中嶋 太一(桐光学園)|ドラフト・レポート

中嶋 太一(桐光学園)

ここでは、「中嶋 太一(桐光学園)」 に関する記事を紹介しています。
夏甲子園/V校予想 プロ志望(高校/大学) 指名選手 選手権/都市対抗
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm84kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・フォーク
最速148㌔直球を持つプロ注目右腕。3年時春に関東4強進出、34.2回16K17失点の粘投を見せた。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号19)      回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈決勝戦:東海相模     1  1  0  0  0

   20秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈2回戦:川和高校 先   9  7  13  2  0封
     3回戦:日大高校    4.2  4  6  3  2
     準々決:鎌倉学園 先   5  5  5  5  6 ※2対7で敗戦
                18.2  16  24  10  8 防2.89
            被安打率7.71 奪三振率11.57 四死球率4.82

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈3回戦:城山高校     1  1  1  0  0
     4回戦:弥栄高校 先   6  7  3  2  1
     準々決:横創学館 先  5.2  5  2  2  3 
     準決勝:横浜高校 先   8  4  3  1  1
     決勝戦:東海相模 先   4  7  2  3  4 ※3対4で敗戦
   関東2回戦:日大三高 先  5.1  10  2  2  7
     準々決:関東学付     4  0  3  0  0 146㌔(プロ計測)
     準決勝:専大松戸    0.2  3  0  1  1
                34.2  37  16  11  17 防3.63
             被安打率9.61 奪三振率4.15 四死球率2.86

  最新記事

 ■ 中日スカウトも評価 桐光学園148キロ右腕パーフェクト救援(中スポ) 21/5/17

 桐光学園の中嶋太一投手が144キロもマークした直球とフォークを低めに集め、6回から4イニングをパーフェクト投球。7失点した日大三戦から中1日で修正した。「夏までにアベレージで145キロを出したい」と誓う148ロ右腕を、中日の小山スカウトは「ストレートが力強い」と評価した。

   21夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈3回戦:武相高校 先   4  2  5  3  0
     5回戦:慶應義塾    1.2  2  0  2  2
                5.2  4  5  5  2 防3.18
             被安打率6.35 奪三振率7.94 四死球率7.94

 ■ 桐光学園・中嶋太一 東海大相模を封じたウイニングショットでプロへ(スポニチ) 21/4/17

 3月にセンバツ出場を控える東海大相模との練習試合に登板し、5回を無安打無失点に封じる快投を見せた。自己最速タイの146キロを計測した直球に落差の大きなフォークを組み合わせた。1年時は故障続きで、昨秋に初のベンチ入り。桐光学園の大魔神は「夏までに150キロを出せるように。しっかり活躍できて、目にとまることがあればプロに行きたい」。まずは神奈川の一番を目指す。

  プロフィール

 東京都世田谷区出身。
 中嶋 太一(なかしま・たいち)投手。
 駒繋小2年の時から軟式チームで野球を始め、駒留中時代は世田谷西シニアで全国制覇。
 小学6年生の時に読売ジャイアンツJr.チーム入りを果たした。

 桐光学園では1年時秋から背番号19でベンチ入り。
 翌2年夏の県独自大会をメンバー外としてすごし、2年時秋の予選(県8強)からエースを務める。
 その後、オフの練習で146㌔腕へと成長し、3年生の春に関東4強進出を達成。
 主に先発で全9試合中8試合、計34.2回を投げ、37安打16K、防御率3.63の粘投をみせた。
 8得点の大量援護を受けた県準決・横高戦で8回4安打8-1完投勝ちを記録。
 連投で翌決勝・東海大相模戦に先発したが、4回4失点と振わずチームも3-4でV逸となった。
 続く関東準々・関東学附戦(1対0)で、最速146㌔(プロスピードガン)を計測。
 0-0の6回表から2番手としての登板で、4回ノーヒット、3三振無失点の好リリーフを演じている。
 3年時夏の県大会(第1シード)は慶應義塾高校に3-8で敗れベスト16で敗退。
 2‐3の6回表から2番手で起用されたが、制球に苦しみ、1.2回2四球2失点でノックアウトとなった。
 1学年上のチームメイトとして安達壮汰(現法政大)ら。

 181cm84kg、最速148㌔直球を持つプロ注目右腕。
 セットから足を引き上げて前傾して重心を下げ、クロス気味に肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速148㌔(3年時春に計測)の真っ直ぐと、スライダー、カーブ、フォークボール。
 真っ直ぐを持ち味とする本格派の右腕。直球を内外に投げ込み、スライダー、フォークを交える。
 遠投110メートル、50m6秒6。2年時秋の奪三振率4.15。

  スカウトコメント

中日・小山スカウト|21/5/18
 「ストレートが力強い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年07月26日(月)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑