荒木 雅玖(九州産業大)|ドラフト・レポート

荒木 雅玖(九州産業大)

ここでは、「荒木 雅玖(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm75kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・カット・チェンジ 長崎海星
恵まれた体格の最速148㌔右腕。3年時春から主戦として活躍、日経大1回戦で初完封を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 1 0勝0敗    1  3       1  9.00
   19秋: 1 0勝0敗    1  1       0  0.00
   20春:         開催中止
   20秋: 6 1勝0敗  10.2  8       3  2.53
   21春: 5 3勝1敗  30.2  21       5  1.47
   通算: 13 4勝1敗  43.1  33       9  1.87

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   21選: 1 先   2  0  2  3  1 141㌔(神宮) 和歌山大
   通算: 1     2  0  2  3  1 防4.50
       被安打率0.00 奪三振率9.00 四死球率13.50

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大     1  3       1

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大     1  1       0

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   3  0  5  0  0 ※5回ノーノー継投
   福工大    1.2  3       0
   福教大     1  1       0
   日経大     2  2       3
           2  1       0 ○
   九共大     1  1       0
          10.2  8       3 防2.53

   20秋九州   回数 被安 奪三 四死 自責
   福岡大    1.1  0       0
   文理大    4.1  2       1 ○ ※2対1で優勝
          5.2  2       1 防1.59

  最新記事

 ■ 九産大・荒木好投でコールド発進「ノーヒットは少し意識」1安打0封(日刊) 21/4/10

 九産大が荒木雅玖投手の好投で開幕戦を7回コールド発進した。荒木雅は1回、先頭打者からいきなり4者連続奪三振で立ち上がると、5回2死まで無安打6回をわずか1安打無失点に抑えた。
 オフには制球力向上に取り組んだ。「内角の制球力をつけるため、ブルペンで打者を立たせて投げ込んだ成果が出ました」と手応え十分。(西スポ)
 公式戦初先発の楠本が初勝利で逆転優勝に貢献だ。大久保監督が「状態が良くない」というエース格の荒木を欠く中で、大一番に大抜てきされ、5回2安打1失点(自責0)。(日刊21/5/17)

   21春(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   6  1  9  0  0 ○
   福教大 先   7  1       0 ○145㌔
   日経大 先   9  7  6  3  0 ○封…初完投初完封
   福工大 先   6  7       2
       先  2.2  5       3 ●
          30.2  21       5 防1.47

 ■ 九産大V3へコールド発進 荒木雅3回完全(西日本スポーツ) 20/9/20

 九産大は九工大に10-0の5回コールドで快勝発進した。リーグ戦初先発の荒木雅玖(2年)が3回をパーフェクトに封じるなど、3投手が無安打リレーを演じた。荒木雅は海星高時代に最速148キロを記録した本格派。1年生だった昨年のリーグ戦は春と秋に各1イニングを投げたが、二つの全国大会はベンチから外れ、「来年は開幕投手になってやる」と誓いを立てた。コロナ禍による自粛期間も無駄にはしなかった。長崎市の実家に戻った時期も筋力強化に励み、約2カ月で体重を5キロも増やした

  プロフィール

 長崎県長崎市出身。
 荒木 雅玖(あらき・がく)投手。
 大浦小3年時からソフトボールを始め、海星中では長崎海星シニアに所属。
 中学3年生の時に遊撃から投手へ転向した。

 長崎海星高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年時秋の新チームで主戦投手の座を獲得し、3年時夏の県大会で3年ぶりの準Vを達成した。
 全5戦中4試合(先2)、計11.2回に登板し、決勝・創成館戦で148キロを計測。
 先発で6回6安打2失点の粘投を披露したが、現阪神・川原を攻略できず1対6で優勝を逃した。
 1個上に飯田大翔(セガサミー)、1個下に江越永輝(九産大)ら。

 九州産業大では1年生の春からベンチ入り。
 2年生の秋になってリリーフで登板数を増やし、第4週・日経2回戦(2回0封)で初勝利を収める。
 翌3年春のリーグ戦で先発1番手を務め、日経1回戦で初完投初完封を記録。
 4季で13試合(先発6)、計43.1回に登板し、4勝(1完投1完封)1敗、防1.87の実績を残した。
 全国大会には3年時春の第70回全日本大学選手権(1回戦で敗退)に出場。
 1回戦・和大戦の先発を任されたが、合計3四死球を出し、2回無安打2K1失点で降板となった。
 リーグ通算13試合、4勝1敗、43.1回、防御率1.87。

 182cm75kg、恵まれた体格の最速148㌔右腕。
 ワインドアップから溜めて前傾しながら重心を下げ、クロスステップして右ヒジを使った腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(先発時)の直球と、
 130㌔前後のカット、110㌔台のスライダー、110㌔台のカーブ、130㌔前後のチェンジアップ。
 1年時春からリリーフとしてリーグ戦に出場、3年生の春から先発1番手を務める。
 最速148㌔の真っすぐを武器とする本格派。高3夏の予選決勝・創成館戦で148㌔を計測した。
 3年時春の大学選手権2イニングで3四死球2三振。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月14日(月)|2022年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑