高田 竜星(石川ミリオンスターズ)|ドラフト・レポート

高田 竜星(石川ミリオンスターズ)

ここでは、「高田 竜星(石川ミリオンスターズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm75kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ・ツーシーム 遊学館 19歳
プロ注目の最速145㌔右腕。1年時秋からエース。星稜相手に6.1回1安打0封の好リリーフを見せた。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 自責
   北信越準々決:啓新高校    1.2  1  1  0  0

   19夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   石川県2回戦:金沢学院     5  4  8  1  1
      準々決:遊学館高    6.1  1  3  3  0
                 11.1  5  11  4  1 防0.79
              被安打率3.97 奪三振率8.74 四死球率3.18

   19秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   石川県2回戦:羽咋高校     2  0       0
      3回戦:金沢高校 先   9  4       1
      準々決:星稜高校 先   6  6  7  7  7
                  17  10       8 防4.24(失点から算出)

  最新記事

 ■ 「星稜にリベンジぶれず」 高田竜星投手(遊学館)(中日スポーツ) 20/7/6

 この一年で増えた体重は十二キロ。体全体が見違えるほどに厚みを増した。「自分でもびっくりしています」。遊学館のエース高田竜星投手は笑みを浮かべる。けがが多いのが課題だった。改善のため冬場から春先まで週五回の筋力トレーニングに励み、背中や下半身を徹底的に鍛えた。昨夏に六〇キロ台だった体重は今、七六キロある。投球フォームも歩幅を一歩縮め、下半身の力をボールに伝えられるよう修正。六月からの練習試合では、最速140キロ超の直球が終盤でも「ピュッといくようになった」。スライダーも球速が上がり、空振りが増加。完投しても次の日に疲れを感じにくくなった。

   20夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   石川県1回戦:飯田高校 先   7  3       1
      2回戦:寺井高校 先  7.1  4       3
      準々決:金沢商業     6          2
                 20.1          6 防2.66(失点から算出)

  最新記事

 石川県金沢市出身。
 高田 竜星(たかた・りゅうせい)投手。
 金沢市立兼六中学校時代は軟式野球部で主戦投手としてプレー。
 中3夏の全国大会(8強)でノーノーを達成した。

 遊学館では1年生の夏からベンチ入り。
 1年時秋の予選で救援として主力の座を掴み、防御率0.46の好成績で県大会準優勝を飾る。
 北信越大会から主戦を任されるも右肩痛でふるわず準々決勝で啓新に敗戦。
 翌2年夏の予選3戦中2戦に救援で登板し、準々決勝でV校・星稜を苦しめる善戦をみせた。
 味方打線が4回以降得点できず奥川から合計7安打を放ちながら1-2で惜敗。
 0-2の3回オモテ途中から2番手で、6.1回1安打3四死球、3K無失点の好投を披露している。
 同秋の県大会全3戦、計17回をこなし、3回戦・金沢戦で4対1初完投を記録。
 続く準々決勝で夏敗れた星稜高校と再戦し、6回7失点、7回コールド1対10で大敗となった。
 3年時夏の県独自大会は金沢商に0対3(6回2失点救援)で敗れ8強で敗退。
 4回表から救援で登板するも直後にソロを浴び、9回にも手痛い3点目を献上してせり負けた。
 大会後、高野連にプロ志望届を提出し、8月末の高校生合同練習会に参加。
 シート打撃で最速143㌔(avg141.4)を計測し、打者6人を無安打1四球2K(直球2)に抑えた。
 2学年上のチームメイトに牧野翔矢(西武18年5位)ら。

 175cm75kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 セットポジションから始動して重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時140㌔前後(3年時8月の合同練習会)の伸びのある直球と、
 120㌔前後から120㌔台の縦横スラ、120㌔台のチェンジアップ、その他にカーブ、ツーシーム。
 1年時秋の北信越大会から背番号1番の主戦としてチームを牽引した好投手。
 ストレートに変化球を交えて三振を奪取。2年時夏から3年時夏にかけて体重12kg増をはたした。
 2年時夏2試合11.1回で11奪三振(率8.74)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年11月15日(日)|独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑