藤田 貴志(龍谷大)|ドラフト・レポート

藤田 貴志(龍谷大)

ここでは、「藤田 貴志(龍谷大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



藤田 貴志(龍谷大)

171cm68kg 左左 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ・ツーシーム・カット 金津高校
プロ注目の小柄な145㌔左腕。高2秋の県大会2回戦・科学技術戦で8回20奪三振の快投を見せた。
最終更新日:2022-02-02 (Wed)|2025年大学生投手 関西六大学 コメント(0)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(背番号18)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:坂井高校 先   4  3  0  2  0

   19夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:足羽高校     2  1  2  0  0
   準々決:福井商業    2.1  2  1  2  2
              4.1  3  3  2  2 防4.15(失点から算出)
           被安打率6.23 奪三振率6.23 四死球率4.15

   19秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:大野高校 先   9  5  6  2  0封
   2回戦:科学技術 先   8  8  2  1  0封
   準々決:羽水高校 先   8  6  7  5  2
               25  19  15  8  2 防0.72(失点から算出)
           被安打率6.84 奪三振率5.40 四死球率2.88

   20夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:敦賀工業 先   9  7  7  1  2
   準々決:福井商業 先   7  9  2  3  5
               3  3  0  0  5 ※12回TB12-18で敗戦
               19  19  9  4  12 防3.79
           被安打率9.00 奪三振率4.26 四死球率1.89

   20秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:勝山高校 先   4  2       0
   2回戦:科学技術 先   8  2  20  1  0封
   準々決:敦賀気比 先   2  5       4
               14  9       4 防2.57(失点から算出)

  最新記事

 ■ 138球熱闘、金津・藤田貴志が急成長(中スポ) 21/7/19

 金津はプロ注目左腕・藤田貴志投手が1失点、7奪三振で完投し、初の決勝進出を決めた。7回途中には脚がつるアクシデントに見舞われながらもエースとして最後までマウンドを守り抜いた。昨年11月にコーチの勧めもあってサイドスローに転向。「投げてみたら思った以上に投げられた」と感触は良好だった。試合では打者との間合いを計りながらオーバーでの投球も器用に織り交ぜる。

   21夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:鯖江高校 先   9  5  10  0  1 141㌔
   2回戦:敦賀工業 先   8  3  9  0  0
   準々決:3校連合 先   7  5  6  1  0封
   準決勝:啓新高校 先   9  7  7  3  1 140㌔
   決勝戦:敦賀気比 先  4.2  5  1  5  3
               1  5  0  0  3
              38.2  30  33  9  8 防1.86
           被安打率6.98 奪三振率7.68 四死球率2.09

 ■ 「越前のドクターK」金津・藤田が10K、1失点完投(スポニチ) 21/7/11

 今秋ドラフト候補の金津・藤田貴志が5安打10奪三振で1失点完投。6月、日本テレビ系「Going!」内の「亀梨和也 魔球プロジェクト」で巨人・菅野のスライダーの握りを真似してみたところ、偶然にカットボールを習得。この日も効果的に使い、鯖江打線に的を絞らせなかった。
 広島のスカウトが視察する前で100キロ台のカーブを駆使し、最速141キロの直球と約40キロ差の緩急を操ってタイミングを外した。(スポニチ)

 ■ 藤田(金津)にプロ注目 昨秋20奪三振記録(中日新聞) 21/4/5

 金津の藤田貴志は、今年注目の好投手だ。昨年九月十九日。科学技術との県大会二回戦は、スピンの効いた130キロ中盤の速球が次々と低めに決まった。八回コールドゲームながら、敦賀気比高時代の内海哲也(西武)、山田修義(オリックス)がマークした20奪三振の記録に県立高の同じ左腕が並んだ。福井市川西中出身。当時から直球の質が良く、高校野球関係者は「軟式なら藤田が一番」と口をそろえた。昨秋以降、プロ五球団が視察に訪れた。本人は「20奪三振よりも準々決勝で敦賀気比に打たれて力不足を痛感した」と、悔しさを糧にこの冬も走り込んだ。体重は五キロ増え、変化球の精度も向上高卒でのプロ入りと、同校初の甲子園の夢をどっちもかなえてみせる。
 8強入りした秋から球速が8キロ増し、春に145キロに到達。(報知高校野球21年7月号)

  プロフィール

 福井県福井市出身。
 藤田 貴志(ふじた・たかし)投手。
 鶉小1年生の時からソフトボールを始め、川西中学校では軟式野球部に所属。

 金津高校では1年生の春から背番号18でベンチ入り。
 1年時秋の予選(県8強)で主戦の座を掴み、県1・2回戦(大野・科技)で2戦連続完封を飾る。
 翌2年夏の県大会(8強)で福井商とせり合うも粘投及ばず12回12-18で敗戦。
 肩のケガ(初戦で発症)もあって本調子を欠き、計10イニングで12安打10失点と打ちこまれた。
 大会後、2年生の8月までを登板無く終え、同年9月の県大会から戦線に復帰。
 8回コールド勝ちを飾った2回戦・科技戦で、毎回20奪三振、2安打完封の快投を演じている。
 続く準々決勝で強豪・敦賀気比と当たり、2回4失点ノックアウト、2対8で敗戦。
 その後、コーチの勧めでスリークォーターに変え、一冬こえて最速8㌔アップの145㌔を計測した。
 3年時夏の予選は敦賀気比に0‐7(計5.2回10安打1K6失点)で敗れ準優勝。
 いずれも先発で全5試合、計38.2回を投げ、3完投1完封、33K8失点、防1.86の粘投をみせた。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 171cm68kg、小柄なプロ注目スリークォーター左腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに左肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔の直球と、スライダー、カーブ、チェンジ、2シーム、カットボール。
 切れの良い最速145㌔の真っ直ぐが持ち味。1年時秋から背番号1番の主戦投手を務める。
 肩のケガを克服して2年時秋の県大会2回戦・科技戦で8回20奪三振を記録。
 2年生の冬に行った走り込みで体重を5kg増やし、自己最速8km/hアップの急成長を果たした。
 打撃センスを生かして打者としてもチームに貢献する。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-02-02 (Wed)|2025年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑