黒木 優(長崎国際大)|ドラフト・レポート

黒木 優(長崎国際大)

ここでは、「黒木 優(長崎国際大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm78kg 右右 MAX147km スライダー・カット・スプリット・チェンジ 九州文化学園
プロ注目の最速147㌔右腕。高3春に最速147㌔を計測、創成館戦で6回3失点の力投を披露した。
最終更新日:2022-04-14 (Thu)|2025年大学生投手 九州地区大学 コメント(0)

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21春(背番号20)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:創成館高 先   6          3 147㌔

  最新記事

 ■ 九州文化学園・黒木、海星相手に奮闘も7回途中5失点で降板(スポニチ) 21/7/15

 九州文化学園は今秋ドラフト候補の黒木優投手が今大会初先発。6回2/3を8安打5失点で降板し、チームも4―5で海星に敗れた。最速147キロ右腕だが、この日の最速は140キロどまりだった。スライダー、カットボールなども駆使して封じた。0―1の4回には右越えに逆転の適時二塁打を放つなど、打者としても躍動したが6回、7回に攻略された。年明け前に、右肘を剥離骨折。3~4カ月離脱し今春から投球を再開した。この日も阪神ヤクルトオリックスなど8球団が視察。ロッテの永野吉成スカウト部長は「フィジカルが整備できればコントロールに苦労する投手ではないので楽しみ」と評した。進路については「これから考えていきたいと思います」と話した。

   21夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:海星高校 先  6.2  8  4  4  5 140㌔
              6.2  8  4  4  5 防2.70
          被安打率10.80 奪三振率5.40 四死球率5.40

   【県大会登板】高1秋2試合、高2秋2試合、高3春1試合、高3夏1試合

 ■ 九州文化学園・黒木優 スカウト評は「九州ナンバーワンの素材」(西スポ) 21/6/30

 九州文化学園の黒木優もプロ注目の本格派だ。九州文化学園のエース黒木は今春の長崎大会で一気に評価を高めた。創成館との2回戦で、切れのある直球は最速143キロを計測。試合は敗れたものの、スライダーやカットボールも交えた投球に、スカウト陣も「九州では一番の素材かもしれない」と目を見張った。中学まで内野手で、本格的に投手を始めたのは高校入学後ながら、現在の最速は147キロ。「150キロ出せる投手になりたい。プロを目標に頑張りたい」と全力アピールを誓う。「波があるので、安定した投球ができるようにしたい。制球力が課題」。エースは高校最後の夏を見据えた。

 ■ 高校野球長崎大会 選抜初出場の大崎リード(西スポ) 21/6/19

 昨秋の九州大会を制して選抜大会に初出場した大崎がリードする。プロも注目する本格派右腕の黒木優を擁する九州文化学園やノーシードから挑む創成館は力がある。
 最速147キロ右腕・黒木を擁する九州文化学園がダークホース。(報知)

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 黒木 優(くろき・すぐる)投手。
 大原小4年時から大原ボーイズで野球を始め、原中央中学校では城南サンBで主にショート。

 九州文化学園では2年生のオフに肘の剥離骨折を経験。
 翌3年春の県大会に背番号20番として出場し、2回戦・創成館高戦で最速147㌔を計測した。
 6回表まで3失点と試合を作るも打線の援護に恵まれず0-5完封負けで敗退。
 夏前6月に行われたNHK杯初戦・大村工戦で、5安打9四死球、3-1完投勝利を収めている。
 3年時夏の長崎大会(#1)は4強校・海星に4対5再逆転で敗れ2回戦で敗退。
 プロ8球団のスカウトが集結したが、最速140㌔にとどまり、6.2回8安打、4K5失点でKOとなった。
 2学年上のチームメイトとして最速148㌔右腕・山科颯太郎ら。

 184cm78kg、プロ注目の最速147㌔本格派右腕。
 セットポジションから膝を引き上げて重心を下げ、クロス気味にヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速147㌔、常時130㌔台前半から後半(3年時夏)のストレートと、
 110㌔台から120㌔強の縦のスライダー、120㌔前後のカットボール、110㌔台のチェンジアップ。
 角度ある真っ直ぐと縦スラとのコンビネーションが持ち味。制球にバラツキが残る。
 身体能力の高さも魅力の一つ。1年時冬の地区野球部競技会・三段跳びで優勝をはたした。
 最終的な目標はプロ入り。現時点での実績は乏しい。

  スカウトコメント

阪神・前田忠節スカウト|21/7/28
 「良いときに比べれば、半分くらいの力だったけど、試行錯誤して投げている感じだった。伸びしろはある。今から変わってくることを期待したい」
日本ハム・林孝哉スカウト|21/7/28
 「注目されるプレッシャーもあっただろうけど、素材は良いものを持っているので、ここからリセットできると思います。これから練習することでどう変わるか、確認していきたい存在」
ロッテ・永野吉成スカウト部長|21/7/15
 「フィジカルが整備できればコントロールに苦労する投手ではないので楽しみ」
プロスカウト|21/6/17
 「九州地区の高校生では最高評価」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-04-14 (Thu)|2025年大学生投手 | 九州地区大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 九州地区大学 コメント(0) Page Top↑