平安山 陽(徳島インディゴソックス)|ドラフト・レポート

平安山 陽(徳島インディゴソックス)

ここでは、「平安山 陽(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm81kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・スプリット・チェンジ 松山聖陵 18歳
最速146㌔のプロ注目スリークォーター右腕。宇和島東戦で7者連続K。縦のスライダーなどを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   19春: 1 先   2  3  0  1  2 141㌔ 大分高校 ●
   通算: 1     2  3  0  1  2 防9.00
       被安打率13.50 奪三振率0.00 四死球率4.50

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18春(背番号17)      回数 被安 奪三 四死 失点
   四国1回戦:明徳義塾    0.2  2  0  3  3

   18秋(背番号12)      回数 被安 奪三 四死 失点
   愛媛3位決:今治西高 先   8  10  5  2  3
   四国2回戦:川島高校 先   9  3  13  5  1
     準決勝:富岡西高 先   6  4  4  6  3
                 23  17  22  13  7 防2.35
             被安打率6.65 奪三振率8.61 四死球率5.09

   19夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   愛媛2回戦:西条高校 先   7  6  5  2  0封
     3回戦:松山東高 先   3  2  3  1  2
     準々決:松山南高     3  3  3  0  0
     準決勝:小松高校 先   8  7  9  1  2
     決勝戦:宇和島東 先  7.1  9  1  4  6
                28.1  27  21  8  10 防3.18(失点から算出)
             被安打率8.58 奪三振率6.67 四死球率2.54

  最新記事

 ■ 松山聖陵V!7回から登板のエース平安山、圧巻7連続K締め(デイリー) 20/8/10

 愛媛代替大会の決勝が行われ、松山聖陵が宇和島東を破って優勝を決めた。エースの平安山陽投手が7者連続三振を奪う圧巻の投球。昨夏の決勝で敗れた相手にリベンジを果たし、最高の形で締めくくった。七回1死二、三塁の場面でマウンドへ上がった。左飛、三振でピンチを切り抜けると、そこから乗った。最速145キロの直球と鋭いスライダーで宇和島東打線を封じ「去年負けたことが自分の中では大きくて、悔しい思いを一年間持ってきた。勝てて良かった」と頂点に立った喜びを語った。

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   愛媛準々決:今治西高 先   7  6  12  2  1 143㌔(プロ計測)
     準決勝:帝京第五     3  0  3  3  1 144㌔
     決勝戦:宇和島東    2.2  0  7  0  0 145㌔※7者連続K
                12.2  6  22  5  2 防0.71
            被安打率4.26 奪三振率15.63 四死球率3.55

 ■ 愛媛・松山聖陵が4強 エース平安山が7回1失点12K(デイリースポーツ) 20/8/6

 今大会初登板となった松山聖陵のエース右腕・平安山陽投手が、毎回の12奪三振、7回1失点の好投で4強進出に貢献した。NPBスカウト4球団が視察に訪れる中、「6、7割の力で」投げたという。昨夏も主戦として登板したが、宇和島東との決勝では後半に失点を重ねた。「疲れが残ったら、最後に出てくる」。1、2回戦は他の3年生投手の活躍で“休養”することができた。同じ過ちは繰り返さない。全力投球ではない中で、スカウト陣のスピードガンは最速143キロを記録。ソフトバンクの山崎スカウトは「キレで勝負するタイプ状況を見て投げられていると感じた」と話した。
 プロ注目の最速145キロ右腕・平安山陽を温存できたのも大きかった。(スポニチ)

  プロフィール

 沖縄県名護市出身。
 平安山 陽(へんざん・よう)投手。
 大宮小1年時から軟式の野球を始め、大宮中時代は軟式野球部に所属。

 松山聖陵では1年生の春からリリーフで公式戦に出場。
 現ロッテ・土居豪人の控えとしてメンバーに入り、中継ぎで四国大会デビュー(初戦敗退)を飾る。
 夏の予選を登板無く初戦敗退で終え、同秋に県3位での四国準優勝を達成。
 いずれも先発として全9試合中3試合に登板し、計23イニングで22K、防2.35の実績を残した。
 公式戦初先発の県3決・今治西戦(9対3)で8回10安打3失点の粘投を披露。
 続く四国大会2回戦・川島高校戦で、9回13奪三振、3安打5対1初完投勝ちを収めている。
 翌2年春の選抜で初戦の先発を担うも大分に2回2失点と打たれ1対4で敗戦。
 同夏の予選に背番号10の主戦格として挑み、4試合28.1回10失点の粘投で準Vへと導いた。
 2年時秋(地区敗退)から主戦を務め、3年時夏に4年ぶり2度目の優勝を達成。
 全5戦中3戦、計12.2回(22K2失点)を投げ、決勝・宇東戦で2.2回7連続Kの快投をみせた。
 大会後、高野連にプロ志望届を提出し、8月末の高校生合同練習会に参加。
 シート打撃で最速144㌔(平均141.6)をマークし、打者6人を1安打無四球3K(スラ2)に抑えた。
 2学年上のチームメイトとして土居豪人(ロッテ18年8位)ら。

 177cm81kg、最速146㌔のプロ注目スリークォーター右腕。
 セットから始動して上体を傾けながら重心を下げ、インステップして肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔強(先発時)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のキレの良い縦横スラ、130㌔前後のSFF、130㌔強のチェンジアップ。
 最速145㌔の直球と二種類のスライダー・スプリットとのコンビネーションが持ち味。
 3年時夏の県大会で4年ぶり2度目の優勝を達成、3試合12.2回で7者連続を含む22Kを奪った。
 遠投100m(2年時春時点)。2年時秋からエースを務める。

  スカウトコメント

ソフトバンク・山崎スカウト|20/8/7
 「キレで勝負するタイプ。状況を見て投げられていると感じた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年11月14日(土)|独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑