石川 陸斗(中央学院大)|ドラフト・レポート

石川 陸斗(中央学院大)

ここでは、「石川 陸斗(中央学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm75kg 右右 MAX142km 秋田商
将来性が魅力のプロ注目右腕。回転数の多い直球が武器。テイクバック大きめに球持ち良く投じる。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   地区1回戦:五城目高 先   8          0
     2回戦:明桜高校 先   2          5
     代決1:西目高校 先   2          3
     代表決:由利工業 先   9  6  7  3  0封
   秋田1回戦:秋田修英 先   7          3
     2回戦:角館高校    3.1          1
     準々決:能代高校 先   7  3  10  0  1 ※4者連続奪三振
     準決勝:明桜高校     1  1  0  1  0
     3位決:由利工業 先   9  5  2  3  0封
   東北1回戦:東奥義塾 先  4.1  7  1  0  5
                52.2         18 防3.08(失点から算出)

  最新記事

 ■ 秋田商・石川が6球団スカウト前で14K完封(日刊スポーツ) 20/7/10

 秋田商が10-0の6回コールドで五城目を下して快勝発進した。最速142キロのエース右腕・石川陸斗がプロ6球団計8人のスカウトが視察する中、毎回の14奪三振で4安打完封した。4回1死一、二塁から5者連続三振も奪った。昨秋の東北大会は東奥義塾に初戦敗退。オフは1日に5、6食、夕食は1キロの白米を摂取し続けた結果、体重は9キロ増の75キロに。身長は高校入学から約5センチ伸びて180センチに到達した。太田直監督は「今のチームで最も成長した男。球速はアベレージで10キロは上がった」と一冬越えた成長を実感し、期待を寄せる。

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   秋田2回戦:五城目高 先   6  4  14  1  0封 ※5者連続奪三振
     3回戦:秋田高校 先   9  7  5  5  3
     準々決:湯沢翔北 先  11  9  2  3  4
     準決勝:能代松陽 先  7.1  10  6  1  4
                33.1  30  27  10  11 防2.97(失点から算出)
             被安打率8.10 奪三振率7.29 四死球率2.70

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18秋東北: 1 .000  4  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000(5番/中)
   19夏秋田: 2 .200  5  1 0 0 0 0          .200(8番/右)
   19秋東北: 1 .000  4  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000(6番/投)
   20夏秋田: 4 .313  16  5 3 0 0 2          .500
   通  算: 8 .207  29  6 3 0 0 2          .310

   【身長体重変遷】高1春175/55→高1秋177/61→高2秋180/66→高3夏180/75

  プロフィール

 秋田県秋田市出身。
 石川 陸斗(いしかわ・りくと)投手。
 秋田市立秋田南中時代は硬式野球チーム・秋田北シニアでプレー。

 秋田商業では1年時秋から外野手でレギュラー。
 救援兼任の2刀流で県大会3位進出に貢献し、5番センターとして東北デビュー(1回戦)を飾る。
 2年生で夏デビューするも能代に4-6(8番・右翼兼救援)で敗れ2回戦で敗退。
 2年時秋の新チームでエースの座を掴み取り、県3位での東北大会進出(1回戦)を達成した。
 先発救援で全10戦(3完2封)をこなし、計52.2回を18点に抑える粘投を披露。
 夏のリベンジ戦となった県準々決・能代戦で、7回10K9-1完投勝利、左3ランを記録している。
 地区代決で6安打5対0、県3決で5安打3対0と、由利工業を2度に渡って完封。
 続く東北大会初戦で青森3位・東義と当たり、5回途中7安打5失点KO、3-6で敗退となった。
 3年時夏の独自大会は能代松陽に1対4(7.1回4失点KO)で敗れ4強で敗退。
 全4戦(33.1回11失点)に先発として登板し、初戦・五城目戦で6回14K完封の快投を見せた。
 県3位、東北1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 180cm75kg、将来性が魅力のスリークォーター右腕。
 ワインドアップからタメて軽く重心を下げ、早めに着地し、開き早めに球持ちの良い腕の振りから
 投げ込む最速142㌔の伸びのあるストレートとスライダーをはじめとする変化球。
 回転数の多いストレート(2300rpm)が持ち味。膝を高めに引き上げて後ろ大きめに投じる。
 1年時秋から外野手レギュラーとして活躍、2年時秋から主戦投手を任された。
 常時球速は130㌔弱から135㌔強。外低め直球に110㌔台から120㌔強のスライダーを交える。
 高校進学後に体重20㌔増を達成。肩肘が柔らかい。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年03月13日(土)|2024年大学生投手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑