長谷川 優也(東京農業大)|ドラフト・レポート

長谷川 優也(東京農業大)

ここでは、「長谷川 優也(東京農業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm75kg 右右 MAX144km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 日本文理
最速144㌔の直球とスライダー、チェンジアップ。鋭い打球を放つ3番・サード。投手でプロ入りを目指す。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   19夏: 1     4  5  4  1  4 141㌔ 関東第一
   通算: 1     4  5  4  1  4 防9.00
       被安打率11.25 奪三振率9.00 四死球率2.25

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(背番号5)       回数 被安 奪三 四死 自責
   北信越2回戦:富国大附     1  0  1  0  0
      準決勝:敦賀気比     2  3  0  0  1
                  3  3  1  0  1 防3.00
              被安打率9.00 奪三振率3.00 四死球率0.00

   19夏(背番号5)       回数 被安 奪三 四死 失点
   新潟県準々決:五泉高校     1  0  2  0  0
      決勝戦:学館新潟     1  0  1  0  0
                  2  0  3  0  0 防0.00
             被安打率0.00 奪三振率13.50 四死球率0.00

高校時代打撃成績

        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春北信越: 2 .375  8  3 0 0 0 1 1 0 0  .375  .375(6・8番/遊)
   18夏新潟県: 3 .364 11  4 0 0 0 0 2        .364(7・8番/遊)
   18秋北信越: 2 .600  5  3 1 0 0 1 0 1 1  .667  .800( 8番/三)
   19春北信越: 2 .400 10  4 0 0 0 2 1 0 0  .400  .400(3・4番/三)
   19夏新潟県: 6 .409 22  9 2 0 1 4 1 4 0  .500  .636( 3番/三)
   19夏甲子園: 1 .000  4  0 0 0 0 0 2 1 0  .200  .000( 2番/三)
   19秋新潟県: 1 .200  5  1 0 1 0 1          .600( 3番/三)
   公式戦通算: 17 .369 65 24 3 1 1 9          .492

  最新記事

 ■ 日本文理・長谷川が東農大進学 投手専念プロ目指す(日刊) 20/12/18

 日本文理の長谷川優也内野手が来春、東都大学野球の東農大に進学する。1年春からレギュラーで、日本文理の中軸を打つ打撃センスと、守備力の高さを披露してきた。同時に右の本格派としても評価が高かった最速144キロの直球とカットボール、スプリット、カーブを操る。

   20夏(背番号5)       回数 被安 奪三 四死 失点
   新潟県3回戦:新潟江南 先   4  2  10     0
      4回戦:新潟高校 先   4          0
      準々決:北越高校 先   5  2       0
      準決勝:村上桜丘     3  3       1
      決勝戦:中越高校     1  2  1  0  1
                  17    24     2 防1.06(失点から算出)
                          奪三振率12.71

 ■ プロ注目の日本文理・長谷川4回0封10K(日刊スポーツ) 20/7/26

 日本文理は新潟江南に15-0の5回コールド勝ち。プロ注目の長谷川優也投手が先発で4回を2安打無失点、10奪三振の好投を見せた。公式戦マウンドは2番手で登板した昨夏の甲子園1回戦の関東第一戦以来。それでも「緊張はなかった」と言う。

 ■ 日本文理・長谷川は投手でプロ志望「進化」を確信(日刊スポーツ) 20/5/31

 日本文理が5月31日、自主練習を自校グラウンドで行った。昨夏の甲子園メンバーで関東第一戦で2番手で登板した長谷川優也内野手が投手でプロ志望の胸の内を明かした。

  プロフィール

 新潟県新潟市出身。
 長谷川 優也(はせがわ・ゆうや)投手兼三塁手。
 大野小1年時から軟式チームで野球を始め、黒埼中では軟式野球部で主にピッチャー。
 中学3年11月のU15アジア選手権に内野手で出場した。

 日本文理では内野手兼投手としてプレー。
 入学直後の県大会からサードでスタメンを張り、6月の北信越大会(ベスト4)から遊撃を務める。
 8試合23打数で7安打(率.304)を放ち、9打点を挙げる勝負強い打撃を披露。
 同年秋の予選(北信越8強)からサードに回り、翌2年春からリリーフ兼任で主に3番を担った。
 2年時夏の予選で打率.409を記録し、主戦・南を擁して2年ぶりの優勝を達成。
 12-3の大勝を飾った決勝戦・東京学館新潟戦で左翼席へのソロ弾など3安打を放っている。
 続く本戦初戦・関東一戦で聖地デビューを果たすも4の0と振わず6-10で敗戦。
 5-6の5回から2番手として救援でマウンドに上がり、4回4三振、5安打4失点の力投をみせた。
 2年時秋の予選を地区敗退で終え、3年時夏の独自大会で準優勝まで進出。
 背番号5の3番サード兼ピッチャーとして出場し、5試合(先発3)17イニングを24K2失点に抑えた。
 2学年上に鈴木裕太、1学年上に南隼人ら。

 176cm75kg、プロ注目の最速144㌔右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、開き早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(高2夏甲子園)のストレートと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、120㌔前後で沈むチェンジアップ、100㌔前後のカーブ。
 投手としてプロ入りを希望。2年時夏の甲子園で4回4K(チェンジ3)を記録した。
 振り切るスイングで鋭い打球をはじき返す右の好打者。主軸3番バッターとして打線を引っ張る。
 主にサードで活躍、投手としての実績は少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月18日(金)|2024年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑