松田 和真(東洋大)|ドラフト・レポート

松田 和真(東洋大)

ここでは、「松田 和真(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松田 和真(東洋大)

180cm85kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ 花咲徳栄
最速145㌔の直球とスライダー。高3春になってエースの座を獲得、7試合27回を26K5失点に抑えた。
最終更新日:2022-01-13 (Thu)|2025年大学生投手 東都大学 コメント(0)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   20秋(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 自責
   埼玉2回戦:蕨 高 校     1  0  1  0  0

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   埼玉2回戦:南稜高校 先   3  1  6  0  0
     3回戦:叡明高校 先   3  0  7  1  0
     準々決:春日共栄 先   4  1  2  2  1
     準決勝:上尾高校 先   5  3  2  0  0
   関東1回戦:東海甲府 先   4  2  3  1  0
     2回戦:佐野日大 先   7  4  6  4  1
     準々決:常総学院 先   1  4  0  1  3
                 27  15  26  9  5 防1.67
             被安打率5.00 奪三振率8.67 四死球率3.00

  最新記事

 ■ 花咲徳栄のエースは道産子 十勝出身・松田、公式戦初完投(スポニチ) 21/7/20

 花咲徳栄の松田和真は西武台に10安打を浴びながら8三振を奪い、公式戦初の完投勝利。「甲子園で一番を獲るにはここしかない」と北海道から花咲徳栄に進学した。当初は「比べものにならないほど暑い」という夏に苦戦。走り込みで鍛え、この日は気温35度の中で122球を投げきった

   21夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   埼玉3回戦:春日部東     1  0  1  0  0
     4回戦:西武台高 先   9  10  8  2  1
                 10  10  9  2  1 防0.90
             被安打率9.00 奪三振率8.10 四死球率1.80

 ■ 花咲徳栄プロ注目180cm右腕の松田和真、入学から球速5キロUP(中スポ) 21/5/4

 花咲徳栄はプロ注目の道産子右腕・松田和真投手が5イニングを3安打2奪三振の無失点に抑え、快勝につなげた。最大の武器は最速144キロの直球。昨秋のエースがけがでベンチを外れて、今春は背番号1をもらった。指先を強化するなどして入学時から球速は約5キロアップした。「まだまだ伸びると思っている。いずれは150キロを出したい」と将来のプロ入りも視野に入れた。

 ■ 花咲徳栄のエース右腕・松田が3回7K(報知) 21/4/30

 花咲徳栄が2試合連続の5回コールド勝ちで準々決勝に進んだ。投手はのべ4人が投げて被安打2、無失点。その中心になるのが、先発したエース・松田和真だ。180センチ、85キロの右腕は最速144キロを誇るストレート、キレのあるスライダーで3イニングを無安打、1四球で無失点。4者連続を含む7三振を奪ったが「ストレートが浮いてしまったので、もっと低めに集めたかった」と反省した。打っては初回、左翼席にライナーで飛び込む高校通算2本目のソロ本塁打を放った。

  プロフィール

 北海道紋別市出身。
 松田 和真(まつだ・よしまさ)投手。
 潮見小2年生の時から軟式の野球を始め、中札内中時代はとかち帯広シニアに所属。
 小6で日本ハムジュニア、中2で道選抜入りを果たした。

 花咲徳栄では2年時秋から背番号11でベンチ入り。
 3年時春の県大会で主戦の座を掴み取り、4試合15回1失点、防0.60の活躍で準優勝を飾る。
 3回戦・叡明高戦(5回10対0)で、4者連続含む3回7K、左越え2号ソロを記録。
 実績少なめながら自己最速を145㌔まで伸ばし、スカウトからも注目される存在へと浮上した。
 関東ベスト8で埼玉1位・浦学とぶつかり、1回3失点ノックアウト、8対10で敗退。
 同2回戦・佐野日大戦(7対4)で自己最長7回を4安打6K1失点に抑える粘投を演じている。
 3年時夏の県大会は山村学園に5‐6サヨナラ(登板なし)で敗れ5回戦で敗退。
 先発救援で全4戦中2試合のマウンドに上がり、4回戦・西武台戦で3‐1初完投勝利を挙げた。
 2個上に韮澤雄也、1個上に井上朋也、同期に浜岡陸ら。

 180cm85kg、プロ注目のスリークォーター右腕。
 ノーワインドからゆっくり始動してタメを作り、重心を下げ、クロスして肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔の直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球。
 2年生の秋になって背番号11番でメンバー入り、3年時春の県大会で主戦投手の座を獲得した。
 2年時秋7試合27回で、奪三振率8.67、四死球率3.00。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-01-13 (Thu)|2025年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑