狭間 大暉(専修大)|ドラフト・レポート

狭間 大暉(専修大)

ここでは、「狭間 大暉(専修大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



狭間 大暉(専修大)

178cm77kg 右右 MAX146km 外野手兼投手 遠投100m 50m6秒2 明豊
強肩強打のプロ注目外野手。最速146㌔の本格派右腕。1番・ライト兼リリーフとしてチームを支える。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   20交: 1 .000  2  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000(1番/右)
   通算: 1 .000  2  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   九州決勝戦:筑陽学園 先   3  2  3  0  1

   19春(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 自責
   九州準々決:西短大付 先   2  2  2  1  0

   19秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   大分決勝戦:大分商業 先   3  1  2  2  1
   九州1回戦:唐津商業     3  2  2  1  0
     準々決:沖縄尚学     2  3  1  3  3
     決勝戦:大分商業     3  2  3  0  0
                 11  8  8  6  4 防3.27
             被安打率6.55 奪三振率6.55 四死球率4.91

  最新記事

 ■ 創成館、決勝逃す 粘りも競り負け(毎日新聞) 19/10/24

 創成館は明豊と対戦し、2―3で敗退。惜しくも決勝進出を逃した。1点を追う明豊は六回、狭間大暉選手の三塁打を皮切りに、小川聖太選手の適時打など4連打で逆転。同点で迎えた九回、2死二塁で中村洸斗選手が適時内野安打を放ち、勝ち越した。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18秋大分: 2 1.000  1  1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000
   18秋九州: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   19夏大分: 3 .714  7  5 1 0 0 1          .857
   19秋大分: 5 .450 20  9 2 1 0 4 1 1 4  .476  .650
   19秋九州: 4 .214 14  3 1 1 0 4 3 6 0  .450  .429( 4番/一)
   19秋神宮: 1 .000  4  0 0 0 0 1 2 0 0  .000  .000( 4番/一)
   20夏大分: 3 .333  9  3 1 0 0 0 2 2 2  .455  .444(1・2番/右)
   通  算: 19 .368 57 21 5 2 0 10          .526

   【一塁到達タイム】19秋九州準決勝:8回4秒13(引っ掛けた遊ゴ)
            19秋神宮2回戦:5回4秒20(引っ掛けた投ゴ)
            19秋神宮2回戦:7回4秒47(二ゴ)
            20夏選抜交流戦:1回4秒45(遊ゴ)、2回4秒50(投ゴ)
   【三塁到達タイム】19秋九州準決勝:6回11秒82

  プロフィール

 大分県津久見市出身。
 狭間 大暉(はざま・たいき)外野手兼投手。
 津久見小時代に軟式チームで野球を始め、津久見第一中では大分南シニアに所属。

 明豊高校では1年時秋から九州大会を経験。
 1年生ながら背番号10としてベンチ入りを果たし、決勝戦・筑陽学園戦(5対7)で先発を務める。
 翌2年春の選抜を出場機会なく終え、同年夏の予選には控え野手として出場。
 全4戦中3試合に代打、又は一塁で出場し、計7打数で5安打、打率.714の好成績を残した。
 2年時秋になって正一塁手の座を掴み、主軸4番で打率.316、本0点9を記録。
 九州大会準決勝・創成館戦(3-2)で右中間を破るスリーベース(外寄り直球)を放っている。
 神宮初戦2回戦で健大高崎と当たり、4打数0安打、延長10回TB4-5で惜敗。
 主戦・若杉のケガもあって投手としても起用され、主に抑えで4戦11回4失点の粘投をみせた。
 3年時夏の県独自大会(1・2番・ライト)は佐伯鶴城に0対1で敗れ8強で敗退。
 続く選抜交流試合で県岐商と戦い、4-2で勝利したが、自身は2打席凡退で途中交代となった。
 1個上に野邊優汰表悠斗大畑蓮、同期に若杉晟汰ら。

 178cm77kg、強肩強打のプロ注目外野手。
 振り切るスイングから強い打球をはじき返す右の強打者。打ち損じもあるが左右に長打を放つ。
 2年時秋から一塁手でレギュラー、同オフはライトとしての練習に時間を割いた。
 右打者で一塁到達タイム4.4秒台。遠投100m、投手として最速146㌔を計測する肩を備える。
 3年時夏の県大会では先頭打者を任された。

 最速146㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔の力のある真っ直ぐと、縦に曲がるスライダー、カーブ、チェンジアップ。
 ストレートを武器に主にリリーフとして活躍。実績少なめながら右のエースとして期待をされている。
 2年時秋の奪三振率6.55、与四死球率4.91。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年02月08日(月)|2024年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑