塩路 柊季(智弁和歌山)|ドラフト・レポート

塩路 柊季(智弁和歌山)

ここでは、「塩路 柊季(智弁和歌山)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm74kg 右右 MAX144km カット・カーブ・チェンジ・フォーク
小柄な144㌔スリークォーター右腕。力のある直球が持ち味。2年時夏の甲子園で先発白星を挙げた。
最終更新日:2022-08-07 (Sun)|2022年高校生投手 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   21夏: 1 先   6  2  8  0  0 144㌔ 石見智翠 ○
   通算: 1     6  2  8  0  0 防0.00
       被安打率3.00 奪三振率12.00 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21夏(背番号16)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山3回戦:星林高校    1  1  2  0  0
      準々決:初芝橋本 先  5  1  7  1  1
                  6  2  9  1  1 防0.00
             被安打率3.00 奪三振率13.50 四死球率1.50

   21秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   新人戦準々決:粉河高校    1          0
      準決勝:神島高校 先  3  2  8     0
      決勝戦:和歌山商    3          0
   二次戦1回戦:初芝橋本    5  2       0
      準決勝:和歌山東   6.1          2 ※4対5で敗戦
                18.1          2 防0.98(失点から算出)

   22春(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 自責
   近 畿1回戦:西城陽高 先  6  2  5  0  0封
      準決勝:報徳学園 先  8  7  8  3  2
                 14  9  13  3  2 防1.29
             被安打率5.79 奪三振率8.36 四死球率1.93

  最新記事

 ■ 智弁和歌山4発で5大会連続V!(スポーツ報知) 22/7/30

 智弁和歌山が5大会連続26度目のVを決めた。エース・塩路は最速142キロの直球にカーブを交え、6回まで無失点。1点リードの8回1死二塁の打席では左翼席への2ランで自らリードを広げた。

   22夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山2回戦:田辺高校 先  6  5  7  3  0
      準々決:日高中津 先  4  0  2  1  0 139㌔
      決勝戦:桐蔭高校 先  9  7  5  5  2 142㌔
                 19  12  14  9  2 防0.47
             被安打率5.68 奪三振率6.63 四死球率4.26

 ■ 智弁和歌山・塩路が初先発で6回無失点「1回からドキドキ」(日刊) 21/8/26

 智弁和歌山の先発・塩路柊季(2年)が6回2安打無失点の好投で4強入りに貢献した。自己最速の144キロをたたきだし、8三振を積み重ねた。塩路は「1回からドキドキ緊張でした」と笑みを浮かべ、「自分の持ち味であるストレート中心に攻めることができた。良い投球ができたと思う」と胸を張った。

  プロフィール

 和歌山県御坊市出身。
 塩路 柊季(しおじ・しゅうき)投手。
 小学2年生の時から軟式チームで野球を始め、河南中学校時代は紀州由良シニアでエース。
 中2冬のタイガースカップで優勝(MVP受賞)を果たした。

 智弁和歌山に進学後1年時8月の選抜交流戦はベンチ外。
 1年生の秋から控え投手として公式戦に出場し、2年生になって背番号16で夏大デビューを飾る。
 先発救援で全5戦中2試合に登板し、計6回で9K、2安打1失点(責0)と活躍。
 準々・初芝戦で5回7K1失点の好投を演じ、延長13回タイブレーク3-2での勝利に貢献した。
 続く甲子園準々・石見智翠館戦(9-1)で自己最速1㌔更新の144㌔を計測。
 6イニングを2安打8三振(真っ直ぐ6、カット2)無失点に抑える力投で先発白星を収めている。
 2年生の秋の予選で背番号1番の座を掴むも和東に4-5で敗れ県4強で敗退。
 主に救援で全7戦中5試合のマウンドに登り、13.1回連続0封、18.1回2失点の活躍を見せた。
 翌3年春の近畿大会で優勝を飾り、同夏の和歌山大会で大会5連覇を達成。
 7回まで2-1の接戦となった決勝戦・桐蔭戦で、点差を広げる左2ラン、7-2完投を記録している。
 1個上に徳丸天晴中西聖輝伊藤大稀、同期に武元一輝ら。

 172cm74kg、小柄な144㌔スリークォーター右腕。
 セットからグラブを掲げて前傾して重心を下げ、インステップして肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速144㌔、常時140㌔前後から140㌔前半(高2夏の甲子園)のストレートと、
 120㌔台から130㌔強のカット、130㌔前後のフォーク、120㌔前後のチェンジ、100㌔台のカーブ。
 小柄ながら中谷仁監督からベース上の球の力を高評価される本格派の右腕。
 目標は最速150㌔到達。高2夏の甲子園準々・智翠館戦で最速1キロ更新の144㌔を投げた。
 被安打率5.68、奪三振率6.63、四死球率4.26。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-08-07 (Sun)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑