本田 峻也(東海大菅生)|ドラフト・レポート

本田 峻也(東海大菅生)

ここでは、「本田 峻也(東海大菅生)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm73kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・スプリット
変則気味のプロ注目左腕。横の角度が持ち味。大きめにインステップしてスリークォーターから投じる。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   21春     回数 被安 奪三 四死 自責
   京都国際     1  0  0  1  0 140㌔ ○ ※5-4サヨナラ勝ち
   中京大中 先   5  4  3  6  2 137㌔ ●
            6  4  3  7  2 防3.00
       被安打率6.00 奪三振率4.50 四死球率10.50

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号18)    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:福生高校 先   3  0  4  0  0
   2回戦:東高輪台 先   4  5  2  4  1
               7  5  6  4  1 防1.29
           被安打率6.43 奪三振率7.71 四死球率5.14

   20夏(背番号14)    回数 被安 奪三 四死 失点
   準々決:日大二高     3  4  0  4  1  
   準決勝:創価高校 先   5  3  2  6  2
   決勝戦:佼成学園 先   6  6  3  3  2 ※10回4対3
   東西戦:帝京高校 先   5  4  4  0  2 ※9回3対2
               19  17  9  13  7 防3.32(失点から算出)
           被安打率8.05 奪三振率4.26 四死球率6.16

  最新記事

 ■ 東海大菅生・本田、夏へ鍛え直す 目標は畔柳超え(日刊) 21/3/29

 東海大菅生のエース本田峻也投手は責任を背負い込んだ。「(初回は)自分が流れを壊してしまった。自分1人で失点してしまった」。相手先発は、好投手の畔柳。よーいドンでの3点ビハインドは重かった。1回戦に先発予定だったが、左肩に違和感が出て、直前で登板回避。2回戦で1イニング投げただけだ。この日は「全く違和感はなく、自信を持って上がりました」。ただ、若林監督の目には「肩の不安と戦っていた。相手と戦っていなかった」と映った。本田と畔柳は中学時代、U15代表でともに戦った仲だ。5回6失点で降板した本田に対し、畔柳は中1日の疲れを見せず、2安打完封した。

   20秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:目黒日大 先   5  1  2  2  0封
   3回戦:桜美林高 先   7  6  5  2  2
   準々決:日大二高 先  7.1  4  8  5  1
   準決勝:関東第一 先   6  4  6  4  3 138㌔
   決勝戦:日大三高 先   7  1  7  3  1 143㌔(ファール時に計測)
              32.1  16  28  16  7 防1.95
           被安打率4.45 奪三振率7.79 四死球率4.45

 ■ 東海大菅生・本田、サヨナラ呼び込む(SANSPO) 21/3/27

 東海大菅生は本田が2点差の九回から登板。「自分がゼロで抑えないと逆転はない」。得点を許さずに、サヨナラ勝ちを呼び込んだ肩の違和感を訴え、1回戦は登板を回避。エースの意地を見せた。

 ■ 練習試合が解禁 センバツ出場の東海大菅生が快勝発進(報知) 21/3/6

 東海大菅生は都外の強豪校と対戦し、13安打10得点で快勝した。左肩のコンディション不良でスロー調整を行っていた143キロ左腕・本田峻也が先発し、3回を3安打2四球で無失点。最速は138キロだった。この日は巨人、ソフトバンクが視察。巨人・脇谷スカウトは「変化球の精度が高く、真っすぐにも角度がある。久しぶりの実戦登板にしては上出来だと思うし、楽しみな投手」と評価した。

過去記事

 ■ 東海大菅生が6年ぶり東京王者(中スポ) 20/11/15

 東海大菅生が6年ぶり3度目の優勝を決めた。プロ注目のエース左腕、本田峻也投手が7イニングを1安打3四死球で1失点。チームは来春センバツ出場へ大きく前進した。インステップで腕の出どころが見づらいフォームからの直球とチェンジアップのコンビネーションで打ち取り、自己最速を1キロ更新する143キロもマーク。U―15代表でチームメートの中京大中京の畔柳との約束も果たし「自分も優勝するから甲子園で会おうと言いました。投げ合いたいです」と意気込んだ。

  プロフィール

 石川県小松市出身。
 本田 峻也(ほんだ・しゅんや)投手。
 小松第一小3年生の時から軟式野球を始め、芦城中時代は小松加賀シニアでG杯出場。
 U15代表として挑んだ中3夏のW杯で4強入りを果たした。

 東海大菅生では1年生の春からベンチ入り。
 1年時秋の予選(都3回戦)で公式戦デビューし、東京大会全3試合中2試合で先発を務める。
 翌2年夏の西大会で優勝をなし遂げ、続く東西対抗戦で東代表・帝京を撃破。
 主戦格として後半全4試合(先発3)に登板し、計19回を9K7失点に抑える粘投を披露した。
 2年時秋の都大会で主戦の座を掴み、32.1回7失点の活躍で6年ぶりVを達成。
 強豪・日大三高が相手の決勝(6-1)で、7回1安打3四死球、7K1失点の好投を演じている。
 その後、左肩違和感のケガを発症し、翌3年春の選抜1、2回戦の先発を回避。
 準々・中京戦になって大会初先発を任されたが、5回6失点KOと振るわず0対6で敗退となった。
 1学年上に藤井翔杉崎成、1学年下に鈴木泰成ら。

 179cm73kg、変則気味のスリークォーター左腕。
 セットから身体をひねって大きめにインステップし、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速143㌔、常時130㌔前後から130㌔台後半(先発登板時)のストレートと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、100㌔前後のカーブ、120㌔台で沈む右打者外スプリット。
 直球と変化球とのコンビネーションで翻弄。2年時秋に最速143㌔をマークした。
 クロスステップしてスリークォーターから投じる角度が特徴。内外に投げ分ける投球で試合を作る。
 1年生の夏に左膝のケガを経験した。遠投100m。

  スカウトコメント

巨人・脇谷スカウト|21/3/6
 「変化球の精度が高く、真っすぐにも角度がある。久しぶりの実戦登板にしては上出来だと思うし、楽しみな投手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年03月30日(火)|2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑