西田 恒河(龍谷大)|ドラフト・レポート

西田 恒河(龍谷大)

ここでは、「西田 恒河(龍谷大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



西田 恒河(龍谷大)

175cm76kg 左左 MAX145km スライダー・カーブ・カット・チェンジ・ツーシーム・スプリット 樟南高校
130㌔台後半のストレートと一通りの変化球。高3夏47.2回で50K5四死球、防御率1.13をマークした。
最終更新日:2022-01-19 (Wed)|2025年大学生投手 関西六大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   21夏: 1 先   9  9  3  4  2 134㌔ 三重高校 ●
   通算: 1     9  9  3  4  2 防2.00
       被安打率9.00 奪三振率3.00 四死球率4.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19夏(背番号10)       回数 被安 奪三 四死 失点
   鹿児島2回戦:国分高校 先   4  4  1  1  0
      4回戦:尚志館高     1  2  0  0  0
      準々決:れいめい 先   5  4  3  3  2
                  10  10  4  4  2 防0.90
              被安打率9.00 奪三振率3.60 四死球率3.60

   20夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   地区予2回戦:松陽高校 先   6          1
      代表決:鹿児島工 先   9          0封
   鹿児島1回戦:伊集院高 先   7  5  2  3  0封
      準々決:れいめい 先   9  3       0封
      準決勝:神村学園 先  7.1          6 ※6回まで0封
                 38.1          7 防1.64(失点から算出)

   20秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   鹿児島1回戦:薩南工業 先  11          1
      3回戦:枕崎高校 先   5          0封
      準々決:川内高校 先   ?          1
      準決勝:鹿屋中央 先   9          3
      決勝戦:神村学園 先   ?          6
   九 州1回戦:東明館高 先   9  11  5  3  3
                 50.1    46    14 防2.50(失点から算出)  
                           奪三振率8.23

   21夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   鹿児島1回戦:鹿児高専 先   7  2  9  0  0封
      2回戦:鹿屋高校 先   7  3  11  0  0封
      3回戦:川内高校 先  6.2  5  9  1  3
      準々決:鹿屋中央 先   9  5  4  1  2
      準決勝:れいめい 先   9  9  9  3  2
      決勝戦:鹿児島実 先   9  7  8  0  0
                 47.2  31  50  5  7 防1.13
              被安打率5.85 奪三振率9.44 四死球率0.94

  最新記事

 ■ 樟南・西田 9回2失点でもざんげ(スポニチ) 21/8/21

 樟南は大黒柱の西田恒河が9回138球、9安打2失点と粘ったが、最後まで援護が無かった。試合前半から中盤は小雨が降りぬかるんだマウンド。2回に犠飛で先制を許すと、4回は2死二塁から適時打を浴び追加点を献上。3者凡退は2イニングのみと波に乗れず「雨が降っていて足場は悪かったんですけど、相手は投げられていた。自分の力不足」と受け止めた。最速は145キロだが、この日は130キロ前半しか出なかった。それでもスプリットなど多彩な変化球を駆使して試合はつくった。女房役の長沢明日翔は「(西田は)踏み込んだ足のところがぬかるんでいるのを気にしていた。西田がいなければ甲子園に来ることはできなかったと思う」とエースをかばった。

   ※ 甲子園での常時球速=120㌔台中盤から130㌔台前半(最速134㌔)

 ■ 樟南の“一休さん”西田恒河、解禁した新球スプリットで宿敵完封(日刊) 21/7/26

 樟南が鹿児島実を下し16年以来、県勢最多20回目の夏甲子園出場を決めた。エース西田恒河投手が、全6戦に先発し、9回では今夏初完封で貢献した。西田が、新球スプリットで優勝候補の鹿児島実を手玉に取った。強打の相手から8三振を奪い、7安打で9回では今夏初完封だ。

 ■ 樟南4大会ぶり甲子園に「王手」 145キロ左腕・西田2失点完投(スポニチ) 21/7/25

 樟南が5―2でれいめいを下し決勝進出。145キロ左腕・西田恒河投手が2失点完投と好投した。切れのいい直球とスライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球で追撃を振り切った。西田はさつま町宮之城にある浄土真宗「善妙寺」の長男。名前の「恒河」は仏教の聖地インドを流れる悠久の大河ガンジスにちなみ名付けられた

過去記事

 ■ 樟南・西田恒河、7回無失点9Kで初戦突破導く 緩急自在に翻弄(日刊) 21/7/5

 樟南のエース左腕・西田恒河が7回2安打無失点で9三振を奪い、初戦突破に導いた。直球主体の入りだったが「直球を狙っていると感じた」と、相手の2巡目となった3回から、スライダー、チェンジアップ、カーブなど多彩な変化球を交え翻弄した。1年秋からエースの大黒柱だが、6月の練習試合で最速を145キロに更新。上り調子で夏を迎えていた。

  プロフィール

 鹿児島県さつま町出身。
 西田 恒河(にしだ・ごうが)投手。
 盈進小学校1年生の時から野球を始め、宮之城中時代は軟式野球部に所属。
 中学時代のチームメイトに現明豊・太田虎次朗ら。

 樟南高校では入学直後から控え投手として公式戦に出場。
 1年生で夏大ベンチ入り(県大会8強)を果たし、背番号10番で全5戦中2試合の先発を務める。
 1年時秋の予選でエースの座を掴むも、枕崎に14回7対8で敗れ県8強で敗退。
 翌2年春の新型コロナ開催中止を乗りこえ、同夏の県大会で31回連続0封の好投をみせた。
 プロ注・桑原ら擁する神村と準決でぶつかり、6回0封、7.1回6失点KOで敗戦。
 地区代表決定戦から県準々にかけて3戦連続完封(鹿工・伊高・れいめい)を記録している。
 2年時秋の県大会で準優勝を飾るも、東明館に2‐3で敗れ九州1回戦で敗退。
 翌3年6月の練習試合で最速145㌔を計測し、同年夏に5年ぶりとなる県制覇を成し遂げた。
 全6試合をほぼ一人で投げ、計47.2回50K、5完投3完封、防御率1.13を記録。
 決勝・鹿児島実業戦(7対0)で、9回118球、7安打無四球、8奪三振完封勝ちを収めている。
 続く本大会初戦・三重高校戦で、9安打3K、0対2完投のホロ苦全国デビュー。
 小雨の中での投球となった序盤4回で2点を失い、打線振るわず7安打完封負けで敗退となった。
 OBに戸田隆矢(広島11年3位)、浜屋将太(西武19年2位)ら。

 175cm76kg、経験豊富な最速145㌔左腕。
 セットポジションからタメて軽く重心を下げ、早めに着地し、テイクバック小さく肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔、常時130中盤から後半の直球と、120㌔前後のスライダー、
 110㌔前後のカーブ、90㌔台のスローカーブ、110㌔強のチェンジアップ、120㌔台のスプリット。
 ボールの出所に見づらさのある好左腕。ストレートと変化球との緩急で翻弄する。
 3年時夏の予選6試合47.2回で50三振を奪い、5四死球7失点、防御率1.13の好成績を残した。
 ※ 常時球速は高3夏鹿児島大会での数字。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-01-19 (Wed)|2025年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑