奈良木 陸(筑波大)|ドラフト・レポート

奈良木 陸(筑波大)

ここでは、「奈良木 陸(筑波大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



奈良木 陸(筑波大)

182cm90kg 右右 MAX151km 県立府中高校
理工学群に在籍する最速151㌔右腕。直球を武器に救援で活躍。縦横のカットボールを織り交ぜる。
2020年巨人育成9位(支度金300万円、年俸400万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春: 1 0勝0敗   1  2  1  0  1  9.00
   18秋: 1 0勝0敗   2  0  2  1  0  0.00
   19春: 4 0勝0敗   4  2       1  2.25
   19秋:        登板無し
   20春:        開催中止
   20秋: 4 0勝0敗   6  1  5  3  0  0.00
   通算: 10 0勝0敗   13  5       2  1.38
                      被安打率3.46

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   桜美大     1  2  1  0  1

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   日体大     2  0  2  1  0

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   武蔵大     0  2  0  1  1
   帝京大     1  0  2  0  0
          1.2  0       0
   東海大    1.1  0  1  1  0
           4  2       1 防2.25

  最新記事

 ■ 巨人育成9位奈良木 数字に興味ありデータを研究(日刊) 20/11/29

 巨人育成9位の筑波大・奈良木陸投手が28日、支度金300万円、年俸400万円で仮契約した。背番号はリリーフタイプで、大竹寛に似ているところがあるので」という理由で「017」に決まった。榑松スカウト部次長は「非常に支配下に近いところにある実力の選手ですので、1年目から1軍で1試合でも多く投げてくれるんじゃないかという期待もある。入り方は育成ですけど、1年目から1軍でという思いは強いですね」とコメント。奈良木は「1日でも早く1軍で投げたいですし、そこからは1日でも長く活躍できるようにという気持ちでいます」と力を込めた。

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大     1  0  1  1  0 151㌔(大田)
   桜美大     2  0  3  1  0 150㌔(牛久)
   武蔵大     1  1  0  0  0 149㌔(牛久)
   日体大     2  0  1  1  0 146㌔(平塚)
           6  1  5  3  0 防0.00
       被安打率1.50 奪三振率7.50 四死球率4.50

 ■ 育成9位の筑波大・奈良木は異色の理系右腕(報知) 20/11/2

 巨人育成9位・筑波大の奈良木陸投手が2日、同大学内で担当の内田強スカウトから指名あいさつを受けた。広島・府中高出身で、理工学群社会工学類に在籍という異色の理系右腕卒論のテーマは「マッチングによるプロ野球ドラフト会議の研究」で、戦力均等のためにはどういう指名制度がいいのかなどを、各球団の戦力を数値化した上で比較して考えている秀才だ。内田スカウトは「試合経験はまだ少ないですけど、これから力をつければ、将来すごくいい選手になるんじゃないかと思って推薦した選手です。普通ストレートは2400回転くらいですが、2700ちょっと上回るくらいの回転数を持っている。そこから、横と縦の2種類のカットボールを投げられる縦のカットは初めて見た人はフォークボールに見えると思う。それで抑えていたので、すごく将来性を感じて推薦しました」と期待した。

 ■ 26日ドラフト会議 茨城県勢、好投手指名に注目(茨城新聞) 20/10/26

 筑波大の奈良木陸投手は昨秋まで目立った成績を残していなかったが、今年に入って力強い直球が評判となった。日本ハムなどが興味を示している。

  プロフィール

 広島・府中高校出身。
 奈良木 陸(ならき・りく)投手。
 小学5年から本格的に投手を始め、中学時代は軟式野球部に所属。

 県立府中高校時代に目立った実績は無し。
 3年時夏の予選を3回戦敗退(山陽4-5)で終え、文武両道をかかげて筑波大理工に進学した。
 当時の最速は143㌔。県3回戦が最高成績。

 筑波大学では首都リーグでリリーフ右腕としてプレー。
 理工学群社工類で学びながら野球に取り組み、2年時春の桜美林大1回戦で初登板を飾る。
 2年時秋に出場した明治神宮大会(近大に1-2で敗れ初戦敗退)はベンチ外。
 4年間で10試合(全て救援)、計13イニングに登板し、0勝0敗、防御率1.38の実績を残した。
 入学後の体作りで球威アップを果たし、プロスカウトから注目される存在に浮上。
 4年時秋のリーグ開幕戦・帝京大1回戦で最速更新の151㌔(1回0封リリーフ)を計測している。
 首都リーグ通算10試合、0勝0敗、13回、防御率1.38。

 182cm90kg、理工学群に在籍する最速151㌔右腕。
 セットからゆっくり足を上げて重心を下げ、インステップし、開き早めに右ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速151㌔(4年時秋に計測)のストレートと縦横2種類のカットボール。
 常時140㌔中盤から150㌔前後(リリーフ)の直球が武器。130㌔台のカットボールを織り交ぜる。
 4年時秋4試合6回で3四死球5奪三振。実績は少ない。

  スカウトコメント

巨人・榑松スカウト部次長|20/11/29
 「非常に支配下に近いところにある実力の選手ですので、1年目から1軍で1試合でも多く投げてくれるんじゃないかという期待もある。入り方は育成ですけど、1年目から1軍でという思いは強いですね」
巨人・内田スカウト|20/11/2
 「試合経験はまだ少ないですけど、これから力をつければ、将来すごくいい選手になるんじゃないかと思って推薦した選手です。普通ストレートは2400回転くらいですが、2700ちょっと上回るくらいの回転数を持っている。そこから、横と縦の2種類のカットボールを投げられる。縦のカットは初めて見た人はフォークボールに見えると思う。それで抑えていたので、すごく将来性を感じて推薦しました」
巨人・内田強スカウト|20/10/26
 「テイクバックが小さく、回転数が多くキレのある直球が魅力。一番の武器はトップ位置からリリースにかけて球持ちが良く回転をかけられる技術を持っていること」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年11月29日(日)|2020年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑