細谷 怜央(中央学院)|ドラフト・レポート

細谷 怜央(中央学院)

ここでは、「細谷 怜央(中央学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm85kg 右右 MAX150km スライダー・カット・フォーク・チェンジ・ナックルカーブ
プロ注目の150㌔右腕。主に救援で活躍。2年時秋の千葉英和戦で8回までノーノーの快投を見せた。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   千葉2回戦:我孫子高     1          0 136㌔
     3回戦:専大松戸     1  0  0  2  0
                 2          0 防0.00

   19夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉3回戦:明聖高校    0.2  1       0

   19秋(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉3回戦:東葉高校     2          0

   20夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   地区2回戦:秀明八千     1  1  1  0  0
     3回戦:千葉敬愛     1  0  2  0  0
     4回戦:佐倉高校     1  0  1  0  0
     決勝戦:八千代松     0  1  0  1  0
                 3  2  4  1  0 防0.00
            被安打率6.00 奪三振率12.00 四死球率3.00

   20秋(背番号20)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉1回戦:流山大高 先   3  1  8  1  0
     2回戦:千葉英和 先   8  1  5  3  0 140㌔
                 11  2  13  4  0 防0.00
            被安打率1.64 奪三振率10.64 四死球率3.27

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉2回戦:千葉英和     2  0  4  0  0
     3回戦:幕張総合    3.1  1  4  3  0 150㌔
                5.1  1  8  3  0 防0.00
            被安打率1.69 奪三振率13.50 四死球率5.06

  最新記事

 ■ 中央学院のプロ注目投手・細谷 わずか17球で夏終える(中スポ) 21/7/20

 中央学院の細谷怜央投手がこの夏初登板した。2点ビハインドの5回に救援し、打者4人に2四球で2失点。2死一、二塁とされ、先頭打者本塁打を放っていた秋元に3ボールとなったところで降板した。5月末の練習試合を最後に実戦登板がなかった理由を右肘の靱帯損傷と明かした細谷は「(2年の)糠谷を少しでも助けられればと思ったが悔しい。最終的にはプロに行きたい」と話した。本調子でないながらも145キロをマークした細谷を、楽天の沖原スカウトは「馬力がある」と評した。

   21夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   千葉準決勝:木更津総    0.2  0  1  3  3 145㌔
                0.2  0  1  3  3 防40.50
            被安打率0.00 奪三振率13.50 四死球率40.50

 ■ 中央学院の150キロ右腕 代打特大弾、2戦連続“本職”は回避(スポニチ) 21/7/15

 中央学院・細谷怜央の放った打球はZOZOマリンスタジアムの左中間最深部のフェンスを軽々と越えた。まるでプロのような弾道の特大ソロ。「スッキリしました」と笑った。春の県大会で150キロの自己最速を記録。ところがオーバーペースからコンディションを崩した。初戦は回避し、この日もベンチスタート。巨人中日など7球団のスカウト陣が見守る中、2回に入るとブルペン投球を開始した。登板への期待は高まったが、ベンチで相馬幸樹監督と話し合った結果、大量リードもあって見送った。

 ■ 中央学院・細谷が自己最速150キロを計測 8球団が視察(デイリー) 21/4/30

 中央学院・細谷怜央投手が自己最速を1キロ更新する150キロをマークした。六回途中から救援。中日など8球団スカウトの前で自慢の速球を軸に3回1/3を投げ、無失点4奪三振に封じた。七回2死二塁、九回2死満塁とピンチでは、プロ注目の幕張総合・村山亮介捕手を高めの直球でバットに空を斬らせた。球場計測で大台に到達し、バックネット裏のスカウト陣のスピードガンでも140キロ台中盤を連発。昨秋後からしっかりタメを作って投げる投球フォームに取り組んだ成果を発揮した。
 巨人・織田淳哉スカウトは「体が強く、速いボールが投げられるのは魅力」と評し、DeNA・河原隆一編成部スカウティングディレクターは「素材的に面白い体が立派で上体の強さがあり、力強く投げられている」と評価した。(スポニチ)
 DeNA・河原スカウティングディレクターが「ボールの強さはある。素材としては魅力」と言えば、ヤクルト・丸山スカウトも「エンジンがでかい」とスケール感を評価。

  プロフィール

 千葉県東金市出身。
 細谷 怜央(ほそや・りょお)投手。
 城西小1年時から軟式チームで野球を始め、東金西中では千葉緑シニアで外野兼投手。
 シニア代表で中3夏の全米選手権に出場した。

 中央学院では1年生の春から背番号11でベンチ入り。
 県大会2回戦・我孫子戦に2番手として登板し、136㌔直球で1回0封の公式戦デビューを飾る。
 以降、2年生の秋まで控え投手を務め、持ち前の直球を武器にリリーフで活躍。
 2年生の秋(背番号20番)のみ先発に回り、2試合11回で2安打、13K0封の好成績を残した。
 県4強校・千葉英和と2回戦で当たり、勝利目前としながら1-2サヨナラで敗戦。
 140㌔直球と変化球で8回までノーノー(9回先頭にヒットを許し降板)の快投を披露している。
 その後、オフのフォーム修正で球威を増し、3年生の春になって主戦の座を獲得。
 県3回戦・幕総戦で最速150㌔をたたき出し、8球団スカウトに速球派の資質をアピールした。
 3年時夏の千葉大会は木更津総合に7回コールド3-12で敗れ準決勝で敗退。
 大会前5月からの肘痛で本来の調子を欠き、救援0.2イニングで3四球(1三振)3失点を許した。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 182cm85kg、150㌔直球を持つプロ注目右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速150㌔の直球と、スライダー、カットボール、フォークなどの変化球。
 真っ直ぐを持ち味とする速球派右腕。常時130㌔後半から145㌔前後(高3夏)を計測する。
 2年生の冬からフォーム修正に着手、軸足のタメを意識したことで球威を増した。
 1年生の春から主にリリーフとして公式戦に出場、3年生の春から背番号1の主戦投手を務める。
 奪三振率13.50、四死球率5.06。遠投100メートル。

  スカウトコメント

楽天・沖原スカウト|21/7/20
 「馬力がある」
ヤクルト・丸山スカウト|21/5/1
 「エンジンがでかい」
巨人・織田淳哉スカウト|21/4/30
 「体が強く、速いボールが投げられるのは魅力」
DeNA・河原隆一編成部スカウティングディレクター|21/4/30
 「素材的に面白い。体が立派で上体の強さがあり、力強く投げられている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年07月20日(火)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑