伊波 孝(日立製作所)|ドラフト・レポート

伊波 孝(日立製作所)

ここでは、「伊波 孝(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm78kg 右右 MAX141km カーブ・スライダー・シンカー・チェンジ・シュート
沖縄水産→国際武道大 7年目
右サイドから130㌔台後半の直球と多彩な変化球。東京スポニチ大会で新人賞。

  動 画


投球成績

■ 社会人成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   08日: 2 8.1  4  3  1  1 
         1  1  0  0  0 七十七銀行
        7.1  3  3  1  1 東邦ガス
   09都: 3 7.2  4  10  5  1
         3  1  3  1  0 沖縄電力
         4  3  6  4  1 七十七銀行
        0.2  0  1  0  0 NTT東日本
   通算: 5  16  8  13  6  2 防1.13
     被安打率4.50 奪三振率7.31 四死球率3.38

■ 大学時代成績

      登板  勝敗  回数 自責 防御率  
   05秋以前不明
   06春:  6 4勝0敗 39.2  7  1.59
   06秋:  5 5勝0敗  37  3  0.73
   07春:  7 5勝1敗  55  10  1.64 
   07秋:  7 5勝1敗  49  9  1.65
   通算: 25 19勝2敗 180.2  29  1.44
     ※ 06秋07春最多勝 06春秋奪三振王
 
  06選手権:2試合 1勝1敗 15.2回 被安10 奪三15 四死0 自責1 防御率0.57
                被安打率5.74 奪三振率8.62 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 日立製作所“沖縄リレー”で沖縄電力封じ(スポニチ) 09/8/27

 日立製作所勝利の瞬間、最後のガッツポーズは控えめだった。沖縄出身の伊波は、初の東京ドームマウンドで沖縄電力相手に勝ち「ネットで沖電をチェックしていたし、知り合いも多い。沖縄をもっとPRしたいというのもありますし…」と複雑な表情だった。先発は国際武道大の3年先輩で同じ沖縄出身の比嘉。2点リードの7回からマウンドを受け継いだ2年目右腕は、サイドから3回を無失点。“沖縄リレー”で郷土代表チームの前に立ちはだかった。故郷を離れて6年になる伊波だが、野球部寮の自室には沖縄の守り神・シーサーを置き、カラオケはBEGINを中心に沖縄ソングを歌うなど郷土愛は忘れていない。30度目の出場の古豪も、都市対抗は過去4強が最高で決勝進出もない。「沖電のみんなの分も頂点に立たないと」。伊波は2チーム分の思いを背に初の頂点を目指す。

 ■ 日本選手権 日立、8強進出 投手戦制し東邦ガス降す(毎日jp) 08/11/21

 東邦ガスとは今夏、都市対抗の開幕戦で戦い惜敗した。二回表、4番の中村良憲選手が四球で出塁。田中政則選手の右前打でチャンスを広げ、相手投手の暴投の間に1点を挙げた。先発の伊波孝投手は、抜群の制球力と、打者の手元で変化する球を駆使して凡打の山を築いた。八回裏に本塁打で同点とされた直後、エースの比嘉幹貴投手が登板。後続を絶ってリズムを作る。九回表、2死二、三塁から代打の高倉拓真選手が左中間に2点二塁打を放つと、スタンドから大歓声が上がった。

過去記事

 ■ 宿敵との決戦に好投--大卒ルーキー・伊波孝投手(毎日jp) 08/7/2

 日立製作所が宿敵・住友金属鹿島との決戦のマウンドを任せたのは大卒ルーキーの伊波孝投手(23)だった。「打者に向かっていく気迫がある」という鈴木信人監督の言葉通りの度胸のよい投球で、横手から打者の手元で揺れる変化球がさえた。七回途中まで橋本博行選手に打たれた本塁打による2点に抑え、エースの比嘉幹貴投手につないだ。

 ■ 日立製作所 伊波11回完封(スポニチ) 08/3/22

 日立製作所は、先発した1年目の伊波が延長11回を5安打8奪三振で完封。昨夏の都市対抗を制した東芝から金星を挙げた。「向こうの打ち損じじゃないですか」と謙そんするが、監督として初のベスト8に、鈴木監督は「調子がいいから先発させた」としてやったりの表情。サヨナラ打を放った村山も「新人を助けたかった」とホッとしていた。

  プロフィール

 沖縄県うるま市生まれ。
 伊波 孝(いは たかし)投手。
 小学1年から野球を始め中学時代は石川ポニーに所属し投手兼遊撃手。
 沖縄水産では2年秋からエース。3年夏は1回戦敗退。甲子園出場経験は無し。
 国際武道大進学後2年間は活躍できず2年秋リーグ戦終了後にオーバースローからスリー
 クォーターに転向し飛躍。3年春季リーグでは4勝無敗、優勝に導き奪三振王のタイトルを獲得。
 全日本大学野球選手権でも2試合15.2回で15奪三振。ベスト8進出。
 2年間で19勝(4敗)、2度の最多勝、2度の奪三振王に輝いた。

 日立入社後はスポニチ大会・東芝戦で公式戦初登板。
 11回5安打完封デビューを飾り新人賞受賞。
 都市対抗予選ではプレーオフとなった第2代表決定戦、住友金属鹿島戦で6回2失点。
 日本選手権では都市対抗で敗れている東邦ガス相手に7.1回1失点の好投。

 右サイドから常時130㌔台後半のキレの良い直球。
 落差のある球、小さく変化する球など緩急差ある多彩な変化球を駆使しコントロール良く
 打たせて取る投球に持ち味。打者に向かう気迫、体の強さも魅力。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2009年02月27日(金)|退団・引退・進路不明など | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑