森内 寿春(JR東日本東北)|ドラフト・レポート

森内 寿春(JR東日本東北)

ここでは、「森内 寿春(JR東日本東北)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm80kg 右右 MAX146km スライダー・チェンジ・カーブ・カット 八戸工大一→青森大 5年目
伸びのある直球とチェンジアップとの緩急。5年目都市対抗で54年ぶり2人目となる完全試合達成。
2011年日本ハム5位

  動 画

  投球成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   07日: 3  12  9  6  2  0
          1  1  1  0  0     三菱名古
         5.2  6  1  0  0     富士重工
         5.1  2  4  2  0     日産九州
   08都: 1  4.2  5  1  4  1     鷺宮製作(補強)
   08日: 1   2  1  2  0  0     日  産
   09都: 1   2  2  5  1  0     日  産
   10都: 1  2.1  1  5  0  1 143㌔ ヤ マ ハ(補強) 
   10日: 1  7.2  8  6  1  3     三菱長崎
   11都: 4  26  22  24  7  9
          9  0  12  0  0 142㌔ 三菱横浜
         5.2  6  3  2  2 139㌔ 西濃運輸
         5.1  7  4  3  2 142㌔ JR東海
          6  9  5  2  5 141㌔ JR東日本
   通算: 12 56.2  48  49  15  14 防2.22
     被安打率7.62 奪三振率7.78 四死球率2.38

 ■ 大学時代成績

     試合   勝敗  回数 自責 防御率
   03春:     登板無し
   03秋:     登板無し
   04春:     登板無し
   04秋:      不明
   05春:      不明
   05秋: 4  0勝2敗 20.1  5  2.25
   06春: 7  6勝0敗  51  10  1.76
   06秋: 8  5勝1敗 58.2  9  1.38
   通算: 19 11勝3敗  130  24  1.66
    ※ 06春:MVP 06秋:優秀選手賞 06春秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   06選: 1  4.2  8  2  3  4 140㌔ 徳山大

  最新記事

 ■ JR東日本東北・森内、2失点も初の4強(スポーツ報知) 11/10/31

 JR東日本東北が初の4強入りを果たした。準々決勝でJR東海と対戦。3回に2点を先行されたが、7回2死満塁から2番・安田尚造(24)の左前2点タイムリーで同点に追い付くと、8回には7番・鈴木良二(32)のスクイズなどで2点を勝ち越し。4―2で逃げ切り、準決勝に駒を進めた。1回戦で完全試合を達成した森内寿春(26)は、先発して5回1/3を2失点だった。

   11都     回数 被安 奪三 四死 自責 
   三菱横浜 先   9  0  12  0  0 142㌔ 完全試合達成
   西濃運輸 先  5.2  6  3  2  2 139㌔
   JR東海 先  5.1  7  4  3  2 142㌔
   JR東日本 先   6  9  5  2  5 141㌔
           26  22  24  7  9 防3.12
       被安打率7.62 奪三振率8.31 四死球率2.42

 ■ 完全試合男 森内にパ2球団から連絡(日刊スポーツ) 11/10/26

 パーフェクト男がドラフト指名される可能性が出てきた。24日の都市対抗野球で、大会史上54年ぶりとなる完全試合を達成したJR東日本東北の森内寿春投手(26)のもとへ、一夜明けた25日にプロ側から連絡が入った。電話を受けた藤井省二監督(49)は「パ・リーグ2球団からきました」と明かした。すでにどの球団も指名候補や順位を絞り込んでいる。このため「保証はできないが」としながらも「指名順次第でいくかもしれない」と、状況次第で指名する可能性を告げられたという。最速146キロ右腕は青森大4年時に、北東北リーグで1試合最多記録となる17奪三振をマーク。ドラフト候補となったが、5年間指名はなかった。今年も調査票はゼロしかし歴史的快挙で状況は変わった。この日、森内は29日の2回戦へ向けて練習。藤井監督にプロ側からの連絡を伝えられると「行きたい」と、夢舞台へ期待を膨らませた。

 ■ 騒然…巨人など森内絶賛/都市対抗(日刊スポーツ) 11/10/25

 JR東日本東北の森内寿春投手(26)が、大会史上、54年ぶり2人目となる完全試合を達成した。三菱重工横浜戦に先発。キレのある速球と変化球で12三振を奪い、打者27人で片付けた。チームも昨年4強の相手を撃破。東日本大震災からの復興を目指す被災地に明るいニュースを届けるとともに、森内は今月27日のプロ野球ドラフト会議の指名候補者に急浮上した。ドラフトを3日後に控えての森内の快挙に、スカウト陣も騒然となった。巨人山下スカウト部長は「僕自身は初めて見た投手。今日の投球内容を見れば、十分ドラフト候補としての対象になるコントロールもいいし、球のキレも申し分なかった」と賛辞を惜しまず。オリックス長村編成部長も「粘りのある球質で、うちの岸田と似ている」とチームの守護神と比較し「大舞台でこれだけのことをするのは、何かを持った選手ということでしょう」と語った。これまでは全国大会などで目立った活躍がなかったこと、来年27歳の年齢から候補としてはほぼ対象外だった。ただ同じJR東日本東北の摂津が26歳で指名され活躍、今年は先発で14勝を挙げた例がある。阪神中尾スカウトも「都市対抗でこれだけの活躍をするのは、やはり力があるということ」と認めた。ネックは、ドラフト直前のアピール時期。各球団とも指名候補をほぼ絞り込んでおり「夏場の開催の都市対抗で見ることが出来たなら」と頭を抱えるスカウトも。ただ、この快投が編成担当をあわてさせたことは確かだ。

 ■ 都市対抗野球:JR東日本東北・森内が完全試合 2人目(毎日jp) 11/10/24

 第82回都市対抗野球大会は24日、大阪市の京セラドーム大阪で第3日が行われ、第1試合の1回戦、横浜市・三菱重工横浜-仙台市・JR東日本東北戦で、仙台市の森内寿春投手(26)が完全試合を達成した。1957年の第28回大会で福岡県二瀬町・日鉄二瀬の村上峻介投手が1回戦の高砂市・鐘化カネカロン戦で記録して以来、54年ぶり2人目。仙台市が4-0で勝った。森内投手は9回、打者27人に対して▽投球数132▽奪三振12(空振り11、見逃し1)▽内野ゴロ3▽内野飛球7(邪飛1を含む)▽外野飛球5の内容だった。
 ◇森内投手の話
 完封できればいいと投げていた。百点満点だと思います。(試合中チームメートには)「ここまで来たら(完全試合を)やれ」と言われました。

 ■ 森内11K完封!JR東日本東北が全国切符(SANSPO) 11/8/24

 第1代表決定戦でJR東日本東北がきらやか銀行を2-0で下し、2年ぶり23度目の都市対抗野球出場を決めた。エース森内寿春(26)が4安打11奪三振の完封勝利。就任2年目の藤井省二監督の下、スローガンの“勝利への執念”で全国切符をつかんだ。「去年(出場を)逃したことや東日本大震災もあって、今年はぜひ出てほしいという声をたくさんいただいていた。2つのプレッシャーを選手はよく押しのけてくれた」。勝利の立役者はエース森内だ。130キロ台後半のキレのある直球と変化球を低めに集め、一回をのぞく毎回の11奪三振。4安打完封で勝利に花を添えた。「去年は自分が投げて負けたから、素直にうれしい。制球が乱れなかったし、(投球内容は)二重丸です」。森内が笑顔で話した。試合前日のミーティングで指揮官から、「お前がゼロに抑えたら負けないんだ」と“完封指令”。指示通りの快投で、MVPも獲得した。昨年は都市対抗出場を逃し、東北代表で出場した日本選手権も1回戦敗退。「いい試合はいらない。勝っていくしか道は開けない」(藤井監督)という思いで掲げた今年のスローガンは“勝利への執念”だった。森内には昨冬から、「勝たないとエースとはいえない。お前はまだエースじゃない」と叱責。結果が出なかった6月下旬には長谷部純主将(27)を一度主将から外すなど、勝利への執念を植えつけてきた。一方で普段から全員に声をかけ、コミュニケーションを取ってチームの団結をはかってきた。森内も「(監督から)信頼してもらっていると感じる」と意気に感じていた

過去記事

 ■ JR東日本東北・森内、ライバルにメラメラ!(SANSPO) 11/2/2

 JR東日本東北(宮城)のエース森内寿春投手(26)が、今秋のドラフト指名を“熱望”。課題の制球力とボールのキレに磨きをかけている。東北勢の他の社会人チームのエースが、昨秋のドラフトで次々とプロ入り。26歳はプロ入りの“適齢期”ぎりぎりと、意欲を燃やす。腕の軌道とボールに与える回転を確認しながらのキャッチボール。ここに“勝負の年”を強く意識する森内のすべてが集約されている。「今年は勝って当たり前の意識でやる。周りに認められて(プロに)いったほうがいい」。目指すはプロ。そのために伸び(キレ)のあるボールと制球力アップを目指している。投球練習では7、8割の力でコースをきちんと狙いながら、球速より回転数を意識。人さし指と中指で真っすぐボールに回転を与えている。縦回転で回転数が多いほど伸び(キレ)のあるボールが投げられるからだ。昨秋は1人取り残された悔しさを味わった。ドラフトで七十七銀行(宮城)の小林がロッテ3位、日本製紙石巻(宮城)の久古がヤクルト5位、TDK(秋田)の大原が横浜5位-と東北勢のライバルチームのエースが3人そろってプロ入りした。そんなエースに藤井省二監督(48)は課題を与えた。「細かい制球力がまだまだ。練習でもっと追い込んで執念や集中力をつけないと、ここ一番で勝てる投手にはならない」。昨季は好投しても1球に泣く展開が多く、都市対抗出場を逃した。最速146キロの直球にスライダー、チェンジアップを低めに集める投球だが、指揮官の助言を受けて制球力向上と回転数の多いボールに挑戦。この日は室内練習場のブルペンで約50球。今後は球数を増やすことで、指先の感覚を鋭く磨いていく。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   09公: 13 83.2  82  66  30  20  2.15  8.82  7.10 
3.23

 ■ JR東日本東北・森内215球(SANSPO) 10/9/21

 こちらは好調。チェンジのたびに跳ねるような足取りで三塁側ベンチへ戻り、七十七銀行・小林と同じく自己最長イニングを投げきった。スライダーでカウントを取り、MAX146キロの直球を効果的に生かした。9安打完封で215球。13奪三振で3与四死球に抑えた。試合開始から4時間を越えたため、大会規定により十七回で終了。中断6分を含む4時間14分の投手戦で0-0の引き分け再試合となった。「負けたくないです。投げる機会があったらいきたいです」。小林と同様、きょう21日は終盤の出番に備える。両チームともに投手陣総動員のスクランブル態勢。プロで活躍する摂津正(ソフトバンク)、平野将光(西武)両投手の背中を見て台頭してきた4年目右腕が、東北代表を目指して最後の力を振り絞る。

      七十七銀行 17回 被安9 奪三13 四死3 失点0

■ JR東日本東北の森内が摂津の穴埋める(日刊スポーツ) 09/1/27

 JR東日本東北の最速146キロ右腕・森内寿春(24=青森大)が、新エース候補に名乗りを上げた。07年ドラフトの平野将光(25=西武)、昨季の摂津正(26=ソフトバンク)と2年連続で主戦格がプロ入りする中、投手陣の立て直しが3年ぶりの都市対抗野球出場のカギを握る。社会人3年目。昨夏、TDK(秋田・にかほ市)の補強選手で東京ドームに登板した森内は「今年こそ自分のチームで」と意気込みを示した。今季、大卒ルーキー2人を含む8投手で全国制覇を目指す阿部圭二監督(53)は「今年のテーマはピッチャー中心の守りのチーム。(先発陣は)オープン戦や地方大会を使いながら決めたい。最低3人は出てきてほしい」と期待する。エースを務めた青森大当時からプロ志望。摂津のプロ入りを大きな刺激にしている。入社1年目の07年に社会人選手権(京セラドーム)4強を経験。昨夏は補強選手として大学選手権以来の東京ドームのマウンドを踏み、「全国でも通用するんだ」という確信を得た。投球の幅を広げるために新球取得にも取り組んでいる

 ■ エース森内4回突然乱調、青森大初戦で涙(スポーツ報知) 06/6/7

 うつろな視線はドームの天井に向けられていた。頭の中は真っ白だ。「よく、分からないんです」4回1死から浴びた5連打に、青森大のエース森内寿春(4年・八戸工大一)は何度も首をひねった。突然だった。リーグ戦で146キロを出した直球は140キロ止まりだったものの、内外角の低めに投げ分けて徳山大を3回まで無安打。それが4回に3点を失うと、5回にも2安打1四球で2失点。「相手が直球に絞っていた感じ。クセが見破られていたのか」と右腕はうつむいた。「4回になって急に球が走らなくなった。森内が打たれて負けたら仕方がない」津屋晃監督(41)はリーグ戦6試合で防御率1・48のエースをかばった。

 ■ スカウト熱視線!青森大・森内8回11奪K(SANSPO) 06/5/7

 青森大・森内寿春投手が連覇を狙う八戸大との対戦で8回を4安打2失点、11奪三振。森内の好投に応へ、打線が爆発して9-2で八回コールド勝ち。チーム5連勝で大学選手権に弾みをつけた最速144キロの右腕は、この日訪れたプロ6球団スカウトへの強烈アピールも果たした。五回まで四球の走者だけという無安打無得点ペース。この日最速142キロのストレートにスライダー、カーブ、そしてシンカーのように抜けるチェンジアップで八戸大打線を翻弄した。六回、八回に1点ずつ2点を失ったが、03年秋からの連覇をストップさせようという意志が、時に「ウォーッ!」の掛け声にもなった。ネット裏で見たプロ6球団のスカウトの中で、横浜の高浦スカウトは「球の出どころが見にくくて、変化球のコントロールもいい。欲を言えば落ちる変化球がもう1種類あれば」と評価した。青森大の主戦・森内の株は上昇中だ。
 下山を筆頭に森内、綿引司捕手とプロも注目する。この日は6球団のスカウトが集まった。日本ハム山田ディレクターは下山について「今年の大学生でこれだけ振れる打者はいないね」。同石川スカウトは「(森内の直球は)打席に立ったら速く感じるはず」と評価した。(日刊スポーツ)

      八戸大 先 8回 被安4 奪三11 失点2 142㌔

 ■ 青森大・森内が17奪三振(日刊スポーツ) 06/4/23

 青森大・森内寿春投手が八戸工大から17三振を奪い、8-1で圧勝した。97年春の橋本大祐投手(富士大、元阪神)に並ぶリーグタイ記録だ。最後の打者をスライダーで見逃し三振に仕留めた瞬間、森内は笑顔を見せた。「これまで自分でもこんなに取った記憶がありません」とはにかんだ。昨年まで主に抑えを務めた男が、開幕戦でいきなり大仕事だ。この日の最速は141キロ。威力ある直球を主体に、相手打線を牛耳った。17奪三振で被安打2、四死球2で完投と堂々の126球だった。試合を見つめた巨人大森スカウトは「これで大学選手権に出て投げればフィーバーするだろうね」と話した。森内は「今はチームが勝つことに貢献するだけです」と気持ちを引き締めた。

      八戸工大 先 9回 被安2 奪三17 四死2 失点1 141㌔

  プロフィール

 青森県青森市生まれ。
 森内 寿春(もりうち としはる)投手。
 小学2年から野球を始める。
 油川中時代は軟式野球部、青森シニアに所属し内野手としてプレー。
 八戸工大一高に入学後投手に転向。
 3年夏は県大会準々決勝で敗退、甲子園出場実績は無し。

 青森大では2年秋からベンチ入り。
 4年時に春6勝(無敗)、秋5勝(1敗)の好成績で連覇の立役者となり連続ベストナイン、
 それぞれMVP・優秀選手賞に輝いている。
 春の開幕八戸工大戦で自己最多、リーグタイとなる17奪三振を記録。
 プロからも注目され八戸大戦には6球団スカウトが集結した。
 大学選手権では初戦徳山大戦に先発したが5回途中8安打5失点で敗退。
 同期に下山学外野手(06年巨人育成2位)。

 JR東日本東北では摂津正投手(08年SB5位)に次ぐ先発2番手として活躍し
 1年目秋の日本選手権で初の4強入りに貢献。
 同投手がプロ入りした09年以降はエース。
 4年目都市対抗には補強選手として出場し初戦ヤマハ戦にリリーフ登板、
 一発を浴びたものの2.1回で5三振(直球空振り3、見逃し1)を奪い存在感を見せた。
 日本選手権予選決勝七十七銀行戦では小林敦投手(10年千葉ロッテ3位)と投げあい
 延長17回215球無失点で引き分け再試合。
 翌日も救援で優勝に貢献し大会MVPに輝いている。

 178cm80kg、スリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのある直球と
 120㌔前後のチェンジアップ、120㌔台後半のスライダーとの緩急。
 110㌔台のカーブ、120㌔台のカット。
 開きが早くグラブが遊んでしまうなど粗削りな投球フォーム。
 小さいテイクバックで右腕が背中側に入り込みながらもヒジを柔らかく使い球持ちには
 良さのある独特な腕の振りでタイミングの取りづらさを持ち味とする。
 細かい精度は無いがコントロールはまずまず。

  スカウトコメント

巨人山下スカウト部長|11/10/25
 「僕自身は初めて見た投手。今日の投球内容を見れば、十分ドラフト候補としての対象になる。コントロールもいいし、球のキレも申し分なかった」
オリックス・長村編成部長|11/10/25
 「粘りのある球質で、うちの岸田と似ている」
阪神・中尾スカウト|11/10/25
 「都市対抗でこれだけの活躍をするのは、やはり力があるということ」
巨人・大森スカウト|06年
 「(八戸工大戦17奪三振に)これで大学選手権に出て投げればフィーバーするだろうね」
横浜・高浦スカウト|06年
 「球の出どころが見にくくて、変化球のコントロールもいい。欲を言えば落ちる変化球がもう1種類あれば」
日本ハム・石川スカウト|06年
 「(森内の直球は)打席に立ったら速く感じるはず」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年10月26日(水)|2011年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
森内…
確かに青森には森内さんは多少いる。
| 津軽衆 | 2011年10月26日(Wed) 22:54 | URL #- [ 編集]
一つは楽天ですね
平野がいる西武にきてくれると嬉しいのですが
| 匿名 | 2011年10月26日(Wed) 20:38 | URL #- [ 編集]
完全試合男 森内にパ2球団から連絡
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2011/news/p-bb-tp0-20111026-854785.html

下位指名候補ですがリストアップ情報。
地元のイーグルス、攝津のいるホークス、コメントを残しているオリックス辺りでしょうか。
| ハルタカ | 2011年10月26日(Wed) 13:48 | URL #- [ 編集]
騒然…巨人など森内絶賛
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2011/news/p-bb-tp0-20111025-854403.html

巨人、オリックス、阪神スカウトのコメント。
現時点でプロ側からの調査票は届いていないようですが、攝津の前例があるので指名の可能性もありそうですね。
| ハルタカ | 2011年10月25日(Tue) 11:19 | URL #- [ 編集]
完全試合おめでとうございます。
| 匿名 | 2011年10月24日(Mon) 14:20 | URL #- [ 編集]
JR東日本東北森内が完全試合/都市対抗
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20111024-854179.html
| ウルブリン | 2011年10月24日(Mon) 13:33 | URL #- [ 編集]
西武に指名してもらいたい
| 匿名 | 2010年10月07日(Thu) 01:11 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(7) Page Top↑