井上 透摩(金沢龍谷)|ドラフト・レポート

井上 透摩(金沢龍谷)

ここでは、「井上 透摩(金沢龍谷)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm75kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット・ツーシーム
プロ注目の左スリークォーター。内角直球とスライダー。小さいテイクバックからテンポ良く投げ込んでいく。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   石川2回戦:小松工業    6.1  3  7     1 
     準々決:鵬 学 園     0  2       ?
                6.1  5       ?

   20夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   石川1回戦:金沢商業    4.1  4  8  3  1 ※0-5ノーノー負け
   【奪三振内訳】直球5、スライダー3

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   石川2回戦:金沢市工 先   8  4  7     0 142㌔
     3回戦:小松工業 先   9  5       0封
     準々決:小松大谷 先   6  10       8 ※7回コールド0対8
                 23  19       8 防3.13(失点から算出)

  最新記事

 ■ 金沢龍谷・井上透摩に9球団集結 14K1失点完投発進(スポニチ) 21/7/11

 金沢龍谷・井上透摩投手が夏初戦の七尾戦に先発。9球団17人のスカウトが視察する中、大きく曲がるスライダーを武器に14三振を奪い、1失点完投。6回までわずか1安打。スリークオーターから投じる最速141キロの直球と4種類の変化球で的を絞らせなかった。今月4日、富山第一との練習試合では18Kこの日は公式戦で自身最多となる14Kで“加賀のドクターK”の名をほしいままにした。
 ストレートの回転数は、プロ並みの毎分2200回転をマーク。切れのある速球に加え、スライダー、スプリット、カーブ、ツーシームと多彩な変化球で、次々と三振を奪った。ネット裏ではヤクルト、阪神、オリックス西武中日DeNAなど9球団のスカウトが視察。阪神の筒井和也スカウトは「1年生の時から注目しているが、3年生になって、心も体も成長した。まだ、細かいピッチングはこれからだと思うが、変化球は非常に鋭く、おもしろいものを持っている」と評価した。(報知)
 阪神の筒井和也スカウトは「変化球に特徴のある投手左投手ですし(志望届を)出すとなれば候補に挙がってくる」と評した。(スポニチ)

   21夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   石川2回戦:七尾高校 先   9  5  14     1 141㌔
     3回戦:津幡高校 先   9  3  12  3  1
                 18  8  26     2 防1.00(失点から算出)
                   被安打率4.00 奪三振率13.00

   【身長体重変遷】高1夏181cm65kg→高2夏182cm70kg→高3春183cm75kg

 ■ 金沢龍谷の146キロ左腕・井上透摩に6球団が視察(報知) 21/4/25

 金沢龍谷はプロ注目の146キロ左腕、井上透摩が先発し、142キロのストレートと切れのあるスライダーを武器に4安打、7奪三振で8回をゼロ封。打撃でも二塁打2本、2打点、1犠打と攻守で大活躍した。183センチ、75キロの恵まれた身体から、テンポ良くスライダー、ストレートを繰り出し、要所では気勢を上げて真っ向勝負。ネット裏では巨人、阪神ヤクルトDeNA日本ハムオリックスの6球団が視察。巨人の高田誠スカウト部参与は「ランナーを背負った時の気持ちの入り方が強い。これから体も大きくなり、スピードも上がるでしょう。左腕は需要も高く、おもしろい(素材)」と高く評価した。今冬は週に2~3回、300球の投げ込みを続けた。投げるスタミナも身につけ、3月には自己最速146キロをマークした。授業や練習の合間には間食も欠かさず、体重は5キロ増加した。

 ■ 注目の金沢龍谷ルーキー左腕・井上が高校デビューマウンドで快投(報知) 19/7/20

 金沢龍谷の1年生左腕・井上透摩が、高校公式戦初登板6回1/3を投げて3安打7奪三振1失点と好投した。右打者のインコースをえぐる最速135キロの直球、キレのあるスライダー、チェンジアップを抜群の制球力で操った。愛知県豊川市生まれ。昨冬の台北市国際野球大会に東海選抜チームのエースとして出場し、準優勝を果たした。

  プロフィール

 愛知県豊川市生まれ。
 井上 透摩(いのうえ・とうま)投手。
 豊川市立南部中学校時代は硬式野球チーム・愛知豊橋シニアでプレー。
 東海選抜で中3冬の台北市国際大会に出場した。

 金沢龍谷では1年生で夏の予選ベンチ入り。
 県2回戦・小松工戦で公式戦デビューを飾り、6.1回7K、3安打1失点の好救援で白星を収める。
 翌2年夏の予選にプロ注・加藤を擁して挑むも金商に0-5で敗れ1回戦で敗退。
 0-3の5回表2死1塁から救援でマウンドに登り、4.1回8奪三振、4安打1失点の力投を見せた。
 2年時秋の新チームでエースの座を掴み、主に先発として県大会全3戦に登板。
 1回戦・七尾戦で5回コールド11-0完封勝利、2回戦・小松戦で3-1完投勝利を収めている。
 一冬を越して最速146㌔左腕へと成長し、プロからも注目される存在へと浮上。
 県2回戦・金市工戦で8回7K0封の好投を演じ、視察したプロ6球団スカウトの評価を高めた。
 3年時夏の県大会は津幡高校に4安打12三振0‐1完投で敗れ3回戦で敗退。
 全2試合18回(26K2失点)を1人で投げ抜き、初戦・七尾戦で14三振3‐1完投勝利を挙げた。
 1学年上に150㌔腕・加藤優弥、148㌔腕・川崎翔陽ら。

 183cm75kg、プロ注目のスリークォーター左腕。
 ノーワインドから溜めて軽く重心を下げ、早めに着地し、テイクバック小さく肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔(2021年3月に計測)の直球と、スライダー、チェンジアップ。
 球の出所に見辛さのある左腕。真っすぐで打者の内角を突き、スライダー、チェンジアップを交える。
 3年時春の練習試合・富山一戦で18Kを記録した。

  スカウトコメント

阪神・筒井和也スカウト|21/7/11
 「1年生の時から注目しているが、3年生になって、心も体も成長した。まだ、細かいピッチングはこれからだと思うが、変化球は非常に鋭く、おもしろいものを持っている」
 「変化球に特徴のある投手。左投手ですし(志望届を)出すとなれば候補に挙がってくる」
巨人・高田誠スカウト部参与|21/4/25
 「ランナーを背負った時の気持ちの入り方が強い。これから体も大きくなり、スピードも上がるでしょう。左腕は需要も高く、おもしろい(素材)」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年07月30日(金)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑