石川 ケニー(明秀学園日立)|ドラフト・レポート

石川 ケニー(明秀学園日立)

ここでは、「石川 ケニー(明秀学園日立)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm75kg 左左 MAX142km 外野手兼投手 遠投105m 50m6秒5
高校通算26発、パンチ力ある左打者。ハワイ生まれのハーフ。関東決勝・山学戦で右線ソロを放った。
最終更新日:2022-08-09 (Tue)|2022年高校生野手 コメント(0)

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   22春: 1     1  2  0  1  0 136㌔ 大島高校
   22夏: 1 先  2.2  2  4  4  1 142㌔ 鹿児島実
   通算: 2    3.2  4  4  5  1 防2.45
       被安打率9.82 奪三振率9.82 四死球率12.27

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   22春: 2 .222  9  2 0 0 0 1 1 0 0  .222  .222(3番/右)
   22夏: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 1 0  .250  .000(4番/投)
   通算: 3 .167 12  2 0 0 0 1 1 1 0  .231  .167

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   22春(背番号9)      回数 被安 奪三 四死 失点
   関東2回戦:銚子商業 先   5  4  2  2  1
     準々決:浦和学院    2.2  3  4  2  1
                7.2  7  6  4  2 防2.35
             被安打率8.22 奪三振率7.04 四死球率4.70

  最新記事

 ■ 明秀学園日立初V!二刀流・石川ケニーが2度のピンチで好救援(日刊) 22/7/27

 明秀学園日立の二刀流、石川ケニー外野手が、チームのピンチを救った。0-2の7回2死一、二塁で、右翼手からグラブを替えてマウンドに向かった。土浦日大の4番を相手に、カウント2-2から125キロの変化球で空振り三振。8回は再び右翼に入ったが、9回2死二塁で2度目のマウンドへ。気迫の3球三振で、相手の流れを断ち切ってサヨナラ勝ちにつなげた。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   21秋茨城: 6 .238 21  5 0 0 0 4 0 6 3  .407  .238
   21秋関東: 3 .286 14  4 0 0 1 4 3 1 0  .333  .500(3番/右翼)
   21秋神宮: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250(3番/右翼)
   22春関東: 2 .429  7  3 1 1 0 3 0 2 0  .556  .857(4番/投右)
   22夏茨城: 6 .313 16  5 1 1 1 10 1 7 3  .522  .688(4番/右投)
   通  算: 18 .290 62 18 2 2 2 21 5 16 6  .436  .484

   22夏(背番号9)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城2回戦:江戸崎総 先   4  2  5  1  0
     4回戦:鹿島学園    2.1  1  5  1  1
     準々決:竜ケ崎一    1.2  2  2  0  2
     準決勝:境 高 校    3.2  0  4  2  0
     決勝戦:土浦日大    0.2  0  2  0  0
                12.1  5  18  4  3 防0.73
            被安打率3.65 奪三振率13.14 四死球率2.92

 ■ 投手か野手か? 高校生をどう見ていくか(SANSPO) 22/7/4

 選抜大会に出場した明秀日立の石川ケニー外野手は左投げ左打ちで、主に3番に座り高校通算25本塁打、投げては最速140キロ。176センチ、75キロで打者としての魅力が勝るが、「希少な左腕」として、この夏の投球をもう一度見ておきたいというスカウトは多い

 ■ 明秀学園日立の“二刀流”石川ケニー 勝利投手&3打点(スポニチ) 22/5/22

 明秀学園日立の石川ケニー選手が「4番・投手」で出場。投げては5回1失点に抑えると、打っても先制の右前適時打など3打点とチームを引っ張った。4月末に判明した腰椎の疲労骨折は依然完治していないが、夏の甲子園へ、エース猪俣と二本柱で臨もうとする主将の覚悟がマウンドに立たせた。

過去記事

 ■ 明秀日立が5年ぶり2度目V  石川ケニーが先制3点本塁打(報知) 22/5/5

 明秀学園日立が、5年ぶり2度目の優勝を果たした。4番の石川ケニー右翼手は、先制3点本塁打を含む3安打4打点の活躍をみせた。初回1死一、二塁。カウント1―0から内寄りのカーブを振り抜いた打球は、ぐんぐん伸び右翼スタンドへ飛び込んだ。「変化球が多いという情報があったので、変化球を狙っていた。打った瞬間に入ったと思った」とチームに勢いをもたらす高校通算24本目の本塁打を冷静に振り返った。視察したオリックス・岡崎スカウトは「強く振ることができるのは非常に魅力的ホームランだけでなく追い込まれてからの打撃も良かった」と評価した。
 決戦1週間前、腰椎を疲労骨折したことが判明した。病院の許可をもらい、この日は痛み止めを服用しコルセットをつけフル出場。鉄人ぶりを発揮した。準決勝までは打率・235と低迷していただけに、金沢監督も「石川が4番らしさを出してくれた」と喜んだ。(スポニチ)

 ■ ハワイ育ちのポジティブ主将、明秀学園日立・石川ケニー外野手(中スポ) 22/2/25

 明秀学園日立の石川ケニー外野手は秋は公式戦チーム打率3割3分3厘の強打線の3番を打ちながらブービーの2割5分6厘だった。明治神宮大会は準優勝した広陵に3―5で初戦敗退。全国レベルとの体格差を実感し、体重を7キロ増やし、スイングスピードが上がり打球の質も変わった。「全国でどれだけ活躍できるか次第ですが、高卒でプロが目標」。家族への思いも込めての大舞台となる。

 ■ 関東王者の明秀学園日立は2度目のセンバツ切符(スポニチ) 22/1/28

 ハワイ・オアフ島生まれの石川ケニー主将はプロ注目の最速140キロ左腕だ。昨秋は左肘頭の疲労骨折の影響で主に外野手として出場したが、センバツまでに投手復帰を目指し「今は回復してきている。全員で日本一を目指していきたい」と力を込めた。
 石川ケニー主将は通算20本塁打を誇るプロ注目の左打者。最速140キロ超えの左腕としても注目を集めるも、昨秋の関東大会後に左肘頭の疲労骨折が判明した。

 ■ 明秀学園日立・石川ケニーは巨人・坂本より「飛ばせている」(SANSPO) 22/1/27

 明秀学園日立の主将、石川ケニー外野手はハワイ・オアフ島生まれのハーフ。高校通算20本塁打の強打と、持ち前の明るさでチームを引っ張っている。三塁側のネット前から行うロングティーでは、右中間の防護ネット上部まで飛ばしている光星学院で巨人・坂本を指導した金沢成奉監督は「右打者と左打者の違いはあるが、高校の時点では石川の方が飛ばせている」と評価する。

 ■ ハワイ出身の明秀学園日立・石川ケニー、勝利のカギ握る1番打者(日刊) 21/6/24

 夏初出場を狙う明秀学園日立の勝利のカギを握るのは、1番に座る石川ケニー外野手(2年)だ。日本人の父とアメリカ人の母の下、ハワイで生まれた。父則良さんは現地独立リーグのハワイアンリーグで投手兼外野手としてプレーしたが、息子が生まれた頃には現役を引退。幼少時からサーフィンに挑戦するなど、コバルトブルーに輝く海のそばで伸び伸びと育った。小2冬、家族で日本に移住。同時に瀬谷リトルに入団し、本格的に野球を始めた。スイングスピードはチーム1。投手も兼任し最速は140キロだ。「身体能力は抜群」と金沢成奉監督も太鼓判を押す。

  プロフィール

 ハワイ州オアフ島生まれ。
 石川 ケニー(いしかわ・けにー)外野手兼投手。
 小学2年で日本に移住して硬式野球を始め、横浜市立原中では瀬谷シニアで全国出場。
 日本人の父親とアメリカ人の母親を持つハーフ。

 明秀学園日立では外野手兼投手としてプレー。 
 1年生の秋の予選(県2回戦)からベンチ入りし、2年生になって右翼手として夏大初出場を飾る。
 主にリードオフマンを務めるも3戦2安打と振るわず打点無しの打率.200に低迷。
 2年時秋の予選で主将(3番)の座を獲得し左肘の疲労骨折を押して関東初Vを達成した。
 ケガの影響でマウンドに上がれず、打っても10試合で打率.256、本1点8と苦戦。
 打撃戦となった関東決勝・山学戦(9‐7)で甘めスライダーを右線に叩きこむソロを放っている。
 翌3年春の選抜大会で全国デビューし、2戦2安打、打率.222、本0点1をマーク。
 1回戦・大島高校戦(8‐0)に救援として登板し、最速136㌔、1回2安打0封の力投を見せた。
 その後、春季県大会から4番に座り、腰痛を発症しながらも関東8強まで進出。
 3年時夏の予選に右翼兼2番手投手として挑み、6戦10打点、防0.73の活躍で初Vをなしとげた。
 1個上に飯田真渚斗、同期に猪俣駿太小久保快栄ら。

 176cm75kg、強肩強打のプロ注目右翼手。
 通算26発、振り切るスイングから鋭い打球を放つ左の強打者。パンチ力のある打撃で4番を担う。
 2年時秋の関東大会決勝・山梨学院戦で右線へのソロ弾(両100m)を記録。
 同準々決・健高崎戦で右中間フェンス際へのあわやの中飛(中122m&両100m)を放っている。
 遠投105m、50m6秒5。新チームから主将を任された。

 プロ注目の最速142㌔左オーバースロー。
 セットから始動をして溜めて重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに左肘を使った腕の振りから
 投げ下ろす最速142㌔の真っすぐと、スライダー、カーブ、カットボール、スプリット。
 真っすぐの常時球速は130㌔前半から中盤。110㌔台から120㌔前後のスライダーをおり交ぜる。
 2年生の秋に左ヒジ疲労骨折の怪我を経験した。

  スカウトコメント

オリックス・岡崎スカウト|22/5/5
 「強く振ることができるのは非常に魅力的。ホームランだけでなく追い込まれてからの打撃も良かった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-08-09 (Tue)|2022年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑