楠本 晴紀(神戸国際大付)|ドラフト・レポート

楠本 晴紀(神戸国際大付)

ここでは、「楠本 晴紀(神戸国際大付)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm93kg 左左 MAX144km スライダー・チェンジ
プロ注目の最速144㌔左腕。2年生で選抜デビュー、北海高校を相手に7回6K1失点の粘投をみせた。
最終更新日:2022-07-28 (Thu)|2022年高校生投手 コメント(3)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   21春: 2    10.1  13  9  4  5 
            7  6  6  3  1 140㌔ 北海高校
           3.1  7  3  1  4 138㌔ 仙台育英
   21夏: 3    13.2  13  12  9  5
            4  4  3  0  0 142㌔ 北海高校
        先  4.2  3  3  7  2 141㌔ 長崎商業
            5  6  6  2  3 142㌔ 近江高校
   通算: 5     24  26  21  13  10 防3.75
        被安打率9.75 奪三振率7.88 四死球率4.88

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   20秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫1回戦:三田学園    0.2  0  2  0  0

   21夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫2回戦:鳴尾高校 先   6     9     1
     3回戦:姫路西高 先   3     2     0
     準々決:東洋姫路 先   2  2  0  1  0
     準決勝:報徳学園    6.1  6  6  3  0
     決勝戦:関西学院 先  4.2  5  3  3  3
                 22  19  20  11  4 防1.64
             被安打率7.77 奪三振率8.18 四死球率4.50

   21秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫3回戦:須磨翔風 先   9  6  6  1  2
     準々決:明石商業 先  5.2  5  1  5  3
                14.2  11  7  6  5 防1.84
             被安打率6.75 奪三振率4.30 四死球率3.68

  最新記事

 ■ 神戸国際大付・楠本 今夏初登板で11回1失点14K(デイリー) 22/7/28

 神戸国際大付が加古川西を延長十二回の熱戦で下して、3大会連続の決勝に進出した。背番号10の左腕、楠本晴紀投手が今大会初先発し、11回を6安打、14奪三振、1失点に抑えた。大会直前に左足首を疲労骨折し、全治1カ月と診断を受けた。自転車や座位でのスローイングなど、できる準備を整えてきた。昨秋は県大会の準々決勝・明石商戦で制球難を露呈して敗戦。3季連続甲子園を逃した。今春も不振でチームは地区敗退。「フォームを意識しすぎて気持ちが不安定になった」と言う楠本に、青木尚龍監督はあえて厳しく接した。5月、高卒でのプロ入りを希望する楠本に「お前には無理。そんなに甘くない」と進学を促した。「各球団が見に来てくださったが、投げ方を見失っていた」と同監督。「青木先生は僕のことを考えてくれて言ってくれている」と恩師の言葉に奮起した楠本。進路は進学に変え「4年後はドラフト1位になりたい」と将来を見据える。

   22夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫準決勝:加古川西 先  11  6  14  2  1

 ■ 神戸国際大付・楠本晴紀 「5冠右腕」の直球追求する大型左腕(スポニチ) 22/5/17

 神戸国際大付・楠本晴紀投手は1メートル87、89キロの恵まれた体格から140キロ台中盤の直球を投げ下ろす本格派左腕。調べてみると、2年夏の甲子園大会の名鑑には1メートル85、82キロとあった。あれから身長が2センチ伸び、体重は7キロ増えたことになる。追い求めるのは、2006年に平成唯一の“投手5冠”に輝いたかつてのソフトバンクのエース・斉藤和巳の直球だ。定期的にチェックするNPB球団スカウトが「2年時の甲子園の実績もあるし、体が大きくて左というのは大きな魅力どこの球団も同じでしょう」と話すように、スケールの大きな左腕への注目度は高い。

 ■ 神戸国際大付、来秋ドラフト候補・楠本が2失点完投(SANSPO) 21/9/20

 神戸国際大付は須磨翔風に勝利。楠本晴紀投手が今大会初登板し、6安打2失点(自責1)で完投した。最速143キロの直球とスライダーのコンビネーションで攻め、四回までは1安打ピッチング。123球で投げ抜いた。甲子園大会後はフォーム修正に着手。投球時に右手のグラブを頭よりも高い位置に上げていたが、脇に添えることで力を逃がすことを防ぎ、下半身主導のスタイルを身に着けた。この試合も四球は八回に1つ与えただけで荒れ気味だった制球の安定を実感している。ネット裏からは6球団のスカウトが視察。ロッテ・三家スカウトは「サイズもあるし、テークバックが小さく出所が見づらいので、打者を詰まらせられている」と特長を挙げ、巨人・岸スカウトは「立ち上がりから落ち着いていて、余力を感じる甲子園をきっかけに、精神的にも成長したように思う制球もいい」と評価した。
 巨人・岸スカウトは「甲子園での経験が生きているのか、すごく余裕が感じられた。左腕で変化球が良いのは先発投手として大切伸びしろを感じる」と高評価した。(報知)

過去記事

 ■ 神戸国際大付 救援の楠本、悔し涙止まらず(神戸新聞) 21/8/26

 1点差の七回、2死三塁。楠本は2ストライクから粘られていた。9球目に捕手西川が出したサインはインコースの真っすぐ。全力を注いだ140キロが「甘いコースに入った。力負け」。近江の3番山田にバックスリーンへ運ばれた。「気持ち良い投球に見えるが、1球の厳しさを分かっていない」と青木監督。楠本も「1球の怖さ、重みを知った」と試合終了の瞬間から悔し涙が止まらなかった

 ■ 今大会から背番号1の2年生左腕・楠本晴紀が勝利へ自信(報知) 21/8/13

 第3試合で北海と対戦予定だった神戸国際大付は約2時間の室内練習後、オンライン取材に応じた。今春センバツ1回戦では延長10回に3―2でサヨナラ勝ちを収めた相手との再戦に2年生左腕・楠本晴紀は「要所要所をしっかり抑えたら勝てると思う」と自信を口にした。楠本は、兵庫大会では背番号10でチーム最多の5試合に登板計22回投げて4失点の成績を残した。今大会では背番号1を背負い「その背番号をもらった以上は、人一倍しっかりとしないと思う」と覚悟を持って挑む。

 ■ 神戸国際大付・楠本 投打で決勝導いた(デイリー) 21/7/28

 神戸国際大付の最速144キロ左腕・楠本晴紀投手(2年)が、三回途中から登板して6回1/3を無失点。打っては四回に逆転の2点右前適時打を放ち、決勝進出を導いた。春の悔しさが楠本を強くした。センバツ2回戦の仙台育英戦では2番手で登板し、3回1/3を4失点でチームも大敗。悔しさを晴らすため、「一球への執着心を持って」とプルペンで投げ込み、制球面を強化。内外に意図した投球ができるようになり、この日もテンポ良く報徳打線を斬った。

 ■ 神戸国際大付・楠本、流れ呼び込む粘投/センバツ(SANSPO) 21/3/20

 神戸国際大付は2番手の楠本が粘りの投球で流れを呼び込んだ。先発の阪上が右肘の不調で二回に2死満塁を招き、楠本が救援。押し出し四球で先制を許し、五回にも1点を失ったが、その後は変化球をコースに投げ分け、九回途中まで追加点を許さなかった

 ■ 神戸国際大付2年生・楠本晴紀が自己最速140キロ計測(報知) 21/3/10

 神戸国際大付が10日、関西国際大の2年生との練習試合を行った。3回1死から登板した楠本晴紀が3回2/3を3安打1失点4奪三振に抑え、自己最速を1キロ上回る140キロをマークした。

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 楠本 晴紀(くすもと・はるき)投手。
 小学校5年生の時から野球を始め、鷹匠中では兵庫タイガースに所属。

 神戸国際大附では2年時春の選抜で全国デビュー。
 初戦・北海戦に2回表2死満塁から急遽登板し、6回1失点の粘投で10回3-2逆転勝ちを飾る。
 一躍スカウトから注目されるも仙育に5-13(3.1回4失点)で敗れ2回戦で敗退。
 その後、直球の最速を4㌔(→144㌔)伸ばし、2年生の夏に2本柱として県大会Vを達成した。
 甲子園本戦(8強)から1番を付け、4戦中3戦(先1)、計13.2回で5失点と粘投。
 春選抜と同じ顔合わせとなった初戦・北海戦(2対1)で4回4安打0封の好救援を演じている。
 続く2年時秋の予選3戦中2戦に先発し、計14.2回7K5失点で県8強まで進出。
 プロ注・槙野擁する須磨翔風と3回戦で対戦し、6安打1四球、6三振5-2完投で白星を収めた。
 1学年上に阪上翔也(近畿大)、同学年に山里宝ら。

 187cm93kg、プロ注目の最速144㌔大型左腕。
 セットポジションからタメを作って軽く重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(リリーフ登板時)のストレートと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、その他の変化球として110㌔前後のチェンジアップ。
 ストレートとスライダーとのコンビネーションが持ち味。2年生で144㌔をマークした。
 2年時夏の甲子園でベスト8入り、3試合13.2回で12K(真っすぐ10、スライダー2)を記録している。
 潜在能力にはプロスカウトも注目。奪三振率7.88。

  スカウトコメント

プロスカウト|22/5/17
 「2年時の甲子園の実績もあるし、体が大きくて左というのは大きな魅力。どこの球団も同じでしょう」
ロッテ・三家スカウト|21/9/20
 「サイズもあるし、テークバックが小さく出所が見づらいので、打者を詰まらせられている」
巨人・岸スカウト|21/9/20
 「立ち上がりから落ち着いていて、余力を感じる。甲子園をきっかけに、精神的にも成長したように思う。制球もいい」
 「甲子園での経験が生きているのか、すごく余裕が感じられた。左腕で変化球が良いのは先発投手として大切。伸びしろを感じる」
MLBロイヤルズ・大屋博行国際スカウト|21/3/20
 「神戸国際大付の2年生左腕、楠本君の荒々しい投球にはスケールの大きさを感じた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-07-28 (Thu)|2022年高校生投手 | コメント(3) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
フォーム崩して制球はボロボロ、大会直前には左足首疲労骨折
そこから帰ってきて11回1失点はすごいな
進学するみたいで4年後のドラフトですね
| 匿名 | 2022年07月28日(Thu) 09:03 | URL #- [ 編集]
なぜ投げてない
| あ | 2022年07月26日(Tue) 09:49 | URL #- [ 編集]
サンスポによるとロッテ、巨人のスカウトがコメントを残してました!
| 鴎 | 2021年09月20日(Mon) 21:46 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年高校生投手 | コメント(3) Page Top↑