布施 東海(二松学舎大付)|ドラフト・レポート

布施 東海(二松学舎大付)

ここでは、「布施 東海(二松学舎大付)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



171cm73kg 左左 MAX139km スライダー・カーブ・チェンジ
プロ注目の小柄な好左腕。変化球の制球で評価を獲得。直球に変化球を交えてテンポ良く投じる。
最終更新日:2021-11-18 (Thu)|2022年高校生投手 コメント(0)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21春(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   東京1回戦:小平高校 先   7          0封
     3回戦:佼成学園 先   6          2
     準々決:大森学園 先  4.2          6
                17.2          8 防4.08(失点から算出)

   21夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   予選4回戦:高島高校 先   7  5  7  0  0封
     準々決:淑徳高校 先   6  3  9  2  1
     準決勝:帝京高校 先  3.2  3  1  3  1
                16.2  11  17  5  2 防1.08(失点から算出)
             被安打率5.94 奪三振率9.18 四死球率2.70

  最新記事

 ■ 二松学舎大付・布施、力投もあと1死でサヨナラ許す(日刊) 21/11/7

 18年ぶりの優勝を目指した二松学舎大付は、悲願まであと1死で逆転サヨナラ負けを喫した。先発の布施東海投手は力投をみせたが、最後に試練が待っていた。準決勝で日大三相手に14得点を奪った打線を、8回まで1失点に封じ込んだ。しかし9回、2死満塁のピンチを招くと、4番の成田陸内野手に甘く入った初球のカーブを右越えへ運ばれ、走者を一掃された

   21秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   東京1回戦:錦城高校     3  1  2  2  1
     2回戦:早大学院 先   5  5  6  1  1 
     3回戦:安田学園 先   9  8  6  2  3
     準々決:狛江高校 先  7.2  5  11  2  2 137㌔
     準決勝:関東第一 先   7  4  2  4  1 139㌔
     決勝戦:国学久我 先  8.2  11  4  2  4 136㌔ ※3-4サヨナラ 
                40.1  34  31  13  12 防2.68
             被安打率7.59 奪三振率6.92 四死球率2.90

 ■ 二松学舎大付エース布施 8回途中11奪三振(スポニチ) 21/10/31

 二松学舎大付属のエース布施東海投手が7回2/3イニングを5安打2失点に抑え、チームを秋4強に導いた。4回に先制点こそ許したが、尻上がりに調子を上げ、降板するまで計11三振を奪った。「直球の最速を140キロ台にしたい」。この日は自己最速を更新する137キロを計測。もう一息だ。

 ■ ネクスト大江2世現る 二松学舎大付・布施東海が7回完封勝利(報知) 21/7/23

 今大会初登板で初先発の左腕・布施東海投手(2年)が5安打無四球7奪三振で7回コールドの完封勝利を飾った。直球を軸にカーブを折り混ぜ、83球を投げきり、チームを5回戦進出へ導いた。市原勝人監督からは「(同校OB)大江(竜聖、現巨人)や秋山と比べても、変化球で一番、三振が取れる。あとは体力が必要」と期待を寄せられている。そんな好素材はベイスターズジュニア出身。視察に訪れていたDeNA・河原スカウティングディレクターからは「コントロールが乱れることが無く、腕の振りもしっかりしているゲームメイクができて楽しみな選手。これからが楽しみ」と評価を受けた。
 直球は130キロ台だが、カーブ、チェンジアップなど変化球は多彩で、この日無四球と制球に苦しまないのが持ち味。(SANSPO)

  プロフィール

 神奈川県大和市出身。
 布施 東海(ふせ・とうかい)投手。
 小6の時に横浜ベイスターズJr.入りを果たし、光丘中時代は世田谷南ボーイズに所属。

 二松学舎大付では1年時夏から控えとしてベンチ入り。
 翌2年春の大会で先発として登板機会を掴み、都初戦・小平戦で7回7-0完封勝利を収める。
 2年生で夏大デビュー(#10)を果たし、エース・秋山らとともに3年ぶりVを達成。
 全6戦中3戦、計16.2回に先発として登板し、4回戦・高島戦で7回無四球完封を記録した。
 2年時秋の予選でエースの座を掴み、全6試合登板で都決勝(準V)まで進出。
 準決勝・関東第一戦(7回4安打2K1失点)で自己最速を2㌔更新する139㌔を計測している。
 2学年上に秋広優人山田将義、1学年上に秋山正雲ら。

 171cm73kg、プロ注目の小柄な好左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、クロス気味に肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速139㌔、常時130㌔前後から130㌔前半(先発時)のストレートと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、100㌔前後のスローカーブ、110㌔台の外チェンジアップ。
 2年生の春から先発投手として活躍、同年秋の新チームでエースの座を掴んだ。
 市原監督から変化球の制球で高評価を獲得。直球に変化球を交えてテンポ良く試合を作る。
 被安打率7.59、奪三振率6.92、四死球率2.90。

  スカウトコメント

DeNA・河原スカウティングディレクター|21/7/24
 「コントロールが乱れることが無く、腕の振りもしっかりしている。ゲームメイクができて楽しみな選手。これからが楽しみ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021-11-18 (Thu)|2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑