樫村 佳歩(水城)|ドラフト・レポート

樫村 佳歩(水城)

ここでは、「樫村 佳歩(水城)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



樫村 佳歩(水城)

167cm67kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・カット・チェンジ
マウンド度胸のいい最速144㌔右腕。霞ケ浦戦で13Kを記録、プロから制球力、球質を高評価された。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城3回戦:日立工業 先   3  1       0
     4回戦:土浦日大 先   7  3       0 141㌔
     準々決:鹿島学園 先   6  4       1
     準決勝:霞ケ浦高 先  2.1  4       4
                18.1  12       5 防2.45(失点から算出)
                         被安打率5.89

   19秋(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城3回戦:石岡一高 先   8          7 ※6-7サヨナラ負け

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城3回戦:下妻二高 先   ?          ?
     4回戦:石岡一高 先   9  2       0封144㌔
     準々決:霞ケ浦高 先   9          3 ※0-3で敗戦
                 18          3(不明分を除く)

   20秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城2回戦:土浦湖北 先   8          3
     準々決:鹿島学園 先   9    16     5 ※4-5で敗戦
                 17          8 防4.24(失点から算出)

  最新記事

 ■ プロ注目右腕の水城・樫村 次戦は兄の母校・常総学院(デイリー) 21/5/2

 プロ注目右腕の水城・樫村佳歩投手がNPB5球団スカウトの前で九回から登板し、1回3安打2失点2奪三振だった。「きょうは全然ダメでした」と直球の最速は140キロ。「真っすぐを生かすため」と駆使するカーブやスライダーなど変化球で試合を締めた。

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   茨城2回戦:霞ケ浦高 先   9  8  13  0  2 144㌔(プロ計測)
     準々決:水戸啓明     1  3  2     2 140㌔
     準決勝:常総学院 先   8          8
                 18         12 防6.00(失点から算出)

 ■ 水城のプロ注目右腕・樫村13K完投で3回戦進出(日刊) 21/4/25

 水城がプロ注目右腕・樫村佳歩投手の好投で、第3シードの霞ケ浦を破り3回戦進出を決めた。140キロ前半の球を力強く投げ込み、4回まで毎回の3者凡退。6回には右手が軽くつりながらも粘りの投球を続け、8安打13三振で完投した。大会の5日前、セットポジションからワインドアップにフォームを改造した。しっかりと体重を後ろに残し、柔道の一本背負いをイメージして投げる。力んで体が前に突っ込む癖を修正。角度が増し、球速も増した。この日、視察した巨人スカウトのスピードガンの最速は144キロだったが、球場表示では150キロを記録したボールもあった。巨人内田スカウトは「制球力があって、球質もいい体の使い方もうまい。夏、楽しみな選手ですね」と評価した。

  プロフィール

 茨城県那珂市出身。
 樫村 佳歩(かしむら・けいと)投手。
 那珂市立瓜連中学校時代は硬式野球チーム・水戸シニアで全国大会出場。
 陸上・走り幅跳びでも関東大会出場を果たした。

 水城高校では1年時春から公式戦に出場。
 1年生ながら背番号10で夏のベンチ入りをはたし、主戦格として6年ぶりとなるベスト4入りを飾る。
 全て先発で4試合18.1回を5点に抑え、4回戦・土浦日大高戦で141㌔を計測。
 翌2年夏の県大会で背番号1の座を掴み取り、全4戦中3試合先発で8強まで勝ち上がった。
 7回まで両チーム無得点の投手戦となった4回戦・石岡一高戦で144㌔を計測。
 8回オモテ一死までをノーヒットノーランに抑え込む快投で2安打2対0完封勝利を収めている。
 2年時秋の県大会準々・鹿島戦で16Kをマークするも追撃及ばず4対5で惜敗。
 翌3年春2回戦・霞ヶ浦戦で13K完投勝ちを挙げ、視察したプロスカウトから高い評価を受けた。
 県大会4強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 167cm67kg、マウンド度胸のいい144㌔右腕。
 ワインドアップから投じる最速144㌔の真っ直ぐが持ち味。1年時夏の県大会からエース格を担う。
 小柄ながら好資質にはプロも注目、巨人スカウトから制球、球質を評価された。
 2年時秋の県4回戦・石岡一高戦で、8回1死までノーノー、2安打2-0完封の快投を演じている。
 中学時代は陸上競技・走り幅跳びでも活躍した。

  スカウトコメント

巨人・内田スカウト|21/4/26
 「制球力があって、球質もいい体の使い方もうまい。夏、楽しみな選手ですね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月22日(火)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑