吉野 蓮(仙台育英)|ドラフト・レポート

吉野 蓮(仙台育英)

ここでは、「吉野 蓮(仙台育英)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



吉野 蓮(仙台育英)

178cm81kg 右右 MAX147km 三塁・外野・投手 スライダー・カーブ・チェンジ
ガッチリした体格の右オーバースロー。3年時春の選抜で147㌔を計測。勝負強い打撃で4番を務める。

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   21春: 1    2  5  0  0  1 147㌔ 神国際附
   通算: 1    2  5  0  0  1 防4.50
      被安打率22.50 奪三振率0.00 四死球率0.00

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   20夏交流: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000(7番/右)
   21春選抜: 3 .364 11  4 1 0 0 1 1 2 0  .462  .455(4番/三)
   通  算: 4 .286 14  4 1 0 0 1 2 2 0  .393  .357

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号9)      回数 被安 奪三 四死 自責
   地区代表決:東北高校 先   ?          ?
   宮城2回戦:聖和学園     ?          ?
     決勝戦:仙台商業     1  1  2  0  0
                 8  4  8  3  2 防2.25
             被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率3.38

   20夏(背番号9)      回数 被安 奪三 四死 自責
   東北1回戦:一関学院     2  2  0  0  0
     決勝戦:聖光学院    1.2  2  0  1  1
                3.2  4  0  1  1 防2.45
             被安打率9.82 奪三振率0.00 四死球率2.45

  最新記事

 ■ 仙台育英、万全投手リレーでエース温存8強!(SANSPO) 21/3/26

 仙台育英(宮城)は今大会最多得点となる13-5で神戸国際大付に大勝し、ベスト8一番乗り。この日は松田-渋谷-吉野、背番号10-18-5による継投を披露した。九回に救援した吉野は昨秋は右肩違和感で登板がなかったが、いきなり最速147キロを記録。指揮官は「ここから(決勝までの)3試合に必要な人材」と4番打者の二刀流復帰を喜んだ。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   19秋宮城: 7 .360 25  9 1 0 0 4 1 3 0  .429  .400
   19秋東北: 4 .333  9  3 0 0 0 2 1 1 0  .400  .333(6番/右)
   19秋神宮: 1 .333  3  1 0 0 1 2 0 1 0  .500 1.333(6番/右)
   20夏東北: 3 .000  7  0 0 0 0 0 1 2 0  .222  .000(6番/右)
   20秋宮城: 5 .588 17 10 1 1 0 6 0 2 4  .632  .765
   20秋東北: 4 .231 13  3 0 0 1 5 0 3 0  .375  .462(4番/一)
   通  算: 24 .351 74 26 2 1 2 19 3 12 4  .442  .486

 ■ 仙台育英「両柱」吉野蓮は投打二刀流でセンバツ挑む(日刊) 21/2/14

 投げては最速143キロ、打っては不動の4番。仙台育英の吉野蓮内野手は、投打二刀流でセンバツに挑む。「打撃には自信がある。持ち味は勝負強さ」と言い切る。昨秋は右肩痛の影響もあり、打者に専念した。東北大会決勝で満塁本塁打を放つなど打率4割3分3厘、11打点をたたき出した。

  プロフィール

 宮城県富谷市生まれ。
 吉野 蓮(よしの・れん)投手兼三塁手。
 明石台小1年時に軟式チームで野球を始め、東向陽台中時代は宮城北部シニアに所属。

 仙台育英では1年時秋から外野手兼投手でベンチ入り。
 持ち前の打撃を生かして6番ライトの座を獲得し、神宮初戦・天理戦で左翼席への2ランを放つ。
 翌2年8月の交流試合で聖地デビューするも3の0と振るわず倉商に1-6で敗戦。
 2年時秋の新チーム結成時から4番を打ち、打率.433、本1点11の活躍で東北制覇を飾った。
 県大会直前に肩を痛めた影響もあって一塁(登板無し)へとポジションを変更。
 大勝を収めた東北大会決勝・柴田戦(9回18対1)で公式戦2号の左越え満弾を放っている。
 翌3年春の選抜に三塁手として出場し、2回戦・神国附戦で全国大会初登板。
 13-4の8回表から3番手としてマウンドに上がり、2回1失点と打たれながらも147㌔を叩き出した。
 1個上に向坂優太郎入江大樹宮本拓実、同期に伊藤樹ら。

 178cm81kg、ガッチリとした体格の右オーバースロー。
 セットからグラブを掲げて前傾をして重心を下げ、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速147㌔、常時140㌔前後から140㌔台中盤(リリーフ登板時)のストレートと、
 縦に曲がる120㌔前後のスライダー、100㌔のカーブ、逃げて沈む120㌔台のチェンジアップ。
 2年時秋に発症した右肩違和感を克服、3年時春の選抜で147㌔をマークした。
 スイングスピード153km/h、長打力を秘めた右打者。2年時秋の新チームから4番打者を務める。
 遠投100m、50m6秒4。投手としての実績はまだ少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年04月03日(土)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑