阿部 祐希(花輪)|ドラフト・レポート

阿部 祐希(花輪)

ここでは、「阿部 祐希(花輪)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



阿部 祐希(花輪)

182cm84kg 右右 捕手 遠投103m 50m6秒0
高校通算11発、俊足強肩の大型捕手。3年時5月の練習試合・十和田戦でサイクルを達成した。

  最新記事

 ■ 花輪・阿部プロ志望表明「肩と足で沸かせる」(日刊スポーツ) 20/7/12

 プロのスカウトも視線を送る182センチの大型捕手、花輪・阿部祐希は、無安打に終わった。それでも卒業後のプロ志望を口にした。当初は大学に進学する考えだったが「プロで頑張りたいいろいろなことを本格的に学び、肩と足で(観客を)沸かせる選手になりたい」と話した。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏秋田: 1 .000  3  0 0 0 0 0          .000(5番/捕)
   19夏秋田: 1 .400  5  2 0 0 0 0          .400(3番/捕)
   通  算: 2 .250  8  2 0 0 0 0          .250

 ■ 「阿部ック砲」さく裂 花輪39得点で練習試合圧勝(日刊スポーツ) 20/5/23

 今季初戦の花輪は主砲・阿部祐希捕手のサイクル安打などで39-4と十和田に勝利。「4番一塁」阿部藍斗内野手と「3番捕手」阿部祐が、花輪打線のヒーローだ。祐希はプロのスカウトも昨年から視線を送る182センチ、84キロの右打ち大型捕手。この日も高校通算11号を放つなど長打力が魅力だ。今冬は広島鈴木誠也外野手の映像などを参考に、バットを少し寝かせた打撃フォームに改造。「大学に進学し、卒業後はプロに行けるような選手になりたい。打撃ももちろんですが、守備でのストップが苦手なので、もっとレベルアップしないと」と将来も見据える。

  プロフィール

 岩手県八幡平市出身。
 阿部 祐希(あべ・ゆうき)捕手。
 八幡平小学校時代から野球を始め、八幡平中を経て花輪高校に進学。

 花輪高校では入学直後から控えとしてベンチ入り。
 1年時夏の県大会で正捕手(5番)の座を掴み、以降3年生の5月までに通算11発を記録した。
 春秋地区敗退、夏初戦敗退と、苦戦が続き、公式戦での目立った実績はなし。
 2年時夏の秋田大会1回戦・五城目高戦(4対7)で5打数2単打0打点の奮闘を演じている。
 練習試合ながら3年時春に行われた十和田戦(39-4)でサイクル安打を達成。
 182センチの恵まれた体格に俊足・強肩を備え、進学志望ながらプロスカウトに注目されていた。
 県大会1回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 182cm84kg、俊足強肩を備えたプロ注目大型キャッチャー。
 高校通算11発のパンチ力を秘めた右打者。3、5番のクリーンアップの他、リードオフマンをこなす。
 1年生の夏に正捕手の座を獲得、早期敗退続きで公式戦での実績は少ない。
 3年時5月の練習試合・十和田高戦でサイクルを達成、8打数6安打8打点の大暴れをみせた。
 恵まれた体格に遠投103m&50m6秒0の身体能力を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年07月12日(日)|2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑