金村 尚真(富士大)|ドラフト・レポート

金村 尚真(富士大)

ここでは、「金村 尚真(富士大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



金村 尚真(富士大)

176cm78kg 右右 MAX149km スライダー・カット・カーブ・フォーク 岡山学芸館
出所に見辛さのある149㌔右腕。3年時春に7勝&防0.16を記録、ノース大戦で完全試合を達成した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 8  2勝2敗  22.2  21  22  5  9  3.57(10位)
   19秋: 2  2勝0敗  10.2  5  13  3  0  0.00
   20春:        開催中止
   20秋: 6  4勝1敗  43.2  23  47  3  4  0.82( 3位)
   21春: 7  7勝0敗  54.2  23  57  4  1  0.16( 1位)
   通算: 23 15勝3敗 131.2  72 139  15  14  0.96
          被安打率4.92 奪三振率9.50 四死球率1.03
    ※ 20秋21春:MVP 20秋21春:ベストナイン 21春:最優秀防御率

 【 全国大会 】
   21選    回数 被安 奪三 四死 自責
   岐聖大    5.1  5  6  0  0 149㌔(東ド) ○
   国学大 先   6  6  8  1  2 147㌔(東ド) ●
         11.1  11  14  1  2 防1.59
      被安打率8.74 奪三振率11.12 四死球率0.79

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   ノース     4  2  2  2  0 ○
   青中大    0.2  0  2  0  0
           3  2  2  0  0
   青森大 先   3  2  4  0  0 
           4  5  2  0  3 ●
   岩手大 先   5  5  10  1  2 ○
   八学大 先   2  4  0  2  5 ●
           1  1  0  0  0
          22.2  21  22  5  10 防3.57
       被安打率8.34 奪三振率8.74 四死球率1.99

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   岩手大 先   7  5  8  3  1 ○
   青中大    3.2  0  5  0  0 ○
          10.2  5  13  3  1 防0.00
      被安打率4.22 奪三振率10.97 四死球率2.53

   20秋(3完2封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   青中大 先  7.2  6  10  1  3
   ノース 先   7  0  7  1  0 ○封…7回参考ノーノー
       先   6  5  6  0  3 ●
   岩手大 先   5  4  2  0  0 ○
   八学大 先   9  3  10  1  0 ○封148㌔…大道に勝利
   青森大 先   9  5  12  0  2 ○
          43.2  23  47  3  8 防0.82
       被安打率4.74 奪三振率9.69 四死球率0.62

   20秋東北   回数 被安 奪三 四死 失点
   福祉大 先   11  7  9  2  3 ● ※延長11回TB2対3

 ■ 高校時代成績

   17秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   中国1回戦:高川学園 先   8  7  7  1  1 ※1対3完投負け

   18夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   岡山1回戦:倉敷南高 先   6  5  8  0  1
     3回戦:笠岡商業     4  1  7  1  0
     準々決:興譲館高 先   4  0  4  1  0
     準決勝:東岡山工 先  6.2  4  10  1  0
     決勝戦:創志学園 先   7  14  5  3  7
                27.2  24  34  6  8 防2.60
            被安打率7.81 奪三振率11.06 四死球率1.95

  最新記事

 ■ 富士大8強ならず 国学院大に逆転喫す(岩手日報) 21/6/10

 富士大は国学院大に2-4で敗れ、ベスト8進出はならなかった。富士大は四回、麦谷祐介(1年)のランニング本塁打で2点を先制。主戦金村尚真(3年)は五回まで要所を抑えていたが、六回にソロ本塁打七回に同点適時打を浴び降板。救援投手がさらに2本の適時打を許し、逆転を喫した。

   21春(4完3封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   ノース 先   9  0  18  0  0 ○封 144㌔ ※5者連続奪三振
   岩手大 先   8  4  8  0  0 ○
   八学大 先   9  2  8  1  0 ○封
   青中大 先  6.2  1  2  1  0 ○
   青森大 先   9  7  12  2  2 ○…35.2回連続無失点
       先   6  3  2  0  0 ○
   ノース 先   7  6  7  0  0 ○封
          54.2  23  57  4  2 防0.16
       被安打率3.79 奪三振率9.38 四死球率0.66

 ■ 富士大・金村が完全試合 毎回の18K(日刊) 21/4/17

 開幕試合で大記録が生まれた。富士大の金村尚真が完全試合を達成毎回の18三振を奪う快投でガッツポーズをみせた。9回完全試合は北東北大学リーグでは、17年の楽天鈴木翔天投手以来、史上2人目の快挙。みちのく野球界に新ヒーローが誕生した。

 ■ 富士大・金村が完封、プロ注目大道との投げ合い制す(日刊スポーツ) 20/9/12

 先発の金村尚真投手(2年)が3安打9奪三振で完封。自己最速を1キロ上回る148キロもマークする好内容に「今日の一戦は、何よりも勝つことだけが大事だった。初回に点を取って、守備でも助けてくれた野手のおかげ。自分もプロを目指す上で超えないといけないと思っている存在に勝てたこともうれしい」。大道温貴投手と投げ合った1勝に自信も深めた。

過去記事

 ■ 富士大・宇賀神、高校同期今井らに負けじと成長誓う(日刊スポーツ) 20/2/24

 昨秋はリーグ戦途中で腰の疲労骨折で離脱した金村も、完全復活してきた。「上半身も下半身も筋力トレーニングでパワーアップできている。ケガしたことで体のケアもしっかりできるようになった」。最速147キロの直球にも力強さが加わった。

  プロフィール

 沖縄県豊見城市出身。
 金村 尚真(かねむら・しょうま)投手。
 上田小の時から豊見城ジュニアで野球を始め、豊見城中時代に軟式野球部で全国大会V。
 U15代表として中学3年10月のBFAアジア選手権に出場した。

 岡山学芸館では1年時から控えとしてベンチ入り。
 旧チーム時代からエースとして実戦経験を積み、2年時秋に県大会初V(中国1回戦)を飾った。
 3年時夏の予選は西純矢擁する創志学園に2-10(7回7失点)で敗れ準優勝。
 投手として5戦27.2回34K8失点の力投を演じ、4番として打率.294、1本塁打7打点を記録した。
 県大会V、中国1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 富士大では1年時春からリーグ戦に出場。
 1年生ながら10戦中8試合、計22.2回をこなし、開幕・ノース2回戦で初勝利(4回0封)を収める。
 1年時秋に負った腰疲労骨折を克服し、2年生の秋から先発1番手として活躍。
 4季で23試合(先発17)、計131.2回に登板し、通算15勝3敗、139K、防0.96の実績を残した。
 2年時秋・3年時春の2度優勝を飾り、それぞれMVP、及びベストナインを受賞。
 自己最多54.2回(責1)を投げた3年生の春に、7勝0敗、防0.16のキャリアハイを記録している。
 2年時秋の八学1回戦で148㌔を出し、1対0完封(大道温貴に勝利)をマーク。
 3年時春のノース1回戦で18Kの快投を演じ、リーグ史上2人目の2対0完全試合を達成した。
 全国大会には3年時春の第70回全日本大学選手権(2回戦で敗退)に出場。
 先発救援で全2試合、計11.1イニングを投げ、1勝1敗、14奪三振、防御率1.59を記録した。
 リリーフを務めた1回戦・岐阜聖徳大戦で最速1㌔更新の149㌔(東ド)を計測。
 続く2回戦で国学大を5回0封したが、6・7回に計3失点し、2対4逆転負けで敗戦投手となった。
 通算23試合、 15勝(7完投5完封)3敗、131.2回、防御率0.96。

 176cm78kg、ボールの出所に見辛さのある最速149㌔右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、後ろ小さめに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速149㌔、常時140㌔前後から145㌔強(先発時)のストレートと、
 130㌔台のカット、120㌔台から130㌔強のスライダー、130㌔台のフォーク、100㌔前後のカーブ。
 2年時秋に主戦の座を獲得。3年時春の全国大会で最速149㌔を計測した。
 安定感のあるピッチングでゲームメイク。ストレートに変化球を交えて両サイドへと投げ込んで行く。
 1年時秋に腰のケガを経験した。奪三振率9.50、四死球率1.03。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月10日(木)|2022年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑