浅野 翔吾(高松商)|ドラフト・レポート

浅野 翔吾(高松商)

ここでは、「浅野 翔吾(高松商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



浅野 翔吾(高松商)

170cm86kg 右両 外野手 遠投110m 50m5秒9
通算66発、鋭いスイングで強い打球を放つ右打者。2年時春の県3決・城西戦で中越え弾を放った。
最終更新日:2022-08-12 (Fri)|2022年高校生野手 コメント(13)

  動 画



  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   21夏: 2 .571  7  4 0 0 1 2 0 2 0  .667 1.000(2番/右)
   22夏: 1 .750  4  3 1 0 2 4 0 2 0  .833 2.500(1番/中)
   通算: 3 .636 11  7 1 0 3 6 0 4 0  .733 1.545

  最新記事

 ■ 2打席連発の高松商・浅野翔吾にプロ熱視線(中スポ) 22/8/11

 高松商の浅野翔吾外野手が2打席連続本塁打を放ち、3安打4打点で初戦を大勝に導いた。5回の第3打席、外角直球を逆方向の右中間スタンドへと運ぶソロを放った。続く7回無死一塁で迎えた第4打席ではスライダーを振り抜き、ライナー性の当たりで左翼スタンドへ2ランを突き刺した。中日の野本圭スカウトは「高校1年生の時から注目している。今までで一番いい形で打てていた。逆方向への長打も見てきたが、なかなか甲子園の右中間深くまで打てるものじゃない」と絶賛。松永幸男スカウト部長も「逆風の中であそこまでもっていったのは素晴らしい。打席で結果も出ているが足も肩もあって三拍子そろっている高校生の野手ではトップクラス」と高評価した。
 ▼阪神・渡辺亮スカウト「期待以上。持ち味を出してくれたと思う。右(打者)で浜風の中、あれだけ打てるのは彼の持ち味
 ▼巨人・水野雄仁スカウト部長「高校に入ってからずっと注目していた。期待通りの打撃。体つきも非常にいいプロに入ってどこまでやるのか見てみたい選手」
 ▼中日・松永幸男スカウト部長「能力があるのは分かっていたが甲子園という舞台で力を発揮できるのは素晴らしい。うちの平田(良介)のようなタイプ」
 ▼DeNA・河原隆一スカウティングディレクター「変化球を打つのがうまい体のサイズが“どうかな?”と思う人もいたかもだけど、今日の活躍でもう関係ないプロで活躍している姿をイメージすることができた
 ▼ロッテ・榎康弘スカウト部長「なかなかあの方向(右中間)にホームランを出せる高校生はいない体は小さいがパワーがある
 ▼ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク「ドラフト1位でないと獲得できない選手。(1メートル71の身長は)メジャーでもアルテューベ(1メートル68=アストロズ)が活躍している気にする必要はない」(スポニチ)
 ▽巨人・水野スカウト部長「逆方向の右中間へ、あそこまで運べるのはすごい右打者だと、清原くらいだったのでは。打ち損じがない点も評価できる。高校生では抜けた存在と注目していたが、期待通りのバッティングを見せてくれた。体つきもいいし、プロでどれだけやれる見てみたい」
 ▽DeNA・河原スカウティングディレクター「小柄でもリストが強く振れる打者で、体に力があってエンジンが違うという印象。間を取って引きつけられるので、変化球を打つのがうまい」
 ▽中日・松永スカウト部長「能力があるのは分かっていたが、甲子園という舞台で力を発揮できるのは素晴らしい。うちの平田のようなタイプだが、スピードや肩の強さなど身体能力は上ではないか」
 ▽オリックス・牧田編成部副部長「(右中間への本塁打は)左打者が引っ張ったような打球で、さすがだなと思った。うちの吉田正も、サイズは大きくないがプロで中軸を打っている」
 ▽ロッテ・榎スカウト部長「スイング力があり、(現役時代の)井口監督のように呼び込んでボールを捉え、強い打球を打てる。(ドラフト)上位のひとりには入る」(報知)
 ◆阪神・渡辺スカウト「期待以上だった。持ち味を出してくれたと思います。右で、浜風の中あれだけ飛ばせるのは彼の持ち味ですね」
 ◆ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「みんなが期待しているところで打つスター性がある。変化球にも対応できているし、逆風でバックスクリーン右に打つのがすごい将来的にクリーンアップを打つイメージができる」
 ◆DeNA・河原ディレクター「すごいとしか言えない。パンチ力があって、きっちりととらえるところが魅力。めいっぱい振らなくても飛んでいく
 ◆中日・松永スカウト部長「1、2打席目は力んでいた。能力が高いのは香川大会を見てわかっていたが、お客さんを呼べる打者になる」
 ◆巨人・水野スカウト部長「逆風で、あそこ(バックスクリーン右)に打ったのを見るのは清原(PL学園→西武など)以来かな。体つきがいいし、プロでどれだけやれるか見たい」
 ◆ロッテ・榎スカウト部長「2本(の本塁打)だけでなく、プロ並みの高ーいファウルフライを打ったところにすごさを見た。春に比べ、コース、球種への対応力が上がっている
 ◆ソフトバンク・永井育成編成本部長「ビックリした。プロが求めるのは『また見たい』という選手。大会ナンバーワン打者でしょう。逆風であれだけ飛ばす力があるし、足もあるので1番でもいけるのでは」
 ◆楽天・後関スカウト部長「高校生トップレベルの打者。何も言うことなし」
 ◆日本ハム・大渕スカウト部長「球の見極めができるし、精度が高い逆風の甲子園、全国デビューで力を発揮できるのがいい。スターとして期待する
 ◆西武・渡辺GM「香川の決勝で、場外ファウルの後に左中間スタンドに運んだのを見た。〝打ち直し〟は、そうそうできないことだし、野球観の良さも見せてもらっている。この甲子園で結果を出しているし、次世代として楽しみ」(SANSPO)
 阪神は和田TA、畑山統括スカウトらが視察。担当・渡辺スカウトは「右打者で反対方向に本塁打を打てる高校生はなかなかいない。しかも浜風で」と3打席目の65号を称賛。さらに「1、2打席目はタイミングが合わなかったけど、3打席目に修正した。どちらも追い込まれてからの本塁打追い込まれてもしっかり対応できていた」とパンチ力だけではなく、技術も高評価した。(デイリー)
 ▽阪神渡辺スカウト「期待以上だった。持ち味を出してくれたと思います。右打者で浜風のなか、あれだけ打てるのは彼の持ち味」
 ▽オリックス牧田編成副本部長「右に左に飛距離も素晴らしいですが、1球で仕留める力も素晴らしい空回りせず、結果につなげるところにスター性を感じます。非常に魅力がある
 ▽日本ハム大渕スカウト部長「2本が違う本塁打。滞空時間が長い本塁打と、ライナー性の本塁打実際にスイングスピードが速く、無駄なく体を使えている(今大会の他選手と比べ)全然、抜けてるでしょう」(日刊)
 △西武・渡辺GM「度肝を抜かれた。(香川大会)決勝も見ていて、打ち直してのホームラン。プロでもできない。持っている。右打者で逆方向にというのは最近見ていなかった。パワーもあるし、テクニックもある高校生ではトップクラスになっているでしょう」
 ▽楽天・後関スカウト部長「どんな球でも対応できる小さいけどパンチ力がある
 ▽ヤクルト・小川GM「あれだけのものを見せてくれたら何も言うことないですね。さまざまな要素はあるが、(今秋ドラフトの)上位候補といえると思う」
 ▽巨人・水野スカウト部長「逆風の中、右打者あそこ(右中間)に打てるのは高校生ではなかなかいない。ずっと注目して見ている。甲子園という舞台で打ってみせるのは素晴らしい
 ▽中日・松永スカウト部長「逆風の中で右中間深くまでもっていったのは素晴らしい。結果も出ているが脚も肩もあってただ打つだけでなく三拍子そろっている。高校生の野手ではトップクラス」(デイリー)

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   20夏香川: 6 .409  22  9 2 2 0 3    2     .682
   20秋四国: 2 .500  6  3 0 0 0 1 0 2 0  .625  .500( 3番/右)
   21夏香川: 5 .412  17  7 2 1 2 10 2 7 3  .583 1.000(2・3番/右)
   21秋香川: 3 .750  8  6 1 0 0 3 0 6 2  .857  .875( 3番/中)
   22春香川: 3 .300  10  3 1 1 0 5 1 4 1  .500  .600(2・3番/中)
   22春四国: 2 .286  7  2 1 0 0 1 0 1 0  .375  .429( 3番/右)
   22夏香川: 5 .571  14  8 2 0 3 7 1 8 3  .727 1.357( 1番/中)
   通  算: 26 .452  84 38 9 4 5 30    11     .833

  20秋県準決勝(英明高校):中越え2ラン 21夏甲3回戦(智弁和歌):左越えソロ弾 
  21春県準決勝(英明高校):左越えソロ弾 22夏県2回戦(坂出高校):左越え先頭弾
  21春県準決勝(英明高校):左越え3ラン 22夏県準決勝(丸亀高校):左越え先頭弾
  21春県3位決(丸城城西):中越えソロ弾 22夏県決勝戦(英明高校):左中間3ラン
  21夏県準々決(高松西高):左越え満塁弾 22夏甲2回戦(佐久長聖):右中間ソロ弾
  21夏県決勝戦(英明高校):左中間ソロ弾 22夏甲2回戦(佐久長聖):左越え2ラン

   【三塁到達】20夏県準決勝:1回11秒61

 ■ ドラフト候補・浅野翔吾 PL清原に並んだ!高校通算64号(デイリー) 22/7/27

 高松商の浅野翔吾外野手が「1番・中堅」で出場し、清原和博に並ぶ高校通算64本目となる3ランを放つなど、3打数3安打3打点2四球と全打席出塁の活躍。3大会連続となる甲子園出場に貢献した。2点リードの四回1死一、二塁。高めの137キロ直球左中間最深部に運んだ。この日は5球団が熱視線を送った。阪神・嶌村球団本部長とともに視察した担当の渡辺スカウトは「勝負を避けられても、仕留める確率が上がっている」と評価。ロッテの榎スカウト部長は「うちの井口監督のように引きつけて打てる」と、日米通算295本塁打を誇るスラッガーに例えた。昨年末、イチロー氏から指導を受け、「全力の中で形を作る」ことを意識して成長。「大会ナンバー1と言ってもらえるようなバッターになりたい」と、勝利のために全力を尽くし、昨夏の16強を超える8強を狙う。
 巨人、西武など5球団が視察し、阪神は嶌村聡球団本部長が活躍を見届けた。
 ▼西武・渡辺久信GM「野球観を持っているし、雰囲気があるスキを突いての進塁などは、常に集中していないと思い切ってできない
 ▼ロッテ・榎康弘スカウト部長「キャプテンシーがあって、チームを勝たせようという姿は評価できる。ウチの井口監督みたいに、引きつけて打てる選手」(スポニチ)

 ■ 高松商・浅野翔吾 先頭打者弾!清原氏の64本まであと1本(デイリー) 22/7/25

 一回裏の初球。「真っすぐに張っていた」という浅野は、高めの直球に詰まりながらも左翼席へ。3打数2安打1打点1盗塁2四死球と、5打席で4度出塁。1番の役割を果たした。七回には右の下手投げ投手に対して左打席にも入った。この日は7球団のスカウトが視察。ソフトバンクの永井執行役員兼スカウト部長は「木製バットでも通用するスイングスピード上位候補だと思う」と評価した。
 ヤクルト橿渕スカウトは「期待通りの結果を出す。スター性がある積極性やプレースタイルは中日平田が出てきた時と似ている」と評価した。(日刊)

過去記事

 ■ 高松商が打ち勝って4強 プロ注目・浅野翔吾は1安打2四球(報知) 22/7/22

 2球団2人のスカウトが視察。オリックス・乾スカウトは「振る力、脚力がある。高校生離れした力」と、ロッテ・佐々木朗からヒットを放った高卒ルーキー・池田陵真の名前を挙げて期待

 ■ 高松商・浅野翔吾、今宮健太に並ぶ高校通算62号!(報知) 22/7/10

 高松商・浅野翔吾中堅手が夏の1打席目で先頭打者アーチを放ち、高校通算本塁打を「62」としてソフトバンク・今宮健太に並んだ。8球団15人のスカウトが視察。巨人・水野スカウト部長は「すばらしい。振りがよく遠くに飛ばせる順調に成長していて、高校の中でも上の選手」と絶賛した。
 DeNA・吉見祐治スカウトは上位候補と認めた上で「打つべき球を選んで打っている感じがする軸足で粘っているイメージかな」と成長を感じ取った。(スポニチ)
 三原球団代表ら4人態勢で視察したDeNAの吉見スカウトは「打つべき球を打っている。大人になった印象」と成長を感じ取った。日本ハムの加藤スカウトも「一発で仕留める力がある」と声をそろえた。(デイリー)
 ▽楽天・山田スカウト「天性の遠くに飛ばす能力を持っている加えて体の強さと柔らかさも兼ね備えている

 ■ 高松商・浅野 高校通算60発 量産体制のスラッガー(デイリー) 22/7/1

 分厚い体から繰り出される強烈な打球と、高校通算60本塁打の数字が、浅野の全国クラスの打力を証明している。春の四国大会は準決勝で敗退も、そこから本塁打を量産。これまでよりも下半身主導を意識し「今までよりもインパクトを大事にできた」と話す。その結果、約2カ月で16本を積み重ねた。5月中旬の済美との練習試合では1試合3発。しかも全て場外弾という規格外の結果を出した。3月の紅白戦を視察した西武の前田育成・アマチュア担当チーフは「非常に野性味のある選手」と評価。6月4日に行われた招待試合では、阪神和田TAら4人態勢で視察した。昨秋以降、「おなか周りを中心に」約6キロの減量に成功。それによって打撃時に腰が回るようになり、打ってからの走り出しもスムーズに。本人も周囲も懸念していた打撃、飛距離への影響も感じられないという。また昨夏の新チーム発足から本格挑戦している両打ちも着実に形となっている。あるスカウトが「肩の強さは四国ナンバー1全国でも上位クラス」と話すように、強肩と足の速さなど、身体能力の高さも魅力だ。1月には新年の誓いとして、「甲子園出場」とともに「ドラフト指名」を掲げた。

 ■ 高松商・浅野 意地の強烈打 阪神スカウト陣へアピール(デイリー) 22/6/5

 高校通算57本塁打、高松商・浅野翔吾が、強豪・県岐阜商相手に2打数1安打2四球。5点を追う五回無死一塁、この日最速147キロを記録した井上悠投手と対じした。外角のストレートを捉えた打球は、一塁手のミットをはじく内野安打となりチャンスを広げた。四国大会終了後、約1カ月で本塁打13本を量産。秋から6キロ減量したことで動きに軽快さも出た。阪神は和田TAら4人が視察し、渡辺スカウトは「140キロ後半の球にも反応できていて、(減量も)打撃に影響はなさそう」と評価した。

 ■ 高松商がコールドで松山商破る プロ注目の浅野は先制二塁打(デイリー) 22/4/23

 初回、1死二塁のチャンスで、バッターはプロ注目のスラッガー・浅野翔吾外野手。NPBスカウトが視察に訪れる中、内角の直球に詰まりながらも左中間最深部まで運び、先制の適時二塁打を放った。七回には右横手の投手に対して左打席へ入り、一塁ゴロに倒れた。
 3球団4人が視察。DeNA進藤達哉編成部部長は「高いフライを打ったけど滞空時間が長かったパンチ力を感じられる体の力がありそうまた見たいなと思わせてくれる選手」と評価した。(日刊)

 ■ 高松商・浅野翔吾 強打両打ち&全ポジション守れる(スポニチ) 22/4/6

 握力は右64キロ、左62キロベンチプレス115キロスクワット200キロデッドリフト200キロ…2年春時点のスイングスピードは146キロだ。規格外のパワーを誇る半面、「下半身の強さを意識している」という打撃フォームは柔らかい。小学6年時からバックスピンを掛ける打撃を心がけており、それが、驚異的な飛距離につながっている。木製バットでも左中間方向にある公園内まで飛ばしたことがあるその推定飛距離は、なんと140メートル2年秋からは本格的に左打席にも立ち、すでに同年オフまでの練習試合で3本塁打を放った。両打ちは体のバランスを整えることが主目的だが、利き手は右、利き足は左という特性も手伝い、いずれの打席でも人並み外れたパフォーマンスを発揮できる。走れば50メートル走5秒9。守備も軽快だ。本職は外野ながら、遊撃、二塁も器用にこなすなど全ポジションを守ることができる。さらに遠投110メートルと強肩も兼備。屋島中までは捕手で、座ったまま二塁に矢のような送球を投げたという。長尾健司監督は「投手をしても140キロは投げます。打球への勘がいいので、上のレベルでも外野だけでなく三塁、二塁は守れると思います」と証言する。故障予防と体の切れを出すために昨年8月時点で92キロだった体重を、3月時点で85キロまで絞った。「(目標は)今年のドラフトで1位指名。チームとしては甲子園に出場したい」。

 ■ 高松商・浅野が22年へのろし弾 新主将に“指名”(デイリー) 21/8/25

 高松商の浅野翔吾外野手(2年)が、4点リードされた六回に甲子園初本塁打を放った。チームは智弁和歌山に敗れ、1970年以来の夏8強入りはならず。大粒の涙を流した試合後には新チームの主将に“指名”された浅野。自身もチームも成長し、2022年夏に聖地へ戻ってくることを誓った。4点リードされた六回1死走者なし。「狙っていた」という智弁和歌山・中西聖輝投手のスライダーを振り抜き、高校通算35本目の本塁打を左翼席へ放り込んだ。今秋のドラフト候補にも挙がる右腕を攻略し、存在感を示した。
 ▽巨人岸スカウト「2年生とは思えない雰囲気、体の強さを持っている変化球を1球で仕留め、来年のドラフト候補に間違いなく入ってくる中日の平田選手タイプ足も速くて肩も強い真っすぐに力負けせず、バットも内側から出る」(日刊)

 ■ 高松商が四国大会出場を逃す プロ注目の浅野が2発も敗戦(デイリー) 21/4/10

 高松商の浅野翔吾外野手(2年)が1試合2発の活躍を見せたが、終盤に逆転されて四国大会出場を逃した。初回1死、英明の最速145キロ右腕・石河大空投手の変化球に反応。会心の当たりではなかったが、低い弾道で左翼スタンドに運んだ。本人も「入ってびっくりした」と驚きの表情だった。五回2死一、二塁で迎えた第3打席でも同じく左翼スタンドへ。今度は手応えもバッチリの3ラン。一塁へ走り出す前に右手を大きく突き上げた。高校通算20本目の本塁打。NPBスカウト6球団が視察する中でインパクトを残した。あるスカウトは「中日の平田のようなイメージ」と話した。

 ■ 高松商、乱打戦制す 大手前高松、粘り及ばず(四国新聞社) 20/8/11

 強力クリーンアップが猛打を重ねた。まずは一回、浅野の第1打席。1死二塁で「甘い球を狙っていた」とやや内寄りの直球を捉えた打球は左中間を真っ二つに割り、先制の三塁打に。頼もしい1年生の活躍で打線は勢いに乗り、この回途中で相手先発を降板させた。

  プロフィール

 香川県高松市出身。
 浅野 翔吾(あさの・しょうご)外野手。
 屋島小3年時から軟式チームで野球を始め、屋島中学校では軟式野球部で通算55発。
 U15代表で中3夏のBFAアジア選手権に出場した。

 高松商業では1年時夏から背番号19でベンチ入り。
 1年生ながら主軸3番としてスタメンで起用され、打率.409、本0点3の活躍で県大会準Vを飾る。
 初戦・高松東高戦で右中間を破る二塁打など3打数2安打の公式戦デビュー。
 1年時秋の予選で背番号9の座を掴み取り、香川大会3位で四国大会8強まで勝ち進んだ。
 四国大会1回戦で強豪・高知と対戦し、森木に11安打を浴びせて5-2で勝利。
 初回に左安、2回に左適安、7回に右安と、好投手を相手に3安打の固め打ちを演じている。
 翌2年春の大会から主に2番を打ち、同夏に5戦2発の活躍で県大会Vを達成。
 準々・高松西戦で満弾を含む5打点を挙げ、決勝・英明戦で35号の左中間ソロを記録した。
 続く本大会で2戦4安打と活躍するも、V校・和智弁に3‐5で敗れ3回戦で敗退。
 147㌔腕・中西と4打席対戦し、4回に中安(高め143㌔)、6回に左ソロ(外寄りスラ)を放った。
 2年生の秋(県8強)から主将を担い、公式戦終了後から両打ちの練習を開始。
 翌3年夏の県大会に1番・中堅手として出場し、打率.571、3発7打点の活躍で連覇をなしとげた。
 3学年上のOBとして香川卓摩投手(現JFE西日本)ら。

 170cm86kg、強打が魅力の小柄なプロ注目外野手。
 鋭く振り切るスイングで強い打球を弾き返す右のスラッガー。高校通算66発のパンチ力を備える。
 2年時春の県大会準決勝・英明高戦で1試合2発(左ソロ&左3ラン)をマーク。
 同3位決・丸亀城西戦でバックスクリーン右にたたき込むサヨナラ弾(中堅122m)を放っている。
 1年時夏から外野手でレギュラー。センター、またはライトとしてチームを牽引した。
 ガッチリとした体格ながら足も速い部類。3年生の夏の県大会から強打のリードオフマンを務める。
 遠投110m、50m5秒9。2年時オフから両打ちを始めた。

  スカウトコメント

ヤクルト・小川GM|22/8/12
 「あれだけのものを見せてくれたら何も言うことないですね。さまざまな要素はあるが、(今秋ドラフトの)上位候補といえると思う」
ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク|22/8/12
 「ドラフト1位でないと獲得できない選手。(1メートル71の身長は)メジャーでもアルテューベ(1メートル68=アストロズ)が活躍している。気にする必要はない」
 「みんなが期待しているところで打つスター性がある。変化球にも対応できているし、逆風でバックスクリーン右に打つのがすごい。将来的にクリーンアップを打つイメージができる」
DeNA・河原隆一スカウティングディレクター|22/8/12
 「変化球を打つのがうまい。体のサイズが“どうかな?”と思う人もいたかもだけど、今日の活躍でもう関係ない。プロで活躍している姿をイメージすることができた」
 「小柄でもリストが強く振れる打者で、体に力があってエンジンが違うという印象。間を取って引きつけられるので、変化球を打つのがうまい」
 「すごいとしか言えない。パンチ力があって、きっちりととらえるところが魅力。めいっぱい振らなくても飛んでいく」
阪神・渡辺亮スカウト|22/8/12
 「期待以上だった。持ち味を出してくれたと思います。右打者で浜風のなか、あれだけ打てるのは彼の持ち味」
 「1、2打席目はタイミングが合わなかったけど、3打席目に修正した。どちらも追い込まれてからの本塁打。追い込まれてもしっかり対応できていた」
巨人・水野雄仁スカウト部長|22/8/12
 「高校に入ってからずっと注目していた。期待通りの打撃。体つきも非常にいい。プロに入ってどこまでやるのか見てみたい選手」
 「逆方向の右中間へ、あそこまで運べるのはすごい。右打者だと、清原くらいだったのでは。打ち損じがない点も評価できる。高校生では抜けた存在と注目していたが、期待通りのバッティングを見せてくれた。体つきもいいし、プロでどれだけやれる見てみたい」
 「逆風の中、右打者あそこ(右中間)に打てるのは高校生ではなかなかいない。ずっと注目して見ている。甲子園という舞台で打ってみせるのは素晴らしい」
中日・松永幸男スカウト部長|22/8/12
 「能力があるのは分かっていたが、甲子園という舞台で力を発揮できるのは素晴らしい。うちの平田のようなタイプだが、スピードや肩の強さなど身体能力は上ではないか」
 「1、2打席目は力んでいた。能力が高いのは香川大会を見てわかっていたが、お客さんを呼べる打者になる」
 「逆風の中で右中間深くまでもっていったのは素晴らしい。結果も出ているが脚も肩もあってただ打つだけでなく三拍子そろっている。高校生の野手ではトップクラス」
中日・野本圭スカウト|22/8/12
 「高校1年生の時から注目している。今までで一番いい形で打てていた。逆方向への長打も見てきたが、なかなか甲子園の右中間深くまで打てるものじゃない」
西武・渡辺GM|22/8/12
 「香川の決勝で、場外ファウルの後に左中間スタンドに運んだのを見た。〝打ち直し〟は、そうそうできないことだし、野球観の良さも見せてもらっている。この甲子園で結果を出しているし、次世代として楽しみ」
 「度肝を抜かれた。(香川大会)決勝も見ていて、打ち直してのホームラン。プロでもできない。持っている。右打者で逆方向にというのは最近見ていなかった。パワーもあるし、テクニックもある。高校生ではトップクラスになっているでしょう」
ソフトバンク・永井育成編成本部長|22/8/12
 「ビックリした。プロが求めるのは『また見たい』という選手。大会ナンバーワン打者でしょう。逆風であれだけ飛ばす力があるし、足もあるので1番でもいけるのでは」
オリックス・牧田編成部副部長|22/8/12
 「(右中間への本塁打は)左打者が引っ張ったような打球で、さすがだなと思った。うちの吉田正も、サイズは大きくないがプロで中軸を打っている」
 「右に左に。飛距離も素晴らしいですが、1球で仕留める力も素晴らしい。空回りせず、結果につなげるところにスター性を感じます。非常に魅力がある」
楽天・後関スカウト部長|22/8/12
 「高校生トップレベルの打者。何も言うことなし」
 「どんな球でも対応できる。小さいけどパンチ力がある」
ロッテ・榎康弘スカウト部長|22/8/12
 「2本(の本塁打)だけでなく、プロ並みの高ーいファウルフライを打ったところにすごさを見た。春に比べ、コース、球種への対応力が上がっている」
 「なかなかあの方向(右中間)にホームランを出せる高校生はいない。体は小さいがパワーがある」
 「スイング力があり、(現役時代の)井口監督のように呼び込んでボールを捉え、強い打球を打てる。(ドラフト)上位のひとりには入る」
日本ハム・大渕スカウト部長|22/8/12
 「球の見極めができるし、精度が高い。逆風の甲子園、全国デビューで力を発揮できるのがいい。スターとして期待する」
 「2本が違う本塁打。滞空時間が長い本塁打と、ライナー性の本塁打。実際にスイングスピードが速く、無駄なく体を使えている。(今大会の他選手と比べ)全然、抜けてるでしょう」
阪神・渡辺スカウト|22/7/27
 「勝負を避けられても、仕留める確率が上がっている」
西武・渡辺久信GM|22/7/27
 「野球観を持っているし、雰囲気がある。スキを突いての進塁などは、常に集中していないと思い切ってできない」
ロッテ・榎康弘スカウト部長|22/7/27
 「キャプテンシーがあって、チームを勝たせようという姿は評価できる。ウチの井口監督みたいに、引きつけて打てる選手」
ソフトバンク・永井執行役員兼スカウト部長|22/7/25
 「木製バットでも通用するスイングスピード。上位候補だと思う」
ヤクルト・橿渕スカウト|22/7/25
 「期待通りの結果を出す。スター性がある。積極性やプレースタイルは中日平田が出てきた時と似ている」
オリックス・乾スカウト|22/7/22
 「振る力、脚力がある。高校生離れした力(と高卒ルーキー・池田陵真の名前を挙げて期待)」
楽天・山田スカウト|22/7/11
 「天性の遠くに飛ばす能力を持っている。加えて体の強さと柔らかさも兼ね備えている」
DeNA・吉見祐治スカウト|22/7/11
 「打つべき球を選んで打っている感じがする。軸足で粘っているイメージかな」
 「打つべき球を打っている。大人になった印象」
日本ハム・加藤スカウト|22/7/11
 「一発で仕留める力がある」
巨人・水野スカウト部長|22/7/10
 「すばらしい。振りがよく遠くに飛ばせる。順調に成長していて、高校の中でも上の選手」
西武・前田育成アマチュア担当チーフ|22/7/1
 「非常に野性味のある選手」
プロスカウト|22/7/1
 「肩の強さは四国ナンバー1。全国でも上位クラス」
中日・松永幸男スカウト部長|22/6/22
 「スピードがあり、肩が強く、振る力があり、身体能力が高い。身長が気にならないだけの能力を持っています。1年生の頃は、少し動きが硬いかなと思いましたが、その硬さもとれてきていると感じます」
DeNA・河原隆一スカウティングディレクター|22/6/22
 「高校生打者で一番注目しています。柔らかく、リストの強さを生かしたスイングができ、変化球に一振りで合わせられるタイミングの取り方もいい。上背はなくても体に力があるのでまったく気にならず、問題ありません」
阪神・渡辺スカウト|22/6/5
 「140キロ後半の球にも反応できていて、(減量も)打撃に影響はなさそう」
DeNA・進藤達哉編成部部長|22/4/24
 「高いフライを打ったけど滞空時間が長かった。パンチ力を感じられる。体の力がありそう。また見たいなと思わせてくれる選手」
巨人・岸スカウト|21/8/25
 「2年生とは思えない雰囲気、体の強さを持っている。変化球を1球で仕留め、来年のドラフト候補に間違いなく入ってくる。中日の平田選手タイプ。足も速くて肩も強い。真っすぐに力負けせず、バットも内側から出る」
プロスカウト|21/6/17
 「このまま成長すれば来年は上位指名」
プロスカウト|21/4/10
 「中日の平田のようなイメージ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-08-12 (Fri)|2022年高校生野手 | コメント(13) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
今年のドラフトは低調だと思っていたけど、やっとスター選手が出てきましたね。
間違いなくドライチ!
| 匿名 | 2022年08月12日(Fri) 10:32 | URL #- [ 編集]
浅野くん、今日の試合を見た限りでは元DeNA・巨人などで活躍した村田修一氏みたいな印象を受けました。
ポジションは外野手ですが、二遊間とかサード、キャッチャー辺りがプロレベルで守れれば1位で欲しいチームは沢山あると思います(о´∀`о)ノ
外野手でも、あの懐の深い打撃は魅力的ですね(^_^)
| ぽにぽにぽにー | 2022年08月11日(Thu) 13:05 | URL #- [ 編集]
金属バットとは言え真っ直ぐ遅れ気味でもセンター右へスタンドイン
スライダー続けられても最後の甘い球完璧に捉えて左越え
今年の大社候補たちの評価が軒並み低空飛行なこと考えると競合あるかもしれない
スイングはどっしりしているように見受けられるけどこれは打ったスイングだからそう見えてるだけかな
| 匿名 | 2022年08月11日(Thu) 12:16 | URL #- [ 編集]
外野の野村大樹で草ァ!
| 吉田賢吾最強 | 2022年07月27日(Wed) 12:37 | URL #- [ 編集]
昨日の通算63号となる初球先頭打者HR、画面越しではありますがリアムタイムで立ち会えました。
昨年までは無理に一発長打を求めるあまりか、下半身の反動を利用してタイミングを取ってからの強引な大振りになりがちな不格好なスイングも目立っていましたが
今夏の打撃内容やフォームを見てると下半身もしっかりと安定し、全体的にまとまって洗練されてきているなと感じました。

日刊スポーツの候補紹介ページによると目標とする選手にアルトゥーベを挙げているし、何となくこの1年で自身の現状の体格も自覚しつつ、両打ち挑戦も含め上の世界でやっていくための選手像を冷静に見極めつつ取り組んでいたのではないか。
本日のライナー性の本塁打を見てもプロでやるなら完全に中距離ヒッター寄りなのは明白ですし、是非今の路線を継続してほしいところではあります。

全体的な印象としてはヤクルト濱田やスカウトコメの通りオリ池田陵が被りますが、
この2人が4位5位指名だったのを踏まえると、守備走塁面を考慮してもやはりその順位付近での指名ラインとなるかな。
| 四国のファン | 2022年07月25日(Mon) 01:40 | URL #ZomlFoOw [ 編集]
守備次第
| 匿名 | 2022年04月25日(Mon) 14:40 | URL #- [ 編集]
球界屈指のスラッガーとなった吉田正尚も幼少期から
遠くへ飛ばすことの意識が強かったようで、
浅野が仮に同じ路線を目指すとしても決して夢物語にはならないかと。
むしろ、同じように幼少期から明確な意識を持って打撃に取り組んでいる分、
吉田に近いセンスを感じます。
少なくとも、身長がどうこうという先入観で物事を決めつける
程度の低い人間に惑わされないことが大事です。

ただ、昨秋から取り入れている左打席ですが、バランスが主目的といっても
左右の打席を見ても構えだったりトップの作り方がバラバラで、
また同じ右投手相手でも左右の打席に入っているので
実戦での方向性がまだよくわかりません。
スラッガー路線でいくなら、夏には右一本に戻してしまうかも。

記事を見る限り身体能力の高さや器用さが窺えますが、
器用貧乏にならないかだけ心配ですね。
足もあるようなので、出塁率を求める両打の巧打者になるのも良いし、
従来のスラッガー路線を求めるのも良いと思いますが、
早い段階でスタイルの確立が求められそう。
| にゃん | 2022年04月24日(Sun) 18:37 | URL #aF03qbSI [ 編集]
ひゃひゃひゃくななじっせんち…
でスラッガーとかプロはそんな甘い世界じゃないッス
| kowalski | 2022年04月23日(Sat) 20:44 | URL #- [ 編集]
軸足がスィングの軸になっていない、金属バット打ちの一典型。
短打に徹すれば、あるいはと思いますが、現スタイルでは彼が2m近い巨漢であっても木のバットでやっていけるかは疑問です。
| 芝桜 | 2022年01月20日(Thu) 21:38 | URL #mQop/nM. [ 編集]
プロの平均身長って180センチくらいなんですけど…2m近い巨漢って数えるほどしかいないですよ。
170センチほどは確かに小柄ですが、森友哉選手や吉田正尚選手などもいますし、身長だけじゃなくて才能の方が大事でしょうね。
| たにさま | 2021年10月20日(Wed) 10:00 | URL #- [ 編集]
プロは2m近い巨漢が150オーバーのストレートを高めに投げ込んでくる世界だが、30cmも身長が違うのに、果たして彼に打つことができるのか?
| 匿名 | 2021年10月17日(Sun) 19:10 | URL #- [ 編集]
例年と違い練習試合も激減する状況下でも
2年夏県大会終了時で通算34本まで伸ばす
決勝戦でも見事な勝ち越し本塁打を放ちましたね

有薗(千葉学芸)吉野(昌平)松川(市和歌山)ら
3年生の注目スラッガーが次々と県予選で予選で姿を消すなかで
甲子園では上級生達を凌ぐ注目を浴びるかもと個人的に予想してます
是非来年のドラフト戦線を引っ張っていくことを予感させるような活躍を期待したいですね
| ファン | 2021年08月01日(Sun) 20:08 | URL #- [ 編集]
記事作成されましたか
浅野君、地元の候補選手で騒がれようは日本代表を経験した中学生時代から知っていますし
久々に香川県で下級生時から注目を集める野手の逸材だけに、ずっと注目しています。

身長の伸びが高校入学でほぼ止まってしまったのは残念ですが、中学時代は基本捕手でしたし
(日本代表で打撃を買われて外野起用されて以降は外野起用オンリーですかね)
是非あと1年で右の森友哉(西武)を目指し再コンバート検討しつつ頑張ってもらいたい逸材だと、個人的には期待して応援してます。
| 香川民 | 2021年04月13日(Tue) 20:28 | URL #tZhcEdeU [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生野手 | コメント(13) Page Top↑