性を持つ投手を獲得したい。
メインとなるのは即戦力投手とポスト菊池の強打の二塁手であるのは間違いないと思います。ポスト誠也候補の高校生が現れれば案外上位〜中位に高校生の指名もあり得ると見ています。
現状、左のスラッガーの蛭間と澤井、二刀流の矢澤、昨年指名漏れの吉村に興味を示している球団が多いように思えます。今年は1位に関しては一本釣りを目指してもらえればなと思う。今オフから現役ドラフトを行うという情報もあり、また今年のドラフトが大不作なことより、ドラフトは5人前後の指名で、育成指名で4人程獲得するのではないか。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月16日(Wed) 17:27 | URL #- [ 編集]
カープのスカウト会議があったみたいです。

投手、野手を問わず即戦力をとりにいくとのこと。補強ポイントは強打の右打ちの外野手とありました。

ただ、絶対1位という選手はおらず、ビデオ確認する選手はいない。

即戦力なのはわかるのですが、二遊間ではなくて、外野手なんですね。

おそらく、大学生、社会人の選手で上位を探して、一本釣りできる最上級評価の選手に入札ですね。

まあ、森下、栗林、黒原と3年連続で大社投手なので、そろそろ野手はありえます。でも上位候補で右打ち外野手の大社って中央大の森下翔太くらいしかわからないですね。
| シンゴ | 2022年03月16日(Wed) 16:35 | URL #- [ 編集]
齊藤、奈良間、友杉のなかでは齊藤が一番二塁適性ありそうですもんね。

安部藤村高濱で悩んでいたのを思い出しました。

| 黒鯉 | 2022年03月13日(Sun) 12:01 | URL #- [ 編集]
今年は上位候補の投手が現時点で少なく、野手評価が高騰する可能性もあります。
昨年もカープは吉野・有薗と狙っていた若い右のスラッガーを他球団に先に獲得されているので、齊藤大輝・奈良間大己に関しては現状1位評価は出来ないものの2位では獲りたい選手になります。
友杉篤輝に関しても全国的な知名度は高くないので4位以降でも狙えるとは思いますが、ベストなのは齊藤大輝を獲得出来ればとは思います。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月13日(Sun) 05:17 | URL #- [ 編集]
昨年、三人獲得したとはいえ右打者は欲しいですね。
菊池の後釜の二塁というのも同意します。

奈良間、齊藤両選手は二位か三位じゃないと厳しそうですが、友杉選手は四位以降でも獲得できそうな気がしますがいかがでしょうか?
| 黒鯉 | 2022年03月12日(Sat) 22:00 | URL #- [ 編集]
私は立正大の奈良間大己と法政大の齊藤大輝を推します。
内野手とは言っても、何処のポジションを求めているかで変わると思いますが、私は菊池が元気なうちに次の正二塁手を育成する必要性を感じるので、セカンドができる選手に目をつけています。
立教大の山田健太は六大学野球で1年時から出場していますが、一季における本塁打数は1本か2本で長打力も高いとは言えず、盗塁も通算でも記録なしと、セカンドとしてはカープの求めている選手像に当てはまらないと考え、今は候補としては除外して見ています。
齊藤大輝はスピード・長打力ともに申し分なく、21年は打率もハイアベレージを記録。打撃力あるセカンドとして期待でき、法政大ということもあり、プレースタイルはポジションと打席は違うが宇草と重なる。
奈良間大己は長打力こそないもののスピードとハンドリングを含めた守備力は高いものを感じる。ただカープにもスピードのある内野手は多いので、一気に評価を上げるとすると、大学ラストイヤーで打撃開眼は必須。
また奈良間大己とプレースタイルが被る候補として天理大の友杉篤輝も注目度は高い。
またこれから評価をぐっと上げてくる候補が現れるかにも期待を寄せたい。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月11日(Fri) 18:55 | URL #- [ 編集]
僕も右の即戦力内野手が欲しいです。
山田、奈良間が候補になってきますかね。
| 福山 | 2022年03月11日(Fri) 17:20 | URL #- [ 編集]
野手は確かに高卒の選手を一線級にまで育てることにはカープは長けていますが、一方投手に関しては高卒の投手がものになっているとは言えず、屋台骨を支えているのは大卒投手であるのが実情。
正直野手に関してはあまり即戦力の必要性を感じないですが、投手に関しては即戦力を獲っていかないとチームとしては苦しい。更に、ドラフト最上位級の高卒投手なら育てようとも思えるが、それでもカープが最後にドラフト1位で高卒投手を獲ったのは今村まで遡らないといけない。昨年、高卒BIG3に着手するかと思われたが、結局は一次入札は大学生投手の隅田だった。チーム体質的にも高卒の投手にリスクを負いたくないことが推測できる。
そして、今年ドラフト解禁となる高校3年生の代は入学当初からコロナの影響を受けて、成熟しきるとも言えない。選手育成の面から見ても、今年の高校生を気長に育てるよりも、将来性を感じる大学生を短い期間で仕上げて戦力になるレベルまで使いながら育てる方が、今年のドラフト戦略的には安全牌のように感じる。
カープも悠長に選手が一流に育つまで我慢するということを三連覇を経た後では多くのファンも納得はしない。特に今のセ・リーグは戦力バランスが拮抗しており、小さなキッカケで順位が大きく変わる可能性を大いに秘めている。即戦力とは言っても森下・栗林が凄過ぎただけで、新人に過度な期待をファンも寄せてはいない。最短ルートで戦力として見なせる選手の獲得と育成を繰り返し行うことは今のカープには必要と感じる。
| 賀前酉黒才 | 2022年03月07日(Mon) 17:59 | URL #- [ 編集]
カープ即戦力ドラフトやってますけど、すぐ戦力にならなかったら年寄りばかりで2軍に活気がなくなって弱体化の一途たどってますね、高校生を鍛えて戦力にする基本にたち帰らないと丸とか鈴木みたいな選手出てきませんよ
| 御手洗 | 2022年03月06日(Sun) 22:22 | URL #- [ 編集]
久々にこのサイト入ります。今年の方針はまだ出てませんが、去年地味に野手を4人支配下でとっています。

そして、来年は佐々木など、有力野手が多いので、来年小園の時のような野手ドラフトになると予想。5年に1回くらいやるんですよね。カープは。

なら、今年は投手偏重で致し方ないでしょう。ただ、小園の代と同級生になるので、活性化のため大学生野手、特に右の二遊間は欲しいです。捕手と外野手は今年は見送りでいいです。

栗林の年のドラフトと似た感じになりますかね。ただ、あの時は野手は6位の矢野だけでした。今回は2位か3位で右の大学生野手が欲しいかなと思います。それが取れれば後は支配下は投手で。

投手偏重ドラフトでカープの特徴は年齢も高校生、大学生、社会人、左右とちらつかせていました。誰を1位に持ってくるかわかりませんが、そのようにしてほしいです。後、去年地味に支配下の高校生投手がいませんでした。1人は支配下で獲得すると思います。

後、余談ですが、ローカルテレビで松本スカウトが出演しているのですが、名前を出したのは、トヨタの長谷部投手と亜細亜大の田中内野手でした。
| シンゴ | 2022年03月02日(Wed) 10:12 | URL #- [ 編集]
今年の候補はかなりコロナ禍の影響を受けており、特に高校生は例年よりも求められるべき基準値には現時点で到っている選手は皆無。ロマン派の私でも今年のドラフトで上位〜中位に高校生を入れるというのは考えられない。今年は大学生・社会人の即戦力を中位迄固めるのが現時点での希望。
補強ポイントとしては、即戦力投手➕右打ちの中距離タイプの内野手(セカンド)➕捕手。
理想としては
1位と3位に即戦力投手、2位に即戦力内野手、4位に捕手、5位以降に高校生をメインとした指名を希望する。
佐々岡監督就任以降、ドラフトでは1位と2位に高校生が食い込んだことはない。偶然かもしれないが、佐々岡監督がドラフトに求めるものが反映されているのかもしれない。
鈴木誠也がいない中、春季キャンプはとても良い雰囲気で選手は臨んでいた。ドラフトでは今年の戦績によっても大きな影響を受けるので、今の時点で多くを語るのは建設的ではないが、中長期的に見ても今年のドラフトは即戦力を多く獲るべき。
| 賀前酉黒才 | 2022年02月27日(Sun) 21:15 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(153) Page Top↑