秋本 璃空(常総学院)|ドラフト・レポート

秋本 璃空(常総学院)

ここでは、「秋本 璃空(常総学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm80kg 右右 MAX145km スライダー・カット・カーブ・チェンジ・フォーク
最速145㌔の直球と多彩な変化球。関東準々で145㌔、直球と変化球とのコンビネーションで抑える。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   21春     回数 被安 奪三 四死 自責
   敦賀気比 先   7  3  2  8  0 143㌔
   中京大中 先   4  9  1  3  8 142㌔ ●
            11  12  3  11  8 防6.55
       被安打率9.82 奪三振率2.45 四死球率9.00

  最新記事

 ■ 選抜初のタイブレーク、常総学院が制す(朝日新聞) 21/3/24

 常総学院が選抜初のタイブレークにもつれた接戦を制した。十三回無死一、二塁から秋本がしぶとく一、二塁間を破り勝ち越し。太田和、田中の連続適時打で計4点を奪った。
 「絶対的な決め球とボール球で勝負できる配球を身につけたい」と冬の期間は1週間で約300球のブルペン投球を行い、チェンジアップを磨いた。(スポニチ21/3/7)

   20秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   地区代表決:牛久栄進 先   5  0  13  0  0封※5回参考ノーノー
   茨城1回戦:茨城キリ 先   7  5  9     1
     2回戦:つくば秀 先   9  8  11  1  0封142㌔
     準々決:石岡一高     4  1  9     0
     準決勝:藤代高校 先   8  4  3     2
     決勝戦:鹿島学園    5.2  6  2  1  1
   関東1回戦:前橋商業 先   7  5  3  2  0封
     準々決:木更津総 先   8  7  4  2  0 145㌔
     決勝戦:健大高崎 先   2  4  0  1  4 144㌔
                 6  8  2  2  4 ※6回表から再登板
                61.2  48  56  14  12 防1.46
             被安打率7.01 奪三振率8.17 四死球率2.04

 ■ 『島田直也記念館』で切磋琢磨したライバル(中スポ) 21/2/16

 常総学院グラウンドの一塁側ブルペンの後方には、「島田直也記念館」と名付けられたトレーニングルームがある。昨秋の関東大会準優勝を支えた秋本璃空投手、大川慈英投手は、ここで切磋琢磨して体を鍛え、互いを高めてきた。最速145キロの秋本は打者を追い込んでから気が緩む面があったが、島田監督からの“戒め"を胸に精神面も成長。カーブ、スライダーの制球もよく、四球で崩れないのが持ち味だ。関東大会決勝の健大高崎戦では立ち上がりに右足をひねった影響もあり、計8イニングで8失点。「甲子園は万全で勝負したい。大川に負けないようにストレートを磨いていく。島田監督は選手の時は夏の甲子園で準優勝だったので、監督として優勝させたい」と力強い。

 ■ 常総学院エース秋本が甲子園で島田監督超えに挑む(日刊) 21/1/27

 常総学院のエース・秋本璃空投手は制球力で勝負をかける。今年の正月休み、島田直也監督の高校時代の動画を見た。「監督は制球力良く投げていた。僕も負けたくない」とライバル心を燃やすが、島田監督は「当時の私よりも、秋本の方が制球力は上」と高評価。今春、甲子園で監督超えに挑む。

  プロフィール

 埼玉県三郷市出身。
 秋本 璃空(あきもと・りく)投手。
 戸ヶ崎小時代に軟式チームで野球を始め、栄中学校では江戸川中央シニアに所属。
 中学3年夏の全国大会で3位進出を果たした。

 常総学院では2年時秋から背番号1で公式戦に出場。
 地区代表決定戦・栄進戦で初登板を果たし、5回13Kノーノーの快投で14-0完封勝ちを飾る。
 以降、主に先発で9戦61.2回を投げ、14四死球56K、防1.46の好成績をマーク。
 自己最速更新の145㌔を計測し、県大会で防0.47、関東大会で15回連続0封を記録した。
 関東全4戦中3試合で先発を担うも、健大に8回8失点、11回7-9で敗れ準V。
 1回戦・前橋商業戦で7回コールド9-1完封、準々決・木総戦で8回0封の粘投を演じている。
 翌3年春の選抜で甲子園デビューし、1回戦・気比戦で13回TB決勝打を記録。
 いずれも先発で全2戦に登板したが、計11回で11失点を喫し、0勝1敗、防御率6.55に終わった。
 1学年上に菊地竜雅一條力真、同期に大川慈英ら。

 176cm80kg、一通りの変化球を操る145㌔右腕。
 ノーワインドから前傾して重心を下げ、インステップで着地し、後ろ小さめに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の力のある真っ直ぐと、
 120㌔前後の縦横スラ、120㌔前後のチェンジアップ、120㌔台のフォーク、100㌔台のカーブ。
 変化球多めのピッチングで打者を翻弄。ヒールアップして足を高めに引き上げる。
 内角直球とスライダーなど変化球とのコンビネーションが持ち味。冬場は決め球の習得に励んだ。
 奪三振率8.17、四死球率2.04。遠投110メートル。

  スカウトコメント

MLBロイヤルズ・大屋博行国際スカウト|21/3/25
 「体が強いけれど力任せではなく、冷静な投球で気負いがない投げ方だ。ストレートはだいたい130キロ台中盤だが、ここぞという時は140キロ超を投げ込む。カーブやスライダーも低めに集める。これが打てそうで打てない。頭を使った球の出し入れは、プロで投手として活躍した島田監督の教えをしっかり受け継いでいるのだろう。自分の腕の長さや持ち味を熟知し、カーブもしっかりとコントロールできている。打者との駆け引きのうまさは往年の名投手、東尾修をほうふつとさせた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年04月13日(火)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑