菊田 翔友(享栄)|ドラフト・レポート

菊田 翔友(享栄)

ここでは、「菊田 翔友(享栄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



菊田 翔友(享栄)

183cm86kg 右右 MAX146km スライダー・スプリット
最速146㌔直球を持つプロ注目右腕。打撃も持ち味の一つ。2年時秋の県大会で145㌔を計測した。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   20秋(背番号12)      回数 被安 奪三 四死 失点
   愛知2回戦:愛知高校    4.2  7       3 145㌔
     準々決:東邦高校 先  4.2  5       2
                 9.1  12       5 防4.82(失点から算出)
                          被安打率4.82

  最新記事

 ■ 8カ月ぶりに公式戦先発の享栄・菊田 4回途中4失点降板(中スポ) 21/5/24

 享栄は約8カ月ぶりに公式戦先発となるプロ注目最速146キロ右腕、菊田に決勝の先発を託したが、被安打6、4失点(自責3)で4回途中で降板。「悪くはなかったけど、球が全体的に浮いていた」と準優勝に悔しさをにじませた。昨秋の県大会・東邦戦で右肘を痛め、内側側副靱帯損傷と診断された。4月に投球を再開したばかりだが、直球は141キロを計測するなど片りんは見せた。

   21春(背番号13)      回数 被安 奪三 四死 自責
   東海決勝戦:掛川西高 先  3.2  6  6  2  3 141㌔ ※1対5で敗戦

 ■ 準Vの享栄、プロ注目の肥田が自己最速更新の149キロ(中スポ) 21/5/2

 享栄の肥田優心投手が自己最速を更新する149キロをマーク。エース・竹山、右肘を痛めて今大会はメンバー外だった菊田の両ドラフト候補とともに切磋琢磨するプロ志望の背番号10。
 NPBスカウトからも注目を集める3投手だが、昨秋の背番号は全員2ケタ。それぞれが万全の体調ではなく、エース番号を着けられなかった。(週刊ベースボール)

  プロフィール

 愛知県名古屋市出身。
 菊田 翔友(きくた・とわ)投手。
 村雲小1年時から軟式の野球を始め、円上中時代は東山クラブで全国8強。

 享栄高校では1年生(#13)で夏の予選ベンチ入り。
 1年時秋の予選で4番レフトとして出番を掴み、3回戦・豊工戦でコールドを決める2塁打を放つ。
 翌2年春の大会でコロナ中止を経験し、夏の県大会は3年生のみでメンバー外。
 2年生の秋から背番号11で再びベンチに入り、先発・救援で県大会3戦中2試合に登板した。
 県大会初登板の2回戦・愛知戦(4.2回7安打3失点リリーフ)で145㌔をマーク。
 先発に抜擢された準々決・東邦高校戦(3-4)で5回途中5安打2失点の粘投を演じている。
 同試合で右肘内側の側副靱帯を痛め、以降、長期間に渡って戦線から離脱。
 3年時春の東海大会決勝・掛川西戦で復帰し、ケガ明けで最速141㌔(3.2回4失点)を投げた。
 1学年上に上田洸太朗、同期に竹山日向肥田優心ら。

 183cm86kg、最速146㌔直球を持つプロ注目右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、インステップ気味に右ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔の真っすぐと、スライダー、スプリット、カットボール、ツーシーム。
 球速と制球のバランスで監督評価を獲得。肘痛により3年時春の県大会をベンチ外ですごした。
 新たな球種としてカット、ツーシームの習得を目指す。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年07月02日(金)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑