三宅 海斗(苅田ビクトリーズ)|ドラフト・レポート

三宅 海斗(苅田ビクトリーズ)

ここでは、「三宅 海斗(苅田ビクトリーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm78kg 右右 捕手 西日本短大付 1年目
通算22発、長打力ある4番・捕手。高3夏の県大会7試合で2発、5回戦・愛真戦で右3ランを放った。
最終更新日:2022-02-19 (Sat)|2024年社会人野手 コメント(0)

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   21夏: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 3 0  .750  .000(4番/捕)
   通算: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 3 0  .750  .000

高校時代打撃成績

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   21夏福岡: 7 .455 22 10 4 0 2 11 4 8 0  .600  .909(4番/捕)

  最新記事

 ■ 西日本短大付 プロ注目の三宅、3出塁も無安打(スポニチ) 21/8/20

 西日本短大付の4番・三宅海斗捕手の父・勉さんは同校OBで90年4強に貢献した選手だ。そんな父が一塁側のスタンドから見つめる中、三宅は3四球で出塁。8回は無死一塁で併殺打に倒れた。「期待に応えられなかった。負けて悔しい。父には今まで支えてくれてありがとうと言いたい」と話した。

   【二塁送球タイム】21夏甲子園2回戦:2秒10(6回)
   【一塁到達タイム】21夏甲子園2回戦:8回4秒65(三併)

 ■ 甲子園行き西短付に頼れる主軸(西日本スポーツ) 21/7/27

 西日本短大付の頼れる3、4番が大嶋を援護した。4番三宅は初回2死二塁で浮いたチェンジアップをたたいて先制の左前打7回には左翼フェンス直撃の二塁打を放つなど3安打2打点の活躍を見せた。三宅は「甲子園ではつなぐ野球で父が成し遂げた4強を超えたい」と全国での活躍を誓った。

 ■ 西日本短大付・三宅「狙っていた」22号3ランで快勝導く(日刊) 21/7/20

 楽天浅村を手本にする西日本短大付の4番・三宅海斗捕手が高校通算22号となる3ランで快勝に導いた。6回1死一、三塁。直球を「狙っていた。前の打席で体が開いたので右を意識した」と、豪快に右翼スタンドに運んだ。プロ注目スラッガーの4打数3安打4打点の活躍を中心に、チームは14安打12得点で圧勝。守ってはエース大嶋柊投手を好リードした。

過去記事

 ■ 西日本短大付・林と三宅で3安打3打点(日刊) 21/7/13

 西日本短大付は、プロ注目コンビの林直樹内野手と三宅海斗捕手が計3安打3打点と活躍。4番三宅は3回に高校通算21号となるソロアーチ。「狙って打ちました。打った瞬間に分かりました」。高校通算10本塁打の3番林直も、0-1の1回に中越え同点適時二塁打を放った。

 ■ 西短付引っ張るプロ注目の遊撃手・林直樹&17発の三宅海斗(西スポ) 21/7/1

 2年前の福岡大会で準優勝だった西日本短大付はプロ注目の遊撃手林直樹と高校通算17本塁打の強打者三宅海斗がチームを引っ張り2年前の悔しさを晴らす。4番捕手の三宅は通算本塁打17本で勝負強さが持ち味。三宅は「走者がいたら、しっかり仕事をしたい。配球を読んで確実に捉えることを意識している」とリードする捕手ならではの視点で打席に立つ。

  プロフィール

 大阪府堺市出身。
 三宅 海斗(みやけ・かいと)捕手。
 土師小1年生の時からソフトボールを始め、東百舌鳥中では堺Bonds Youngで捕手。

 西短進学後1年生の夏(県準V)はベンチ外。
 2年時秋の新チームで正捕手の座を掴み取り、主戦・大嶋柊とのバッテリーで県3位進出を飾る。
 通算22発の強打でプロからも注目され、3年時夏に11年ぶりの県制覇を達成。
 全7戦4番・捕手スタメンで10安打6長打を放ち、打率.455、2発11打点の好成績を記録した。
 3回戦・糸島高校戦で左翼スタンド(両98m)に叩き込む飛距離十分のソロ弾。
 プロ注・稲川と対戦した5回戦・愛真戦でライトへのダメ押し3ラン(外高め直球)を放っている。
 続く本戦初戦で二松学舎大付と対戦し、投手戦の末に0-2完封負けで敗退。
 左腕・秋山から3四球を選ぶも後続が凡退し、自身も8回無死1塁の第4打席で併殺に倒れた。
 同期にエース・大嶋柊投手、3番・林直樹遊撃手ら。

 175cm78kg、強打のプロ注目キャッチャー。
 振り切るスイングではじき返す右の強打者。高校通算22本塁打の長打力で4番打者を務める。
 勝負強い打撃で打線を牽引。2年時秋の新チームで正捕手の座を獲得した。
 3年時夏の県大会3回戦・糸島戦で左越えソロ、同5回戦・愛真戦で右越え3ランを放っている。
 3番・林直樹とのプロ注クリーンアップで活躍した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-02-19 (Sat)|2024年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑