伊藤 大稀(日本体育大)|ドラフト・レポート

伊藤 大稀(日本体育大)

ここでは、「伊藤 大稀(日本体育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm87kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ・シュート 智弁和歌山
最速147㌔のスリークォーター右腕。直球で押す投球が持ち味。3年時夏の予選で147㌔を計測した。
最終更新日:2021-12-02 (Thu)|2025年大学生投手 首都大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   21夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   高松商業    0.1  0  0  0  0 138㌔
   智弁学園 先   3  4  0  2  2 142㌔
           3.1  4  0  2  2 防5.40
       被安打率10.80 奪三振率0.00 四死球率5.40

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号20)       回数 被安 奪三 四死 失点
   一次予準決勝:串木古座     1  0  0  0  0

   21夏(背番号11)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山準々決:和歌高専     1  0  2  0  0

  最新記事

 ■ 大阪桐蔭・関戸らが日体大の推薦入試を受験(SANSPO) 21/12/2

 今春の選抜大会を制した東海大相模高の門馬功外野手、夏の全国選手権大会優勝の智弁和歌山高・伊藤大稀投手、進路が注目されていた大阪桐蔭高・関戸康介投手らが首都大学野球リーグの日体大スポーツ推薦入試を受験したことが、1日までに分かった。合格発表は今月初旬の予定。

   21夏(背番号18)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山2回戦:箕島高校     1  0  2  0  0 147㌔
      準々決:初芝橋本     4  3  7  1  1 144㌔
      準決勝:和歌山東     1  1  1  2  0 140㌔
      決勝戦:市和歌山 先   6  5  4  0  1 143㌔
                  12  9  14  3  2 防1.50
             被安打率6.75 奪三振率10.50 四死球率2.25

 ■ 智弁和歌山、兄弟校対決制し21年ぶりV(産経) 21/8/29

 智弁和歌山が智弁学園を9-2で下し、21年ぶり3度目の優勝を果たした。一回に4番徳丸天晴の犠飛で先制すると、一気に4点を先行。伊藤大稀と中西聖輝の継投でリードを守り切った

 ■ 「1球セーブ」伊藤(日刊スポーツ) 21/8/25

 智弁和歌山の2番手伊藤が、9回2死一、二塁のピンチで救援登板代打大坪を1球で遊ゴロに打ち取った。高校野球ではセーブを採用しないが、プロなら「1球セーブ」が記録される珍しいケースだ。

過去記事

 ■ 智弁和歌山「満点」 小園攻略で夏切符(日刊) 21/7/27

 智弁和歌山が、今秋ドラフト上位候補の市和歌山・小園健太投手を攻略して優勝した。最速147キロ右腕の先発伊藤大稀投手が7回途中1失点と好投したのも、大きな勝因だった。プロ注目のエース中西聖輝投手につなぐ継投も決まり、大会を通じて好調だった市和歌山打線を1点に封じた。

 ■ 選手紹介/7 伊藤大稀投手/石平創士捕手(毎日新聞) 20/2/27

 激しいライバルとの競争に勝つため、磨いているのは武器である直球の制球力キャッチボールからコントロールを意識している。一方、課題は変化球。制球とキレ、いずれもレベルアップを目指す。

  プロフィール

 和歌山県かつらぎ町出身。
 伊藤 大稀(いとう・だいき)投手。
 かつらぎ町立笠田中時代は軟式野球部に所属。

 智弁和歌山では控え投手としてリリーフでプレー。
 2年生になって夏大デビュー(1回0封)を果たし、同年秋の予選全9戦中3試合で救援を務める。
 3年時夏の予選に背番号18で出場し、主戦・中西らと共に大会4連覇を達成。
 全5戦中4試合(先1)、計12イニングを投げ、9安打3四死球、14K2失点の好成績を残した。
 初戦2回戦・箕島高校戦(1回2奪三振0封)で自己最速となる147㌔をマーク。
 先発として小園と投げ合った決勝・市高戦で、6.0回4K、無四球1失点の粘投を演じている。
 続く本大会全4戦中2試合に登板し、2000年以来21年ぶりとなる優勝を経験。
 3回戦・高松商戦(5-3)で1球火消しを決め、決勝・智弁戦(9‐2)で4回途中2失点と粘投した。
 1個上に小林樹斗、同期に中西聖輝徳丸天晴ら。

 184cm87kg、最速147㌔のスリークォーター右腕。
 セットから軽く体を捻って溜めを作り、前傾して重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強の力のあるストレートと、
 110㌔台のスライダー、100㌔台のカーブ、110㌔台のチェンジアップ、120㌔台のシュートボール。
 直球主体の投球が持ち味。スリークォーターより低い位置からテンポ良く投じる。
 主にリリーフとしてチームの勝利に貢献。3年時夏の県大会準決・箕島戦で147㌔を叩き出した。
 被安打率6.75、奪三振率10.50、四死球率2.25。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021-12-02 (Thu)|2025年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑