山本 大揮(九州国際大付)|ドラフト・レポート

山本 大揮(九州国際大付)

ここでは、「山本 大揮(九州国際大付)」 に関する記事を紹介しています。
夏甲子園/V校予想 プロ志望(高校/大学) 指名選手 選手権/都市対抗
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm86kg 右右 MAX146km スライダー・カット・カーブ
安定感を評価される最速146㌔右腕。九州大会で145㌔を計測、縦スラ、カットボールを織り交ぜる。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   北九1回戦:戸畑高校 先   ?          0
     準々決:自由ケ丘 先   6          0
     決勝戦:真颯館高 先   6          6 ※10対7で勝利
                  ?          6

   20秋(背番号10→1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡準々決:沖学園高 先   7          1
     準決勝:西短大付 先  7.1  1       1 142㌔
     決勝戦:福大大濠 先   9          4    ※3対4で敗戦
   九州1回戦:明豊高校 先   8  5  5  3  1 145㌔※1対4で敗戦
                31.1          7 防2.01(不明分を除く)

   21春(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   九州2回戦:大分舞鶴 先   9  5  8  3  0封144㌔
     準決勝:興南高校 先   9  6  8  1  1 144㌔
                 18  11  16  4  1 防0.50
             被安打率5.50 奪三振率8.00 四死球率2.00

  最新記事

 ■ 九州国際大付プロ注目の山本が今夏初先発、8回10K(日刊) 21/7/17

 九州国際大付が、5-1で九産大九州を下した。最速146キロ右腕の山本大揮投手が今夏初先発。「一番自信があります」と公言するキレのあるカットボールを軸に試合を作った。8球団10人のスカウトが視察する中、8回1失点(自責は0)で10奪三振の快投。阪神の前田忠節アマスカウトも「一番はゲームメーク。必ず(試合を)作れるピッチャー球も走っていたし、コントロールの精度も良かった春から比べるとかなりの成長が感じられる」と高評価だ。「現状では状態も良いし、他球団も評価しているのではないかな」と証言する。山本は6月の練習試合で右脇腹の肉離れを起こしたが、「もう治りました」と万全状態をアピール。5年ぶりの聖地を目指し、山本は腕を振る。
 楽天オリックスなど8球団が視察。阪神の前田忠節スカウトは「成長している。常時140キロ台が出るし、カットボールのスピードも上がった。しっかりコントロールされていた」と評した。(スポニチ)

   21夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡3回戦:小倉高校     1  0  2     0
     4回戦九産九州 先   8  7  10  2  1 146㌔
                 9  7  12     1 防0.00
                   被安打率7.00 奪三振率12.00

 ■ 九州国際大付・山本が快投で決勝進出(スポニチ) 21/4/29

 九州国際大付・山本大揮が準決勝でも快投だ。前回登板では終盤に球威が落ちたが、この日は違った。走者を出しても落ち着いた投球が光った。この日の最速は144キロ。「タイミングをずらしたかった」と2回戦では投げなかったカーブも効果的だった。複数球団が視察。阪神の前田忠節スカウトは「大崩れしないし、ピッチングがうまい。(昨年の秋より)球速も上がってきている」と評した。

 ■ 九州国際大付・山本大揮が5安打完封(日刊スポーツ) 21/4/25

 九州国際大付の最速145キロ右腕、山本大揮投手が5安打完封で勝利に貢献した。この日最速144キロ直球と、直球と球速に差がないというカットボールを駆使し「最後はバテバテだった」という全力投球。「(楠城監督から)後ろに(エース)柳川がいるから飛ばしていけと言われた」と言い、序盤からエンジン全開だった。冬場は10数種類のスクワットメニューを1日1400回、毎日約3カ月続けるなどして体力強化体重は5キロ増え球威も抜群だった。

過去記事

 ■ 背番号10で快投、エースにつないだ右腕「背番号は関係ない」(西スポ) 20/10/17

 九州国際大付が2018年秋以来24度目の九州大会出場を決めた。二枚看板の山本大揮と柳川大晟のリレーで1安打に抑えた。背番号10の山本が先発し7回1死まで1安打1失点に抑えると、エースナンバーをつけた柳川が8回まで1回2/3を無安打でつなぎ、最終回は再び山本が登板1四球は出したが無安打で締めくくった。山本は初回の先頭打者に対して自己最速となる142キロを記録。6回に失策がらみで1点を失ったが、許したヒットは1本。「序盤は力が入っていた。球が浮いて調子が良くなかったけど大事なところでコースに決められたのが良かった」と振り返る。

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 山本 大揮(やまもと・だいき)投手。
 池田小4年時から軟式チームで野球を始め、千代中時代は軟式野球部で県4強進出。

 九州国際大付では1年時秋から控えとしてベンチ入り。
 翌2年夏の独自大会でエースの座を掴み取り、同期・柳川との継投で北九州地区優勝を飾る。
 全5試合中3試合に先発として登板し、準々決・自由ケ丘戦で6回0封と好投。
 続く2年時秋の予選で県準V、九州進出を果たし、スカウトからも注目される存在に浮上した。
 背番号10の主戦格として県大会に挑み、ベスト8以降の全3戦に先発で登板。
 準決勝・西短大付戦で計7.1回1安打1失点(最速更新の142㌔計測)の好投を演じている。
 九州大会から再び背番号1を背負うも、明豊に1-4逆転で敗れ1回戦で敗退。
 最速145㌔を計測した直球に変化球を交え、7回0封、8回まで5安打1失点と試合を作った。
 翌3年春の九州大会で準優勝を飾り、投球の上手さでプロからの評価を獲得。
 背番号10で全4試合中2試合の先発を務め、大分舞鶴を2-0完封、興南を2-1完投で破った。
 同学年のチームメイトに最速152㌔右腕・柳川大晟ら。

 184cm86kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔のストレートと、縦のスライダー、カットボールなどの変化球。
 直球と縦スラ、カットとのコンビネーションが持ち味。安定感の高さを買われて主戦の座を掴んだ。
 同期の柳川大晟と共にプロから注目されている。

  スカウトコメント

阪神・前田忠節アマスカウト|21/7/17
 「一番はゲームメーク。必ず(試合を)作れるピッチャー。球も走っていたし、コントロールの精度も良かった。春から比べるとかなりの成長が感じられる。現状では状態も良いし、他球団も評価しているのではないかな」
 「成長している。常時140キロ台が出るし、カットボールのスピードも上がった。しっかりコントロールされていた」
ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト部部長|21/6/17
 「地元の高校ということもあり、目にする機会の多い投手です。柳川くんとの二枚看板のどちらも評価していますが、現段階で『勝てるピッチャー』なのは山本くんでしょう。特にスライダーのキレとコントロールが素晴らしく、試合をまとめる能力も魅力です。このまま順調に成長していけば、楽しみな投手になりそうです」
阪神・前田忠節スカウト|21/4/29
 「大崩れしないし、ピッチングがうまい。(昨年の秋より)球速も上がってきている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年07月18日(日)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑